『「機能」「精度」「撮り易さ」の巨大メリット 割安感が強いです』 ニコン Z 9 ボディ 鳥が好きさんのレビュー・評価

2021年12月24日 発売

Z 9 ボディ

  • 積層型CMOSセンサーと画像処理エンジン「EXPEED 7」で、すぐれたAF性能を実現したミラーレスカメラ。「ニコン Z シリーズ」のフラッグシップモデル。
  • 9種類の被写体検出(人物、犬、猫、鳥、自転車、バイク、車、列車、飛行機)に対応。縦横4軸チルト式の画像モニターを搭載。
  • 約125分の8K UHD/30pの動画を、外部レコーダーを使わずカメラボディ内のメモリーカードに記録可能。4K UHD/120p/60p/30pにも対応。
Z 9 ボディ 製品画像

拡大

※レンズは別売です

部門別ランキング

最安価格(税込):

¥628,650

(前週比:±0 ) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥628,650¥698,500 (20店舗) メーカー希望小売価格:オープン

店頭参考価格帯:¥― (全国700店舗)最寄りのショップ一覧

タイプ:ミラーレス 画素数:5237万画素(総画素)/4571万画素(有効画素) 撮像素子:フルサイズ/35.9mm×23.9mm/CMOS 重量:1160g Z 9 ボディのスペック・仕様

ご利用の前にお読みください

 
  • Z 9 ボディの価格比較
  • Z 9 ボディの中古価格比較
  • Z 9 ボディの買取価格
  • Z 9 ボディの店頭購入
  • Z 9 ボディのスペック・仕様
  • Z 9 ボディの純正オプション
  • Z 9 ボディのレビュー
  • Z 9 ボディのクチコミ
  • Z 9 ボディの画像・動画
  • Z 9 ボディのピックアップリスト
  • Z 9 ボディのオークション

Z 9 ボディニコン

最安価格(税込):¥628,650 (前週比:±0 ) 発売日:2021年12月24日

  • Z 9 ボディの価格比較
  • Z 9 ボディの中古価格比較
  • Z 9 ボディの買取価格
  • Z 9 ボディの店頭購入
  • Z 9 ボディのスペック・仕様
  • Z 9 ボディの純正オプション
  • Z 9 ボディのレビュー
  • Z 9 ボディのクチコミ
  • Z 9 ボディの画像・動画
  • Z 9 ボディのピックアップリスト
  • Z 9 ボディのオークション

『「機能」「精度」「撮り易さ」の巨大メリット 割安感が強いです』 鳥が好きさん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

Z 9 ボディのレビューを書く

鳥が好きさん

  • レビュー投稿数:15件
  • 累計支持数:920人
  • ファン数:13人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
6件
1425件
レンズ
8件
241件
デジタルカメラ
0件
18件
もっと見る
満足度5
デザイン5
画質5
操作性5
バッテリー5
携帯性4
機能性5
液晶5
ホールド感5
「機能」「精度」「撮り易さ」の巨大メリット 割安感が強いです
当機種早朝の木陰。暗めでもAF精度は高いです
当機種Z7Uよりも画質が上と感じます
当機種超遠目はSポイントAFで。高精度です

早朝の木陰。暗めでもAF精度は高いです

Z7Uよりも画質が上と感じます

超遠目はSポイントAFで。高精度です

当機種飲み込めず眼がいっちゃってますw
当機種朝もやが少しありましたが反応良好です
当機種低い位置からも撮り易いですね

飲み込めず眼がいっちゃってますw

朝もやが少しありましたが反応良好です

低い位置からも撮り易いですね

◎…引き続き使用感好調です。写真を差し替えローアマ雑感を書き足します(^^)。

◎…カメラの評価は、自分が必要とする撮影シーンでどれだけ確実性が高まるか、歩留まりが上がるか、精度が高まるかによって決まると思います。仕上がった写真で野鳥の瞳にジャスピンが得られているかは基本的な重要ポイントですが、確実性、歩留まり、精度が非常に上がりました。AF選択に慣れてくると「とにかく撮りやすくなった」と感じることができます。

◎…世のテストの中には遙か遠くの豆粒のような鳥を検出するか――とかありますが、こんなケースはトリミングしたところで絵にならないので、まず撮りません。遠くに珍鳥が現れ、まず証拠写真が残したい場合は、単純なAF-Cで撮れます。

