『3つのSIMを格納可能』 OPPO OPPO Reno5 A SIMフリー [アイスブルー] †うっきー†さんのレビュー・評価

OPPO Reno5 A SIMフリー [アイスブルー]

最安価格(税込): ¥30,468〜 登録価格一覧(26店舗)
発売日:2021年 6月11日

キャリア:SIMフリー OS種類:ColorOS 11(based on Android 11) 販売時期:2021年夏モデル 画面サイズ:6.5インチ 内蔵メモリ:ROM 128GB RAM 6GB バッテリー容量:4000mAh OPPO Reno5 A SIMフリー [アイスブルー]のスペック・仕様

※ランキング順位・レビュー点数・クチコミ件数は機種単位の情報です

ご利用の前にお読みください

 

『3つのSIMを格納可能』 †うっきー†さん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

OPPO Reno5 A SIMフリー [アイスブルー]のレビューを書く

†うっきー†さん 殿堂入り 金メダル

  • レビュー投稿数:56件
  • 累計支持数:2118人
  • ファン数:83人

よく投稿するカテゴリ

スマートフォン
21件
31254件
タブレットPC
1件
921件
NAS(ネットワークHDD)
2件
738件
もっと見る
満足度5
デザイン4
携帯性5
レスポンス5
画面表示5
バッテリー3
カメラ無評価
3つのSIMを格納可能
機種不明空きは111.3G
機種不明通信容量制限はSIM2,eSIM別に設定可能
機種不明GPS感度

空きは111.3G

通信容量制限はSIM2,eSIM別に設定可能

GPS感度

機種不明GPS精度
別機種非公式ストラップホール
機種不明バッテリー性能

GPS精度

非公式ストラップホール

バッテリー性能

■付属品
SIM取出し用ピン,安全ガイド,クイックガイド,保護フィルム(貼付済み),TPUケース
イヤホン,ACアダプター,USBケーブルは付属していません。

■空き容量
最初の空き容量は111.3G

■利用可能なSIMの組み合わせ
SIM2とeSIMが排他利用。
SIM2とSDカードが排他利用。
そのため、利用可能な最大の組み合わせとしては以下になります。
SIM1(nano)+SIM2(nano)
SIM1(nano)+eSIM+SD
SIM1(BIGLOBE D)+eSIM(Rakuten UN-LIMIT)+SD(512GB)で確認。

eSIMの切換えは、
設定→SIMカードおよびモバイルデータ→eSIM
で行います。
オンにするとSIM1+eSIM、オフにするとSIM1+SIM2になります。

回線は公式にVoLTE docomo/au/Rakuten/Y!mobileに対応。
日本では、全ての回線が利用可能という安心感があります。
楽天回線が利用可能な場所では楽天回線のBAND3優先でした。機内モードオンオフで最初の接続がBAND3になっていました。

■FOMA
FOMA+eSIM
FOMA+SIM2
どちらでも、FOMA契約のSIMを安定して利用するための設定で可能です。
https://ukkifaq.web.fc2.com/OPPO-faq.html#faq5_2
>Q.ColorOS V7,V11のDSDV機でFOMA契約のSIMが認識しません。どうしたら通話とSMSが利用出来ますか?

■通信容量制限
通信容量制限は、SIM1,SIM2,eSIM、それぞれ個別に設定可能でした。
そのため、SIM2は1.9GB,eSIMは0.9Gのように制限をかけれます。

■Rakuten Linkの自動ログアウトについて
eSIMで認証後、SIM2に切り替えると、自動ログアウトは起きました。
SIMスロットの抜き差しではないのでいけるかと思いしたが、残念ながら自動ログアウトとなりました。
Rakuten Linkを使う場合は、eSIMとSIM2の切換えは不便なようです。

■おサイフケータイ
本機はNFCをオンにしておかないと、おサイフケータイが利用出来ません。Edyで確認。
おサイフケータイアプリに「かざして使うにはNFC設定をオンにする必要があります」という表示もあります。

■GPSの感度と精度
みちびき(QZSS)に対応。

感度は問題なし。
精度に関しても、道路のカーブを綺麗に追従してくれています。
道路を横断したところもはっきりと分かります。

まったく問題ないようです。

■FMラジオ
76.0MHz〜108.0MHzに対応。

■非公式対応
スピーカーホールをストラップホールとして利用可能でした。
テグスを指で折り目をつけて入れると簡単に通せます。難易度は低めです。
爪でしごいてカールさせた程度では反対側から出せませんでしたので、折り曲げました。
テグスを手芸用の潰し玉で止めて、そこにストラップをつけました。

