『EW-M752Tから排紙トレイ自動オープン追加、ライティングも鮮やか』 EPSON EW-M754TW [ホワイト] sumi_hobbyさんのレビュー・評価

2021年11月11日 発売

EW-M754TW [ホワイト]

  • 顔料・染料2本のブラックインクを含む5色インクで写真も文書もきれいなインクジェットプリンター。「エコタンク」搭載、スマホ・タブレットアプリ対応。
  • 使い切りサイズのインクボトルでA4カラー文書を約1000ページプリント可能。A4カラー文書が約3.0円(税込み)という低印刷コスト。
  • 4.3型のワイドタッチパネルを搭載。インクの有無を確認できるLEDを配置し、自動排紙トレイが追加され、使い勝手が向上している。
EW-M754TW [ホワイト] 製品画像

拡大

この製品の環境ラベルを見る

エコマーク認定

エコマーク

最安価格(税込):

¥39,104

(前週比:+305円↑) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

¥39,104

JP-TRADE plus

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥39,104¥46,750 (50店舗) メーカー希望小売価格:オープン

店頭参考価格帯:¥39,105 〜 ¥39,107 (全国702店舗)最寄りのショップ一覧

タイプ:インクジェット 最大用紙サイズ:A4 解像度:5760x1440dpi 機能:コピー/スキャナ EW-M754TW [ホワイト]のスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • EW-M754TW [ホワイト]の価格比較
  • EW-M754TW [ホワイト]の店頭購入
  • EW-M754TW [ホワイト]のスペック・仕様
  • EW-M754TW [ホワイト]の純正オプション
  • EW-M754TW [ホワイト]のレビュー
  • EW-M754TW [ホワイト]のクチコミ
  • EW-M754TW [ホワイト]の画像・動画
  • EW-M754TW [ホワイト]のピックアップリスト
  • EW-M754TW [ホワイト]のオークション

EW-M754TW [ホワイト]EPSON

最安価格(税込):¥39,104 (前週比:+305円↑) 発売日:2021年11月11日

  • EW-M754TW [ホワイト]の価格比較
  • EW-M754TW [ホワイト]の店頭購入
  • EW-M754TW [ホワイト]のスペック・仕様
  • EW-M754TW [ホワイト]の純正オプション
  • EW-M754TW [ホワイト]のレビュー
  • EW-M754TW [ホワイト]のクチコミ
  • EW-M754TW [ホワイト]の画像・動画
  • EW-M754TW [ホワイト]のピックアップリスト
  • EW-M754TW [ホワイト]のオークション

『EW-M752Tから排紙トレイ自動オープン追加、ライティングも鮮やか』 sumi_hobbyさん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

EW-M754TW [ホワイト]のレビューを書く

sumi_hobbyさん 殿堂入り 金メダル

  • レビュー投稿数:239件
  • 累計支持数:4023人
  • ファン数:66人
満足度4
デザイン4
印刷速度3
解像度4
静音性3
ドライバ4
付属ソフト3
印刷コスト4
サイズ4
EW-M752Tから排紙トレイ自動オープン追加、ライティングも鮮やか

再生する

製品紹介・使用例
EW-M754Tのコピー開始から印刷囚虜まで

EW-M754TとEW-M752Tの外観差

EW-M754T、EW-M752T、EP-M553T、EP-883Aの機能比較その1

EW-M754T、EW-M752T、EP-M553T、EP-883Aの機能比較その2

エコタンク機でありながら背が低く、5色機として文字印刷でも視認性の良いEW-M752Tから2年後に登場した新機種がこのEW-M754Tとなる。EW-M752Tと大きな差異点として排紙トレイ自動オープンが追加された。

EW-M752Tは排紙トレイ自動オープンが無いのでがっかりだと言う書き込みも散見されたが、その点に注目するなら現状は在庫品のEW-M752Tより多少高くてもEW-M754Tを購入する大きな動機となるであろう。EW-M752Tは手動で排紙トレイを引き出さないと怒られる。
https://review.kakaku.com/review/K0001175395/ReviewCD=1270842/MovieID=20416/

