『細部まで丁寧に作られた老舗メーカーのハンドブレンダー。』 クイジナート HB-704WJ 多賀一晃さんのレビュー・評価

2021年11月上旬 発売

HB-704WJ

  • 「つぶす」「混ぜる」「泡立てる」「かき混ぜる」「刻む・ミンチ」「おろす」の1台6役をこなすマルチハンドブレンダー。
  • 細かめ・粗め両面仕様の「おろしディスク」が付属。大根おろしや野菜のすりおろしが簡単に作れる。
  • 撹拌のスピード調節は本体上部にあるスピード調節ダイヤルで操作可能。ブレンダーシャフトは接続部分を気にせず水洗いできる。
HB-704WJ 製品画像
最安価格(税込):

¥10,998

(前週比:±0 ) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥10,998¥13,530 (15店舗) メーカー希望小売価格:オープン

店頭参考価格帯:¥― (全国738店舗)最寄りのショップ一覧

ミキサータイプ:ハンドミキサー 設置タイプ:ハンディ 容量:0.8L HB-704WJのスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • HB-704WJの価格比較
  • HB-704WJの店頭購入
  • HB-704WJのスペック・仕様
  • HB-704WJのレビュー
  • HB-704WJのクチコミ
  • HB-704WJの画像・動画
  • HB-704WJのピックアップリスト
  • HB-704WJのオークション

HB-704WJクイジナート

最安価格(税込):¥10,998 (前週比:±0 ) 発売日:2021年11月上旬

  • HB-704WJの価格比較
  • HB-704WJの店頭購入
  • HB-704WJのスペック・仕様
  • HB-704WJのレビュー
  • HB-704WJのクチコミ
  • HB-704WJの画像・動画
  • HB-704WJのピックアップリスト
  • HB-704WJのオークション

『細部まで丁寧に作られた老舗メーカーのハンドブレンダー。』 多賀一晃さん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

HB-704WJのレビューを書く

多賀一晃さん

  • レビュー投稿数:382件
プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィール家電評論家。スマート家電グランプリ審査員。

主催する『生活家電.com』を通じ、家電の新製品情報、使いこなし情報他を発信中。
過去、某メーカーでAVメディアの商品企画を担当、オーディオ、光ディスクにも精通。
また米・食味鑑定士の…続きを読む

満足度4
デザイン5
使いやすさ5
パワー5
手入れのしやすさ4
静音性3
サイズ4

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

細部まで丁寧に作られた老舗メーカーのハンドブレンダー。

ブレンダーカバー。凸部のみ丸み処理がされている。

チョッパーの底裏。滑り止めが3つ嵌められている。

持ち方。ボタンの位置で、これ以外の持ち方ができないようにしている。

キャベツの微塵切り。キレイ。

チョッパーブレード。素手で触るとキレそう。

チョッパーカバー。中にギアがあるので、外を濡らすことはできない。表示が欲しい。

日本は、包丁文化。今でも包丁がないと始まらないと思っている人も多い。海外では、どちらかというとフードプロフェッサーだ。もともとお米でなく、小麦。何をするにも混ぜるところから始まるわけだ。これに刃を付けるといろいろなことができるので、切ることが、日本のように珍重されるところまでは行かない。

海外家電の展示会に行くと、これでもかと言うほど、フードプロフェッサーに出会うことになる。クイジナートはなんな中でもかなり著名なブランドだ。

今回、メーカーから借りて試したスリム&ライト ハンドブレンダーシリーズの最多機能モデル HB704WJ。「つぶす」「混ぜる」「泡立てる」「かき混ぜる」「刻む・ミンチ」「おろす」の6種類ができる。そして、さすがに老舗と思うのは、微細なほどに、念が入った作りだ。

例えば「つぶす」。使うのはブレンダー。つぶしたい部分をブレードガードでの中心に入れ、ブレンダーブレードを回します。ボールの中でつぶすというのは、問題ありません。問題が起こるのは鍋とかです。鍋などは、焦げ付かないようにテフロン、フッ素加工が当たり前。ハンドプロフェッサーでつぶしたはいいが、コーティングがダメになったら泣くに泣けません。このため、ブレードガードの当たるところは、全部丸みを帯びさせ、剥がれたり、傷ついたりするきっかけを作らせないようにしてある。

また、チョッパーの裏には、チョッパーが揺れないように滑り止めがしてある。これがべらぼうに強靭。覚えている限りでは、この手の滑り止めで一番強い。

また、よく問題なるのが電源ケーブルの位置。知らない間に、ケーブルが傷ついたり、燃えたりしたら本当に大変です。このため、常にケーブルが自分の腕と同じ方向になるように、設定されている。また、この持ち方だと常にケーブルを気にかけることになる。

後結構楽なのが微塵切り。私は、パンに合わせる野菜は輪切りか微塵切り。キャベツは当然みじん切りです。3枚など数行でみごとなみじん切りに。芯をとるなども入りません。朝、時間がない時にとても便利だ。

HB-704WJは優れたモデルだが、問題も。これは他のモデルにも言えるのだが、最大の問題は「収納」。いろいろな形があり、まとまりがない。まぁこれは個人個人事情がことなるので、どうしようもないのかもしれませんがね、私は台所の道具は、吊り下げ収納を基本にしています。引き出しだと取るのが面倒=使わなくなってしまいますからね。また、チョッパー刃のように刃が付いているパーツは安全にと言われても持て余してしまいます。どうにかならないものだろうか。

ハンドブレンダーが、自分の調理にはまると、かなりの時短となります。HB-704WJは、検討に値する優れた調理家電だと思います。

参考になった2

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする

あなたのレビューを投稿しませんか?

HB-704WJのレビューを書く

この製品の最安価格を見る

HB-704WJ
クイジナート

HB-704WJ

最安価格(税込):¥10,998発売日:2021年11月上旬 価格.comの安さの理由は?

HB-704WJをお気に入り製品に追加する <3

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(ミキサー・フードプロセッサー)

ご注意