■その他
付属のTPUケースをとりつけると、ケースからカメラ部分は飛び出しませんので、カメラを下にしてテーブルに置いてもレンズがあたることはありません。

設定→ディスプレイと輝度→画面色温度。最初は中間のデフォルトになっていますが、少し黄色がかっていたので、左側に2メモリ程度移動しました。
左側が「より寒色に」右側が「より暖色に」になります。
無段階に近い設定となりますので、自分好みの白色への調整が簡単に出来ます。

電話の録音機能(OPPO固有の電話アプリ)は、楽天版のみ搭載。通常版とY!mobile版は非搭載。

■バッテリーの持ち
BIGLOBE タイプD + Wi-Fi
06/21 22:41 40%
06/24 07:25 21%
19% 56時間44分(3,404分間)
100%換算約17,915分(12日間と10時間35分)

■充電時間
Anker PowerPort I PD - 1 PD & 4 PowerIQのPDポート(最大30W)と(100W/5A)対応のPDケーブルで検証。
※端末側は18W対応。ACアダプターやケーブルで異なるため参考値。端末にはACアダプターもケーブルも付属なし。

電源切れで自動シャットダウン状態から検証
09:00 充電開始 自動電源オン
09:13 20% 35.7度
09:57 70% 35.0度
11:05 100% 26.2度
11:06 満充電 26.2度
後半のトリクル充電以外では、50%の充電に44分。
自動シャットダウンから100%表示まで、2時間5分。

■バッテリー消費時間
100%の残量から自動シャットダウンまでヘビーに使って検証。
12:00 100% 放電開始(CPUに負荷,カメラライトオン,画面高輝度)
16:10頃 0% 目視で確認してはいないが、16:10頃にバッテリー切れでシャットダウンと推測。
最大温度45.0度

ヘビーに使うと、4時間10分しか持たない。
使い方次第で、4時間10分〜12日間と10時間、約70倍程度の差があります。

■他機種との比較
競合機種としてMi 11 Lite 5Gがありますが、現時点(2021/08/07)では、本機の方がよいです。
Mi 11 Lite 5Gは、ゲームがカクカクですが、本機は快適。
Mi 11 Lite 5Gは、カメラ撮影がビビットな仕上がりになりますが、本機の方が自然です。
Mi 11 Lite 5Gは、「おサイフケータイ」と「VISAのタッチ決済」で切り替えが必要ですが、本機は不要です。
両機種所有していますが、利用するなら、本機の方をお勧めします。
ゲーム,カメラ,おサイフケータイが不要な場合は、軽さでMi 11 Lite 5Gの方が良いです。

■総評
SIMを3つ格納可能な機種は、おそらく本機が最初でしょうか。
SIMをたくさん使いたい方にはお勧めです。
ColorOS V11なので、OPPO固有の制限事項がほぼなくなっています。

OPPO機で頻繁に質問がある内容はFAQを参照。
https://ukkifaq.web.fc2.com/OPPO-faq.html

比較製品
Xiaomi > Mi 11 Lite 5G SIMフリー

参考になった405人(再レビュー後:151人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度5
デザイン4
携帯性5
レスポンス5
画面表示5
バッテリー3
カメラ無評価
3つのSIMを格納可能
機種不明空きは111.3G
機種不明通信容量制限はSIM2,eSIM別に設定可能
機種不明GPS感度

空きは111.3G

通信容量制限はSIM2,eSIM別に設定可能

GPS感度

機種不明GPS精度
別機種非公式ストラップホール
機種不明バッテリー性能

GPS精度

非公式ストラップホール

バッテリー性能

■2021/08/07追記内容
・他機種との比較
・満足度を4から5に変更

■付属品
SIM取出し用ピン,安全ガイド,クイックガイド,保護フィルム(貼付済み),TPUケース
イヤホン,ACアダプター,USBケーブルは付属していません。

■空き容量
最初の空き容量は111.3G

■利用可能なSIMの組み合わせ
SIM2とeSIMが排他利用。
SIM2とSDカードが排他利用。
そのため、利用可能な最大の組み合わせとしては以下になります。
SIM1(nano)+SIM2(nano)
SIM1(nano)+eSIM+SD
SIM1(BIGLOBE D)+eSIM(Rakuten UN-LIMIT)+SD(512GB)で確認。