今年のエプソンA4秋モデルはエコタンクのみの発表でエコタンクへの傾斜がますます進んでいるように見える。これはテレワークの進展で家庭内SOHO化が進んだ結果として普通紙ボリュームプリントユーザーが増えた市場の変化も大きいかと思う。

【デザイン】
ホワイトモデルは液晶パネルとライト部分の縁取りがブラウンであったがホワイトに統一されてEW-M553Tと同じようにフラットさが強調された。また、ライティングも淡いブルーとなってより美しさが映えるようになった。ブラックモデルはライティング以外の変化は無いようである。

【印字速度】【静音性】
EW-M754Tの仕様上の印字速度はA4普通紙カラーで6ipmとなり、A4カラーコピーで印刷すると1分38秒掛かった。9ipmで非エコタンクのEP-883Aは55秒で終了したので確かに遅い。ブラザーの新機種は上手い事高速化してユーザーを引き付けているようなのでこの辺りも改良しておけば良かったのにと思う。

EW-M754Tの静音性に関してはEW-M752Tと全く変わっていないと言う程に良く似ている。即ち、ヘッドの往復音のスースー音に加えて合間に入るカチャカチャ音とプーリー音はキヤノンのプリンターとは違う質のものである。

【解像度】
EW-M754Tのインク構成は顔料ブラックと染料はブラックを含む4色の合計5色となる。これはキヤノンのXK100と同じであるがコントラスト感はXK100の方が強い。勿論、文字ブラックの視認性はEW-M754Tでも染料4色機のEP-M553Tよりも断然良く、この辺りも排紙トレイ自動オープンに加えて機種選択のポイントになるかと思う。

エプソンの場合は4色機でも粒状感が上手く抑えられているので5色機のEW-M754Tともなると滑らかさを維持したままコントラスト感を向上させるドライバのノウハウというかインク噴射の仕組みと言うかその辺りのまとめ方はキヤノンを上回っていると思う。

【インクカートリッジ】
EW-M754Tのインクはボトル注入式のエコタンクで顔料ブラックがケンダマ、ブラックを含む染料カラーがタケトンボと名付けられた構成となりEW-M752Tからの変化は無い。即ち、インクコストも変化が無くてA4普通紙カラーは使い切りサイズのインクボトルで3.2円/枚となる。

これはXK100の3.9円/枚とかなり接近していてどちらが良いかと迷うかもしれない。大容量の継ぎ足し頻度が少ないボトルのEW-754Tかカートリッジタイプでストックと交換が手軽、背面給紙トレイと前面給紙カセットの2か所に用紙をセット可能、レーベルプリントにも対応と多機能なXK100かと言う選択ポイントかと思う。

【ドライバ】
公式ページによればWindowsがXP〜11、Mac OSが10.9.5以降(対応予定含む)と言う事で古いOSから最新OSまでカバー範囲は広い。
https://www.epson.jp/products/ecotank/ewm754t/spec.htm#driverCompatibleOsList

【機能性など】
前面給紙と厚さ0.6mmまで対応の手差し、排紙トレイ自動オープン、2.4GHzのシングルバンドWi-Fi、はがき対応の自動両面プリント、Epson Smart Panelと言うスマホ便利アプリで電源オン・オフにも対応、iOS11以降でQRコードによる自動接続などを備える。

EP-883Aないしはその下位機種で装備されているA4とはがき・写真用紙の2段トレイやレーベルプリントには対応して無く、その辺りはEP-M553Tと同様に割り切りを感じさせる。

比較製品
EPSON > EW-M752T [ホワイト]
EPSON > EP-M553T
CANON > PIXUS XK100

参考になった54人(再レビュー後:49人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度4
デザイン4
印刷速度3
解像度4
静音性3
ドライバ4
付属ソフト3
印刷コスト4
サイズ4
EW-M752Tからパネルの縁取りとライティング除いて変化無し

再生する

製品紹介・使用例
EW-M754Tのコピー開始から印刷囚虜まで

   

EW-M754TとEW-M752Tの外観差

   

エコタンク機でありながら背が低く、5色機として文字印刷でも視認性の良いEW-M752Tから2年後に登場した新機種がこのEW-M754Tとなる。差異点を見つけるのが困難な位に同じ機種と言って良く、安い在庫があるならEW-M752Tの購入で問題無いかと思われる。

