『現時点で最高の板タブ』 Xencelabs BPH1212W-K02A [カーボンブラック] ButterKnifeさんのレビュー・評価

2021年 4月中旬 発売

BPH1212W-K02A [カーボンブラック]

BPH1212W-K02A [カーボンブラック] 製品画像

拡大

最安価格(税込):

¥35,680

(前週比:+1,700円↑) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥35,680¥45,980 (5店舗) メーカー希望小売価格:¥―

店頭参考価格帯:¥45,980 〜 ¥45,980 (全国7店舗)最寄りのショップ一覧

筆圧レベル:8192レベル インターフェース:USB 幅x高さx奥行:320.5x8x232.9mm BPH1212W-K02A [カーボンブラック]のスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • BPH1212W-K02A [カーボンブラック]の価格比較
  • BPH1212W-K02A [カーボンブラック]の店頭購入
  • BPH1212W-K02A [カーボンブラック]のスペック・仕様
  • BPH1212W-K02A [カーボンブラック]のレビュー
  • BPH1212W-K02A [カーボンブラック]のクチコミ
  • BPH1212W-K02A [カーボンブラック]の画像・動画
  • BPH1212W-K02A [カーボンブラック]のピックアップリスト
  • BPH1212W-K02A [カーボンブラック]のオークション

BPH1212W-K02A [カーボンブラック]Xencelabs

最安価格(税込):¥35,680 (前週比:+1,700円↑) 発売日:2021年 4月中旬

  • BPH1212W-K02A [カーボンブラック]の価格比較
  • BPH1212W-K02A [カーボンブラック]の店頭購入
  • BPH1212W-K02A [カーボンブラック]のスペック・仕様
  • BPH1212W-K02A [カーボンブラック]のレビュー
  • BPH1212W-K02A [カーボンブラック]のクチコミ
  • BPH1212W-K02A [カーボンブラック]の画像・動画
  • BPH1212W-K02A [カーボンブラック]のピックアップリスト
  • BPH1212W-K02A [カーボンブラック]のオークション
ユーザーレビュー > パソコン > ペンタブレット > Xencelabs > BPH1212W-K02A [カーボンブラック]

『現時点で最高の板タブ』 ButterKnifeさん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

BPH1212W-K02A [カーボンブラック]のレビューを書く

ButterKnifeさん

  • レビュー投稿数:18件
  • 累計支持数:69人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

PCモニター・液晶ディスプレイ
1件
2件
CPU
3件
0件
ペンタブレット
2件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン5
動作精度5
解像度5
フィット感5
機能性5
耐久性無評価
現時点で最高の板タブ

筆圧レベル8192段階、傾き検知60度、電磁誘導式でペンはバッテリーレスとワコムのIntuos Proと同等の性能となっています。
Intuos Proと比較すると
・標準でペンが2本付属(ペンケースつき)
・無線接続は専用ドングルを使用(IntuosはBluetooth)
・左手デバイス「クイッキーズ」がバンドルされている(単体販売もあり)
・ペンタブ本体にショートカットキーはなし(上部にシステム用の3つだけ)
・キャリングケース付属
といった感じです。無線用のドングルでUSBポートがを1個使いますが、ペンタブとクイッキーズ両方を1個で接続できるのでそこまで気になりません。

太さの違うペンが2本、丈夫なペンケースに入って付属しており、替え芯もPOMとフェルトで系10本ついていますのでそれぞれに違う芯をセットして使い分けられます。
描き心地は文句なしです。むしろIntuosより動作が軽いかもしれません。

サイズについてですが、Intuos Pro Mediumが338 x 219 x 8 mm、本製品が約320.5 x 232.9 x 8 mmと、面積はほぼ同じなのですが、Intuos Proのようなショートカットキーが搭載されていない分、描画範囲が広く取られていることもあって実際に使用してみると1サイズ大きく感じます。

さらに左手デバイスのクイッキーズの完成度が高いです。
ショートカットキー8個に5セット、ホイールに4個の動作が割り当てられますのでほとんどキーボードに触らずに描くことができます。さらにディスプレイに設定した内容が表示されますので、今どのモードになっているのかもひと目でわかります。

もう一つ素晴らしいと思ったのが、設定アプリから設定内容をインポート/エクスポートできる点です。
複数台のPCで使う場合、いちいち設定をやりなおす必要がないのです。
家と職場で同じ設定で使うといったことが楽にできます。キャリングケースもついてるし。

板タブとしての性能はワコムのプロ向け製品とほぼ同じ、さらに左手デバイスその他の付属品がついて差額は4,000円程度ですのでコスパは全然違います。
クイッキーズなしのセットもありますので、そちらを選べばさらに安くなります。
板タブ派の方に絶対オススメしたいですね。