eSIMの切換えは、
設定→SIMカードおよびモバイルデータ→eSIM
で行います。
オンにするとSIM1+eSIM、オフにするとSIM1+SIM2になります。

回線は公式にVoLTE docomo/au/Rakuten/Y!mobileに対応。
日本では、全ての回線が利用可能という安心感があります。
楽天回線が利用可能な場所では楽天回線のBAND3優先でした。機内モードオンオフで最初の接続がBAND3になっていました。

■FOMA
FOMA+eSIM
FOMA+SIM2
どちらでも、FOMA契約のSIMを安定して利用するための設定で可能です。
ttps://ukkifaq.web.fc2.com/OPPO-faq.html#faq5_2
>Q.ColorOS V7,V11のDSDV機でFOMA契約のSIMが認識しません。どうしたら通話とSMSが利用出来ますか?
※アクセスする際は先頭に「h」を付与して下さい。

■通信容量制限
通信容量制限は、SIM1,SIM2,eSIM、それぞれ個別に設定可能でした。
そのため、SIM2は1.9GB,eSIMは0.9Gのように制限をかけれます。

■Rakuten Linkの自動ログアウトについて
eSIMで認証後、SIM2に切り替えると、自動ログアウトは起きました。
SIMスロットの抜き差しではないのでいけるかと思いしたが、残念ながら自動ログアウトとなりました。
Rakuten Linkを使う場合は、eSIMとSIM2の切換えは不便なようです。

■おサイフケータイ
本機はNFCをオンにしておかないと、おサイフケータイが利用出来ません。Edyで確認。
おサイフケータイアプリに「かざして使うにはNFC設定をオンにする必要があります」という表示もあります。

■GPSの感度と精度
みちびき(QZSS)に対応。

感度は問題なし。
精度に関しても、道路のカーブを綺麗に追従してくれています。
道路を横断したところもはっきりと分かります。

まったく問題ないようです。

■FMラジオ
76.0MHz〜108.0MHzに対応。

■非公式対応
スピーカーホールをストラップホールとして利用可能でした。
テグスを指で折り目をつけて入れると簡単に通せます。難易度は低めです。
爪でしごいてカールさせた程度では反対側から出せませんでしたので、折り曲げました。
テグスを手芸用の潰し玉で止めて、そこにストラップをつけました。

■その他
付属のTPUケースをとりつけると、ケースからカメラ部分は飛び出しませんので、カメラを下にしてテーブルに置いてもレンズがあたることはありません。

設定→ディスプレイと輝度→画面色温度。最初は中間のデフォルトになっていますが、少し黄色がかっていたので、左側に2メモリ程度移動しました。
左側が「より寒色に」右側が「より暖色に」になります。
無段階に近い設定となりますので、自分好みの白色への調整が簡単に出来ます。

電話の録音機能(OPPO固有の電話アプリ)は、楽天版のみ搭載。通常版とY!mobile版は非搭載。

■バッテリーの持ち
BIGLOBE タイプD + Wi-Fi
06/21 22:41 40%
06/24 07:25 21%
19% 56時間44分(3,404分間)
100%換算約17,915分(12日間と10時間35分)

■充電時間
Anker PowerPort I PD - 1 PD & 4 PowerIQのPDポート(最大30W)と(100W/5A)対応のPDケーブルで検証。
※端末側は18W対応。ACアダプターやケーブルで異なるため参考値。端末にはACアダプターもケーブルも付属なし。

電源切れで自動シャットダウン状態から検証
09:00 充電開始 自動電源オン
09:13 20% 35.7度
09:57 70% 35.0度
11:05 100% 26.2度
11:06 満充電 26.2度
後半のトリクル充電以外では、50%の充電に44分。
自動シャットダウンから100%表示まで、2時間5分。

■バッテリー消費時間
100%の残量から自動シャットダウンまでヘビーに使って検証。
12:00 100% 放電開始(CPUに負荷,カメラライトオン,画面高輝度)
16:10頃 0% 目視で確認してはいないが、16:10頃にバッテリー切れでシャットダウンと推測。
最大温度45.0度

