『よい買い物ができました (*゚▽゚*)』 ヤマハ AVENTAGE RX-A6A ぱぴこむさんのレビュー・評価

2021年 9月 1日 発売

AVENTAGE RX-A6A

  • 「SURROUND:AI」、高品位ESS DACを搭載し、9chパワーアンプを内蔵したハイグレードモデルの9.2ch AVレシーバー。
  • AIが視聴中のコンテンツに含まれるセリフやBGMなどの音の要素を分析し、最適な音場効果を創出する独自のサラウンド機能「SURROUND:AI」を採用。
  • 最大AURO 9.1chまで再生でき臨場感豊かな3Dサラウンドを楽しめる。「Dolby Atmos」「DTS:X」に対応、「Dolby Atmos Height Virtualizer」も搭載。
AVENTAGE RX-A6A 製品画像

拡大

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 価格推移グラフ

お気に入り製品に登録すると、価格が掲載された時にメールやMyページでお知らせいたします


価格帯:¥―〜¥― (―店舗) メーカー希望小売価格(税別):¥250,000

サラウンドチャンネル:9.2ch HDMI端子入力:7系統 オーディオ入力:5系統 AVENTAGE RX-A6Aのスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • AVENTAGE RX-A6Aの価格比較
  • AVENTAGE RX-A6Aの店頭購入
  • AVENTAGE RX-A6Aのスペック・仕様
  • AVENTAGE RX-A6Aのレビュー
  • AVENTAGE RX-A6Aのクチコミ
  • AVENTAGE RX-A6Aの画像・動画
  • AVENTAGE RX-A6Aのピックアップリスト
  • AVENTAGE RX-A6Aのオークション

AVENTAGE RX-A6Aヤマハ

最安価格(税込):ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 発売日:2021年 9月 1日

  • AVENTAGE RX-A6Aの価格比較
  • AVENTAGE RX-A6Aの店頭購入
  • AVENTAGE RX-A6Aのスペック・仕様
  • AVENTAGE RX-A6Aのレビュー
  • AVENTAGE RX-A6Aのクチコミ
  • AVENTAGE RX-A6Aの画像・動画
  • AVENTAGE RX-A6Aのピックアップリスト
  • AVENTAGE RX-A6Aのオークション
ユーザーレビュー > 家電 > AVアンプ > ヤマハ > AVENTAGE RX-A6A

『よい買い物ができました (*゚▽゚*)』 ぱぴこむさん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

AVENTAGE RX-A6Aのレビューを書く

ぱぴこむさん

  • レビュー投稿数:4件
  • 累計支持数:22人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

NAS(ネットワークHDD)
0件
3件
カーナビ
1件
0件
AVアンプ
1件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン5
操作性4
音質5
パワー5
機能性4
入出力端子5
サイズ4
よい買い物ができました (*゚▽゚*)
 

正面から

接続中( ・∇・) ...

 

最新のフォーマットに対応したアンプが欲しかったので、RX-A6Aを購入しました。しばらく使ってみた感想です。

【デザイン】
 メインボリュームがセンター配置になって、プリメインアンプみたいで良い感じです。ヤマハのブラックは高級感があります。黒であることで指紋が付きやすいですが、操作はリモコン又はiPadなどのタブレットで行うことがほとんどで、本体に触らない為、綺麗にキープしたままです。ディスプレイは日本語対応で見やすいです。
 私はこのデザインが気に入っています。

【操作性】
 シーン設定メモリ機能でそれぞれのソース毎に設定を記憶できるので重宝しています。eARCやHDMIリンクのおかげで、簡単に操作できています。iPadでの利用は直感で操作できるので助かっています。

