『当たり前ですが、コンテンツ・調整次第でした。』 SONY BRAVIA XRJ-55X90J [55インチ] コピスタスフグさんのレビュー・評価

2021年 5月 1日 発売

BRAVIA XRJ-55X90J [55インチ]

  • 認知特性プロセッサー「XR」搭載のプレミアム4K液晶テレビ(55V型)。直下型LED部分駆動により、映像をより明るく表現力豊かに再現。
  • 「Google TV」機能を備え、ネット動画の視聴に適している。「Google アシスタント」を使えば、音声でコンテンツの検索やテレビの操作もできる。
  • 専用のコンテンツサービス「BRAVIA CORE」対応により、ソニー・ピクチャーズの作品を映画館さながらの臨場感と映像美で楽しめる。
BRAVIA XRJ-55X90J [55インチ] 製品画像

拡大

部門別ランキング

この製品の環境ラベルを見る

省エネ性マーク

2.0/5

省エネ性マーク

最安価格(税込):

¥147,537

(前週比:+695円↑) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥147,537¥245,000 (38店舗) メーカー希望小売価格:オープン

店頭参考価格帯:¥147,900 〜 ¥233,000 (全国742店舗)最寄りのショップ一覧

画面サイズ

種類 : 液晶テレビ 画素数:3840x2160 4K : ○ 倍速機能:倍速駆動パネル バックライトタイプ : 直下型 録画機能:外付けHDD BRAVIA XRJ-55X90J [55インチ]のスペック・仕様

価格.comのまるごと安心 設置・修理・サポート。家電・PC・カメラ・ゲーム機が対象。初月無料!
ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

VODサービスにつきましては、予告なく変更・終了する場合があります。詳しくはメーカーサイトをご確認ください。

ご利用の前にお読みください

BRAVIA XRJ-55X90J [55インチ] の後に発売された製品BRAVIA XRJ-55X90J [55インチ]とBRAVIA XRJ-55X90K [55インチ]を比較する

BRAVIA XRJ-55X90K [55インチ]

BRAVIA XRJ-55X90K [55インチ]

最安価格(税込): ¥257,705 発売日:2022年 8月 6日

画面サイズ:55V型(インチ) 種類:液晶テレビ 画素数:3840x2160 4K:○ 倍速機能:倍速駆動パネル バックライトタイプ:直下型 録画機能:外付けHDD
 
  • BRAVIA XRJ-55X90J [55インチ]の価格比較
  • BRAVIA XRJ-55X90J [55インチ]の店頭購入
  • BRAVIA XRJ-55X90J [55インチ]のスペック・仕様
  • BRAVIA XRJ-55X90J [55インチ]の純正オプション
  • BRAVIA XRJ-55X90J [55インチ]のレビュー
  • BRAVIA XRJ-55X90J [55インチ]のクチコミ
  • BRAVIA XRJ-55X90J [55インチ]の画像・動画
  • BRAVIA XRJ-55X90J [55インチ]のピックアップリスト
  • BRAVIA XRJ-55X90J [55インチ]のオークション

BRAVIA XRJ-55X90J [55インチ]SONY

最安価格(税込):¥147,537 (前週比:+695円↑) 発売日:2021年 5月 1日

  • BRAVIA XRJ-55X90J [55インチ]の価格比較
  • BRAVIA XRJ-55X90J [55インチ]の店頭購入
  • BRAVIA XRJ-55X90J [55インチ]のスペック・仕様
  • BRAVIA XRJ-55X90J [55インチ]の純正オプション
  • BRAVIA XRJ-55X90J [55インチ]のレビュー
  • BRAVIA XRJ-55X90J [55インチ]のクチコミ
  • BRAVIA XRJ-55X90J [55インチ]の画像・動画
  • BRAVIA XRJ-55X90J [55インチ]のピックアップリスト
  • BRAVIA XRJ-55X90J [55インチ]のオークション
ユーザーレビュー > 家電 > 液晶テレビ・有機ELテレビ > SONY > BRAVIA XRJ-55X90J [55インチ]

『当たり前ですが、コンテンツ・調整次第でした。』 コピスタスフグさん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