ヘビーに使うと、4時間10分しか持たない。
使い方次第で、4時間10分〜12日間と10時間、約70倍程度の差があります。

■他機種との比較
競合機種としてMi 11 Lite 5Gがありますが、現時点(2021/08/07)では、本機の方がよいです。
Mi 11 Lite 5Gは、ゲームがカクカクですが、本機は快適。
Mi 11 Lite 5Gは、カメラ撮影がビビットな仕上がりになりますが、本機の方が自然です。
Mi 11 Lite 5Gは、「おサイフケータイ」と「VISAのタッチ決済」で切り替えが必要ですが、本機は不要です。
両機種所有していますが、利用するなら、本機の方をお勧めします。
ゲーム,カメラ,おサイフケータイが不要な場合は、軽さでMi 11 Lite 5Gの方が良いです。

■総評
SIMを3つ格納可能な機種は、おそらく本機が最初でしょうか。
SIMをたくさん使いたい方にはお勧めです。
ColorOS V11なので、OPPO固有の制限事項がほぼなくなっています。

OPPO機で頻繁に質問がある内容はFAQを参照。
ttps://ukkifaq.web.fc2.com/OPPO-faq.html
※アクセスする際は先頭に「h」を付与して下さい。

比較製品
Xiaomi > Mi 11 Lite 5G SIMフリー

参考になった50

満足度4
デザイン4
携帯性5
レスポンス5
画面表示5
バッテリー3
カメラ無評価
3つのSIMを格納可能
機種不明空きは111.3G
機種不明通信容量制限はSIM2,eSIM別に設定可能
機種不明GPS感度

空きは111.3G

通信容量制限はSIM2,eSIM別に設定可能

GPS感度

機種不明GPS精度
別機種非公式ストラップホール
機種不明バッテリー性能

GPS精度

非公式ストラップホール

バッテリー性能

■2021/06/26追記内容
・SIM1+eSIM+SDの検証結果
・通話録音機能について
・バッテリー性能

■付属品
SIM取出し用ピン,安全ガイド,クイックガイド,保護フィルム(貼付済み),TPUケース
イヤホン,ACアダプター,USBケーブルは付属していません。

■空き容量
最初の空き容量は111.3G

■利用可能なSIMの組み合わせ
SIM2とeSIMが排他利用。
SIM2とSDカードが排他利用。
そのため、利用可能な最大の組み合わせとしては以下になります。
SIM1(nano)+SIM2(nano)
SIM1(nano)+eSIM+SD
SIM1(BIGLOBE D)+eSIM(Rakuten UN-LIMIT)+SD(512GB)で確認。

eSIMの切換えは、
設定→SIMカードおよびモバイルデータ→eSIM
で行います。
オンにするとSIM1+eSIM、オフにするとSIM1+SIM2になります。

回線は公式にVoLTE docomo/au/Rakuten/Y!mobileに対応。
日本では、全ての回線が利用可能という安心感があります。
楽天回線が利用可能な場所では楽天回線のBAND3優先でした。機内モードオンオフで最初の接続がBAND3になっていました。

■FOMA
FOMA+eSIM
FOMA+SIM2
どちらでも、FOMA契約のSIMを安定して利用するための設定で可能です。
https://ukkifaq.web.fc2.com/OPPO-faq.html#faq5_2
>Q.ColorOS V7,V11のDSDV機でFOMA契約のSIMが認識しません。どうしたら通話とSMSが利用出来ますか?

■通信容量制限
通信容量制限は、SIM1,SIM2,eSIM、それぞれ個別に設定可能でした。
そのため、SIM2は1.9GB,eSIMは0.9Gのように制限をかけれます。

■Rakuten Linkの自動ログアウトについて
eSIMで認証後、SIM2に切り替えると、自動ログアウトは起きました。
SIMスロットの抜き差しではないのでいけるかと思いしたが、残念ながら自動ログアウトとなりました。
Rakuten Linkを使う場合は、eSIMとSIM2の切換えは不便なようです。

■おサイフケータイ
本機はNFCをオンにしておかないと、おサイフケータイが利用出来ません。Edyで確認。
おサイフケータイアプリに「かざして使うにはNFC設定をオンにする必要があります」という表示もあります。

