『総合力で圧勝なTV』 SONY BRAVIA XRJ-65A90J [65インチ] J’sさんのレビュー・評価

2021年 5月 1日 発売

BRAVIA XRJ-65A90J [65インチ]

  • 認知特性プロセッサー「XR」搭載の4K有機ELテレビ(65V型)。目で感じる自然な美しさとサラウンドと定位感が向上した音の臨場感で没入体験を実現。
  • 画面自体を振動させ、映像と音が一体となるリアルな視聴体験を可能にする。映画館で感じるような豊かな臨場感をリビングで体感できる。
  • 「Google TV」機能を備え、「Google アシスタント」を使えば音声で検索やテレビの操作もできる。専用のコンテンツサービス「BRAVIA CORE」に対応。
BRAVIA XRJ-65A90J [65インチ] 製品画像
最安価格(税込):

¥403,420

(前週比:-2,399円↓) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥403,420¥484,000 (6店舗) メーカー希望小売価格:オープン

店頭参考価格帯:¥403,424 〜 ¥403,424 (全国1店舗)最寄りのショップ一覧

画面サイズ

種類 : 4K有機ELテレビ 画素数:3840x2160 倍速機能:倍速駆動パネル BRAVIA XRJ-65A90J [65インチ]のスペック・仕様

価格.comのまるごと安心 設置・修理・サポート。家電・PC・カメラ・ゲーム機が対象。初月無料!
ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

VODサービスにつきましては、予告なく変更・終了する場合があります。詳しくはメーカーサイトをご確認ください。

ご利用の前にお読みください

 
  • BRAVIA XRJ-65A90J [65インチ]の価格比較
  • BRAVIA XRJ-65A90J [65インチ]の店頭購入
  • BRAVIA XRJ-65A90J [65インチ]のスペック・仕様
  • BRAVIA XRJ-65A90J [65インチ]の純正オプション
  • BRAVIA XRJ-65A90J [65インチ]のレビュー
  • BRAVIA XRJ-65A90J [65インチ]のクチコミ
  • BRAVIA XRJ-65A90J [65インチ]の画像・動画
  • BRAVIA XRJ-65A90J [65インチ]のピックアップリスト
  • BRAVIA XRJ-65A90J [65インチ]のオークション

BRAVIA XRJ-65A90J [65インチ]SONY

最安価格(税込):¥403,420 (前週比:-2,399円↓) 発売日:2021年 5月 1日

  • BRAVIA XRJ-65A90J [65インチ]の価格比較
  • BRAVIA XRJ-65A90J [65インチ]の店頭購入
  • BRAVIA XRJ-65A90J [65インチ]のスペック・仕様
  • BRAVIA XRJ-65A90J [65インチ]の純正オプション
  • BRAVIA XRJ-65A90J [65インチ]のレビュー
  • BRAVIA XRJ-65A90J [65インチ]のクチコミ
  • BRAVIA XRJ-65A90J [65インチ]の画像・動画
  • BRAVIA XRJ-65A90J [65インチ]のピックアップリスト
  • BRAVIA XRJ-65A90J [65インチ]のオークション
ユーザーレビュー > 家電 > 液晶テレビ・有機ELテレビ > SONY > BRAVIA XRJ-65A90J [65インチ]

『総合力で圧勝なTV』 J’sさん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

BRAVIA XRJ-65A90J [65インチ]のレビューを書く

J’sさん

  • レビュー投稿数:5件
  • 累計支持数:41人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

液晶テレビ・有機ELテレビ
1件
24件
ホームシアター スピーカー
1件
4件
Mac ノート(MacBook)
1件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン5
操作性4
画質5
音質5
応答性能5
機能性5
サイズ5
総合力で圧勝なTV

   

   

【デザイン】 好みによると思いますが私にはベスト(スタンド外側時のスタイリッシュさと、こうすることでTV裏の配線などまとめてますが全く気にならない為)。 A95Kを検討してましたが下部のベゼルが太すぎてぼったりして見える点。 また、フロントポジションは没入感ありそうですが真正面から見なければ裏側のスタンドが見えデザインとしては好みではない為(壁掛けがベストでは)。 

【操作性】 まず私の慣れの問題かと思いますが今まで他社TVでソニーのTVを使用したことがなかった為、リモコンの中央に配置されてる丸ボタン3つ(Googleアシスタント、決定、TV)をよく押し間違えます。 決定ボタンしか使用しませんが何故丸型ボタンを中央のそれも近い位置にに3つも配置したのかなと? それと日本のリモコンはボタン多すぎます。 2022年モデルもですが、なぜ日本のリモコンは海外ではMASTER SEIRIESは高級感あるアルミ製で、暗いところや夜間に持つと全てのボタンが光るプレミアム使用なのにそれを取り入れないのでしょうか?(添付写真2) 見栄えの良さは格段に違いますし何よりボタンが光れば押し間違えが解消できるので早く改善して欲しいです。本当、腑に落ちません。

