『Wスピードで映像破綻 eARCは使えたものではない』 パナソニック VIERA TH-55JZ2000 [55インチ] 宇佐美順平さんのレビュー・評価

2021年 5月21日 発売

VIERA TH-55JZ2000 [55インチ]

  • 4K放送の2番組同時録画に対応した4K有機ELテレビ(55V型)。独自設計・組立ての有機ELディスプレイを採用し高コントラストな映像を実現。
  • 音を天井に反射させることで高さ方向の音表現を可能にする「イネーブルドスピーカー」と横方向の音の広がりを実現する「ワイドスピーカー」を搭載。
  • 地震に強く倒れにくい「転倒防止スタンド」を採用。設置面から離れる力が働くと、テレビ台に吸盤がピタッと吸着する。
VIERA TH-55JZ2000 [55インチ] 製品画像

拡大

プロダクトアワード2021

最安価格(税込):

¥259,800

(前週比:+856円↑) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

¥264,800

PCボンバー

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥259,800¥409,464 (10店舗) メーカー希望小売価格:オープン

店頭参考価格帯:¥264,799 〜 ¥264,799 (全国1店舗)最寄りのショップ一覧

画面サイズ

種類 : 有機ELテレビ 画素数:3840x2160 4K : ○ 倍速機能:オブジェクト検出 倍速表示 録画機能:外付けHDD VIERA TH-55JZ2000 [55インチ]のスペック・仕様

価格.comのまるごと安心 設置・修理・サポート。家電・PC・カメラ・ゲーム機が対象。初月無料!
ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

VODサービスにつきましては、予告なく変更・終了する場合があります。詳しくはメーカーサイトをご確認ください。

ご利用の前にお読みください

VIERA TH-55JZ2000 [55インチ] の後に発売された製品VIERA TH-55JZ2000 [55インチ]とVIERA TH-55LZ2000 [55インチ]を比較する

VIERA TH-55LZ2000 [55インチ]

VIERA TH-55LZ2000 [55インチ]

最安価格(税込): ¥405,900 発売日:2022年 7月22日

画面サイズ:55V型(インチ) 種類:有機ELテレビ 画素数:3840x2160 4K:○ 倍速機能:オブジェクト検出 倍速表示 録画機能:外付けHDD
 
  • VIERA TH-55JZ2000 [55インチ]の価格比較
  • VIERA TH-55JZ2000 [55インチ]の店頭購入
  • VIERA TH-55JZ2000 [55インチ]のスペック・仕様
  • VIERA TH-55JZ2000 [55インチ]の純正オプション
  • VIERA TH-55JZ2000 [55インチ]のレビュー
  • VIERA TH-55JZ2000 [55インチ]のクチコミ
  • VIERA TH-55JZ2000 [55インチ]の画像・動画
  • VIERA TH-55JZ2000 [55インチ]のピックアップリスト
  • VIERA TH-55JZ2000 [55インチ]のオークション

VIERA TH-55JZ2000 [55インチ]パナソニック

最安価格(税込):¥259,800 (前週比:+856円↑) 発売日:2021年 5月21日

  • VIERA TH-55JZ2000 [55インチ]の価格比較
  • VIERA TH-55JZ2000 [55インチ]の店頭購入
  • VIERA TH-55JZ2000 [55インチ]のスペック・仕様
  • VIERA TH-55JZ2000 [55インチ]の純正オプション
  • VIERA TH-55JZ2000 [55インチ]のレビュー
  • VIERA TH-55JZ2000 [55インチ]のクチコミ
  • VIERA TH-55JZ2000 [55インチ]の画像・動画
  • VIERA TH-55JZ2000 [55インチ]のピックアップリスト
  • VIERA TH-55JZ2000 [55インチ]のオークション

『Wスピードで映像破綻 eARCは使えたものではない』 宇佐美順平さん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

VIERA TH-55JZ2000 [55インチ]のレビューを書く

宇佐美順平さん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:67人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

