『コンパクトなボディにフラッグシップの高性能を詰め込んだ万能機』 SONY α1 ILCE-1 ボディ とびしゃこさんのレビュー・評価

2021年 3月19日 発売

α1 ILCE-1 ボディ

  • 有効約5010万画素の積層型CMOSイメージセンサー「Exmor RS」と画像処理エンジン「BIONZ XR」を搭載したフルサイズミラーレス一眼カメラ。
  • 約5010万画素での最高30コマ/秒のブラックアウトフリー撮影や、最大120回/秒の演算による高速AF/AE追従などが可能。
  • 無音・無振動のサイレント撮影(電子シャッター使用)時にもフリッカーレス撮影やフラッシュ撮影ができる。高精細8K30pの動画撮影に対応する。
α1 ILCE-1 ボディ 製品画像

拡大

※レンズは別売です

プロダクトアワード2021

最安価格(税込):

¥732,736

(前週比:-121円↓) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

¥732,736

Qoo10 EVENT

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

中古
最安価格(税込):
¥678,500 (25製品)


価格帯:¥732,736¥886,600 (41店舗) メーカー希望小売価格:オープン

店頭参考価格帯:¥732,736 〜 ¥792,000 (全国4店舗)最寄りのショップ一覧

タイプ:ミラーレス 画素数:5050万画素(総画素)/5010万画素(有効画素) 撮像素子:フルサイズ/35.9mm×24mm/CMOS 重量:652g α1 ILCE-1 ボディのスペック・仕様

ご利用の前にお読みください

 
  • α1 ILCE-1 ボディの価格比較
  • α1 ILCE-1 ボディの中古価格比較
  • α1 ILCE-1 ボディの買取価格
  • α1 ILCE-1 ボディの店頭購入
  • α1 ILCE-1 ボディのスペック・仕様
  • α1 ILCE-1 ボディの純正オプション
  • α1 ILCE-1 ボディのレビュー
  • α1 ILCE-1 ボディのクチコミ
  • α1 ILCE-1 ボディの画像・動画
  • α1 ILCE-1 ボディのピックアップリスト
  • α1 ILCE-1 ボディのオークション

α1 ILCE-1 ボディSONY

最安価格(税込):¥732,736 (前週比:-121円↓) 発売日:2021年 3月19日

  • α1 ILCE-1 ボディの価格比較
  • α1 ILCE-1 ボディの中古価格比較
  • α1 ILCE-1 ボディの買取価格
  • α1 ILCE-1 ボディの店頭購入
  • α1 ILCE-1 ボディのスペック・仕様
  • α1 ILCE-1 ボディの純正オプション
  • α1 ILCE-1 ボディのレビュー
  • α1 ILCE-1 ボディのクチコミ
  • α1 ILCE-1 ボディの画像・動画
  • α1 ILCE-1 ボディのピックアップリスト
  • α1 ILCE-1 ボディのオークション

『コンパクトなボディにフラッグシップの高性能を詰め込んだ万能機』 とびしゃこさん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

α1 ILCE-1 ボディのレビューを書く

とびしゃこさん

  • レビュー投稿数:92件
  • 累計支持数:906人
  • ファン数:18人

よく投稿するカテゴリ

レンズ
74件
858件
デジタル一眼カメラ
12件
771件
デジタルカメラ
0件
53件
もっと見る
満足度5
デザイン4
画質5
操作性5
バッテリー4
携帯性5
機能性5
液晶4
ホールド感4
コンパクトなボディにフラッグシップの高性能を詰め込んだ万能機
当機種1.高画素(5000万画素)で風景も楽しめます(16-35GM)
当機種2.散歩しながらスナップ風景(24-105G)
当機種3.1/32000秒対応の歪まない高速シャッターでF1.2の描写を一日中楽しめます(50GM)

1.高画素(5000万画素)で風景も楽しめます(16-35GM)

2.散歩しながらスナップ風景(24-105G)

3.1/32000秒対応の歪まない高速シャッターでF1.2の描写を一日中楽しめます(50GM)

当機種4.LAEA-5でボディ駆動タイプのAレンズも楽しめます(SAL50M28M)
当機種5.曇天でも高ISO&高速シャッターで羽ばたきを連写 (F5.6, 1/3200, ISO4000)
当機種6.枝、花かぶりでも粘り強くAFが追従 (標準設定、F5.6開放, 1/2000, ISO640)

4.LAEA-5でボディ駆動タイプのAレンズも楽しめます(SAL50M28M)

5.曇天でも高ISO&高速シャッターで羽ばたきを連写 (F5.6, 1/3200, ISO4000)

6.枝、花かぶりでも粘り強くAFが追従 (標準設定、F5.6開放, 1/2000, ISO640)