BRAVIA XRJ-55X90J [55インチ]のレビューを書く

コピスタスフグさん

  • レビュー投稿数:12件
  • 累計支持数:103人
  • ファン数:5人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
1580件
スピーカー
3件
345件
バイク(本体)
0件
176件
もっと見る
満足度4
デザイン5
操作性3
画質5
音質2
応答性能3
機能性4
サイズ5
当たり前ですが、コンテンツ・調整次第でした。

※画質の評価を変更しました。コンテンツ・調整(画質「ダイナミック」を積極的に使う)次第でとてもきれいな画が見られるということを認識しました。
※数値に誤りがあったので訂正しました(テレビの下の隙間×約13cm→○7cm弱)。


KDL-40W5000(2008年)をTV・Blu-ray・FireTV(YouTubeやサブスク等)視聴に何の不満もなく使用していましたが、スペースに収まる大画面とサブスクの4Kコンテンツに興味が出てきたのでいいきっかけだと思って買い換えました。W5000との比較かつ期待値かなり高めだったので、参考にはならないかもしれません。

【デザイン】
文句なし。幅120cmの台に載せるため脚は内側に付けましたが違和感はありません。背面の端子接続口もHDMIに集約・整理されて結線が楽です。テレビ下に7cm弱の隙間ができるので、ハブが余裕で収まって助かります(スピーカーの音道を阻害しない配慮は必要)。将来はここにMac Miniを置くかも。

【操作性】
リモコン方式(赤外線・Bluetooth・wifi・ボイス)の過渡期なのか、もう少し整理された形態が望ましいですね。別途スマートリモコンが必要かもしれません。
Blu-ray(ソニー製)やFireTVとブラビアリンクで機能が連動するものの、付属のリモコンで操作できる機能が限られて中途半端。リモコンのクイック設定ボタンは赤外線ではなくBluetooth(?)のようで、手持ちの学習リモコン(赤外線式)に学習させられず、Blu-rayの操作も15秒送りのボタンが無いため、結局テレビ分のリモコンが増えてしまった形です。
一方、画面がデカく細かい(W5000比)分、番組表は一度に見られる範囲が広がりかなり見やすくなりました。

【画質】
コンテンツ次第・調整次第です。
明るい室内に設置しての2Kの地上波テレビ視聴では最初「こんなもん?」という感じでしたが、画質を「スタンダード」から「ダイナミック」に変えて明るさをかなり落としたところ、やっと見慣れたメリハリが出るようになりました。2K素材の疑似4Kのボヤケ感には慣れが必要ですね。

一方で、4Kコンテンツ(YouTube)ではさすがの画質、明るい室内でも画質「スタンダード」で、ダイナミックレンジのスペックに違わないメリハリが堪能できます。有線LANで接続していますが、スピード(100kbps)も問題ないようです。
PC画面をHDMIで繋いで表示させた際は見やすく、ゲーム含めて相性が良いようです。

【音質】
スピーカーは小さいのが最下部に下向きについており、推して知るべしです。設定時にリモコン位置で音場を調整するのですが、シャリシャリして耳障りなのと周波数特性お構いなしの歪んだ低音が出るので、イコライザーで低音と高音を下げています。音楽や映画・ライブは光出力につないだコンポで聴きます。

【応答性能】
不足はありませんが、W5000で感じたまったり感が完全に払しょくされているという感じではないです。

【機能性】
GoogleTVやインストールできるサブスクはFireTVと重複するものが多いですね。選択肢をもう少し整理出来ないものかと感じます。
HDMIは4端子ですが、もう1端子あるとBlu-ray・PC・ゲーム・AVアンプ・FireTVが繋げるのに。2端子が4K120Hzなのは新型のメリットですね。
光出力にコンポ(PCMのみ受け付け、Dolbyはダメ)を繋いでいるのですが、PCM指定した場合の出力は16bit/48kHzまでのようで、この方法ではAmazon Musicのハイレゾは聴けないようです。
HDD録画や音声操作はまだ使用していない(予定もない)ので分かりません。

