『iPhone miniとの併用、本機の設定や使い勝手など』 Google Google Pixel 6 128GB SIMフリー [Kinda Coral] noroZYXさんのレビュー・評価

Google Pixel 6 128GB SIMフリー [Kinda Coral]

最安価格(税込): ¥70,000〜 登録価格一覧(5店舗)
発売日:2021年10月28日

キャリア:SIMフリー OS種類:Android 12 販売時期:2021年秋モデル 画面サイズ:6.4インチ 内蔵メモリ:ROM 128GB RAM 8GB バッテリー容量:4614mAh Google Pixel 6 128GB SIMフリー [Kinda Coral]のスペック・仕様

※ランキング順位・レビュー点数・クチコミ件数は機種単位の情報です

ご利用の前にお読みください

 

『iPhone miniとの併用、本機の設定や使い勝手など』 noroZYXさん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

Google Pixel 6 128GB SIMフリー [Kinda Coral]のレビューを書く

noroZYXさん

  • レビュー投稿数:46件
  • 累計支持数:250人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

グラフィックボード・ビデオカード
2件
14件
ホームシアター スピーカー
3件
5件
イヤホン・ヘッドホン
4件
2件
もっと見る
満足度5
デザイン4
携帯性3
レスポンス5
画面表示5
バッテリー5
カメラ5
iPhone miniとの併用、本機の設定や使い勝手など

本機はiPhone 13 miniと併用しています。
11/16にGoogle Storeで予約し12/8に届きました。

【購入動機】
業務でAndroid端末が必要でした。
以前はコスパ重視の中華Android端末が愛機でしたが、名刺管理やスマートキーなどデバイス連携があるアプリで問題が多かったと感じます。
業務利用での信頼性を考えてGoogle製の本機を購入しました。
またTensorにも興味がありました。

【iPhoneとAndroidのメリット・デメリット】
モバイル系デバイスの連携では、Apple Watch、AirPodsなど同じApple製デバイスで相互連携が考えられているiPhoneが優れていると感じます。特にApple Watchとの連携は手放せないレベルです。
一方、iPhone以外にするとApple 製品で揃えた既存資産の再構築という大きな代償が生じます。

Android端末は、サイズ・性能・機能の多様性、コスパやハイスペックの選択肢の多さにメリットがあると感じます。
一方、選択肢の多さは、商品の探索時間の消費、欲しい付属品がない・種類が少ない、所有しているAndroid端末が特定アプリやデバイスで利用不可な場合があるなどのデメリットもあります。
これらデメリット払拭のため、Android OS の開発元であるGoogle 社製の本機を選びました。
Androidスマホ向けにアプリ・付属品を提供する企業は、少なくとも新製品開発時に本機を可能な限り対応機種にしようと努力するハズなので…。

【OSアップデート5年保証や買取サービス】
3世代以上のOSアップデートできるAndroid端末は少なく、Androidスマホは購入1〜2年後には機種変更を考えていました。
機種変更は、端末選択の悩み、端末本体や付属品などの出費、移行の手間がかかる一方で、最近のスマホは必要十分の性能や機能を満たしているため、機種変更のメリットは多くありません。
本機はOSアップデート5年保証があり、5年経たずに買換えを決意してもGoogle社の買取サービスがあるので、上手く使えばコスパを高めつつ高性能な端末を保有できます。

【セットアップとデータ移行】
バックアップからの復元ではなかったものの、Googleアカウントの紐づけや本機が高速なこともあり、開封2時間程度で大まかなOS・アプリの設定が終了しました。

【SIM設定】
イオンモバイルのSIMを使ってますが、うちのSIMではAPN設定のタイプ2で繋がりました。

【デザイン】
家族のスマホと見分けのためピンク(Kinda Coral)を選びました。
カメラ部分が黒くて凸なのは見た目的にマイナスですが、上下が分かりやすいメリットもあります。

【携帯性】
軽くて片手操作ができるiPhone 13 mini(5.4インチ、140g)と比べ、本機(6.4インチ、207g)となり両手操作が必要でやや重めですが、反面、見やすい大きな画面、大容量バッテリーなどのメリットがあります。

ちなみに昔から私はスマホをワイシャツの胸ポケットに入れて持ち歩いています。スマホの破損防止のため透明なカバーやガラスフィルムをつけているため、スペックよりも数インチ大きく、数十グラム重くなります。
この条件だと、本機はハンカチやメガネなどと同時に胸ポケットに入れることは出来ません。
また、本機のカメラの出っ張りが胸ポケットの縁に引っかかり、やや不安定感もあります。
更に、本機を胸ポケットに入れて体を動かすと本機の揺れが結構気になります。
このため、併用する小さくて軽いiPhoneを胸ポケット、本機はカバンの中に入れて持ち歩いています。

