『広角なだけでない頼もしいPROレンズ』 オリンパス M.ZUIKO DIGITAL ED 8-25mm F4.0 PRO 志太泉さんのレビュー・評価

2021年 6月25日 発売

M.ZUIKO DIGITAL ED 8-25mm F4.0 PRO

  • 超広角16mmから標準50mmの全域で高画質を極めた高倍率ズームレンズ。プロフェッショナルレンズ「M.ZUIKO PRO」シリーズ。
  • 持ち歩きやすい小型軽量と高倍率を両立し、1本で風景からスナップまでを楽しめる。IPX1相当の防滴性能とすぐれた防じん性能、-10度耐低温性能を実現。
  • レンズ先端に72mmのフィルターを装着でき、PLフィルターやNDフィルターなどを使用して多彩な表現の撮影が可能。
M.ZUIKO DIGITAL ED 8-25mm F4.0 PRO 製品画像

拡大

最安価格(税込):

¥125,440

(前週比:-118円↓) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

中古
最安価格(税込):
¥102,800 (16製品)


価格帯:¥125,440¥142,000 (40店舗) メーカー希望小売価格(税別):¥160,000

店頭参考価格帯:¥125,440 〜 ¥126,720 (全国2店舗)最寄りのショップ一覧

レンズタイプ:広角ズーム 焦点距離:8〜25mm 最大径x長さ:77x88.5mm 重量:411g 対応マウント:マイクロフォーサーズマウント系 M.ZUIKO DIGITAL ED 8-25mm F4.0 PROのスペック・仕様

ご利用の前にお読みください

  • M.ZUIKO DIGITAL ED 8-25mm F4.0 PROの価格比較
  • M.ZUIKO DIGITAL ED 8-25mm F4.0 PROの中古価格比較
  • M.ZUIKO DIGITAL ED 8-25mm F4.0 PROの買取価格
  • M.ZUIKO DIGITAL ED 8-25mm F4.0 PROの店頭購入
  • M.ZUIKO DIGITAL ED 8-25mm F4.0 PROのスペック・仕様
  • M.ZUIKO DIGITAL ED 8-25mm F4.0 PROのレビュー
  • M.ZUIKO DIGITAL ED 8-25mm F4.0 PROのクチコミ
  • M.ZUIKO DIGITAL ED 8-25mm F4.0 PROの画像・動画
  • M.ZUIKO DIGITAL ED 8-25mm F4.0 PROのピックアップリスト
  • M.ZUIKO DIGITAL ED 8-25mm F4.0 PROのオークション

M.ZUIKO DIGITAL ED 8-25mm F4.0 PROオリンパス

最安価格(税込):¥125,440 (前週比:-118円↓) 発売日:2021年 6月25日

  • M.ZUIKO DIGITAL ED 8-25mm F4.0 PROの価格比較
  • M.ZUIKO DIGITAL ED 8-25mm F4.0 PROの中古価格比較
  • M.ZUIKO DIGITAL ED 8-25mm F4.0 PROの買取価格
  • M.ZUIKO DIGITAL ED 8-25mm F4.0 PROの店頭購入
  • M.ZUIKO DIGITAL ED 8-25mm F4.0 PROのスペック・仕様
  • M.ZUIKO DIGITAL ED 8-25mm F4.0 PROのレビュー
  • M.ZUIKO DIGITAL ED 8-25mm F4.0 PROのクチコミ
  • M.ZUIKO DIGITAL ED 8-25mm F4.0 PROの画像・動画
  • M.ZUIKO DIGITAL ED 8-25mm F4.0 PROのピックアップリスト
  • M.ZUIKO DIGITAL ED 8-25mm F4.0 PROのオークション

『広角なだけでない頼もしいPROレンズ』 志太泉さん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

M.ZUIKO DIGITAL ED 8-25mm F4.0 PROのレビューを書く

志太泉さん

  • レビュー投稿数:28件
  • 累計支持数:618人
  • ファン数:7人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
7件
186件
デジタルカメラ
5件
46件
カーナビ
1件
34件
もっと見る
満足度5
操作性5
表現力5
携帯性4
機能性5
広角なだけでない頼もしいPROレンズ
当機種強い逆光でも安心してレンズを向けられます
当機種スナップ撮影へも汎用性が高い
当機種超広角らしいダイナミックな構図が得られます