◎…AFの種類によって得意なシーン、そうでないシーンはあります。ですから使い分けに慣れる必要はあります。私は――

基本をAF-Cシングルポイント(トリミング前提)にしながら、
Fn1(中指AF)に動物検出+オートエリア+AF起動(構図重視)
Fn2(薬指AF)に同+3Dトラッキング+AF起動(非常に速いor小さめの動体)
レンズのFn(左手親指AF)に同+ワイドエリア+AF起動(背景複雑で構図重視)

――を設定しています。だいぶ慣れて来て、撮影が改めて楽しくなっています。

◎…尚、先日「画質もZ7Uと同等かそれ以上、特にISO800くらいまではZ9が上」と書きましたが、ISO2500くらいでもZ9が上と思うようになりました。

 以下、初回レビューの要約です。

************************

【デザイン】ニコンらしく無骨さを残したデザインで、格好いいです。

【画質】もっぱらJPEGですが、全般にZ7Uと同等かそれ以上。特にISO800までは、ニコン史上最高画質と言われたZ7Uを上回る気がしています。

【操作性】ニコンは今までも操作性に優れていましたが、飛躍的に向上しています。特にFnキーにAF設定+AFオンを割り当てられるのが良いです。Fnボタンに設定できる機能も、大幅に増えました。再生ボタンの右側配置は、確かに便利です。

【バッテリー】ミラーレスとして素晴らしい持ちだと思います。

【携帯性】相応の重さはあります。ただし、今日は三脚なし、FTZ2+500mmPFと組み合わせ、丸一日携行しましたが、へばりはしませんでした。グリップの良さもあって、実重量ほどには感じません。手持ち時の構えはむしろ安定します。

【機能性】AFの進化は立派と言えるほど。トビなども撮ってみましたが、飛びモノ素人でもなんか楽チンでした(笑)。それぞれのAF設定に向き不向きはあるようです。使いこなしていくことで、さらに真価が発揮されるカメラと思います。従来のZ機に比べると、シングルポイントAF-Cも別物と言えるほど反応、精度が向上しています。完全ブラックアウトフリーが、やはりいいです。連写時に、被写体が途切れやコマ飛びも無く見え続けていることのメリットは大きいです。

【液晶】EVFの見えは、素晴らしいを通り越してます。素直に凄いと思います。

【総評】この機能を揃えたフラッグシップが62万円というのは、凄いことだと思います。AFの使い分けは、横切り反応の設定を含めて、シーンごとに経験を積んで詰めるものと思いますが、とりあえず困るようなことはありませんでした。これまで撮れなかったものにも徐々に挑戦したいと、気持ちが若返っています(笑)。

レベル
アマチュア
主な被写体
子供・動物

参考になった182人(再レビュー後:69人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度5
デザイン5
画質5
操作性5
バッテリー5
携帯性4
機能性5
液晶5
ホールド感5
「機能」「精度」「撮り易さ」の巨大メリット 割安感が強いです
当機種AF-C+シングルポイント
当機種AF-C+シングルポイント
当機種AF-C+オートエリア

AF-C+シングルポイント

AF-C+シングルポイント

AF-C+オートエリア

当機種AF-C+シングルポイント
当機種AF-C+オートエリア
当機種AF-C+ワイドエリア

AF-C+シングルポイント

AF-C+オートエリア

AF-C+ワイドエリア

4回目のフィールド持ち出しをしましたので、写真を貼り換えました(トビの飛翔も別カットにしています)。引き続き好調です。この日はAF-Cシングルポイントを多めに使ってみましたが、直ぐに合焦し精度も非常に高いので、問題なく使えました。

やはり画質、トリミング耐性ともに素晴らしいです。バッテリーについては、前回、予備1つで足りると書きましたが、持ちが素晴らしく、私の場合は予備無しでも、ほとんどいけそうです。追加購入分は「安心保険」のようになっています(笑)。

コマンドダイヤルはZ7Uに比べ、僅かに硬め。誤動作を防ぐ意味でしょうか。ここは慣れる必要がありそうです。

以下、前回のレビュー(小直し)再掲です。

*****************************


2022年1月9日、Z9に長玉付けて歩き回ってきました(3回目のフィールド持ち出し)。

飛びモノをほぼやらない鳥屋で17年。17年といっても、撮影は均すとせいぜい月1〜2回。初のフラッグシップですし、チーターにもカワセミにも出会いませんでしたので、その道の達人には参考度低めかも知れませんが、ローアマのフラッグシップ体験記(笑)として、御笑覧いただければと思います。


