『ZX-507との比較』 Shanling SHANLING M3X [32GB Black] pocleさんのレビュー・評価

2021年 4月 9日 発売

SHANLING M3X [32GB Black]

  • ESS社製のDACチップ「ES9219C」を2基採用したデジタルオーディオプレーヤー。4.2型720Pのディスプレイを装備。
  • 高い音響特性や低消費電力化によるバッテリーライフの向上、MQAファイルのフル・デコードを実現。最大23時間の連続再生が可能(シングルDAC動作時)。
  • 音響回路にAVX社製のタンタルコンデンサーを採用し、大容量で安定性が高く、力強い低域を再現できる。
SHANLING M3X [32GB Black] 製品画像

拡大

プロダクトアワード2021

最安価格(税込):

¥42,900

(前週比:±0 ) 価格推移グラフ

価格帯:¥42,900¥42,900 (1店舗) メーカー希望小売価格:¥―

店頭参考価格帯:¥42,900 〜 ¥42,900 (全国1店舗)最寄りのショップ一覧

記憶媒体:内蔵メモリ/microSDカード 記憶容量:32GB 再生時間:23時間 インターフェイス:USB SHANLING M3X [32GB Black]のスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • SHANLING M3X [32GB Black]の価格比較
  • SHANLING M3X [32GB Black]の店頭購入
  • SHANLING M3X [32GB Black]のスペック・仕様
  • SHANLING M3X [32GB Black]の純正オプション
  • SHANLING M3X [32GB Black]のレビュー
  • SHANLING M3X [32GB Black]のクチコミ
  • SHANLING M3X [32GB Black]の画像・動画
  • SHANLING M3X [32GB Black]のピックアップリスト
  • SHANLING M3X [32GB Black]のオークション

SHANLING M3X [32GB Black]Shanling

最安価格(税込):¥42,900 (前週比:±0 ) 発売日:2021年 4月 9日

  • SHANLING M3X [32GB Black]の価格比較
  • SHANLING M3X [32GB Black]の店頭購入
  • SHANLING M3X [32GB Black]のスペック・仕様
  • SHANLING M3X [32GB Black]の純正オプション
  • SHANLING M3X [32GB Black]のレビュー
  • SHANLING M3X [32GB Black]のクチコミ
  • SHANLING M3X [32GB Black]の画像・動画
  • SHANLING M3X [32GB Black]のピックアップリスト
  • SHANLING M3X [32GB Black]のオークション

『ZX-507との比較』 pocleさん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

SHANLING M3X [32GB Black]のレビューを書く

pocleさん

  • レビュー投稿数:50件
  • 累計支持数:123人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

au携帯電話
1件
8件
デジタルオーディオプレーヤー(DAP)
6件
2件
イヤホン・ヘッドホン
7件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン5
携帯性5
バッテリ5
音質5
操作性3
付属ソフト1
拡張性5
ZX-507との比較

SONY ZX-507を所持していたが、諸事情で手放してしまったので、
代わりにこちらを購入。
従い、主にZX-507との比較になる。

【デザイン】
あまり重視しないのだが、決して劣らない。
ボタン部がちょっと凹んでるのは、デザインと操作感が両立してて良いと思う。
あと、USB端子が下にあるのも、ゴミが入りづらいので良い。

【携帯性】
507と重さはほぼ同じ。
ただ、507と比較してやや太くて短いので、
胸ポケットに入れても落としづらいのが良い。
現に、507は数回落としたけどM3Xは1回も落としていない。
恐らく、太さが胸ポケット結構ギリギリなので摩擦で落ちづらくなってるのかと。

【バッテリ】
公称値は507と大差ないんだけど、
あっちは公式APPの音楽再生以外の何をしても激減する欠陥仕様なので、
実働で比較するこっちの方がかなり持つ印象。
というか、逆に公称値よりやや長い。
音量20、バランス、Pulsar(イコライザOFF)使用で、
1時間の減り幅が4%〜5%の間。計算上は22時間位持つ計算。
SLEEPの待機時間も比較するまでもなくこっちが上。
(というか507が欠陥的に減りすぎるんですけど)

【音質】
507がもう手元にないので単純な比較はできないが、
507の方がメリハリが強い印象。
他の方が「音質は507の方が上」って仰ってたので一般的にはそうだと思うが、
私としてはこっちの音の方が好き。
少なくとも、両者で絶対的な優劣は無いと思う。

【操作性】
507は再生ボタン押してから数秒ラグがある謎仕様だったが、
こっちはそんなこともなく良好。
電源OFF→ONの時間も、測ってはいないが明らかに507よりは短い。
ただ一点、音量ノブは私的にはあまり好きじゃない。
たまに電源押そうとして誤作動するし、機構的にも壊れやすそう。

【付属ソフト】
これは…微妙としか言いようがない。
公式の音楽再生アプリは操作性がいろいろ難だし、
購入時に使わない中華製アプリ?がいろいろ。
あと、重視しないけどAndroidのVerも古い。
ただ、要らないアプリは消せるし、
google storeが無いのも自分で入れられるし、
507みたいに「公式アプリ使わないと電池持たない」なんてこともないので、
私的な運用としては殆ど弊害にはならない、というかどうでもいい。

【拡張性】
前にも書いてあるが、
音楽再生に他アプリを使っても電池持ちが変わらない(確認済)ことが良。
507はSONYの公式APPが操作性微妙であまり好きじゃなかったけど、
それ使わないと電池持ちが激減するのでそれ一択だった。
それ以外の拡張性とは、何を指すのかわからない。
そもそも、DAPを音楽再生以外の目的で使う人は稀だと思うし。

【総評】
これを使うまではSONYのWALKMAN一択だった。
中華製って全くいい印象無くて敬遠してたんだけど、
レビューがやけに良くて、仕様も希望に合ってて安いので購入。
で、使ってみると、中華製製品の印象が良い意味で変わった品。
ホントに欠点らしい欠点が見当たらず、
私的には507の上位版とさえも思えるのに、
値段は507の半額位。
こんなのを出されたら、walkmanはもう新作を出しても売れないのでは。
まさかSONYがZX系を5万以下で発売する事もないだろうし。

思えば、こうして日本の電気製品は廃れていくのか…。
コスパが段違いなので、使ってる側としてはしょうがないのですけど。
あと、「中華製」って差別用語だったらすいません。他に良い表現が無く。

比較製品
SONY > NW-ZX507 [64GB]
ジャンル
歌謡曲
ロック

参考になった19

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
 
 
 
 
 
 

あなたのレビューを投稿しませんか?

SHANLING M3X [32GB Black]のレビューを書く

この製品の最安価格を見る

SHANLING M3X [32GB Black]
Shanling

SHANLING M3X [32GB Black]

最安価格(税込):¥42,900発売日:2021年 4月 9日 価格.comの安さの理由は?

SHANLING M3X [32GB Black]をお気に入り製品に追加する <176

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[デジタルオーディオプレーヤー(DAP)]

デジタルオーディオプレーヤー(DAP)の選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(デジタルオーディオプレーヤー(DAP))

ご注意