【サイズ】
文句なし。折れそうなほど薄くもなく、一人でなんとか持ち上げられる重さなので。

【総評】
このクラスは2K地上・BS波の視聴がメインだとオーバースペックだと感じました。地上波テレビしか見ずにサムスン合弁時代の液晶パネルの古いブラビアを満足して使用している方は、普段観る素材で画質設定を積極的に変えて(少し派手に感じる画質「ダイナミック」で明るさを落として)、上位機種(有機EL、X95J)や旧型最上位(9500H)ともよく見比べてみることをお勧めします。

視聴目的
バラエティ
ニュース・報道
映画・ドラマ
スポーツ
設置場所
リビング
広さ
8〜11畳

参考になった15人(再レビュー後:11人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度4
デザイン5
操作性3
画質4
音質2
応答性能3
機能性4
サイズ5
当たり前ですが、コンテンツ次第なんですね。

※画質の評価を変更しました。あくまでコンテンツ次第(それを表現する能力がある)ということを認識しました。
※数値に誤りがあったので訂正しました(テレビの下の隙間×約13cm→○7cm弱)。


KDL-40W5000(2008年)をTV・Blu-ray・FireTV(YouTubeやサブスク等)視聴に何の不満もなく使用していましたが、スペースに収まる大画面とサブスクの4Kコンテンツに興味が出てきたのでいいきっかけだと思って買い換えました。W5000との比較かつ期待値かなり高めだったので、参考にはならないかもしれません。

【デザイン】
文句なし。幅120cmの台に載せるため脚は内側に付けましたが違和感はありません。背面の端子接続口もHDMIに集約・整理されて結線が楽です。テレビ下に7cm弱の隙間ができるので、ハブが余裕で収まって助かります(スピーカーの音道を阻害しない配慮は必要)。将来はここにMac Miniを置くかも。

【操作性】
リモコン方式(赤外線・Bluetooth・wifi・ボイス)の過渡期なのか、もう少し整理された形態が望ましいですね。別途スマートリモコンが必要かもしれません。
Blu-ray(ソニー製)やFireTVとブラビアリンクで機能が連動するものの、付属のリモコンで操作できる機能が限られて中途半端。リモコンのクイック設定ボタンは赤外線ではなくBluetooth(?)のようで、手持ちの学習リモコン(赤外線式)に学習させられず、Blu-rayの操作も15秒送りのボタンが無いため、結局テレビ分のリモコンが増えてしまった形です。
一方、画面がデカく細かい(W5000比)分、番組表は一度に見られる範囲が広がりかなり見やすくなりました。

【画質】
期待値が高過ぎました。あくまで「コンテンツ次第」です。
実際に明るい室内に設置しての2Kの地上波テレビ視聴では「こんなもん?」という感じです。テレビ本体の能力と放送(素材)のダイナミックレンジの幅が合わないようで、メリハリや発色にかなり不満を感じました。設定を試行錯誤しましたが、明るくすると全体が白みがかるので手に負えません。パネルの反射が多いせいもあるでしょう。
NHK BS4Kは細かいところも見えますが、2Kと比較してそれほど大きな差を感じません。
Blu-ray(2K)のライブ映像の視聴ではダイナミックレンジの違和感は少なくなります。

一方で、My BRAVIAの4Kコンテンツ(YouTube)ではさすがの画質、明るい室内でもダイナミックレンジのスペックに違わないメリハリが堪能できます。
PC画面をHDMIで繋いで表示させた際は見やすく、ゲーム含めて相性が良いようです。

【音質】
スピーカーは小さいのが最下部に下向きについており、推して知るべしです。設定時にリモコン位置で音場を調整するのですが、シャリシャリして耳障りなのと周波数特性お構いなしの歪んだ低音が出るので、イコライザーで低音と高音を下げています。音楽や映画・ライブは光出力につないだコンポで聴きます。

