『縦横比4:3 スタイリッシュ 高解像度なディスプレイならこれ』 HUAWEI HUAWEI MateView [28.2インチ] ありうまおさんのレビュー・評価

2021年 8月20日 発売

HUAWEI MateView [28.2インチ]

  • 4K+ウルトラHD解像度でリアルな色を表示する28.2型ディスプレイ。トップとサイドのベゼルを6mmに抑え、約94%の画面占有率を実現。
  • 3:2のアスペクト比を採用することで、標準の16:9と比較して縦方向に最大18.5%多くのコンテンツを表示できる。
  • VESAによるDisplayHDR 400認証の取得により、豊かな明るさと暗さを細部まで表現でき、人の視覚に近い表示効果を実現する。
HUAWEI MateView [28.2インチ] 製品画像

拡大

プロダクトアワード2021

部門別ランキング

最安価格(税込):

¥72,050

(前週比:-550円↓) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥72,050¥89,800 (19店舗) メーカー希望小売価格:¥―

店頭参考価格帯:¥― (全国6店舗)最寄りのショップ一覧

モニタサイズ:28.2型(インチ) 入力端子:HDMI2.0x1/USB Type-Cx1/miniDisplayPortx1 HUAWEI MateView [28.2インチ]のスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • HUAWEI MateView [28.2インチ]の価格比較
  • HUAWEI MateView [28.2インチ]の店頭購入
  • HUAWEI MateView [28.2インチ]のスペック・仕様
  • HUAWEI MateView [28.2インチ]のレビュー
  • HUAWEI MateView [28.2インチ]のクチコミ
  • HUAWEI MateView [28.2インチ]の画像・動画
  • HUAWEI MateView [28.2インチ]のピックアップリスト
  • HUAWEI MateView [28.2インチ]のオークション

HUAWEI MateView [28.2インチ]HUAWEI

最安価格(税込):¥72,050 (前週比:-550円↓) 発売日:2021年 8月20日

  • HUAWEI MateView [28.2インチ]の価格比較
  • HUAWEI MateView [28.2インチ]の店頭購入
  • HUAWEI MateView [28.2インチ]のスペック・仕様
  • HUAWEI MateView [28.2インチ]のレビュー
  • HUAWEI MateView [28.2インチ]のクチコミ
  • HUAWEI MateView [28.2インチ]の画像・動画
  • HUAWEI MateView [28.2インチ]のピックアップリスト
  • HUAWEI MateView [28.2インチ]のオークション

『縦横比4:3 スタイリッシュ 高解像度なディスプレイならこれ』 ありうまおさん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

HUAWEI MateView [28.2インチ]のレビューを書く

ありうまおさん

  • レビュー投稿数:4件
  • 累計支持数:27人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

PCスピーカー
0件
5件
マザーボード
0件
4件
ホームシアター スピーカー
0件
4件
もっと見る
満足度5
デザイン5
発色・明るさ5
シャープさ5
調整機能5
応答性能無評価
視野角5
サイズ5
縦横比4:3 スタイリッシュ 高解像度なディスプレイならこれ

※【サイズ】の項目の修正をしました。

接続するPCは、WindowsPC(自作)とMac mini(M1チップ版)で、主な用途は、オフィス系ソフトでの文書作成と、ウェブブラウズ、動画や写真の編集です。
(ゲームや動画の鑑賞はほぼしません。)

本機購入前はWUXGA(1,920×1,200)24インチを使用していました。理由として、フルハイビジョン(1,920×1,080)より縦の領域が広くて文書作成時などで使いやすいからでした。
今回、買い換えるに当たり、画面の縦横比が16:9よりも縦が長く、WUXGAよりも高解像度のディスプレイを探していました。
最新型のiMacディスプレイが正にツボで、それに近いデザインのディスプレイってないのかなと思っていた矢先に、このディスプレイの発売情報を知り、予約購入(2021/8/20発売)をしてしまいました。

【デザイン】
手前側に社名ロゴ等がなくすっきり(裏面にHUAWEIの彫り込みのロゴが入っています。)、ベゼルの幅も狭く、色はアルミ色でシンプルなデザインです。
ディスプレイ部分は今どきの薄いタイプで、大きささえ合えば設置場所は選ばないと思います。

【発色・明るさ】
非常に明るく、発色も変なクセはないと思います。
ただ、正しい色であるか…となると専門的な知識がありませんので、店舗等で実機を確認していただけると良いかと思います。

また、このディスプレイは、HDRに対応していて、Windows側で設定すれば表示可能です。が、HDRに対応していない画面は彩度が落ちたような映像になってしまいます。これは、ディスプレイの問題と言うよりは、OSや各種アプリケーションの問題だと思いますので、必要に応じてOS側の設定で切り替えて利用する必要があります。

