『几帳面な優等生。緻密で高い解像度のある音。』 パナソニック Technics EAH-AZ60-S [シルバー] SeaCrowさんのレビュー・評価

2021年10月15日 発売

Technics EAH-AZ60-S [シルバー]

  • 独自の音響構造により臨場感あふれるリアルな高音質を実現した完全ワイヤレスイヤホン。コーデックはLDACにも対応しハイレゾ音質を楽しめる。
  • 「JustMyVoice」テクノロジーにより、自分の声だけをクリアに相手に届ける。7種類のイヤーピースが付属。
  • すぐれたノイズキャンセリング性能を実現した「デュアルハイブリッドノイズキャンセリング」機能により、自宅や外出先などでの周囲音を大幅に低減。
Technics EAH-AZ60-S [シルバー] 製品画像

拡大

最安価格(税込):

¥27,720

(前週比:+20円↑) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥27,720¥31,016 (43店舗) メーカー希望小売価格:オープン

店頭参考価格帯:¥27,720 〜 ¥27,720 (全国744店舗)最寄りのショップ一覧

タイプ:カナル型 装着方式:完全ワイヤレス(左右分離型) 構造:密閉型(クローズド) 駆動方式:ダイナミック型 再生周波数帯域:20Hz〜20kHz ハイレゾ:○ Technics EAH-AZ60-S [シルバー]のスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

 
  • Technics EAH-AZ60-S [シルバー]の価格比較
  • Technics EAH-AZ60-S [シルバー]の店頭購入
  • Technics EAH-AZ60-S [シルバー]のスペック・仕様
  • Technics EAH-AZ60-S [シルバー]のレビュー
  • Technics EAH-AZ60-S [シルバー]のクチコミ
  • Technics EAH-AZ60-S [シルバー]の画像・動画
  • Technics EAH-AZ60-S [シルバー]のピックアップリスト
  • Technics EAH-AZ60-S [シルバー]のオークション

Technics EAH-AZ60-S [シルバー]パナソニック

最安価格(税込):¥27,720 (前週比:+20円↑) 発売日:2021年10月15日

  • Technics EAH-AZ60-S [シルバー]の価格比較
  • Technics EAH-AZ60-S [シルバー]の店頭購入
  • Technics EAH-AZ60-S [シルバー]のスペック・仕様
  • Technics EAH-AZ60-S [シルバー]のレビュー
  • Technics EAH-AZ60-S [シルバー]のクチコミ
  • Technics EAH-AZ60-S [シルバー]の画像・動画
  • Technics EAH-AZ60-S [シルバー]のピックアップリスト
  • Technics EAH-AZ60-S [シルバー]のオークション

あなたのレビューを投稿しませんか?

Technics EAH-AZ60-S [シルバー]のレビューを書く

SeaCrowさん

  • レビュー投稿数:32件
  • 累計支持数:224人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
16件
3件
タブレットPC
0件
7件
デジタルオーディオプレーヤー(DAP)
2件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン4
高音の音質5
低音の音質5
フィット感5
外音遮断性4
音漏れ防止5
携帯性4
几帳面な優等生。緻密で高い解像度のある音。

長らくワイヤレスイヤホンは購入していなかったのですが、BoseのQuietComfort Earbudsを購入したところ、想像以上に音が良く、国内メーカーの製品も気になって、こちらを衝動買いしてしまいました。

以下、音質に関しては、Androidスマートフォン(XperiaのようなSRC回避はできない普通のスマホ)からLDACで接続した場合の音に基づいています。音源はロスレスかハイレゾ、ファイルとQobuzストリーミングの両方、ジャンルはポップス、ジャズ、クラシックなど全般を聴いています。

【デザイン】
音質、機能ともに突き詰めた製品の割には、コンパクトにまとまっています。チタン風の仕上げも良い感じです。自分はブラックを購入しましたが、シルバーの方が見栄えがするでしょうね。

【高音の音質】
真面目で几帳面、しっかりとした解像度を持った緻密な音。広がり感や明るい艶っぽさもあり、なかなか魅力的なキャラクターを持っています。刺さりがない一方で、オーケストラのヴァイオリン合奏の抜けの良さも十分感じられます。ポップス系では、ストリングス(生、シンセを問わず)やコーラスが後方で鳴るような楽曲で、広がり感の強さ、分離の良さが実感できると思います。

【低音の音質】
たっぷりとした量感と広がりを持ちつつ、ブーミーになるかならないかの絶妙なラインを攻めています。こちらも解像度が高く、複数の低音楽器の聴き分けがしっかりできます。ウッドベース、無伴奏チェロなども自然な音色で鳴ってくれます。