【応答性能】
不足はありませんが、W5000で感じたまったり感が完全に払しょくされているという感じではないです。

【機能性】
GoogleTVやインストールできるサブスクはFireTVと重複するものが多いですね。選択肢をもう少し整理出来ないものかと感じます。
HDMIは4端子ですが、もう1端子あるとBlu-ray・PC・ゲーム・AVアンプ・FireTVが繋げるのに。2端子が4K120Hzなのは新型のメリットですね。
光出力にコンポ(PCMのみ受け付け、Dolbyはダメ)を繋いでいるのですが、PCM指定した場合の出力は16bit/48kHzまでのようで、この方法ではAmazon Musicのハイレゾは聴けないようです。
HDD録画や音声操作はまだ使用していない(予定もない)ので分かりません。

【サイズ】
文句なし。折れそうなほど薄くもなく、一人でなんとか持ち上げられる重さなので。

【総評】
期待値が高過ぎました。このクラスは2K地上・BS波の視聴がメインだとオーバースペック(むしろ合わない)と感じました。地上波テレビしか見ずにサムスン合弁時代の液晶パネルの古〜いブラビアを満足して使用している方は、買い替え時はこの点(明るい部屋でのメリハリ具合)を良く確認したほうが良いと思います。普段観る素材で、上位機種(有機EL、X95J)や旧型最上位(9500H)ともよく見比べてみることをお勧めします。
4Kコンテンツが揃ってくればより恩恵に預かれることは間違いないとは思っていますが。

視聴目的
バラエティ
ニュース・報道
映画・ドラマ
スポーツ
設置場所
リビング
広さ
8〜11畳

参考になった0

満足度3
デザイン5
操作性3
画質4
音質2
応答性能3
機能性4
サイズ5
当たり前ですが、コンテンツ次第なんですね。

※画質の評価を変更しました。あくまでコンテンツ次第(それを表現する能力がある)ということを認識しました。
※数値に誤りがあったので訂正しました(テレビの下の隙間×約13cm→○7cm弱)。


KDL-40W5000(2008年)をTV・Blu-ray・FireTV(YouTubeやサブスク等)視聴に何の不満もなく使用していましたが、スペースに収まる大画面とサブスクの4Kコンテンツに興味が出てきたのでいいきっかけだと思って買い換えました。W5000との比較かつ期待値かなり高めだったので、参考にはならないかもしれません。

【デザイン】
文句なし。幅120cmの台に載せるため脚は内側に付けましたが違和感はありません。背面の端子接続口もHDMIに集約・整理されて結線が楽です。テレビ下に7cm弱の隙間ができるので、ハブが余裕で収まって助かります(スピーカーの音道を阻害しない配慮は必要)。将来はここにMac Miniを置くかも。

【操作性】
リモコン方式(赤外線・Bluetooth・wifi・ボイス)の過渡期なのか、もう少し整理された形態が望ましいですね。別途スマートリモコンが必要かもしれません。
Blu-ray(ソニー製)やFireTVとブラビアリンクで機能が連動するものの、付属のリモコンで操作できる機能が限られて中途半端。リモコンのクイック設定ボタンは赤外線ではなくBluetooth(?)のようで、手持ちの学習リモコン(赤外線式)に学習させられず、Blu-rayの操作も15秒送りのボタンが無いため、結局テレビ分のリモコンが増えてしまった形です。
一方、画面がデカく細かい(W5000比)分、番組表は一度に見られる範囲が広がりかなり見やすくなりました。

【画質】
期待値が高過ぎました。あくまで「コンテンツ次第」です。
実際に明るい室内に設置しての2Kの地上波テレビ視聴では「こんなもん?」という感じです。テレビ本体の能力と放送(素材)のダイナミックレンジの幅が合わないようで、メリハリや発色にかなり不満を感じました。設定を試行錯誤しましたが、明るくすると全体が白みがかるので手に負えません。パネルの反射が多いせいもあるでしょう。
NHK BS4Kは細かいところも見えますが、2Kと比較してそれほど大きな差を感じません。
Blu-ray(2K)のライブ映像の視聴ではダイナミックレンジの違和感は少なくなります。

一方で、My BRAVIAの4Kコンテンツ(YouTube)ではさすがの画質、明るい室内でもダイナミックレンジのスペックに違わないメリハリが堪能できます。
PC画面をHDMIで繋いで表示させた際は見やすく、ゲーム含めて相性が良いようです。