【シャープさ】
解像度が28インチに4K+(3,840×2,560)表示なので非常に高精細で、文字などのにじみもありません。(にじみがあるのかもしれませんが、分かりません。)

【調整機能】
各種設定の操作は、ディスプレイ下部に設置されたタッチ式のボタンを使用します。タップや左右にドラックして操作が出来ます。ボリュームや、画面の切替や、ほとんどの各種設定は、このボタンで行います。直感的に操作できますので、操作に困ることはないと思います。(一部初期設定等でマウスを使用しますので、一時的にディスプレイ本体のUSBにマウスを接続する必要があります。)

画面の物理的な位置の設定は、上下に動かせますが、左右には動かせません。また、画面の回転機能はありませんので、画面を縦長にしての使用は出来ません。
あと、本体とディスプレイのアーム部分は一体型になっていて、VESA規格の別売りのアーム等で設置することは出来ません。

【応答性能】
文書作成時や動画を見る程度であれば特に問題は感じませんでした。
私自身、このディスプレイを使ってゲームはしないので、その評価は他の方のレビュー等を参考にしてください。
評価は無評価にしておきます。

【視野角】
IPS液晶なので、多少角度を変えてみても問題ありません。また、ノングレアなので映り込みもなく見やすいです。

【サイズ】
28インチのディスプレイとしては横幅が狭めだと思います。(計算上だと16:9の縦横比のディスプレイだと、25.9インチ相当のディスプレイと同じ横幅となります。)
また、画面の縦横比が4:3ということでドキュメント作成などには使いやすいと思います。

【その他@】
このディスプレイは、ディスプレイ自身がネットワーク機能を持っていて、Wi-Fiに接続する事が出来ます。これは、HUAWEIの端末と無線で接続する場合や、ファームウェア等のアップデートが出来るようになっているようです。
個人的な感覚ですが…ディスプレイ機能が使えて、HUAWEIの端末を無線で接続する予定がない…と言う方は、Wi-Fi設定はしない方が良いのかなと思っています。色々な意味で…。

【その他A】
スピーカーがアーム部分に内蔵されています。出力も5ワットということで、そこそこの音量は出る感じです。
また、音質については、ディスプレイと一体型と考えれば合格点だと思います。ただし、ステレオ感はありません。
音楽などをしっかり聴く…みたいな方は別途外付けのスピーカーなどを設置されることをお勧めします。

【その他B】
複数のパソコンに対して、マウスやキーボードの切り替えが簡単に出来ると、広告に記載されていますが、切替が出来るのは、USB-Cで接続したPCと、無線通信で接続したPCの場合に限っていますので注意が必要です。

私の場合は、切替器(エレコム KM-A22BBK)を別で購入して利用することで解決しています。(要は、通常のディスプレイと変わらないと言うことです。)

【その他C】
各種接続用のポートが、ディスプレイアーム部分に設置されています。そのため、ディスプレイを壁面ギリギリに寄せて使用すると、HDMIコネクタが壁と干渉します。
自分は、L字コネクタを別途購入しました。(自分の場合は、ディスプレイを正面に見て、左側に配線したかったので、エレコムAD-HDAAB03BKを購入しました。)

【総評】
長文で色々書きましたが、デザインは今どきのという感じで高級感もあり、非常に満足しています。
また、解像度や縦横比なども流行の16:9ではなく、4:3で、各種作業をするのには非常に使いやすい比率になっています。
使用目的が、合致している人にはおすすめ出来る機種だと思います。

参考になった11人(再レビュー後:11人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度5
デザイン5
発色・明るさ5
シャープさ5
調整機能5
応答性能無評価
視野角5
サイズ5
縦横比4:3 スタイリッシュ 高解像度なディスプレイならこれ

接続するPCは、WindowsPC(自作)とMac mini(M1チップ版)で、主な用途は、オフィス系ソフトでの文書作成と、ウェブブラウズ、動画や写真の編集です。
(ゲームや動画の鑑賞はほぼしません。)

本機購入前はWUXGA(1,920×1,200)24インチを使用していました。理由として、フルハイビジョン(1,920×1,080)より縦の領域が広くて文書作成時などで使いやすいからでした。
今回、買い換えるに当たり、画面の縦横比が16:9よりも縦が長く、WUXGAよりも高解像度のディスプレイを探していました。
最新型のiMacディスプレイが正にツボで、それに近いデザインのディスプレイってないのかなと思っていた矢先に、このディスプレイの発売情報を知り、予約購入(2021/8/20発売)をしてしまいました。