【音質】
 最初に聞いた時は「えっ!AVアンプ!?」と感じました。SN比の高さと音の艶やかさはプリメインアンプを鳴らした時のような感動がありました。高音はクリアで伸びが良く、低音は歯切れ良く鳴ってくれます。
 クラシックでは弦楽器の艶やかさが際立ち、ティンパニーの音は楽器を奏でている様子(ヘッドの震え)が目に浮かんできます。ジャズではコンサートホールの中に居るような感覚で没入感に浸れます。
 ヤマハのアンプは全体的に高域が強めなイメージがありました。確かに、他のAVアンプと聞き比べると、高音が強い印象が(個人的に)ありますが、中低域とのバランスを「いい意味で」フラットにしていると思いました。製品開発に関わった技術者様のチューニングに脱帽です。
 私は7.1.2のSP構成にしていますが、映画での空間表現は技術の進化を感じます。Dolby Atmosや DTS:X音源の再生では、前後左右に加え、上下のファクターがはっきり感じられます。

【パワー】
 低音から高音まで、余裕をもって鳴らしきっていると思います。特にウーファーの響いている様は、しっかり駆動しているなと感じています。スピーカーはB&Wのトールボーイ型ですがパワーは十分です。

【機能性】
 YPAOは自動で設定してくれて大変助かりました。最終的には、テストトーンを耳で確認しながら調整しました。スピーカーのサイズや構成、置き方で左右されると思いますが、私は好みによりセンターの音量を少し大きめに設定しました。お陰さまで全体のバランスを保ちつつヴォーカル・セリフをしっかり聞き取れます。
 リモコンは導入当初の設定の際に使用しましたが、今では、ほとんどiPad/iPhoneで操作しています。アプリの使い方に最初は戸惑いましたが、慣れてしまえばいい感じです。
 設定機能は色々「イジる」楽しみがあります。RX-A6Aが家にやって来たばっかりの時は、物珍しさに設定を楽しみましたが、今ではSURROUND:AIでの視聴が多くなっています。機能が豊富なのはいいのですが、高機能な故に迷う時があり、どんなシーンでも最適にしてくれるSURROUND:AIはモノグサな私の強い味方です。

【入出力端子】
 入力はHDMIが1から7まで、AUDIO入力は1から4まで、そのうちAUDIO1及びAUDIO2がOPTICALとRCA、AUDIO3がCOAXIALとRCA、AUDIO4はバランス入力、PHONO入力、AV入力はAV1からAV3まで、そのうちAV1がYPbPrとCOAXIALとRCA、AV2がVIDEOとOPTICALとRCA、AV3がVIDEOとRCAが装備されています。
 出力はHDMIが3系統、そのうち1つはeARC/ARC 対応、チャンネル毎のアナログ出力、そのうちフロントはRCAとバランス、その他ZONE2及びZONE3出力なども装備されています。
 入出力が豊富にあるにもかかわらず、私は、テレビ、ブルーレイレコーダー、AppleTV、ユニバーサルプレイヤー、NASしか使っていませんので、今後ソースが増えても十分に対応できます。
 AUDIO入力4にバランス端子が付いていたので、SACDはバランス入力で楽しんでいます。

【サイズ】
 最初ラックに入れた時は大きいと思いましたが、ラックに収まってよかったです。あと、熱がかなり出ます。放熱のために配置やスペースを工夫した方がいいと思います。私はラック上部のスペースを余裕をもって設置しました(正面からの写真参考)。

【総評】
 音質も機能も大満足です。購入前は他社製品、同社のA8Aとも迷いました。もちろんA8の方が優れていると思いますが、ハイクラスのアンプは次の楽しみに取っておくことにします。
 スピーカー構成、機能面を考えた時に、今の私には丁度いい価格帯で、コスパに優れた製品だと思います。RX-A6Aが家にやってきて大正解です。長く愛用しようと思います。

※追伸
 音質、操作性、機能、仕様については私見がかなり入っています。間違っている事もあるので(特に仕様は)公式HPなどでお確かめください。あくまで個人的な意見ですので、参考程度にしてくださいね(^^)/

設置場所
ホームシアタールーム

参考になった12

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
 
 
 
 
 
 

あなたのレビューを投稿しませんか?

AVENTAGE RX-A6Aのレビューを書く

この製品の最安価格を見る

AVENTAGE RX-A6A
ヤマハ

AVENTAGE RX-A6A

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 発売日:2021年 9月 1日

AVENTAGE RX-A6Aをお気に入り製品に追加する <193

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[AVアンプ]

AVアンプの選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(AVアンプ)

ご注意