【音質】
スピーカーは小さいのが最下部に下向きについており、推して知るべしです。設定時にリモコン位置で音場を調整するのですが、シャリシャリして耳障りなのと周波数特性お構いなしの歪んだ低音が出るので、イコライザーで低音と高音を下げています。音楽や映画・ライブは光出力につないだコンポで聴きます。

【応答性能】
不足はありませんが、W5000で感じたまったり感が完全に払しょくされているという感じではないです。

【機能性】
GoogleTVやインストールできるサブスクはFireTVと重複するものが多いですね。選択肢をもう少し整理出来ないものかと感じます。
HDMIは4端子ですが、もう1端子あるとBlu-ray・PC・ゲーム・AVアンプ・FireTVが繋げるのに。2端子が4K120Hzなのは新型のメリットですね。
光出力にコンポ(PCMのみ受け付け、Dolbyはダメ)を繋いでいるのですが、PCM指定した場合の出力は16bit/48kHzまでのようで、この方法ではAmazon Musicのハイレゾは聴けないようです。
HDD録画や音声操作はまだ使用していない(予定もない)ので分かりません。

【サイズ】
文句なし。折れそうなほど薄くもなく、一人でなんとか持ち上げられる重さなので。

【総評】
期待値が高過ぎました。このクラスは2K地上・BS波の視聴がメインだとオーバースペック(むしろ合わない)と感じました。地上波テレビしか見ずにサムスン合弁時代の液晶パネルの古〜いブラビアを満足して使用している方は、買い替え時はこの点(明るい部屋でのメリハリ具合)を良く確認したほうが良いと思います。普段観る素材で、上位機種(有機EL、X95J)や旧型最上位(9500H)ともよく見比べてみることをお勧めします。
4Kコンテンツが揃ってくればより恩恵に預かれることは間違いないとは思っていますが。

視聴目的
バラエティ
ニュース・報道
映画・ドラマ
スポーツ
設置場所
リビング
広さ
8〜11畳

参考になった0

満足度3
デザイン5
操作性3
画質3
音質2
応答性能3
機能性4
サイズ5
古〜いブラビアから買い替えましたが、こんなもん?

※数値に誤りがあったので訂正しました(テレビの下の隙間×約13cm→○7cm弱)。

KDL-40W5000(2008年)をTV・Blu-ray・FireTV(YouTubeやサブスク等)視聴に何の不満もなく使用していましたが、スペースに収まる大画面とサブスクの4Kコンテンツに興味が出てきたのでいいきっかけだと思って買い換えました。W5000との比較かつ期待値高めだったので、参考にはならないかもしれません。

【デザイン】
文句なし。幅120cmの台に載せるため脚は内側に付けましたが違和感はありません。背面の端子接続口もHDMIに集約・整理されて結線が楽です。テレビ下に7cm弱の隙間ができるので、ハブが余裕で収まって助かります。将来はここにMac Miniを置くかも。

【操作性】
Blu-ray(ソニー製)やFireTVとブラビアリンクで機能が連動するものの付属のリモコンで操作できる機能が限られて中途半端。リモコンのクイック設定ボタンは赤外線ではなくBluetooth(?)のようで、学習リモコンに学習させられず、Blu-rayの操作も15秒送りのボタンが無いため、結局テレビ分のリモコンが増えてしまった形です。
画面がデカい分、番組表の一度に見られる範囲が広がりかなり見やすくなりました。

【画質】
店頭では4K用の動画が流れているのを見て十分きれいだと感じていましたが、実際に設置しての2Kのテレビ視聴では「こんなもん?」という感じです。W5000の明るくメリハリの強いドット表示に慣れてきたせいか、にじんだような疑似4Kの違和感が強い。発色もメリハリもW5000の方が上です。(W5000では感じなかった)正面からズレた際の色味の変化(退色)も感じます。設定を試行錯誤しましたが、明るくすると全体が白みがかるので手に負えません。反射が多いせいもあるでしょう。
Blu-ray(2K)の視聴では画面が大きくなった割に違和感は少ないですが、感動するほどではありません。NHK 4Kは細かいところも見えますが、衰えた視力には不要です。
PC画面をHDMIで繋いで表示させた際は見やすく、ゲーム含めて相性が良いようです。

