『最強ノイキャンワイヤレス 爆誕』 SONY WF-1000XM4 (S) [プラチナシルバー] Intelistさんのレビュー・評価

2021年 6月25日 発売

WF-1000XM4 (S) [プラチナシルバー]

  • ノイズキャンセリング機能を搭載した完全ワイヤレスイヤホン。ノイズをより的確にとらえる「デュアルノイズセンサーテクノロジー」を搭載。
  • 従来機「WF-1000XM3」と比較し、高音域から低音域までどの帯域においても騒音に対してのノイズキャンセリング性能が向上している。
  • 音楽を聴きながら周囲の音も聴ける「アンビエントサウンド(外音取り込み)モード」を搭載。LDACコーデックに対応。
WF-1000XM4 (S) [プラチナシルバー] 製品画像

プロダクトアワード2021

最安価格(税込):

¥24,800

(前週比:+420円↑) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥24,800¥44,932 (60店舗) メーカー希望小売価格:オープン

店頭参考価格帯:¥29,682 〜 ¥33,000 (全国742店舗)最寄りのショップ一覧

タイプ:カナル型 装着方式:完全ワイヤレス(左右分離型) 構造:密閉型(クローズド) 駆動方式:ダイナミック型 ハイレゾ:○ WF-1000XM4 (S) [プラチナシルバー]のスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

 
  • WF-1000XM4 (S) [プラチナシルバー]の価格比較
  • WF-1000XM4 (S) [プラチナシルバー]の店頭購入
  • WF-1000XM4 (S) [プラチナシルバー]のスペック・仕様
  • WF-1000XM4 (S) [プラチナシルバー]のレビュー
  • WF-1000XM4 (S) [プラチナシルバー]のクチコミ
  • WF-1000XM4 (S) [プラチナシルバー]の画像・動画
  • WF-1000XM4 (S) [プラチナシルバー]のピックアップリスト
  • WF-1000XM4 (S) [プラチナシルバー]のオークション

WF-1000XM4 (S) [プラチナシルバー]SONY

最安価格(税込):¥24,800 (前週比:+420円↑) 発売日:2021年 6月25日

  • WF-1000XM4 (S) [プラチナシルバー]の価格比較
  • WF-1000XM4 (S) [プラチナシルバー]の店頭購入
  • WF-1000XM4 (S) [プラチナシルバー]のスペック・仕様
  • WF-1000XM4 (S) [プラチナシルバー]のレビュー
  • WF-1000XM4 (S) [プラチナシルバー]のクチコミ
  • WF-1000XM4 (S) [プラチナシルバー]の画像・動画
  • WF-1000XM4 (S) [プラチナシルバー]のピックアップリスト
  • WF-1000XM4 (S) [プラチナシルバー]のオークション

『最強ノイキャンワイヤレス 爆誕』 Intelistさん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

WF-1000XM4 (S) [プラチナシルバー]のレビューを書く

Intelistさん

  • レビュー投稿数:8件
  • 累計支持数:121人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
5件
44件
スマートフォン
1件
13件
デジタルオーディオプレーヤー(DAP)
0件
10件
もっと見る
満足度5
デザイン4
高音の音質4
低音の音質4
フィット感4
外音遮断性5
音漏れ防止5
携帯性5
最強ノイキャンワイヤレス 爆誕

箱出しすぐの状態なので、エージングが進み次第修正します。

音質についてですが、非常にフラットに近い音作りになっています。
ですが、モニターではないので、聴いていてつまらないほどではないです。

【高域】
大人しいです。
SONYらしい元気な音ではないです。
シンバルやハイハットなど、やや存在感に欠ける感じです。
そのおかげか、刺さりは全く無いです。
これに関しては完全に好みですので、良し悪しはつけられないです。
個人的にはもっと伸びが欲しかったところです。