強い逆光でも安心してレンズを向けられます

スナップ撮影へも汎用性が高い

超広角らしいダイナミックな構図が得られます

当機種PROレンズらしく近接撮影も得意です
当機種建築物の屋内撮影でも使いやすい画角
当機種レンズ内手ぶれ補正無しでも心配ありません

PROレンズらしく近接撮影も得意です

建築物の屋内撮影でも使いやすい画角

レンズ内手ぶれ補正無しでも心配ありません

※末尾に【追記】を追加

M.ZUIKOレンズの超広角ズームといえば初期に登場した9-18mm F4-5.6と2015年に登場した7-14mm F2.8 PROがあります。
前者はコンパクトながら画質もデザインも旧世代だし、後者は明るさが特徴の出目金レンズです。
7-14mmの画質は素晴らしく、星景でもF2.8の明るさがモノを言うのですがさすがに持ち歩きには大きく重い、またソフトフィルターなどはマウント内に仕込む必要があります。
そして登場した待望のF4超広角ズーム、しかもPROレンズと来れば期待が膨らみます。
発売即購入して使っています。

【操作性】
鏡胴部分の大きさは12-40mm F2.8 PROと同等ですが、超広角の画角でフィルターを使えるようにとフィルター枠が72mmの大きさがあります。
(前玉自体は4cm径ほどしかない)
そのためフードも含めてそれなりの大きさがあり、E-M5系ではアンバランスかもしれません。

使用時にはズームリングを回してレンズを繰り出す沈胴式で、繰り出さないと「ズームリングを回し繰り出してください」というメッセージが表示されます。
使い込むにしたがって繰り出し操作はそれほど面倒でなくなります。
私はこのレンズを装着した時点で繰り出したままにしています。

フォーカスリングやズームリングの滑らかさ、MFクラッチの使い心地は従来のPROレンズに並ぶもので操作性には問題を感じませんでした。

【表現力】
超広角での画角は強いパースが楽しめる上、PROレンズらしく周辺に至るまで高画質です。
まだ星景撮影は試していませんが、元々周辺まで光量が豊富でコマ収差の少ないPROレンズなら安心して使えそうです。
もっともF4のためF2.8レンズより露出時間が2倍かかるなどの点は不利なので、主に比較明合成で光跡を残す撮影用途に向いていそうです。

レンズを交換することなく50mm相当まで使えるのは、建築物や室内撮影では大変役立ちます。
直線の多い被写体でも目障りな歪みは少なく、また光源が入るような時でもゴーストやフレアは最小限です。

PROレンズらしさは近接撮影時にも実感できます。
超広角を活かしたワイドマクロ撮影も楽しめるし、F4でも被写体との距離次第ではかなりボケを演出できます。
ただしボケ味自体は滲むような柔らかさは少なく、やや固さが目に付くものの不快なほどではありません。

【携帯性】
先述の通りフィルター枠の大きさもあってE-M1XまたはE-M1系とのマッチングが佳さそうです。
未使用時は沈胴式のため全長が縮むのでカメラバッグ内での収まりは良好です。
しかし手軽に持ち歩くにはやや大きいので9-18mm F4-5.6のリニューアルを望みたいですね。

【機能性】
このレンズの特徴のひとつにフロントフィルターが使える点があります。
NDフィルターやPLフィルターなどが手軽に活用できるのは大変便利です。
PLフィルターを併用する機会が多いのですが、薄枠タイプなら蹴られの心配はありません。
ただNDフィルターを重ね付けするような時には蹴られが生じるかもしれません。

PROレンズならではの防塵・防滴性能、MFクラッチといった一通りの機能は備わっており、メインレンズとして活用しても不足はないと思います。
このレンズと12-100mm F4 IS PROを持てば超広角から望遠まで非常にコンパクトに持ち歩けます。