なお、スマホ単体の携帯性も大切ですが、優秀なスマートウォッチと連携すればスマホの利用頻度が格段に減るため、最近はスマホ単体だけで携帯性を判断しなくなってきました。

【レスポンス】
高負荷な処理はほとんどしませんし、TensorでのAI強化もあるのか、処理がカクつく、待たされるなどレスポンスが気になる状況には遭遇していません。

【画面表示】
本機は綺麗で見やすいと感じます。

【バッテリー】
毎日数時間は使ってますが、併用なうえバッテリー容量も十分なので、私の使い方だと数日充電せず使えています。
ワイヤレス充電も便利です。

【カメラ】
カメラ重視の購入ではないものの、想像以上に綺麗に撮影できて驚きました。
消しゴムマジックは、明らかに被写体でない人が映りこんだ時とか、大自然に人が紛れ込んで映りこんだ時は非常に使えますが、人混みなどの写真で特定の人を消すと歪さがハッキリとわかります。
ちなみに付属のカメラアプリ以外では消しゴムが使えないの?

【指紋認証】
背面型の指紋認証だとスマホを持って1〜2秒でスマホを使える状態になりますが、本機の画面型の指紋認証だと4〜7秒かかると感じます。
それでも指紋認証できずパスコード入力するiPhone 13よりは早く使えますが…。

【3ボタンナビゲーションとダークモードの併用の注意点】
昔ながらの△〇□ボタンは、設定>システム>ジェスチャー>システム ナビゲーション>3ボタンナビゲーションを選択すると使えます。
ただし、ダークモードがONだと△〇□ボタンは配置されるけど見えづらくなるので注意が必要です。

【データ共有の促進と端末内データの必要性の低下】
iPhone・Androidの併用にあたり、クラウドでのデータ管理の促進や、利用頻度の高いデータや高速読取が必要なデータのみオフラインでも使えるように整理を進めました。
本機は128BG、SDカード装着不可ですが、上記の結果、端末内データの利用が減り、ROMの搭載量が大きくなくても、SDカードが刺せなくても問題にならなくなりました。

【セキュリティ】
目に見えないものの、Google社の「Tensorはセキュリティが高い」という話は大切ですね。
中華製スマホが愛機の頃は「セキュリティが緩そう…」という考えが頭にこびりつき、重要な情報登録では利用しませんでした。

【Google Chrome のグルーピング機能】
本機のChromeのWebサイトのグルーピング機能が使いやすいので、iPhoneなど他のデバイスのChromeにもほしい。

【総評】
iPhone miniと本機は補完関係にあり重宝しています。

参考になった31人(再レビュー後:23人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度5
デザイン4
携帯性3
レスポンス5
画面表示5
バッテリー5
カメラ5
iPhone miniとの併用、本機の設定や使い勝手など

本機はiPhone 13 miniと併用しています。
11/16にGoogle Storeで予約し12/8に届きました。

【購入動機】
業務でAndroid端末が必要でした。
以前はコスパ重視の中華Android端末が愛機でしたが、名刺管理やスマートキーなどデバイス連携があるアプリで問題が多かったと感じます。
業務利用での信頼性を考えてGoogle製の本機を購入しました。
またTensorにも興味がありました。

【iPhoneとAppleのメリット・デメリット】
モバイル系デバイスの連携では、Apple Watch、AirPodsなど同じApple製デバイスで相互連携が考えられているiPhoneが優れていると感じます。特にApple Watchとの連携は手放せないレベルです。
一方、iPhone以外にするとApple 製品で揃えた既存資産の再構築という大きな代償が生じます。

Android端末は、サイズ・性能・機能の多様性、コスパやハイスペックの選択肢の多さにメリットがあると感じます。
一方、選択肢の多さは、商品の探索時間の消費、欲しい付属品がない・種類が少ない、所有しているAndroid端末が特定アプリやデバイスで利用不可な場合があるなどのデメリットもあります。
これらデメリット払拭のため、Android OS の開発元であるGoogle 社製の本機を選びました。
Androidスマホ向けにアプリ・付属品を提供する企業は、少なくとも新製品では可能な限り対応機種にしようと努力するハズなので…。

【OSアップデート5年保証や買取サービス】
3世代以上のOSアップデートできるAndroid端末は少なく、Androidスマホは購入1〜2年後には機種変更を考えていました。
機種変更は、端末選択の悩み、端末本体や付属品などの出費、移行の手間がかかる一方で、最近のスマホは必要十分の性能や機能を満たしているため、機種変更のメリットは多くありません。
本機はOSアップデート5年保証があり、5年経たずに買換えを決意してもGoogle社の買取サービスがあるので、上手く使えばコスパを高めつつ高性能な端末を保有できます。