【画質】 文句なし。 やはり液晶にはない立体感が有機ELにはありますね。コンテンツしだいで地デジなどはスタンダード、4KUHDはダイナミックを調整して視聴しています。その為、A80Jではなく熱感知と放熱シートおよび環境光センサーのある本機の一択でした。 VODなどは最高画質コンテンツが多いので恩恵を十分に感じています。 中でもDisney+は多くの映画が画質モードがDolbyVision対応で画質もDolbyVisionモード(視聴していない際は設定に出てこないモード)に自動で切り替わるので最高に綺麗で現実視してるかのような立体感を感じます。

【音質】 HT-A9のセンタースピーカーとして使用。 ここもA80J(同インチでは30W)ではなく60Wの本機を選んだ理由です。 HT-A9のファントムセンタースピーカーも悪くないですが、やはり実際に物理的なスピーカーがTVから出力されしかも本機の特徴である画面振動で60Wで出力されますので、劇的にクリアにはっきりとセリフや、音楽、効果音が聞こえるようになりました。これ、凄いです。

【応答性能】 十分にレスポンス良いと思います。 ただ、複数のアプリをいったりきたりしているとログアウトをしてもバックグラウンドで稼働しているのかフリーズしたりすることも稀にありますが、電源ボタン長押しでの再起動で何なく解消されますので気になりません。 ここはGoogle アカウントを使用するGoogleTVだけありVODアプリをTVにインストールして視聴するのが当たり前の現況では本機に限らず他社でも同様だと思います。

【機能性】 まず同社のホームシアターHT-A9との相性、相乗効果が抜群。 A9のリモコンを使うことがなくなりました。 本機のクイック設定ボタンでTV画面下部にA9の各種設定(音質モード、ボイスモード、Immersive AE、低音レベル、リア音量)が全て操作できる為(添付写真3)。 さすが同一メーカーの強みでこれ、非常に便利です。 加えて入力切替時も画面下部にPS5、HT-A9、外付けHDD、よく見るVODアプリなどが一覧で出てくるように好みにカスタマイズできるのもとても便利です。 他にはBluetoothでワイヤレスヘッドフォンも接続できますし、スマホ(chromecast)はもちろんMac(ミラーリング)も簡単にTVに表示できるのもとても便利です。 あと、BRAVIA COREは皆さんのレビュー通りBRAVIAモデルの特権ですね。

【サイズ】 65インチでスタンドを外端にして約150cm、TV台もそれを考慮して180cmのものを購入しました。 それでもPS5、HT-A9のコントロールボックス、Echo dotやアロマなども余裕で置けます。 過去のTVと比べるとベゼルが極薄でその分サイズアップできてるため不満なしです。

【総評】 私は元々ホームシアターに凝っており、そこに同社から画期的なHT-A9という製品が発売されました。 ですのでそれを元にAV周りを再構築したいと思ったのがきっかけで、センタースピーカーモード対応品となると昨年モデルのXR以降のモデルが限定になりました。 加えて現実に見てるかのように視聴できる有機ELの利点も理解してましたので液晶は除外となると本機か今年モデルのA95Kの二択になりました。 上記の通りA95Kはデザイン面意外に、価格設定が高すぎるという点も否めません。 海外よりも日本の方が高いはずです。 リモコンと価格設定この2点は改善して欲しいと切に願っています。

 結論ですが、A95KのQD-OLEDは採用初世代モデルであり懸念事項も払拭できません。 価格が高すぎるし二代目以降になれば他社からも採用した製品が発売され将来的には価格は下がると思っています。 
 そして機能的にはBRAVIA CAMを除けばほぼ本機は同等になります。 焼き付き対策としてのピクセルシフトや温度感知と放熱シート、環境光センサーの搭載など。 BRAVIA CAMもアレクサや、Googleなどのスマートホームが浸透している現況ではメリットが今の所は感じないです。 画面からしばらく離れると自動で画面の光を下げる機能は本機でスクリーンセーバーを設定していれば同様の効果ですので。 
 以上をまとめると現行の有機ELの中で特にデザイン、画質、機能性で優れたTVは本機だと思います。 本当に良い製品です。 さらには同社のホームシアターHT-A9と組み合わせれば劇的な相乗効果があり最強になります(別途、A9でレビューしております)。
 モデル変更が行われて底値より高くなってしまってはいますが、総合的に見ても群を抜いてベストなTVだと思います。 おかげで2022年になってから、他にもXperia1 III、WF-1000XM4と同社製品の相乗効果を求めるのにかなりの消費をしましたがHT-A9がプレスリリースされた時の構想はようやく完成しました。  
有機EL TVを検討されている方には総合的な観点から心からおすすめします。

視聴目的
ニュース・報道
映画・ドラマ
スポーツ
ゲーム
ドキュメンタリー
設置場所
リビング
広さ
12〜15畳

参考になった5

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
 
 
 
 
 
 

「BRAVIA XRJ-65A90J [65インチ]」の新着レビュー

あなたのレビューを投稿しませんか?

BRAVIA XRJ-65A90J [65インチ]のレビューを書く

この製品の最安価格を見る

BRAVIA XRJ-65A90J [65インチ]
SONY

BRAVIA XRJ-65A90J [65インチ]

最安価格(税込):¥403,420発売日:2021年 5月 1日 価格.comの安さの理由は?

BRAVIA XRJ-65A90J [65インチ]をお気に入り製品に追加する <841

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(液晶テレビ・有機ELテレビ)

ご注意