【デザイン】
ニコンらしく無骨さを残したデザインで、格好いいです。私は、撫で肩は苦手なタイプなので、余計こうしたデザインに愛着があります(個人の嗜好ですので、ご容赦ください)。

【画質】
私はもっぱらJPEGですが、全般にZ7Uと同等かそれ以上。特にISO800までは、ニコン史上最高画質と言われたZ7Uを上回る気がしています。

【操作性】
ニコンは今までも操作性に優れていましたが、そこから飛躍的に向上しています。特にFnキーにAF設定+AFオンを割り当てられるのが良いです。「中指AF」(笑)と呼ばれているようですが、便利なうえ、直ぐに慣れて活躍してくれます。

Fnボタンに設定できる機能も、大幅に増えました。
メニュー設定時に、ワンタッチで設定が完了する項目もできて、行き届いています。

再生ボタンの右側配置は、確かに便利で、撮影画像の確認時間が短くなったと思います。1回当たりはごくわずかの時間短縮ですが、積み重なるとかなりの効率化になると思います。

ボタンが近くに複数にあっても、高をも少しずつ変えてくれているので、ファインダーを覗きながらのボタン操作で間違うことがありません。

【バッテリー】
ミラーレスとして素晴らしい持ちだと思います。私の場合、予備バッテリーは1つで対応できそうです。

【携帯性】
縦グリ一体ですから、相応の重さはあります。ここだけ星四つにしました。もう200g軽かったら満点でした。ただし、今日は三脚なし、FTZ2+500mmPFと組み合わせ、丸一日携行しましたが、へばりはしませんでした。グリップの良さもあってか、実重量ほどには感じません。手持ち時の構えはむしろ安定します。

【機能性】
AFの進化は立派と言えるほどだと感じています。すべてのAF設定を使いこなしたわけではありませんが、オートエリアもワイドエリアも、素晴らしい精度で合わせてくれます。久しぶりでトビなども撮ってみましたが、飛びモノ素人でもなんか楽チンでした(笑)。とにかく撮り易いです。特別な条件や被写体のスピードが特別な場合などには、それぞれのAF設定に向き不向きはあるようです。使い込んで、自分の得手不得手、AF設定別の特徴なども踏まえて、使いこなしていくことで、さらに真価が発揮されるカメラと思います。

従来のZ機に比べると、シングルポイントAF-Cも別物と言えるほど反応、精度が向上しています。

完全なブラックアウトフリーが、やはりいいですね。連写時に途切れなく被写体が見え続けていることのメリットは大きいと思います。シャッタータイミングは音を出せるし、画面左右の表示でも分かるので、僕は違和感なくすぐに慣れました。

【液晶】
ニコンですからEVFの見えは、素晴らしいを通り越してます。素直に凄いと思います。

【ホールド感】
いいです。安定します。

【総評】
この機能を揃えたフラッグシップが62万円というのは、凄いことだと思います(80万円だったら、検討対象になりませんでした)。AFの使い分けは、横切り反応の設定を含めて、シーンごとに色々と経験を積んで詰めるものだと思いますが、とりあえず3回のフィールド持ち出しで、困るようなことはありませんでした。

Z7U+エクステンショングリップからの移行なので、重さを気にしていましたが、撮り易さの向上が重量分を大きく上回っています。いい絵を撮ることに加え、これまで撮れなかったものにも徐々に挑戦したいと思います。そう思わせてくれるカメラで、少し気持ちが若返っています(笑)。


レベル
アマチュア
主な被写体
子供・動物

参考になった55

満足度5
デザイン5
画質5
操作性5
バッテリー5
携帯性4
機能性5
液晶5
ホールド感5
「機能」「精度」「撮り易さ」の巨大メリットを割安で入手
当機種オートエリアAF
当機種オートエリアAF
当機種オートエリアAF