【セットアップとデータ移行】
バックアップからの復元ではなかったものの、Googleアカウントの紐づけや本機が高速なこともあり、開封2時間程度で大まかなOS・アプリの設定が終了しました。

【SIM設定】
イオンモバイルのSIMを使ってますが、うちのSIMではAPN設定のタイプ2で繋がりました。

【デザイン】
家族のスマホと見分けのためピンク(Kinda Coral)を選びました。
カメラ部分が黒くて凸なのは見た目的にマイナスですが、上下が分かりやすいメリットもあります。

【携帯性】
軽くて片手操作ができるiPhone 13 mini(5.4インチ、140g)と比べ、本機(6.4インチ、207g)となり両手操作が必要でやや重めですが、反面、見やすい大きな画面、大容量バッテリーなどのメリットがあります。

ちなみに昔から私はスマホをワイシャツの胸ポケットに入れて持ち歩いています。スマホの破損防止のため透明なカバーやガラスフィルムをつけているため、スペックよりも数インチ大きく、数十グラム重くなります。
この条件だと、本機はハンカチやメガネなどと同時に胸ポケットに入れることは出来ません。
また、本機のカメラの出っ張りが胸ポケットの縁に引っかかり、やや不安定感もあります。
更に、本機を胸ポケットに入れて体を動かすと本機の揺れが結構気になります。
このため、併用する小さくて軽いiPhoneを胸ポケット、本機はカバンの中に入れて持ち歩いています。

なお、スマホ単体の携帯性も大切ですが、優秀なスマートウォッチと連携すればスマホの利用頻度が格段に減るため、最近はスマホ単体だけで携帯性を判断しなくなってきました。

【レスポンス】
高負荷な処理はほとんどしませんし、TensorでのAI強化もあるのか、処理がカクつく、待たされるなどレスポンスが気になる状況には遭遇していません。

【画面表示】
本機は綺麗で見やすいと感じます。

【バッテリー】
毎日数時間は使ってますが、併用なうえバッテリー容量も十分なので、私の使い方だと数日充電せず使えています。
ワイヤレス充電も便利です。

【カメラ】
カメラ重視の購入ではないものの、想像以上に綺麗に撮影できて驚きました。
消しゴムマジックは、明らかに被写体でない人が映りこんだ時とか、大自然に人が紛れ込んで映りこんだ時は非常に使えますが、人混みなどの写真で特定の人を消すと歪さがハッキリとわかります。
ちなみに付属のカメラアプリ以外では消しゴムが使えないの?

【指紋認証】
背面型の指紋認証だとスマホを持って1〜2秒でスマホを使える状態になりますが、本機の画面型の指紋認証だと4〜7秒かかると感じます。
それでも指紋認証できずパスコード入力するiPhone 13よりは早く使えますが…。

【3ボタンナビゲーションとダークモードの併用の注意点】
昔ながらの△〇□ボタンは、設定>システム>ジェスチャー>システム ナビゲーション>3ボタンナビゲーションを選択すると使えます。
ただし、ダークモードがONだと△〇□ボタンは配置されるけど見えづらくなるので注意が必要です。

【データ共有の促進と端末内データの必要性の低下】
iPhone・Androidの併用にあたり、クラウドでのデータ管理の促進や、利用頻度の高いデータや高速読取が必要なデータのみオフラインでも使えるように整理を進めました。
本機は128BG、SDカード装着不可ですが、上記の結果、端末内データの利用が減り、ROMの搭載量が大きくなくても、SDカードが刺せなくても問題にならなくなりました。

【セキュリティ】
目に見えないものの、Google社の「Tensorはセキュリティが高い」という話は大切ですね。
中華製スマホが愛機の頃は「セキュリティが緩そう…」という考えが頭にこびりつき、重要な情報登録では利用しませんでした。

【Google Chrome のグルーピング機能】
本機のChromeのWebサイトのグルーピング機能が使いやすいので、iPhoneなど他のデバイスのChromeにもほしい。

【総評】
iPhone miniと本機は補完関係にあり重宝しています。

参考になった0

満足度5
デザイン4
携帯性3
レスポンス5
画面表示5
バッテリー5
カメラ5
iPhone miniのサブ端末として優秀

本機は、iPhone 13 miniのサブ端末として活用しています。

【購入動機】
コスパ重視で中華製のAndroidスマートフォンを愛用していた時期もありましたが、名刺管理アプリやスマートキーアプリとのデバイス連携で問題が多かったと感じます。多様な用途での信頼性を考えるとAndroidスマホならGoogle社製が一番無難かなと考え、本機を購入しました。