■GPSの感度と精度
みちびき(QZSS)に対応。

感度は問題なし。
精度に関しても、道路のカーブを綺麗に追従してくれています。
道路を横断したところもはっきりと分かります。

まったく問題ないようです。

■FMラジオ
76.0MHz〜108.0MHzに対応。

■非公式対応
スピーカーホールをストラップホールとして利用可能でした。
テグスを指で折り目をつけて入れると簡単に通せます。難易度は低めです。
爪でしごいてカールさせた程度では反対側から出せませんでしたので、折り曲げました。
テグスを手芸用の潰し玉で止めて、そこにストラップをつけました。

■その他
付属のTPUケースをとりつけると、ケースからカメラ部分は飛び出しませんので、カメラを下にしてテーブルに置いてもレンズがあたることはありません。

設定→ディスプレイと輝度→画面色温度。最初は中間のデフォルトになっていますが、少し黄色がかっていたので、左側に2メモリ程度移動しました。
左側が「より寒色に」右側が「より暖色に」になります。
無段階に近い設定となりますので、自分好みの白色への調整が簡単に出来ます。

電話の録音機能(OPPO固有の電話アプリ)は、楽天版のみ搭載。通常版とY!mobile版は非搭載。

■バッテリーの持ち
BIGLOBE タイプD + Wi-Fi
06/21 22:41 40%
06/24 07:25 21%
19% 56時間44分(3,404分間)
100%換算約17,915分(12日間と10時間35分)

■充電時間
Anker PowerPort I PD - 1 PD & 4 PowerIQのPDポート(最大30W)と(100W/5A)対応のPDケーブルで検証。
※端末側は18W対応。ACアダプターやケーブルで異なるため参考値。端末にはACアダプターもケーブルも付属なし。

電源切れで自動シャットダウン状態から検証
09:00 充電開始 自動電源オン
09:13 20% 35.7度
09:57 70% 35.0度
11:05 100% 26.2度
11:06 満充電 26.2度
後半のトリクル充電以外では、50%の充電に44分。
自動シャットダウンから100%表示まで、2時間5分。

■バッテリー消費時間
100%の残量から自動シャットダウンまでヘビーに使って検証。
12:00 100% 放電開始(CPUに負荷,カメラライトオン,画面高輝度)
16:10頃 0% 目視で確認してはいないが、16:10頃にバッテリー切れでシャットダウンと推測。
最大温度45.0度

ヘビーに使うと、4時間10分しか持たない。
使い方次第で、4時間10分〜12日間と10時間、約70倍程度の差があります。

■総評
SIMを3つ格納可能な機種は、おそらく本機が最初でしょうか。
SIMをたくさん使いたい方にはお勧めです。
ColorOS V11なので、OPPO固有の制限事項がほぼなくなっています。

OPPO機で頻繁に質問がある内容はFAQを参照。
https://ukkifaq.web.fc2.com/OPPO-faq.html

参考になった182

満足度4
デザイン4
携帯性5
レスポンス5
画面表示5
バッテリー無評価
カメラ無評価
3つのSIMを格納可能
機種不明空きは111.3G
機種不明通信容量制限はSIM2,eSIM別に設定可能
機種不明GPS感度

空きは111.3G

通信容量制限はSIM2,eSIM別に設定可能

GPS感度

機種不明GPS精度
別機種非公式ストラップホール
 

GPS精度

非公式ストラップホール

 

■付属品
SIM取出し用ピン,安全ガイド,クイックガイド,保護フィルム(貼付済み),TPUケース
イヤホン,ACアダプター,USBケーブルは付属していません。

■空き容量
最初の空き容量は111.3G

■利用可能なSIMの組み合わせ
SIM2とeSIMが排他利用。
SIM2とSDカードが排他利用。
そのため、利用可能な最大の組み合わせとしては以下になります。
SIM1(nano)+SIM2(nano)
SIM1(nano)+eSIM+SD

eSIMの切換えは、
設定→SIMカードおよびモバイルデータ→eSIM
で行います。
オンにするとSIM1+eSIM、オフにするとSIM1+SIM2になります。

回線は公式にVoLTE docomo/au/Rakuten/Y!mobileに対応。
日本では、全ての回線が利用可能という安心感があります。
楽天回線が利用可能な場所では楽天回線のBAND3優先でした。機内モードオンオフで最初の接続がBAND3になっていました。

■FOMA
FOMA+eSIM
FOMA+SIM2
どちらでも、FOMA契約のSIMを安定して利用するための設定で可能です。
https://ukkifaq.web.fc2.com/OPPO-faq.html#faq5_2
>Q.ColorOS V7,V11のDSDV機でFOMA契約のSIMが認識しません。どうしたら通話とSMSが利用出来ますか?