【中域】
SONYらしく、ボーカルは前面に出てきています。
特に気になる癖もなく、心地よいボーカルの響きです。

【低域】
MDR-1AM2に似た、程よく締まった低音です。
流石に6mmのドライバーなので、超低域は期待できないですが、健闘していると思います。

【音場】
狭いことはないですが、特別広いこともないです。
スタジオ収録の音は密度がある音、ホールの収録の音は程よく広がりがある音です。
個人的には、WH-1000XM4のように不自然に広げすぎないところが好印象です。

【ノイズキャンセリング】
びっくりするほど効きます。
やはり高域に対しては消しきれていない印象ですが、低域〜中域の効き方がすごい。
ドライヤーの音も、音楽を流せば完全に無音です。
髪の毛の擦れる音は流石に自分の体の一部なので聞こえますが、それがなければ本当に無音。
メカニカルキーボードのタイピング音は難しいようで、それなりに「判別可能」です。

【外音取り込み】
静かな室内では、ホワイトノイズのような「サー」という音がまじり、やや不自然です。
届いてから外出していないので、外出先の騒音下での効果はわかりません。


【再レビュー】

発売開始当日から使い続けて3ヶ月が経ちましたので、再レビューします。

まず、イコライザーについてですが、当機は「イコライザーを使うべきではない」と思います。
購入当初は高域の伸びに満足できず、色々とイコライザーを弄って使っていました。
しかし、いろいろと訳があってイコライザーをOFFにし、ONに戻し忘れて1週間ほど使っていました。
そうすると驚くことに、イコライザーOFF時の方が、高域の伸びが自然できれいに感じたのです。
初期レビューでは高域がおとなしすぎると言いましたが、今考えるとそんな事は全然ありません。
全体的に明瞭で、比較的元気なサウンドです。
ただ、SONY特有のドンシャリはかなり抑えめなので、モニターライクな音が好きな人にもおすすめできることは間違いないです。

コーデックによって音が結構違います。
AAC接続時は、DSEEのON/OFFに関わらず、ボーカルがざらつきます。
その一方で、DSEEをONにすると音場が格段に広がります。
これは一長一短で、スタジオ収録されたポップスは気持ちいい音の広がりを表現してくれるのですが、コンサートホールで録音されたクラシックなどは、もともと広い音場が更に拡大させられてしまい、違和感が生まれてしまいます。
DSEEは音源によって使い分けるべきでしょう。
対するLDAC接続ですが、ボーカルのザラつきがなくなり、とてもなめらかになります。
音場は元の音源が持った広さをそのまま再現してくれます。
もちろんオープンのヘッドホンほどの広がりはありません、あくまでも価格相応の広がりです。
LDAC対応のプレーヤーを持っている場合、間違いなくLDAC接続するべきだと感じます。

接続性ですが、LDAC接続優先モードではストレスを感じない程度には快適です。
AirPods&iPhoneの組み合わせは体験したことがないのでどれほどのものかはわかりませんが、
その自分にとっては接続はとてもスムーズだと思います。
東京に住んでいて、通学で新宿駅と渋谷駅を利用しますが、たまに途切れる程度でブツブツと飛びまくるようなことはないと断言できます。
音質優先モードはあまり使い物にならないですね、部屋の中でも飛びます。
大した音質差を実感することもないので、接続優先モードをおすすめします。

フィット感についてですが、これは多分コツが必要です。
わからずに適当につけると、数十分で耳が激痛に襲われます。
鏡をしっかりと見て、耳とイヤホンが隙間なくしっかりとフィットするように装着すれば、3時間つけっぱなしでも痛くなりません。
ここで重要なのが、「耳の奥までしっかりと押し込まないといけない」わけではないということです。
言葉で説明するのは非常に難しいですが、とにかく隙間がなくなるようにジャストフィットさせれば、奥までねじ込まなくてもいいはずです。
この点で言えば、WF-1000XM3から装着時の手軽さは劣化したと言えるかもしれません。
が、しっかりと装着してしまえば、走っても頭を振ってもまず外れることはありません。
ジャストフィットしたときのホールド性は、XM3に比べて格段にアップしています。