液晶テレビ・有機ELテレビ
1件
19件
もっと見る
満足度2
デザイン2
操作性4
画質2
音質4
応答性能2
機能性4
サイズ3
Wスピードで映像破綻 eARCは使えたものではない
 

 

【デザイン】
スタンドのデザインは悪いです。昔のようなテレビのスタンドで、高さがあるので他のメーカーと比べ、目線が上に行きます。
スタンドの分厚さはそれなりにあるのでサウンドバーも置きにくいです。
ただし、吸い付くような吸盤となっており、安定性はありスイベルの機能があります。
デザインと機能性のトレードオフでしょうか。

【操作性】
サクサク動きます。
VODサービスの応答性もよく、LG ソニーを大きく上回ります。
メニューの操作性も良いです。
選んだ理由の一つです。
アップデートでApple TV+とDisney+に対応しました。
ただし字幕のフォントは汎用フォントで地デジのフォントのようです。作品ごとに字幕のフォントのデザインを調整してるコンテンツもありますがそこまではできていません。

【画質】
2021年モデルでは最高峰なのは間違い無いです。
明るさ、黒の表現、色のなめらかさ どれも良い水準だと思います。

ただし、Wスピードを利用するとありえないくらい破綻し、見るに堪えません。
動きが激しい映像で破綻がでるのはまだしも、地上波のニュース程度でも字幕やワイプといった固定の映像がブレブレになるというか、モザイクのような激しい崩壊が起きます。
ここ3年で有機ELはソニーとREGZAを利用しましたがここまでの破綻は初めてです。

またドルビービジョンiqを利用するとWスピード弱が固定で入ります。メーカーによるとシャダー防止のため。
弱でも破綻は激しく。動いてないシーンでも映像の一部が壊れるような映像になり、性能の高さを全て台無しにします。
正直リコールレベルであり、このまま販売していることが理解できないレベルです。画像添付します。普通の倍速の破綻とは異なり、動いてないシーンにもノイズが入る感じでjzシリーズ特有の出方です。

OFFにすれば良いという意見もありますが、映像によってはON OFF切り替えて楽しみたく、OFFを強制させるハイエンドは生まれて初めです。

【音質】
内蔵スピーカーの質は頭を抜いて良いです。
数万円のサウンドバー程度はあり、JZ1000に安物のサウンドバーをつけるくらいなら配線と見た目のスッキリさからもJZ2000をお勧めしたいです。

ただし、こちらも問題があり、アンプは使えたものでは無いです。
eARCに不具合あり、たまに無音が数秒続きます。
大切なシーンで数秒の無音(+常時映像破綻)は閉口ものでした。

サポートに問い合わせましたが、電源コンセントを抜いてしばらくしてから入れればよくなるとのことでした
確かに倍速も音切れもどちらの症状も良くなりますが、1日程度で元通りです。
昭和のテレビですかね


【応答性能】
Wスピードオフではスローモーションのようなカクカク(だからシャダー防止で倍速強制?)
オンにすれば壊れかけのテレビのような映像
終わってます

【機能性】
これは素晴らしいです
ドルビービジョンiq フィルムメーカーモード VRR など最近の機能は全部盛りでこれはLGとパナソニックだけです。
まぁ、ドルビービジョンは上記理由で使えたものではありません

【サイズ】
スピーカーの都合で下のベゼルは太いです。
スタンドの高さの都合上、同じサイズのテレビより空間を取ります。

【総評】

素晴らしい基本性能にひどい映像処理とeARC音切れ問題
多少画質が劣っても、他社メーカーを強く薦めます。
jzシリーズのチップに何らかの問題があると量販店の方はおっしゃっており、基盤交換しても治るかはわからないとのことでした(実際交換しましたが変わらずでした)
ブラウン管を叩いて映像の調子を直すかのようなひどいノイズまみれの映像が楽しめるテレビです。

