『若干の気になる点あれど…』 SONY WF-1000XM4 (S) [プラチナシルバー] ほしいも小僧さんのレビュー・評価

2021年 6月25日 発売

WF-1000XM4 (S) [プラチナシルバー]

  • ノイズキャンセリング機能を搭載した完全ワイヤレスイヤホン。ノイズをより的確にとらえる「デュアルノイズセンサーテクノロジー」を搭載。
  • 従来機「WF-1000XM3」と比較し、高音域から低音域までどの帯域においても騒音に対してのノイズキャンセリング性能が向上している。
  • 音楽を聴きながら周囲の音も聴ける「アンビエントサウンド(外音取り込み)モード」を搭載。LDACコーデックに対応。
WF-1000XM4 (S) [プラチナシルバー] 製品画像

プロダクトアワード2021

最安価格(税込):

¥23,650

(前週比:-230円↓) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥23,650¥46,163 (63店舗) メーカー希望小売価格:オープン

店頭参考価格帯:¥23,650 〜 ¥33,000 (全国746店舗)最寄りのショップ一覧

タイプ:カナル型 装着方式:完全ワイヤレス(左右分離型) 構造:密閉型(クローズド) 駆動方式:ダイナミック型 ハイレゾ:○ WF-1000XM4 (S) [プラチナシルバー]のスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

 
  • WF-1000XM4 (S) [プラチナシルバー]の価格比較
  • WF-1000XM4 (S) [プラチナシルバー]の店頭購入
  • WF-1000XM4 (S) [プラチナシルバー]のスペック・仕様
  • WF-1000XM4 (S) [プラチナシルバー]のレビュー
  • WF-1000XM4 (S) [プラチナシルバー]のクチコミ
  • WF-1000XM4 (S) [プラチナシルバー]の画像・動画
  • WF-1000XM4 (S) [プラチナシルバー]のピックアップリスト
  • WF-1000XM4 (S) [プラチナシルバー]のオークション

WF-1000XM4 (S) [プラチナシルバー]SONY

最安価格(税込):¥23,650 (前週比:-230円↓) 発売日:2021年 6月25日

  • WF-1000XM4 (S) [プラチナシルバー]の価格比較
  • WF-1000XM4 (S) [プラチナシルバー]の店頭購入
  • WF-1000XM4 (S) [プラチナシルバー]のスペック・仕様
  • WF-1000XM4 (S) [プラチナシルバー]のレビュー
  • WF-1000XM4 (S) [プラチナシルバー]のクチコミ
  • WF-1000XM4 (S) [プラチナシルバー]の画像・動画
  • WF-1000XM4 (S) [プラチナシルバー]のピックアップリスト
  • WF-1000XM4 (S) [プラチナシルバー]のオークション

あなたのレビューを投稿しませんか?

WF-1000XM4 (S) [プラチナシルバー]のレビューを書く

ほしいも小僧さん

  • レビュー投稿数:9件
  • 累計支持数:40人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
9件
14件
もっと見る
満足度5
デザイン5
高音の音質5
低音の音質5
フィット感3
外音遮断性5
音漏れ防止無評価
携帯性5
若干の気になる点あれど…

 パナソニックがオーディオ製品も含めた家電製品の今後の値上げを発表。
 https://panasonic.jp/info/notice20220720.html
 この様子だとSONYの値上げも今後予想されるので、店頭価格¥20,000代に下がったところでEDION5年間保証で購入。カラーはブラックが人気のようだが、EDIONのPR動画のお姉さんが付けていたプラチナシルバーがとってもおしゃれで素敵に見えたので、カラーはプラチナシルバーに決定(色がもっと白ければ…という意見には同感です)。

