『意外とガチに攻めた端末です』 Google Google Pixel 6 Pro 128GB SIMフリー [Stormy Black] 耀騎さんのレビュー・評価

Google Pixel 6 Pro 128GB SIMフリー [Stormy Black]

最安価格(税込): ¥101,879〜 登録価格一覧(5店舗)
発売日:2021年10月28日

キャリア:SIMフリー OS種類:Android 12 販売時期:2021年秋モデル 画面サイズ:6.7インチ 内蔵メモリ:ROM 128GB RAM 12GB バッテリー容量:5003mAh Google Pixel 6 Pro 128GB SIMフリー [Stormy Black]のスペック・仕様

※ランキング順位・レビュー点数・クチコミ件数は機種単位の情報です

ご利用の前にお読みください

 

『意外とガチに攻めた端末です』 耀騎さん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

Google Pixel 6 Pro 128GB SIMフリー [Stormy Black]のレビューを書く

耀騎さん

  • レビュー投稿数:117件
  • 累計支持数:545人
  • ファン数:61人

よく投稿するカテゴリ

ゲーム機本体
10件
3778件
PSP ソフト
29件
913件
自動車(本体)
2件
647件
もっと見る
満足度5
デザイン5
携帯性3
レスポンス4
画面表示5
バッテリー4
カメラ5
意外とガチに攻めた端末です
当機種モーションモード
当機種モーション元画像
機種不明消しゴムマジック編集画面

モーションモード

モーション元画像

消しゴムマジック編集画面

機種不明消しゴムマジック;スマホ任せ(追加工でモザイクかけてます;)
機種不明消しゴムマジック;景色に溶け込んだ(?)人や水面の影を追加指定
 

消しゴムマジック;スマホ任せ(追加工でモザイクかけてます;)

消しゴムマジック;景色に溶け込んだ(?)人や水面の影を追加指定

 

今年モデルを待っても良さそうなタイミングでしたが、目にするリークの次代機に然ほどワクワクすることもなくむしろ充電保ちが絶望的に深刻化していたため、Xperia1から買い替えちゃいました。
SIMフリー端末は未体験だったのですが、本機はdocomoで扱われていないという希少性に惹かれ「SIM挿しゃイイんでしょw(※)」とポチった当日にdocomoの5Gに非対応なんて記事を見付けて背スジを凍らせたり&購入直後にセールが始まってアツくなったり…;
まぁ結論を申せば5G対応はむしろ普及を待つ立場であることが判りましたし、ただでさえ半導体製品が滞りがちな昨今に争奪戦でヤキモキさせられることもなく入手できたので、結果オーライときましょう。

※5Gのサービスを受けるためには5G対応のnanoSIMを準備または本機内のeSIMを設定し、5G接続を契約する必要があります。なお5Gに拘らないのであれば、4G用SIM&契約のままでも普通に使えました。


【デザイン】嬉
表裏ガラス面を金属フレームが囲った意匠は上品さと堅牢さを両立できていて、かなり気に入ってます。
メインカメラを特徴的なガーニッシュで覆うことで本機の売りであるカメラの存在感を演出してますが、単なる虚飾ではなく光学ズームのための空間稼ぎだとしたら納得できます。なおそのガーニッシュは上下を厚さ1mm強の金属フレームに挟まれることで強度を確保(レンズを保護?)されています。


【携帯性】並
デカいと評判ですがXperia1と較べると然ほどです。むしろかなり長かったXperia1と較べると収まり良くさえ思えます。
フルセグはおろかワンセグのチューナーさえ内蔵されてませんが、タイミングよくリアルタイム配信の環境が整いましたので、TVアンテナ云々は判断材料から外れました。
防汚処理によるものか表裏ガラス地は指が滑りやすいので、意匠を損ねずに摩擦してくれそうなTPU製のカバーを被せました。
定番の画面保護フイルムは、Xperia1と同様その必要性を感じられなかったので貼ってません。