【音質】
スピーカーは小さいのが最下部に下向きについており、推して知るべしです。設定時にリモコン位置で音場を調整するのですが、シャリシャリして耳障りなのと周波数特性お構いなしの歪んだ低音が出るので、イコライザーで低音と高音を下げています。音楽や映画・ライブは光出力につないだコンポで聴きます。

【応答性能】
不足はありませんが、W5000で感じたまったり感が完全に払しょくされているという感じではないです。

【機能性】
GoogleTVやインストールできるサブスクはFireTVで大方カバー出来るものですね。選択肢が多いのはいいのですが、画面上にうまく整理して表示できないものでしょうか?
HDMIは4端子ですが、もう1端子あるとBlu-ray・PC・ゲーム・AVアンプ・FireTVが繋げるのに。2端子が4K120Hzなのは新型のメリットですね。
光出力にコンポ(PCMのみ受け付け、Dolbyはダメ)を繋いでいるのですが、PCM指定した場合の出力は16bit/48kHzまでのようで、この方法ではAmazon Musicのハイレゾは聴けないようです。
HDD録画や音声操作はまだ使用していない(予定もない)ので分かりません。

【サイズ】
文句なし。折れそうなほど薄くもなく、一人でなんとか持ち上げられる重さなので。

【総評】
他のメーカーとは一切比較せず購入しましたが、13年の進化を(個人的に)期待したほどではありませんでした。スペック上は画面のダイナミックレンジが大幅に向上しているはずなんですが、センサーサイズが小さく画素数だけが多いカメラに買い替えたような感じです。サムスン合弁時代の液晶パネルの古〜いブラビアを満足して使用している方は、買い替え時はこの点を良く確認したほうが良いと思います。これまでソニーのテレビ2台で25年持たせてきたので今回も10年は使うつもりで買いましたが、(55型なら)旧型の液晶最上位の9500Hか有機ELにすべきだったと後悔しており、しばらく使用して我慢ならなければ、早くに買い替えるかもしれません。

視聴目的
バラエティ
ニュース・報道
映画・ドラマ
スポーツ
設置場所
リビング
広さ
8〜11畳

参考になった1

満足度3
デザイン5
操作性3
画質3
音質2
応答性能3
機能性4
サイズ5
古〜いブラビアから買い替えましたが、こんなもん?

KDL-40W5000(2008年)をTV・Blu-ray・FireTV(YouTubeやサブスク等)視聴に何の不満もなく使用していましたが、スペースに収まる大画面とサブスクの4Kコンテンツに興味が出てきたのでいいきっかけだと思って買い換えました。W5000との比較かつ期待値高めだったので、参考にはならないかもしれません。

【デザイン】
文句なし。幅120cmの台に載せるため脚は内側に付けましたが違和感はありません。背面の端子接続口もHDMIに集約・整理されて結線が楽です。テレビ下に約13cmの隙間ができるので、ハブが余裕で収まって助かります。将来はここにMac Miniを置くかも。

【操作性】
Blu-ray(ソニー製)やFireTVとブラビアリンクで機能が連動するものの付属のリモコンで操作できる機能が限られて中途半端。リモコンのクイック設定ボタンは赤外線ではなくBluetooth(?)のようで、学習リモコンに学習させられず、Blu-rayの操作も15秒送りのボタンが無いため、結局テレビ分のリモコンが増えてしまった形です。
画面がデカい分、番組表の一度に見られる範囲が広がりかなり見やすくなりました。