 デザイン、音質、共に良好。特に、極端に高音や低音を強調しないバランスの取れたその音質には好感が持てた。これはきっと万人受けするであろう音質と思われる。逆に尖ったところのないのはSONYらしくないかも。
 ノイズキャンセリング機能については、前の世代WF-1000M3やTechnicsのAZ60に比べて驚くほど進化しているかというとそれほどでもないと感じたが流石トップレベル、電車内で音楽を楽しむのにはこれで十分満足。ただ、音に関する余計な機能は音質に悪影響があるのではないかと思えるので、アプリでタッチパネルの設定をノイズキャンセリングもアンビエントも「なし」にできるように設定して使用している。イヤーピース自体の遮音性能が高いので自分にはそれでも充分。
 WF-1000M3に比べ充電ケースはとても小型になって携帯するのには便利。幅はTechnicsの小さい方AZ40とほぼ同じだが、若干背が高く、丸く太り気味。

自分には合わないなあと思われた点は以下の三点。

1、ケースから取り出しにくい。
 本体が丸みを帯びていて、また微妙に奥に傾いてケースに収納されているので指でつまみ難く、またマットな質感の割に表面がよく滑るので乾燥肌の指先ではつるつる滑って非常に取り出しにくい。マグネットが若干きつめなのも影響して、つい爪を立てて傷つけてしまいそう。なので、指先を若干湿らせて滑らないようにしてから湿った指先の腹でつかんで取り出すようにしている。

2、付属のウレタン素材のイヤーピースが、最初全然耳にフィットせず試行錯誤した。
 ウレタンに慣れていないので、シリコンのように一発で耳にフィットせず、一度仮で両方の耳に乗せてから片方ずつ外してウレタンをつまんで潰し、それからまた耳に装着し直すという面倒な作業が必要であった。
 アプリに「最適なイヤーピースを判定」という便利な機能が新しく加わったので、それを利用して今まで使用してきたイヤーピースも含め様々なイヤーピースを試してみた。結果、やっぱり付属のものが遮音性は最も優れているので、試行錯誤して純正の付属イヤーピースの、右がLサイズ、左がMサイズという、両耳のサイズが異なるサイズのイヤーピースに落ち着いた。ウレタン素材のイヤーピースはフィットすれば優れた遮音効果を発揮することを改めて知った次第。しかし、フィットさせるのにはコツが必要でやっぱり面倒くさい。また、長時間付けていて耳が痛くならないかと不安。なので、付属のイヤーピースに関しては自分の場合フィット感はいまいち。

3、デフォルトでは本体のタッチ操作で音量の増減ができない。
 他の方のレビューにもあるように、アプリの設定変更を使っても基本的なタッチ操作「曲の停止、再生、曲飛ばし、戻し」「ノイキャンとアンビエントの切替」そして「音量の増減」の3つの操作を「同時」に使えない。どれか一つを犠牲にしなければ設定できない。自分の場合、電車の車内では特に「音量の増減」をタッチ操作で行うことが多いが、デフォルトの設定ではそれができない。かと言って、それができるよう設定しようとすると他のタッチ操作ができなくなることになる。Technicsではこの3つの操作が同時に普通にできたのでこれは不便だと感じる。
 ついでに、音楽はSONYのNW-ZX300で聴き、アプリの設定はタブレットで行っているが、マルチポイントに対応していないので、アプリの設定をタブレットでしようとするとDAPとの接続が一旦切れてしまう。逆もまたしかり。Technicsではこれも普通に同時にできてしまうので不便だと感じた。

以上の点については思うところがありましたが買って後悔はしていません。大満足です。

主な用途
音楽
接続対象
ポータブルプレーヤー

参考になった3

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
 
 
 
 
 
 

あなたのレビューを投稿しませんか?

WF-1000XM4 (S) [プラチナシルバー]のレビューを書く

この製品の最安価格を見る

WF-1000XM4 (S) [プラチナシルバー]
SONY

WF-1000XM4 (S) [プラチナシルバー]

最安価格(税込):¥23,650発売日:2021年 6月25日 価格.comの安さの理由は?

WF-1000XM4 (S) [プラチナシルバー]をお気に入り製品に追加する <1206

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド
ユーザー満足度ランキング

イヤホン・ヘッドホン
(最近5年以内の発売・登録)






ランキングを詳しく見る


新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(イヤホン・ヘッドホン)

ご注意