この先液タブも開発予定とのことで、いろいろと期待できるメーカーだと思います。

追記:2022/4/12

メーカーWebサイトのFAQによると、ワコムのペンと互換性があるとのことです。
公式に対応を謳っているのはワコムの Pro pen 1 (KP503E) ということですが、それ以外のペンも
動作するようです。手元にあるものでは、Intuos Pro 付属のPro pen 2、Pro pen slim、
Intuos small 付属のペンが動作しました。また、替え芯のサイズはワコムと同一ですので付属のPOM芯、フェルト芯の他、ワコムのハードフェルト芯やエラストマー芯なども使えるので選択肢が増えますね。

本製品の付属品相当のオプションをワコム製品で揃える場合の価格を調べてみました。
いずれも公式ショップでの価格です。

Xencelab Medium バンドル
パッケージ価格:46980円
付属品:左手デバイス「クイッキーズ」、スリムペン、3ボタンペン、キャリングケース、ドローインググローブ、替え芯10本(POMx6/フェルトx6)

Wacom Intuos Pro Medium
パッケージ価格:40480円
付属品:Pro pen 2(サイドボタンx2)、ペンスタンド、替え芯10本(標準x6/フェルトx4)

3ボタンペン相当:Wacom Pro Pen 3D (KP505) 12100円
クイッキーズ相当:ExpressKey Remote 14080円
キャリングケース相当:ソフトケース Medium (ACK52701) 3300円
ドローインググローブ相当:Wacom Drawing Glove (ACK4472501Z) 990円
もしくは Drawing Soul】 2本指タブレットグローブ 各サイズ 1650円
オプション品合計:30470円 もしくは 31130円

まあ全てのオプションが必要かどうかは置いておくとしても、30000円相当のものが付属してくると考えると本当にコスパ最強かと思います。

比較製品
ワコム > Intuos Pro Medium PTH-660/K0 [ブラック]
使用目的
画像編集
イラスト・作画

参考になった4人(再レビュー後:4人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度5
デザイン5
動作精度5
解像度5
フィット感5
機能性5
耐久性無評価
現時点で最高の板タブ

筆圧レベル8192段階、傾き検知60度、電磁誘導式でペンはバッテリーレスとワコムのIntuos Proと同等の性能となっています。
Intuos Proと比較すると
・標準でペンが2本付属(ペンケースつき)
・無線接続は専用ドングルを使用(IntuosはBluetooth)
・左手デバイス「クイッキーズ」がバンドルされている(単体販売もあり)
・ペンタブ本体にショートカットキーはなし(上部にシステム用の3つだけ)
・キャリングケース付属
といった感じです。無線用のドングルでUSBポートがを1個使いますが、ペンタブとクイッキーズ両方を1個で接続できるのでそこまで気になりません。

太さの違うペンが2本、丈夫なペンケースに入って付属しており、替え芯もPOMとフェルトで系10本ついていますのでそれぞれに違う芯をセットして使い分けられます。
描き心地は文句なしです。むしろIntuosより動作が軽いかもしれません。

サイズについてですが、Intuos Pro Mediumが338 x 219 x 8 mm、本製品が約320.5 x 232.9 x 8 mmと、面積はほぼ同じなのですが、Intuos Proのようなショートカットキーが搭載されていない分、描画範囲が広く取られていることもあって実際に使用してみると1サイズ大きく感じます。

さらに左手デバイスのクイッキーズの完成度が高いです。
ショートカットキー8個に5セット、ホイールに4個の動作が割り当てられますのでほとんどキーボードに触らずに描くことができます。さらにディスプレイに設定した内容が表示されますので、今どのモードになっているのかもひと目でわかります。

もう一つ素晴らしいと思ったのが、設定アプリから設定内容をインポート/エクスポートできる点です。
複数台のPCで使う場合、いちいち設定をやりなおす必要がないのです。
家と職場で同じ設定で使うといったことが楽にできます。キャリングケースもついてるし。

板タブとしての性能はワコムのプロ向け製品とほぼ同じ、さらに左手デバイスその他の付属品がついて差額は4,000円程度ですのでコスパは全然違います。
クイッキーズなしのセットもありますので、そちらを選べばさらに安くなります。
板タブ派の方に絶対オススメしたいですね。

この先液タブも開発予定とのことで、いろいろと期待できるメーカーだと思います。

比較製品
ワコム > Intuos Pro Medium PTH-660/K0 [ブラック]
使用目的
画像編集
イラスト・作画

参考になった0

 
 
 
 
 
 

「BPH1212W-K02A [カーボンブラック]」の新着レビュー

あなたのレビューを投稿しませんか?

BPH1212W-K02A [カーボンブラック]のレビューを書く

この製品の最安価格を見る

BPH1212W-K02A [カーボンブラック]
Xencelabs

BPH1212W-K02A [カーボンブラック]

最安価格(税込):¥35,680発売日:2021年 4月中旬 価格.comの安さの理由は?

BPH1212W-K02A [カーボンブラック]をお気に入り製品に追加する <13

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[ペンタブレット]

ペンタブレットの選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(ペンタブレット)

ご注意