比較製品
SONY > MDR-1AM2 (B) [ブラック]
主な用途
音楽
映画
ゲーム
ラジオ
その他
接続対象
スマートフォン・携帯電話

参考になった15人(再レビュー後:5人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度5
デザイン4
高音の音質4
低音の音質4
フィット感4
外音遮断性5
音漏れ防止5
携帯性5
最強ノイキャンワイヤレス 爆誕

箱出しすぐの状態なので、エージングが進み次第修正します。

音質についてですが、非常にフラットに近い音作りになっています。
ですが、モニターではないので、聴いていてつまらないほどではないです。

【高域】
大人しいです。
SONYらしい元気な音ではないです。
シンバルやハイハットなど、やや存在感に欠ける感じです。
そのおかげか、刺さりは全く無いです。
これに関しては完全に好みですので、良し悪しはつけられないです。
個人的にはもっと伸びが欲しかったところです。

【中域】
SONYらしく、ボーカルは前面に出てきています。
特に気になる癖もなく、心地よいボーカルの響きです。

【低域】
MDR-1AM2に似た、程よく締まった低音です。
流石に6mmのドライバーなので、超低域は期待できないですが、健闘していると思います。

【音場】
狭いことはないですが、特別広いこともないです。
スタジオ収録の音は密度がある音、ホールの収録の音は程よく広がりがある音です。
個人的には、WH-1000XM4のように不自然に広げすぎないところが好印象です。

【ノイズキャンセリング】
びっくりするほど効きます。
やはり高域に対しては消しきれていない印象ですが、低域〜中域の効き方がすごい。
ドライヤーの音も、音楽を流せば完全に無音です。
髪の毛の擦れる音は流石に自分の体の一部なので聞こえますが、それがなければ本当に無音。
メカニカルキーボードのタイピング音は難しいようで、それなりに「判別可能」です。

【外音取り込み】
静かな室内では、ホワイトノイズのような「サー」という音がまじり、やや不自然です。
届いてから外出していないので、外出先の騒音下での効果はわかりません。

接続性や遅延などの情報は、後ほど追加します。

比較製品
SONY > MDR-1AM2 (B) [ブラック]
主な用途
音楽
映画
ゲーム
接続対象
スマートフォン・携帯電話

参考になった10

 
 
 
 
 
 

「WF-1000XM4 (S) [プラチナシルバー]」の新着レビュー

レビュータイトル 満足度 投稿日時
丁度いいノイキャン  5 2022年5月22日 18:42
XM3持ちなら迷わず買い替えるべし!!  5 2022年5月19日 16:42
悪くはない  3 2022年5月18日 18:10
高音質と安心感  5 2022年5月16日 11:46
1000MX4の完成度は85点?位かなと思います。  4 2022年5月15日 22:13
さすがSONY!Xperiaとの親和性が特筆ものです!!  5 2022年5月11日 17:45
確かに高性能  5 2022年5月8日 19:15
自分が不良品を引いたのでしょうか  3 2022年5月4日 16:14
音楽再生には向いてる。  3 2022年5月3日 11:49
いいね  5 2022年5月2日 21:25

WF-1000XM4 (S) [プラチナシルバー]のレビューを見る(レビュアー数:295人)

あなたのレビューを投稿しませんか?

WF-1000XM4 (S) [プラチナシルバー]のレビューを書く

この製品の最安価格を見る

WF-1000XM4 (S) [プラチナシルバー]
SONY

WF-1000XM4 (S) [プラチナシルバー]

最安価格(税込):¥24,800発売日:2021年 6月25日 価格.comの安さの理由は?

WF-1000XM4 (S) [プラチナシルバー]をお気に入り製品に追加する <1095

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

  • 【欲しいものリスト】検討中
  • 【Myコレクション】友人用に
  • 【その他】
  • 【その他】PC
  • 【欲しいものリスト】a

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(イヤホン・ヘッドホン)

ご注意