【音質補足】
購入直後は、全体の分離が悪く、中低域の音がボワついたひどい音でしたが、10時間程度で見違えるように良い音に変わっていきました。このレビューは30時間程度鳴らした時点で書いています。

バイオセルロース製の振動板を使ったイヤホン、ヘッドホンは過去にもいくつか使ったことがあり、個人的な感覚では、エージングに時間がかかる印象があります。また、エージングを進めても、しばらく鳴らさないでいると元に戻ってしまう傾向もあり、一進一退を繰り返しながら音が馴染んでいく特性があるように思います。

なお、コーデックによる音の違いですが、AACだと上述した個性は弱まり、特に低域はスリムでソリッドになる印象です。Bluetoothオーディオでは、コーデックを変えても違いがよく分からない製品もありますが、このEAH-AZ60は割と明確に違いが出ます。AACの音も決して悪くはありませんが、この製品の実力を完全に引き出したければLDACは必須かと思います。

【フィット感】
7種類ものイヤーピースが付属し、本体も軽量、よほどのことがない限り、誰の耳にもフィットさせることができると思います。全体の形状はオーソドックスですので、外れにくさは普通。BoseのQuietComfort Earbudsのようなしっかりした固定感には及びませんが、必要十分です。

【外音遮断性】
ノイズキャンセリングの強さはさすがにBoseには及びません。ただ、音楽を鳴らさない無音状態で使わなければ問題は感じません。ノイズキャンセリングを100%にしても、音質面で寸詰まり感、不自然さがまったくないのは見事です。

【音漏れ防止】
他の人に聞いてもらってのテストはしていませんが、カナル型ですので問題ないでしょう。

【携帯性】
ケースは前モデルよりチープになったとの評を見かけますが、薄く小型になっているのはありがたいです。本体サイズも含め、総じて良好です。

ただ、本体をケースから出す際や装着する際に「引っ掛かり」になる部分がなく、表面もザラつきがないので、滑り落ちてしまいそうで怖いです。自分は屋外でこの製品を脱着する度胸はないです。屋内であらかじめ装着しておき、屋外では外さないようにし、外音取り込みをうまく活用する運用が必要そうです。

【アプリと機能面】
アプリは、ノイキャンの割合、5バンドのイコライザーなど、必要なものは十分揃っています。本体をタップした際の機能(再生、一時停止、ノイキャンと外音取り込みの切り替え、音量、トラック送り・戻しなど)が柔軟にカスタマイズできるのは良いです。自分はシングルタップでの誤動作が嫌なので無効化し、ダブル、トリプルタップに必要な機能を割り振っています。

マルチポイントに関しては、当初LDACの使用と排他の関係にありましたが、2022年3月のアップデートで改善されており、LDACを使用しながら複数端末と同時接続ができるようになりました。自分はLDAC対応のAndroid端末を音楽用に、iPadを動画用に使うので、地味にありがたいです。

【総評】
音質にしても製品全体のまとめ方にしても、すごく真面目に作られているなあ、という印象が強いです。

国内メーカーでこの価格帯だと、思い切りソニーとぶつかるわけですが、ノイキャンの強さより音質の自然さを求める人にとって良い選択肢になっていると思います。発売後から品薄が続いたというのも納得です。

比較製品
Bose > QuietComfort Earbuds
主な用途
音楽
ラジオ
接続対象
スマートフォン・携帯電話

参考になった20人(再レビュー後:12人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度5
デザイン4
高音の音質5
低音の音質5
フィット感5
外音遮断性4
音漏れ防止5
携帯性4
几帳面な優等生。緻密で高い解像度のある音。

長らくワイヤレスイヤホンは購入していなかったのですが、BoseのQuietComfort Earbudsを購入したところ、想像以上に音が良く、国内メーカーの製品も気になって、こちらを衝動買いしてしまいました。

以下、音質に関しては、Androidスマートフォン(XperiaのようなSRC回避はできない普通のスマホ)からLDACで接続した場合の音に基づいています。音源はロスレスかハイレゾ、ファイルとQobuzストリーミングの両方、ジャンルはポップス、ジャズ、クラシックなど全般を聴いています。

【デザイン】
音質、機能ともに突き詰めた製品の割には、コンパクトにまとまっています。チタン風の仕上げも良い感じです。自分はブラックを購入しましたが、シルバーの方が見栄えがするでしょうね。