オートエリアAF

オートエリアAF

オートエリアAF

当機種AF-Cシングルポイント。ISO250で大幅トリミング
当機種ワイドエリア(L)AF
当機種オートエリアAF

AF-Cシングルポイント。ISO250で大幅トリミング

ワイドエリア(L)AF

オートエリアAF

今日(2022年1月9日)、Z9に長玉付けて歩き回ってきました(3回目のフィールド持ち出し)。

飛びモノをほぼやらない鳥屋で17年。17年といっても、撮影は均すとせいぜい月1〜2回。初のフラッグシップですし、チーターにもカワセミにも出会いませんでしたので、その道の達人には参考度低めかも知れませんが、最初のレビューをしてみます。


【デザイン】
ニコンらしく無骨さを残したデザインで、格好いいです。私は、撫で肩は苦手なタイプなので、余計こうしたデザインに愛着があります(個人の嗜好ですので、ご容赦ください)。

【画質】
私はもっぱらJPEGですが、全般にZ7Uと同等かそれ以上。特にISO800までは、ニコン史上最高画質と言われたZ7Uを上回る気がしています。

【操作性】
ニコンは今までも操作性に優れていましたが、そこから飛躍的に向上しています。特にFnキーにAF設定+AFオンを割り当てられるのが良いです。「中指AF」(笑)と呼ばれているようですが、便利なうえ、直ぐに慣れて活躍してくれます。

Fnボタンに設定できる機能も、大幅に増えました。
メニュー設定時に、ワンタッチで設定が完了する項目もできて、行き届いています。

再生ボタンの右側配置は、確かに便利で、撮影画像の確認時間が短くなったと思います。1回当たりはごくわずかの時間短縮ですが、積み重なるとかなりの効率化になると思います。

【バッテリー】
ミラーレスとして素晴らしい持ちだと思います。私の場合、予備バッテリーは1つで対応できそうです。

【携帯性】
縦グリ一体ですから、相応の重さはあります。ここだけ星四つにしました。もう200g軽かったら満点でした。ただし、今日は三脚なし、FTZ2+500mmPFと組み合わせ、丸一日携行しましたが、へばりはしませんでした。グリップの良さもあってか、実重量ほどには感じません。手持ち時の構えはむしろ安定します。

【機能性】
AFの進化は立派と言えるほどだと感じています。すべてのAF設定を使いこなしたわけではありませんが、オートエリアもワイドエリアも、素晴らしい精度で合わせてくれます。久しぶりでトビなども撮ってみましたが、飛びモノ素人でもなんか楽チンでした(笑)。とにかく撮り易いです。特別な条件や被写体のスピードが特別な場合などには、それぞれのAF設定に向き不向きはあるようです。使い込んで、自分の得手不得手、AF設定別の特徴なども踏まえて、使いこなしていくことで、さらに真価が発揮されるカメラと思います。

従来のZ機に比べると、シングルポイントAF-Cも別物と言えるほど反応、精度が向上しています。

完全なブラックアウトフリーが、やはりいいですね。連写時に途切れなく被写体が見え続けていることのメリットは大きいと思います。シャッタータイミングは音を出せるし、画面左右の表示でも分かるので、僕は違和感なくすぐに慣れました。

【液晶】
ニコンですからEVFの見えは、素晴らしいを通り越してます。素直に凄いと思います。

【ホールド感】
いいです。安定します。

【総評】
この機能を揃えたフラッグシップが62万円というのは、凄いことだと思います(80万円だったら、絶対に買っていませんでした)。AFの使い分けは、横切り反応の設定を含めて、シーンごとに色々と経験を積んで詰めるものだと思いますが、とりあえず3回のフィールド持ち出しで、困るようなことはありませんでした。

Z7U+エクステンショングリップからの移行なので、重さを気にしていましたが、撮り易さの向上が重量分を大きく上回っています。いい絵を撮ることに加え、これまで撮れなかったものにも徐々に挑戦したいと思います。そう思わせてくれるカメラで、少し気持ちが若返っています(笑)。


レベル
アマチュア
主な被写体
子供・動物

参考になった58

 
 
 
 
 
 

あなたのレビューを投稿しませんか?

Z 9 ボディのレビューを書く

この製品の最安価格を見る

Z 9 ボディ
ニコン

Z 9 ボディ

最安価格(税込):¥628,650発売日:2021年12月24日 価格.comの安さの理由は?

Z 9 ボディをお気に入り製品に追加する <710

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(デジタル一眼カメラ)

ご注意