今年のエプソンA4秋モデルはエコタンクのみの発表でエコタンクへの傾斜がますます進んでいるように見える。これはテレワークの進展で家庭内SOHO化が進んだ結果として普通紙ボリュームプリントユーザーが増えた市場の変化も大きいかと思う。

【デザイン】
ホワイトモデルは液晶パネルとライト部分の縁取りがブラウンであったがホワイトに統一されてEW-M553Tと同じようにフラットさが強調された。また、ライティングも淡いブルーとなってより美しさが映えるようになった。ブラックモデルはライティング以外の変化は無いようである。

【印字速度】【静音性】
EW-M754Tの仕様上の印字速度はA4カラーで6ipmとなり、A4カラーコピーで印刷すると1分38秒掛かった。9ipmで非エコタンクのEP-883Aは55秒で終了したので確かに遅い。ブラザーの新機種は上手い事高速化してユーザーを引き付けているようなのでこの辺りも改良しておけば良かったのにと思う。

EW-M754Tの静音性に関してはEW-M752Tと全く変わっていないと言う程に良く似ている。即ち、ヘッドの往復音のスースー音に加えて合間に入るカチャカチャ音とプーリー音はキヤノンのプリンターとは違う質のものである。

【解像度】
EW-M754Tのインク構成は顔料ブラックと染料はブラックを含む4色の合計5色となる。これはキヤノンのXK100と同じであるがコントラスト感はXK100の方が強い。勿論、ブラックの視認性はEW-M754Tでも染料4色機のEP-M553Tよりも断然良く、この辺りが機種選択のポイントになるかと思う。

エプソンの場合は4色機でも粒状感が上手く抑えられているので5色機のEW-M754Tともなると滑らかさを維持したままコントラスト感を向上させるドライバのノウハウというかインク噴射の仕組みと言うかその辺りのまとめ方はキヤノンを上回っていると思う。

【インクカートリッジ】
EW-M754Tのインクはボトル注入式のエコタンクで顔料ブラックがケンダマ、ブラックを含む染料カラーがタケトンボと名付けられた構成となりEW-M752Tからの変化は無い。即ち、インクコストも変化が無くて普通紙A4カラーは使い切りサイズのインクボトルで3.2円/枚となる。

これはXK100の3.9円/枚とかなり接近していてどちらが良いかと迷うかもしれない。A4普通紙用途で敢えて言うなら大容量の継ぎ足し頻度が少ないボトルのEW-754Tかカートリッジタイプでストックと交換が手軽なXK100かと言う選択ポイントかと思う。

【ドライバ】
公式ページによればWindowsがXP〜11、Mac OSが10.9.5以降(対応予定含む)と言う事で古いOSから最新OSまでカバー範囲は広い。
https://www.epson.jp/products/ecotank/ewm754t/spec.htm#driverCompatibleOsList

【機能性など】
前面給紙と厚さ0.6mmまで対応の手差し、排紙トレイ自動オープン、2.4GHzのシングルバンドWi-Fi、はがき対応の自動両面プリント、Epson Smart Panelと言うスマホ便利アプリで電源オン・オフにも対応、iOS11以降でQRコードによる自動接続などを備える。

EP-883Aないしはその下位機種で装備されているA4とはがき・写真用紙の2段トレイやレーベルプリントには対応して無く、その辺りはEP-M553Tと同様に割り切りを感じさせる。
https://www.epson.jp/products/printer/cpnavi/compare/?key=114,93,111

比較製品
EPSON > EW-M752T [ホワイト]
EPSON > EP-M553T
CANON > PIXUS XK100

参考になった5

 
 
 
 
 
 

あなたのレビューを投稿しませんか?

EW-M754TW [ホワイト]のレビューを書く

この製品の最安価格を見る

EW-M754TW [ホワイト]
EPSON

EW-M754TW [ホワイト]

最安価格(税込):¥39,104発売日:2021年11月11日 価格.comの安さの理由は?

EW-M754TW [ホワイト]をお気に入り製品に追加する <341

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(プリンタ)

ご注意