2022/4/3鳥瞳AFについて追記・文量調整、写真を一部入れ替えました。

【デザイン】
変わらずそっけないソニーデジタル1眼のデザインです。

【画質】
Jpeg専門です(普段は21M運用、風景は50Mあり)。

本機のクリエイティブルックの色再現は、α7RIIIのやや
青っぽく標準ではコントラストも低く締まらない画質に比べ、
撮って出しでも十分使えます。(写真1〜4)

肌色の時にがグリーンっぽい表現も改善し、従来の
ソニーの色再現が気になる方にもよさそうです。
高ISOでの高速シャッター表現もできます(写真5,6)。

【操作性】
カスタムボタン登録/好みの変更を前提とした操作系です。
左肩のAF/MF&ドライブモードの同軸切替えダイアルは
便利で、露出補正を多用するため背面のダイアルでの
親指操作にしています。
α7RIIIではAF-S+スポットが基本でしたが、α1の
リアルタイムトラッキング性能が素晴らしく、基本を
AF-C+トラッキング・スポットM(小鳥の場合はSにも)
+1コマ撮りまたは20〜30コマ/秒連写に設定しています。

被写体に中央でAFをちょっと当て、半押しキープで
自由にフレーミングして撮れますので、コサイン誤差もなく
AFロックや、煩わしいジョイスティック操作も不要です。

押す間カスタム呼び出しはAF-ONボタンにAF-C+ゾーン
で20コマ/秒、レンズのAFLボタンには同10コマ/設定です
(SAL500F80レフ等Aマウントレンズ用に)。
あとは必要に応じて時にAF―Sを使うぐらいです。
新メニューはわかりやすくα7Cでも変更希望です。

【バッテリー】
α7IIIより採用の大容量バッテリーNP-FZ100でスナップ、
旅行、子供撮り、風景、鳥など節操なく撮る私のスタイルには
十分です。
ただ、高性能ビオンズXRのためかα7RIIIよりは若干持ちが
悪くなっています。その分操作はキビキビとしていて良好です。

【携帯性】
幅x高さx奥行きが128.9 x 96.9 x 80.8mm、重量652gです。
フラッグシップにふさわしいAF性能と連写、EVF性能を有し、
十分にコンパクトです。縦グリ使わないため普通のカメラバッグに
余裕で入るコンパクトさが気に入っています。

【機能性】
リアルタイムトラッキングを軸にした高性能AFと超高速連写、
ブラックアウトフリーファインダー、動体歪みが少なくフラッシュ
撮影も可能な1/200秒の高速サイレント(電子)シャッター、
柔軟なカスタマイズ性と良好な携行性があり、連写派でなくとも
様々な用途に使える万能機です。

 Lumix G9も運動会で活躍しましたが十分な追従には
最初のAF捕捉と追従を一呼吸、確認する必要がありました。
本機ではリアルタイムトラッキングによる瞬時の捕捉と
自由なフレーミング変更で目的の子供などを追従しながら
連写で多数のコマを簡単に抑えることができます。
中央1点にキープし続ける技量もない下手な自分には
かなり使い勝手が良いです。

 屋外で4-5メートル先からダッシュしてぶっ飛んでくる
6歳児が、40/2.5Gでの縦位置からはみ出るぐらいまで
瞳AFで20コマ/秒の連写ができます(30コマ/秒も可)。
驚異的なAFです。

 鳥瞳AFはちょこまか動く小鳥枝抜きや花被りでも
比較的よく追従してくれると思います。(写真5,6)。

普段は人やスナップ、風景、せいぜい運動会ぐらいしか
撮りませんが、高速AFと30コマ/連写などカメラの力により
自分のような鳥撮影の素人でも比較的簡単に撮影できます。

 電源オフ時のシャッター膜による撮像素子カバー機能や漸く
装備された手振れ補正とは別の超音波式アンチダスト機能、
αAレンズフリークには嬉しいLAEA-5完全対応など文句なく、
α7RIIIの高画素もカバーして、APS-Cクロップも2100万画素で、
クロップ時にもファインダーの違和感なくAFエリアも維持される
など文句はありません。シャッターはもう少し軽めが好みです。

【液晶】
比較的低画素ですが、基本設定や撮影の確認程度で晴天では
どのみち描写の細部は判断しがたいため、背面液晶でなくEVFを
使用しています。
EVFは大画面の高画質を享受すべく、高画素モードの標準
フレームレート(60コマ/秒)ですが、シビア動体は撮らないため
問題ありません。メインだったG9ではビルや建物など人工物の
フレーミングの際にEVFの糸巻型歪曲が気になりましたが、
本機では問題ありません。