【デザイン】
手前側に社名ロゴ等がなくすっきり(裏面にHUAWEIの彫り込みのロゴが入っています。)、ベゼルの幅も狭く、色はアルミ色でシンプルなデザインです。
ディスプレイ部分は今どきの薄いタイプで、大きささえ合えば設置場所は選ばないと思います。

【発色・明るさ】
非常に明るく、発色も変なクセはないと思います。
ただ、正しい色であるか…となると専門的な知識がありませんので、店舗等で実機を確認していただけると良いかと思います。

また、このディスプレイは、HDRに対応していて、Windows側で設定すれば表示可能です。が、HDRに対応していない画面は彩度が落ちたような映像になってしまいます。これは、ディスプレイの問題と言うよりは、OSや各種アプリケーションの問題だと思いますので、必要に応じてOS側の設定で切り替えて利用する必要があります。

【シャープさ】
解像度が28インチに4K+(3,840×2,560)表示なので非常に高精細で、文字などのにじみもありません。(にじみがあるのかもしれませんが、分かりません。)

【調整機能】
各種設定の操作は、ディスプレイ下部に設置されたタッチ式のボタンを使用します。タップや左右にドラックして操作が出来ます。ボリュームや、画面の切替や、ほとんどの各種設定は、このボタンで行います。直感的に操作できますので、操作に困ることはないと思います。(一部初期設定等でマウスを使用しますので、一時的にディスプレイ本体のUSBにマウスを接続する必要があります。)

画面の物理的な位置の設定は、上下に動かせますが、左右には動かせません。また、画面の回転機能はありませんので、画面を縦長にしての使用は出来ません。
あと、本体とディスプレイのアーム部分は一体型になっていて、VESA規格の別売りのアーム等で設置することは出来ません。

【応答性能】
文書作成時や動画を見る程度であれば特に問題は感じませんでした。
私自身、このディスプレイを使ってゲームはしないので、その評価は他の方のレビュー等を参考にしてください。
評価は無評価にしておきます。

【視野角】
IPS液晶なので、多少角度を変えてみても問題ありません。また、ノングレアなので映り込みもなく見やすいです。

【サイズ】
28インチのディスプレイとしては横幅が狭めだと思います。(計算上だと16:9の縦横比のディスプレイだと、25.2インチ相当のディスプレイと同じ横幅となります。)
また、画面の縦横比が4:3ということでドキュメント作成などには使いやすいと思います。

【その他@】
このディスプレイは、ディスプレイ自身がネットワーク機能を持っていて、Wi-Fiに接続する事が出来ます。これは、HUAWEIの端末と無線で接続する場合や、ファームウェア等のアップデートが出来るようになっているようです。
個人的な感覚ですが…ディスプレイ機能が使えて、HUAWEIの端末を無線で接続する予定がない…と言う方は、Wi-Fi設定はしない方が良いのかなと思っています。色々な意味で…。

【その他A】
スピーカーがアーム部分に内蔵されています。出力も5ワットということで、そこそこの音量は出る感じです。
また、音質については、ディスプレイと一体型と考えれば合格点だと思います。ただし、ステレオ感はありません。
音楽などをしっかり聴く…みたいな方は別途外付けのスピーカーなどを設置されることをお勧めします。

【その他B】
複数のパソコンに対して、マウスやキーボードの切り替えが簡単に出来ると、広告に記載されていますが、切替が出来るのは、USB-Cで接続したPCと、無線通信で接続したPCの場合に限っていますので注意が必要です。

私の場合は、切替器(エレコム KM-A22BBK)を別で購入して利用することで解決しています。(要は、通常のディスプレイと変わらないと言うことです。)

【その他C】
各種接続用のポートが、ディスプレイアーム部分に設置されています。そのため、ディスプレイを壁面ギリギリに寄せて使用すると、HDMIコネクタが壁と干渉します。
自分は、L字コネクタを別途購入しました。(自分の場合は、ディスプレイを正面に見て、左側に配線したかったので、エレコムAD-HDAAB03BKを購入しました。)

【総評】
長文で色々書きましたが、デザインは今どきのという感じで高級感もあり、非常に満足しています。
また、解像度や縦横比なども流行の16:9ではなく、4:3で、各種作業をするのには非常に使いやすい比率になっています。
使用目的が、合致している人にはおすすめ出来る機種だと思います。

参考になった0

あなたのレビューを投稿しませんか?

HUAWEI MateView [28.2インチ]のレビューを書く

この製品の最安価格を見る

HUAWEI MateView [28.2インチ]
HUAWEI

HUAWEI MateView [28.2インチ]

最安価格(税込):¥72,050発売日:2021年 8月20日 価格.comの安さの理由は?

HUAWEI MateView [28.2インチ]をお気に入り製品に追加する <126

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(PCモニター・液晶ディスプレイ)

ご注意