【総評】
OM-Dのボディには9-18mm F4-5.6では物足りない、7-14mm F2.8 PROでは大きく重い、そんな時に登場した待望のF4ズームです。
50mm相当まで必要かとも思いましたが、実際に使ってみると意外なほど便利です。
防塵防滴などの強靭さやフッ素コートは信頼性が高くフィールドレンズに好適です。
発売直後なのでやや高価なのと、12-45mm F4に近いコンパクトさを期待していた向きには購入を検討される場合に敷居の高さを感じるかと思います。
望遠レンズに比べると使いこなしを求められますが、ネイチャーや建築物が好きな方にはおススメできます。

【追記】
とかく50mm相当までカバーする超広角ズームレンズのラインナップとして捉えられがちです。
一方で逆に16mm相当までカバーする標準ズームレンズという考え方もできます。
1日E-M1 MarkIIIに装着して撮り歩いてみましたが、スナップ撮影への汎用性の高さも実感しました。
沈胴式の部分は常に繰り出しておけばシャッターチャンスを逃しません。
スナップで多用する24mm、28mm、35mm、50mmといった焦点域をカバーし、更に16mm相当までダイナミックな画角を楽しめるのはなかなか得難いものです。
ニコン(発売中止)やカシオのコンデジにあったような広角〜標準域のズームレンジはなかなかいい所に目をつけたと思います。

レベル
ハイアマチュア
主な被写体
風景
子供・動物
夜景
室内
その他

参考になった55人(再レビュー後:40人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度5
操作性5
表現力5
携帯性4
機能性5
広角なだけでない頼もしいPROレンズ
当機種超広角らしいダイナミックな構図が得られます
当機種PROレンズらしく近接撮影も得意です
当機種建築物の屋内撮影でも使いやすい画角

超広角らしいダイナミックな構図が得られます

PROレンズらしく近接撮影も得意です

建築物の屋内撮影でも使いやすい画角

当機種ローアングル撮影しやすいOM-Dとベストマッチ
当機種IS内蔵でなくても暗所でラクラク撮影
 

ローアングル撮影しやすいOM-Dとベストマッチ

IS内蔵でなくても暗所でラクラク撮影

 

M.ZUIKOレンズの超広角ズームといえば初期に登場した9-18mm F4-5.6と2015年に登場した7-14mm F2.8 PROがあります。
前者はコンパクトながら画質もデザインも旧世代だし、後者は明るさが特徴の出目金レンズです。
7-14mmの画質は素晴らしく、星景でもF2.8の明るさがモノを言うのですがさすがに持ち歩きには大きく重い、またソフトフィルターなどはマウント内に仕込む必要があります。
そして待望のF4超広角ズーム、しかもPROレンズと来れば期待が膨らみます。
発売即購入して使っています。

【操作性】
鏡胴部分は12-40mm F2.8 PROと同等ですが、超広角の画角でフィルターを使えるようにとフィルター枠が72mmの大きさがあります。
(前玉自体は4cm径ほどしかない)
そのためフードも含めてそれなりの大きさがあり、E-M5系ではアンバランスになりがちです。

使用時にはズームリングを回してレンズを繰り出す沈胴式で、繰り出さないと「ズームリングを回し繰り出してください」というメッセージが表示されます。
文字でのメッセージはやや違和感を覚えるので、イラストのような表示がよかったかも。
使い込むにしたがって繰り出し操作はそれほど面倒でなくなります。
私はこのレンズを装着した時点で繰り出したままにしています。

フォーカスリングやズームリングの滑らかさ、MFクラッチの使い心地は従来のPROレンズに並ぶもので操作性には問題を感じませんでした。
オリンパスはレンズの指標が赤いのですが、星景撮影などで赤いライトの元では視認性が悪くレンズ交換に難儀することがあります。