視聴目的
バラエティ
ニュース・報道
映画・ドラマ
スポーツ
ゲーム
ドキュメンタリー
設置場所
リビング
広さ
16〜19畳

参考になった67人(再レビュー後:35人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度2
デザイン2
操作性4
画質1
音質4
応答性能2
機能性4
サイズ3
Wスピードで映像破綻 eARCは使えたものではない

【デザイン】
スタンドのデザインは悪いです。昔のようなテレビのスタンドで、高さがあるので他のメーカーと比べ、目線が上に行きます。
スタンドの分厚さはそれなりにあるのでサウンドバーも置きにくいです。
ただし、吸い付くような吸盤となっており、安定性はありスイベルの機能があります。
デザインと機能性のトレードオフでしょうか。

【操作性】
サクサク動きます。
VODサービスの応答性もよく、LG ソニーを大きく上回ります。
メニューの操作性も良いです。
選んだ理由の一つです。

【画質】
2021年モデルでは最高峰なのは間違い無いです。
明るさ、黒の表現、色のなめらかさ どれも良い水準だと思います。

ただし、Wスピードを利用するとありえないくらい破綻し、見るに堪えません。
動きが激しい映像で破綻がでるのはまだしも、地上波のニュース程度でも字幕やワイプといった固定の映像がブレブレになるというか、モザイクのような激しい崩壊が起きます。
ここ3年で有機ELはソニーとREGZAを利用しましたがここまでの破綻は初めてです。

またドルビービジョンiqを利用するとWスピード弱が固定で入ります。
弱でも破綻は激しく。動いてないシーンでも映像の一部が壊れるような映像になり、性能の高さを全て台無しにします。
正直リコールレベルであり、このまま販売していることが理解できないレベルです。

OFFにすれば良いという意見もありますが、映像によってはON OFF切り替えて楽しみたく、OFFを強制させるハイエンドは生まれて初めです。

【音質】
内蔵スピーカーの質は頭を抜いて良いです。
数万円のサウンドバー程度はあり、JZ1000に安物のサウンドバーをつけるくらいなら配線と見た目のスッキリさからもJZ2000をお勧めしたいです。

ただし、こちらも問題があり、アンプは使えたものでは無いです。
eARCに不具合あり、たまに無音が数秒続きます。
大切なシーンで数秒の無音(+常時映像破綻)は閉口ものでした。

サポートに問い合わせましたが、電源コンセントを抜いてしばらくしてから入れればよくなるとのことでした
確かにどちらの症状も良くなりますが、1日程度で元通りです。
昭和のテレビですかね


【応答性能】
Wスピードオフではスローモーションのようなカクカク
オンにすれば壊れかけのテレビのような映像
終わってます

【機能性】
これは素晴らしいです
ドルビービジョンiq フィルムメーカーモード VRR など最近の機能は全部盛りでこれはLGとパナソニックだけです。
まぁ、ドルビービジョンは上記理由で使えたものではありません

【サイズ】
スピーカーの都合で下のベゼルは太いです。
スタンドの高さの都合上、同じサイズのテレビより空間を取ります。

【総評】

素晴らしい基本性能にひどい映像処理とeARC音切れ問題
多少画質が劣っても、他社メーカーを強く薦めます。
ブラウン管を叩いて映像の調子を直すかのようなひどいノイズまみれの映像が楽しめるテレビです。

視聴目的
ニュース・報道
映画・ドラマ
スポーツ
ゲーム
設置場所
リビング
広さ
16〜19畳

参考になった32

 
 
 
 
 
 

「VIERA TH-55JZ2000 [55インチ]」の新着レビュー

あなたのレビューを投稿しませんか?

VIERA TH-55JZ2000 [55インチ]のレビューを書く

この製品の最安価格を見る

VIERA TH-55JZ2000 [55インチ]
パナソニック

VIERA TH-55JZ2000 [55インチ]

最安価格(税込):¥259,800発売日:2021年 5月21日 価格.comの安さの理由は?

VIERA TH-55JZ2000 [55インチ]をお気に入り製品に追加する <1153

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(液晶テレビ・有機ELテレビ)

ご注意