■通信容量制限
通信容量制限は、SIM1,SIM2,eSIM、それぞれ個別に設定可能でした。
そのため、SIM2は1.9GB,eSIMは0.9Gのように制限をかけれます。

■Rakuten Linkの自動ログアウトについて
eSIMで認証後、SIM2に切り替えると、自動ログアウトは起きました。
SIMスロットの抜き差しではないのでいけるかと思いしたが、残念ながら自動ログアウトとなりました。
Rakuten Linkを使う場合は、eSIMとSIM2の切換えは不便なようです。

■おサイフケータイ
本機はNFCをオンにしておかないと、おサイフケータイが利用出来ません。Edyで確認。
おサイフケータイアプリに「かざして使うにはNFC設定をオンにする必要があります」という表示もあります。

■GPSの感度と精度
みちびき(QZSS)に対応。

感度は問題なし。
精度に関しても、道路のカーブを綺麗に追従してくれています。
道路を横断したところもはっきりと分かります。

まったく問題ないようです。

■FMラジオ
76.0MHz〜108.0MHzに対応。

■非公式対応
スピーカーホールをストラップホールとして利用可能でした。
テグスを指で折り目をつけて入れると簡単に通せます。難易度は低めです。
爪でしごいてカールさせた程度では反対側から出せませんでしたので、折り曲げました。
テグスを手芸用の潰し玉で止めて、そこにストラップをつけました。

■その他
付属のTPUケースをとりつけると、ケースからカメラ部分は飛び出しませんので、カメラを下にしてテーブルに置いてもレンズがあたることはありません。

設定→ディスプレイと輝度→画面色温度。最初は中間のデフォルトになっていますが、少し黄色がかっていたので、左側に2メモリ程度移動しました。
左側が「より寒色に」右側が「より暖色に」になります。
無段階に近い設定となりますので、自分好みの白色への調整が簡単に出来ます。

■バッテリー
後日検証予定。
今のところSIM1枚+Wi-Fiで3時間で1%程度と12日程度しか持たないような感じです。
公称値では約14日半ですが、そこまでは持ちそうもありませんでした。

■総評
SIMを3つ格納可能な機種は、おそらく本機が最初でしょうか。
SIMをたくさん使いたい方にはお勧めです。
ColorOS V11なので、OPPO固有の制限事項がほぼなくなっています。

OPPO機で頻繁に質問がある内容はFAQを参照。
https://ukkifaq.web.fc2.com/OPPO-faq.html

詳細なレビューは後日追記予定。

参考になった22

「OPPO Reno5 A SIMフリー [アイスブルー]」の新着レビュー

レビュータイトル 満足度 投稿日時
コスパ良し ミドルスマホ  5 2022年6月21日 15:31
バッテリー残に 尽きる  3 2022年6月18日 13:20
万能スマホ  5 2022年6月17日 16:13
バッテリーの減りが早い  3 2022年6月14日 07:39
無難な優等生、これでいい…けど、物足りなさもある  4 2022年6月10日 15:19
物理SIM2枚運用、デュアルアプリで死角なし  5 2022年5月30日 08:11
防水性能が神of神  5 2022年5月24日 01:13
ミドルスペックの標準機になるだろう(1年使用後)  5 2022年5月16日 19:07
買ってよかった  5 2022年5月9日 14:38
必要な機能がすべて揃っている  5 2022年5月8日 17:49

OPPO Reno5 A SIMフリー [アイスブルー]のレビューを見る(レビュアー数:139人)

あなたのレビューを投稿しませんか?

OPPO Reno5 A SIMフリー [アイスブルー]のレビューを書く

この製品の情報を見る

OPPO Reno5 A SIMフリー [アイスブルー]
OPPO

OPPO Reno5 A SIMフリー [アイスブルー]

発売日:2021年 6月11日

OPPO Reno5 A SIMフリー [アイスブルー]をお気に入り製品に追加する <351

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

選び方ガイド
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(スマートフォン)

ご注意