【高音の音質】
真面目で几帳面、しっかりとした解像度を持った緻密な音。広がり感や明るい艶っぽさもあり、なかなか魅力的なキャラクターを持っています。刺さりがない一方で、オーケストラのヴァイオリン合奏の抜けの良さも十分感じられます。ポップス系では、ストリングス(生、シンセを問わず)やコーラスが後方で鳴るような楽曲で、広がり感の強さ、分離の良さが実感できると思います。

【低音の音質】
たっぷりとした量感と広がりを持ちつつ、ブーミーになるかならないかの絶妙なラインを攻めています。こちらも解像度が高く、複数の低音楽器の聴き分けがしっかりできます。ウッドベース、無伴奏チェロなども自然な音色で鳴ってくれます。

【音質補足】
購入直後は、全体の分離が悪く、中低域の音がボワついたひどい音でしたが、10時間程度で見違えるように良い音に変わっていきました。このレビューは30時間程度鳴らした時点で書いています。

バイオセルロース製の振動板を使ったイヤホン、ヘッドホンは過去にもいくつか使ったことがあり、個人的な感覚では、エージングに時間がかかる印象があります。また、エージングを進めても、しばらく鳴らさないでいると元に戻ってしまう傾向もあり、一進一退を繰り返しながら音が馴染んでいく特性があるように思います。

なお、コーデックによる音の違いですが、AACだと上述した個性は弱まり、特に低域はスリムでソリッドになる印象です。Bluetoothオーディオでは、コーデックを変えても違いがよく分からない製品もありますが、このEAH-AZ60は割と明確に違いが出ます。AACの音も決して悪くはありませんが、この製品の実力を完全に引き出したければLDACは必須かと思います。

【フィット感】
7種類ものイヤーピースが付属し、本体も軽量、よほどのことがない限り、誰の耳にもフィットさせることができると思います。全体の形状はオーソドックスですので、外れにくさは普通。BoseのQuietComfort Earbudsのようなしっかりした固定感には及びませんが、必要十分です。

【外音遮断性】
ノイズキャンセリングの強さはさすがにBoseには及びません。ただ、音楽を鳴らさない無音状態で使わなければ問題は感じません。ノイズキャンセリングを100%にしても、音質面で寸詰まり感、不自然さがまったくないのは見事です。

【音漏れ防止】
他の人に聞いてもらってのテストはしていませんが、カナル型ですので問題ないでしょう。

【携帯性】
ケースは前モデルよりチープになったとの評を見かけますが、薄く小型になっているのはありがたいです。本体サイズも含め、総じて良好です。

ただ、本体をケースから出す際や装着する際に「引っ掛かり」になる部分がなく、表面もザラつきがないので、滑り落ちてしまいそうで怖いです。自分は屋外でこの製品を脱着する度胸はないです。屋内であらかじめ装着しておき、屋外では外さないようにし、外音取り込みをうまく活用する運用が必要そうです。

【アプリと機能面】
アプリは、ノイキャンの割合、5バンドのイコライザーなど、必要なものは十分揃っています。本体をタップした際の機能(再生、一時停止、ノイキャンと外音取り込みの切り替え、音量、トラック送り・戻しなど)が柔軟にカスタマイズできるのは良いです。自分はシングルタップでの誤動作が嫌なので無効化し、ダブル、トリプルタップに必要な機能を割り振っています。

売りのひとつになっているマルチポイントは便利には違いないですが、LDACの使用と排他の関係なのが残念。

【総評】
音質にしても製品全体のまとめ方にしても、すごく真面目に作られているなあ、という印象が強いです。

国内メーカーでこの価格帯だと、思い切りソニーとぶつかるわけですが、ノイキャンの強さより音質の自然さを求める人にとって良い選択肢になっていると思います。発売後から品薄が続いたというのも納得です。

比較製品
Bose > QuietComfort Earbuds
主な用途
音楽
ラジオ
接続対象
スマートフォン・携帯電話

参考になった8

 
 
 
 
 
 

「Technics EAH-AZ60-S [シルバー]」の新着レビュー

あなたのレビューを投稿しませんか?

Technics EAH-AZ60-S [シルバー]のレビューを書く

この製品の最安価格を見る

Technics EAH-AZ60-S [シルバー]
パナソニック

Technics EAH-AZ60-S [シルバー]

最安価格(税込):¥27,720発売日:2021年10月15日 価格.comの安さの理由は?

Technics EAH-AZ60-S [シルバー]をお気に入り製品に追加する <236

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(イヤホン・ヘッドホン)

ご注意