【画質】
店頭では4K用の動画が流れているのを見て十分きれいだと感じていましたが、実際に設置しての2Kのテレビ視聴では「こんなもん?」という感じです。W5000の明るくメリハリの強いドット表示に慣れてきたせいか、にじんだような疑似4Kの違和感が強い。発色もメリハリもW5000の方が上です。(W5000では感じなかった)正面からズレた際の色味の変化(退色)も感じます。設定を試行錯誤しましたが、明るくすると全体が白みがかるので手に負えません。反射が多いせいもあるでしょう。
Blu-ray(2K)の視聴では画面が大きくなった割に違和感は少ないですが、感動するほどではありません。NHK 4Kは細かいところも見えますが、衰えた視力には不要です。
PC画面をHDMIで繋いで表示させた際は見やすく、ゲーム含めて相性が良いようです。

【音質】
スピーカーは小さいのが最下部に下向きについており、推して知るべしです。設定時にリモコン位置で音場を調整するのですが、シャリシャリして耳障りなのと周波数特性お構いなしの歪んだ低音が出るので、イコライザーで低音と高音を下げています。音楽や映画・ライブは光出力につないだコンポで聴きます。

【応答性能】
不足はありませんが、W5000で感じたまったり感が完全に払しょくされているという感じではないです。

【機能性】
GoogleTVやインストールできるサブスクはFireTVで大方カバー出来るものですね。選択肢が多いのはいいのですが、画面上にうまく整理して表示できないものでしょうか?
HDMIは4端子ですが、もう1端子あるとBlu-ray・PC・ゲーム・AVアンプ・FireTVが繋げるのに。2端子が4K120Hzなのは新型のメリットですね。
光出力にコンポ(PCMのみ受け付け、Dolbyはダメ)を繋いでいるのですが、PCM指定した場合の出力は16bit/48kHzまでのようで、この方法ではAmazon Musicのハイレゾは聴けないようです。
HDD録画や音声操作はまだ使用していない(予定もない)ので分かりません。

【サイズ】
文句なし。折れそうなほど薄くもなく、一人でなんとか持ち上げられる重さなので。

【総評】
他のメーカーとは一切比較せず購入しましたが、13年の進化を(個人的に)期待したほどではありませんでした。スペック上は画面のダイナミックレンジが大幅に向上しているはずなんですが、センサーサイズが小さく画素数だけが多いカメラに買い替えたような感じです。サムスン合弁時代の液晶パネルの古〜いブラビアを満足して使用している方は、買い替え時はこの点を良く確認したほうが良いと思います。これまでソニーのテレビ2台で25年持たせてきたので今回も10年は使うつもりで買いましたが、(55型なら)旧型の液晶最上位の9500Hか有機ELにすべきだったと後悔しており、しばらく使用して我慢ならなければ、早くに買い替えるかもしれません。

視聴目的
バラエティ
ニュース・報道
映画・ドラマ
スポーツ
設置場所
リビング
広さ
8〜11畳

参考になった3

 
 
 
 
 
 

「BRAVIA XRJ-55X90J [55インチ]」の新着レビュー

レビュータイトル 満足度 投稿日時
ジャストフィット  4 2022年6月16日 21:31
映像も音質もいい!  5 2022年6月14日 10:56
チャンネル移行の切替が遅く、毎回ストレスです  1 2022年6月4日 11:38
購入レビュー  4 2022年5月23日 02:23
初めての4Kテレビ  5 2022年5月20日 00:59
人気があるのも納得の高画質TV!  4 2022年5月14日 21:53
大画面テレビは単純に幸せ  5 2022年4月30日 22:46
パナ有機ELと入れ替えました。  5 2022年4月14日 10:21
満足できる製品です  5 2022年2月1日 21:18
Google TVの使い勝手の良さが際立つ  5 2022年1月27日 21:44

BRAVIA XRJ-55X90J [55インチ]のレビューを見る(レビュアー数:23人)

あなたのレビューを投稿しませんか?

BRAVIA XRJ-55X90J [55インチ]のレビューを書く

この製品の最安価格を見る

BRAVIA XRJ-55X90J [55インチ]
SONY

BRAVIA XRJ-55X90J [55インチ]

最安価格(税込):¥147,537発売日:2021年 5月 1日 価格.comの安さの理由は?

BRAVIA XRJ-55X90J [55インチ]をお気に入り製品に追加する <1959

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(液晶テレビ・有機ELテレビ)

ご注意