なお少々【携帯性】から逸れるかも知れませんが、かれこれ15〜16年おサイフケータイを愛用してきた私にとって、FeliCa内蔵はかなり重要な判断材料です。


【レスポンス】良
まず私は電話機でゲームしない主義なのでそちら方面の評価は控えさせていただきます。
その上で実用上の動作や反応を評価すると、新しいこともあって当然早いです。それもかなり。
問題は2年後にどうなってるかですが、その頃には←つか数カ月後には次代機が出てむしろ本機を性能で選ぶユーザーはいなくなるでしょうから、やっぱり「現状はかなり早い」で充分でしょう。
画面に内蔵された指紋センサーは購入後に識ったウワサだと評判悪いそうですが、側面ベゼルに内蔵されていたXperia1と較べると誤認率がかなり減っていて、個人的には好印象です。


【画面表示】嬉
高精細で階調表現含めた彩度&コントラストも高くキレイですが、オーバースペック気味だったXperia1の後だと然ほど進化した実感はありません。
横持ちシネスコ相当の画格を売りにされたXperia1に対し、あそこまで長くない本機は映像上下の黒帯を覚悟してたのですが、ベゼルレスのおかげでしっかりワイド&シネスコでもさらに大画面だったのは嬉しい誤算でした。
本機モニタは上限120HzのVRRだそうで、ビデオ作品もフイルム作品もブレのない映像を期待できるだけでなく、下限はどの程度か或いはその稼働が電池寿命にどう影響するのか気になります。


【バッテリー】良
満充電からの保ちは24時間以上というコトですが、寝落ちした翌日の職場まで余裕をもって使えたので、40時間くらいイケちゃうかも知れません。あとは期間としての寿命がどこまで保つかですね。
充電池の長寿命化を目的とした充電制御はXperia1と若干異なるアプローチで、アラームより早く目覚めるとちゃん(?)と満タン前です。

本機は自宅など登録した地点だけWi-fiをonにする機能が見当たらなくなりましたが、これはWi-fi機能の省電力化が進んだためで、逆に起動を忘れモバイルで通信し続けてしまって費用が嵩むのを阻止するための措置なのだそうです。


【カメラ】嬉
Xperia1もかなりのものでしたが本機のカメラも負けず劣らずで、Xperia1に出来たことは全て出来るのではないでしょうか?少なくとも私が気に入っていた機能は殆どフォローされてる印象です(←広角撮影の歪み具合に若干の違和感を覚えましたが、すぐに慣れました)。
その上でインカメラまで広角に対応してくれたのは自撮りで重宝しますし、メインカメラのズームは最大望遠でもデジタルノイズを巧く抑えられてます。←スムーズなだけでなくディテールまで高精細です。
モーションモードは手ブレを排しつつ軌跡を撮ってくれて、動きのある画像と元画像を記録してくれます。
TVCMで紹介されてた「消しゴムマジック」は撮影後の編集機能に含まれていて、完璧ではないもののその指定如何によっては面白い写真が撮れそうです。


【拡張性】勝手に追加しました
クラウドやサブスクが普及した時代に沿った仕様と申すべきか、何れにせよ私の下調べが足りなかったので文句は申せませんが、まさかSDカードを挿せないとは思いませんでした。だったら256GB版も選ばせて欲しかったですが、昨今の流通事情を鑑みると仕方なかったのかも知れません。
つかそもそも非接触前提のAFCやBluetoothはともかくeSIM然り非接触充電然り、そろそろ何かと物理的に接続する必要がなくなりそうな雰囲気ですね;


【総評】良
Google(>android)ブランドのSIMフリースマホということでメーカーやキャリアの思惑から外れたニュートラルなスマホを想像してましたが、むしろandroid陣営の旗艦を標榜する意外とガチに攻めたスマホでした。まぁだからこそわざわざ「Pro」を名乗ってるのでしょうけど;
その観点からですと、期待以上に好い買物ができたと申せます。

参考になった9

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする

「Google Pixel 6 Pro 128GB SIMフリー [Stormy Black]」の新着レビュー

あなたのレビューを投稿しませんか?

Google Pixel 6 Pro 128GB SIMフリー [Stormy Black]のレビューを書く

この製品の情報を見る

Google Pixel 6 Pro 128GB SIMフリー [Stormy Black]
Google

Google Pixel 6 Pro 128GB SIMフリー [Stormy Black]

発売日:2021年10月28日

Google Pixel 6 Pro 128GB SIMフリー [Stormy Black]をお気に入り製品に追加する <44

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

選び方ガイド
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(スマートフォン)

ご注意