ちなみに11月16日にGoogle Storeで予約し、12月8日に手元に届きました。

【データ共有と速度対策】
データの多くはクラウド上に置いて管理しており、高速化が必要な読取専用データのみオフラインでも使えるようにダウンロードしたり、オフライン利用機能をONにしたりしています。このため、iPhoneメイン機・Androidサブ機に分けても、同じデータにアクセスでき、使い勝手もレスポンスも悪くなくなりました。
このようなクラウドファーストを進めた結果、昔は重宝していたSDカードの必要性もなくなり、本機購入後の環境設定作業も比較的スムーズでした。

【デバイス連携のiPhone、多様性のAndroid】
モバイル系デバイスの連携ではデバイス間の相互連携がしやすいiPhoneの方が優れていると感じます。
一方で、iPhone以外にするとApple Watch、Air Pods、Air Tagなどが使えなくなり、iPhoneとMacBookやiPadとのAirDropやUSBテザリングなどの連携の良さもあることから、iPhoneから本機へのメイン機を移動するには、既存資産の再構築という大きな代償が発生しそうでした。
特にApple Watchは手放せないレベルなので、メイン機をiPhoneからAndroidに移動するのは数年先だと思います。

Androidは、性能や機能の多様性、コスパやハイスペックの選択幅も広さなどにメリットがあると感じます。

ただ、3世代以上のAndroid OSアップデートができるAndroid端末は多くなく、最新機種のレビューを見て発売半年後ぐらいに買うことの多い自分にとって、購入2年目には次の機種への交換を考える必要がありました。
Google製品は致命的な出来の悪さが少ないうえ、本機は5年間のOSアップデートの保証があり、更にGoogle社の買取サービスもあるので、とても良いと思います。

【デザイン】
家族のスマホと見分けるためピンクのカラーを選びました。
カメラの部分が凸になっているのは見た目的にマイナスですが、上下が分かりやすいメリットもあります。

【携帯性】
軽くて片手で使いやすく胸ポケットにも入るiPhone miniシリーズと比べると、本機は、大きくて重いので、メイン端末としてのモバイル性は良くありませんが、iPhone miniのサブ機で使うなら画面の大きさ、バッテリー量など得難いものがあります。

ただ、AndroidとiPhoneとのテザリングはしづらいですね。
私自身はSIM契約を1つしかないため、本機はWi-Fiに繋がる場所での利用が中心となっています。

携帯性についてですが、優秀なスマートウォッチと連携できれば、電車の改札移動、店での会計(QR決済やポイント付与は除く)、電話やLINEなどの通知や返信、メール・SNS・スケジュールの確認などができるので、スマホだけで語る時代ではなくなりつつあると感じます。
まぁ、スマホでしかできないことも多いのでスマホ単体の携帯性も重要ですが…。

【レスポンス】
本機を使っていて、カクつく、待たされるなどのレスポンスが悪い状況に遭遇したことはありません。
iPhoneも本機もそうですが、コスパ重視のスマホと比べると、一定以上の価格帯のスマホだとレスポンス問題が起こりづらいのかなと感じます。ネット回線に関するレスポンス問題は除きますが…。

以前のAndroid端末と背面にある指紋認証と比べ、本機の画面の特定位置での画面認証は、若干使い勝手もレスポンスも悪いと感じます。しかし、指紋認証できないiPhone 13と比べると、本機の方が使い勝手が良いですね。

【画面表示】
本機の画面は、とても綺麗で見やすいと感じます。
iPhone miniは携帯性が良いとはいえ画面が小さいですが、本機ぐらいの画面の大きさがあると、タブレットを使わなくても、ネット、動画、読書などが、見やすく、かつ、使いやすいと感じます。
iPhone miniは外向けのモバイル用、家の中などスマホをじっくり使うのであれば本機かな。

【バッテリー】
サブ機だから1日の使う時間は短いものの、バッテリー容量も十分なので数日充電せずとも使えます。
まぁ、バッテリー容量が少ないiPhone miniと交代で充電していることもありますが…。

【カメラ】
カメラ重視の購入ではありませんが、想像以上に綺麗に撮影できて驚きました。
カメラ性能の発展には、目を見張るものがありますね。

【総評】
サブ機とはいえ、毎日、業務や家の中での作業などで様々な使い方をしていますが、問題なく動いていると思います。
モバイル性で勝るiPhone miniにおいて不満に感じていた画面サイズについて、タブレット以下でも見やすいサイズの本機が補完してくれるので重宝しています。

参考になった8

あなたのレビューを投稿しませんか?

Google Pixel 6 128GB SIMフリー [Kinda Coral]のレビューを書く

この製品の情報を見る

Google Pixel 6 128GB SIMフリー [Kinda Coral]
Google

Google Pixel 6 128GB SIMフリー [Kinda Coral]

発売日:2021年10月28日

Google Pixel 6 128GB SIMフリー [Kinda Coral]をお気に入り製品に追加する <46

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

選び方ガイド
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(スマートフォン)

ご注意