【表現力】
超広角での画角は強いパースが楽しめる上、PROレンズらしく周辺に至るまで高画質です。
まだ星景撮影は試していませんが、元々周辺まで光量が豊富でコマ収差の少ないPROレンズなら安心して使えそうです。
もっともF4のためF2.8レンズより露出時間が2倍かかるなどの点は不利なので、主に比較明合成で光跡を残す撮影用途に向いていそうです。

レンズを交換することなく50mm相当まで使えるのは、建築物や室内撮影では大変役立ちました。
直線の多い被写体でも目障りな歪みは少なく、また光源が入るような時でもゴーストやフレアは最小限です。

PROレンズらしさは近接撮影時にも実感できます。
超広角を活かしたワイドマクロ撮影も楽しめるし、F4でも被写体との距離次第ではかなりボケを演出できます。
ただしボケ味自体は滲むような柔らかさは少なく、やや固さが目に付くものの不快なほどではありません。

【携帯性】
先述の通りフィルター枠の大きさもあってE-M1XまたはE-M1系とのマッチングが佳さそうです。
未使用時は沈胴式のため全長が縮むのでカメラバッグ内での収まりは良好です。
しかし手軽に持ち歩くには大きいので9-18mm F4-5.6のリニューアルを望みたいですね。

【機能性】
このレンズの特徴のひとつにフロントフィルターが使える点があります。
NDフィルターやPLフィルターなどが手軽に活用できるのは大変便利です。
PLフィルターを併用する機会が多いのですが、薄枠タイプなら蹴られの心配はありません。
ただNDフィルターを重ね付けするような時には蹴られが生じるかもしれません。

PROレンズならではの防塵・防滴性能、MFクラッチといった一通りの機能は備わっており、メインレンズとして活用しても不足はないと思います。
このレンズと12-100mm F4 IS PROを持てば超広角から望遠まで非常にコンパクトに持ち歩けます。

【総評】
OM-Dには9-18mm F4-5.6では物足りない、7-14mm F2.8 PROでは大きく重い、そんな時に登場した待望のF4ズームです。
50mm相当まで必要かとも思いましたが、実際に使ってみると意外なほど便利です。
防塵防滴などの強靭さやフッ素コートは頼りがいが高くフィールドレンズに好適です。
発売直後なのでやや高価なのと、12-45mm F4に近いコンパクトさを期待していた向きには購入を検討される場合に敷居の高さを感じるかと思います。
望遠レンズに比べると使いこなしを求められますが、ネイチャーや建築物が好きな方にはおススメできます。

レベル
ハイアマチュア
主な被写体
風景
子供・動物
夜景
室内
その他

参考になった15

 
 
 
 
 
 

「M.ZUIKO DIGITAL ED 8-25mm F4.0 PRO」の新着レビュー

レビュータイトル 満足度 投稿日時
サイズなりの表現力  3 2022年9月11日 00:20
高い描写性能を持ったユニークなズームレンジの便利ズーム  5 2022年8月5日 13:26
街なかはこれ一本で大丈夫  5 2022年7月3日 21:14
残念  2 2022年5月21日 12:03
広角系をこれ一本に集約  5 2022年4月24日 16:10
手放せなくなってしまいました  5 2021年11月25日 19:51
広角なだけでない頼もしいPROレンズ  5 2021年8月12日 20:35
個人的には満点のレンズ  5 2021年7月13日 18:26
汎用性の高い新機軸の高倍率広角ズームレンズ  5 2021年6月28日 17:01

M.ZUIKO DIGITAL ED 8-25mm F4.0 PROのレビューを見る(レビュアー数:9人)

あなたのレビューを投稿しませんか?

M.ZUIKO DIGITAL ED 8-25mm F4.0 PROのレビューを書く

この製品の最安価格を見る

M.ZUIKO DIGITAL ED 8-25mm F4.0 PRO
オリンパス

M.ZUIKO DIGITAL ED 8-25mm F4.0 PRO

最安価格(税込):¥125,440発売日:2021年 6月25日 価格.comの安さの理由は?

M.ZUIKO DIGITAL ED 8-25mm F4.0 PROをお気に入り製品に追加する <259

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(レンズ)

ご注意