【ホールド感】
 本機唯一の欠点らしい欠点と感じます。
グリップが深くなり小指余りはなくなりましたが、ボディの
横幅が狭いため右手グリップとマウント部が近く、GM
レンズなどの太い鏡筒のレンズを装着すると右手中指
がレンズにあたり薄手の皮手袋ぐらいしか使えません。
α1/9系は左肩ダイアルがあり、L型配置などでEVF位置を
ずらせません。縦グリ共用もあるでしょうが、大口径レンズの
使用も考えれば、ボディ幅を1pほど伸ばしてほしいです。

【総評】
約10か月間、―4度から真夏の暑さで、砂塵の舞う海辺や
小雨の中、スチルメインでショートムービー程度の経験です。
−20度の極寒や酷暑の長時間動画の性能はわかりません。
Lumix G9がメインでしたがパナソニックのアンチダストが
ソニーで不評の手振れ補正ブルブル方式に退化したため、
本機に切り替えました。

メインだったG9もブラックアウトフリー連写は可能ですが、
20コマ/秒が不要な場合も連写コマ数の設定が細かくは
できませんでした。
高ISO、高速スキャンの高速シャッターで動体歪みが少なく
写真が撮れるのは(G9ではスキャン時間が1/60秒)、
フルサイズ&積層CMOS素子の明確な利点に感じます。

α7RIIIで感じたAF能力のもの足りなさも解消し、風景、
スナップ、スポーツほか動体までを幅広くカバーする
コンパクトな万能機として本機を満足して使っています。

比較製品
SONY > α7R III ILCE-7RM3 ボディ
パナソニック > LUMIX DC-G9 ボディ
レベル
アマチュア
主な被写体
人物
風景
子供・動物
夜景
室内
スポーツ
その他

参考になった14人(再レビュー後:8人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度5
デザイン4
画質5
操作性5
バッテリー4
携帯性5
機能性5
液晶4
ホールド感4
コンパクトなボディにフラッグシップの高性能を詰め込んだ万能機
当機種1.風景(16-35GM)
当機種2.風景(24-105G)
当機種3.つぼ焼きぐつぐつ(50GM)

1.風景(16-35GM)

2.風景(24-105G)

3.つぼ焼きぐつぐつ(50GM)

当機種4.梅の季節です(LAEA-5+SAL50M28マクロ)
当機種5.昔の設計のマクロもなかなかです(LAEA-5+SAL50M28マクロ)
当機種6.AF500mmレフも使えます(LAEA-5+SAL500F80)

4.梅の季節です(LAEA-5+SAL50M28マクロ)

5.昔の設計のマクロもなかなかです(LAEA-5+SAL50M28マクロ)

6.AF500mmレフも使えます(LAEA-5+SAL500F80)

【デザイン】
変わらずそっけないソニーデジタル1眼のデザインです。
左肩のAF/MF&ドライブモードの同軸切替えダイアルが
アクセントです。

【画質】
Jpeg専門です(普段は21M運用、風景は50Mあり)。
本機のクリエイティブルックの色再現は、α7RIIIのやや
青っぽく標準ではコントラストも低く締まらない画質に比べ、
撮って出しでも十分使えます。従来のやや青っぽい発色は
すっきりした色再現を目指していたのかもしれませんが、
肌の色相がYR(黄赤)に偏ることが多いとされる黄色人種
では時にグリーンっぽく表現されることがありました。
α7SIIIやα7C(所有)位から色再現が変わっているようで
従来のソニーの色再現が気になる方にもよさそうです。
RAW現像はしていないため不明ですが、本機のJpegの
絵作りは気に入っています(6枚目は明るさのみ調整)。

【操作性】
カスタムボタン登録を前提とした操作系です。
左肩のAF/MF&ドライブモードの同軸切替えダイアルは
便利です。
Jpeg専門で露出補正を頻用するため背面のダイアルでの
親指操作にしています。
α7RIIIではAF-S+スポットが基本で、「押す間カスタム
呼び出し」でAF-C+ゾーンで10コマ/秒を設定でしたが、
α1のリアルタイムトラッキング性能が素晴らしく、基本は
AF-C+トラッキング・スポットM(小鳥の場合はSにも)+
1コマ撮りまたは20コマ/秒の連写に設定しています。
ターゲットに中央でAFをちょっと当て、半押しキープで
自由にフレーミングして撮れますので、コサイン誤差もなく
AFロックや、煩わしいジョイスティック操作も不要です。
押す間カスタム呼び出しはAF-ONボタンにAF-C+ゾーン
で20コマ/秒、レンズのAFLボタンには同10コマ/設定です
(SAL500F80レフ等Aマウントレンズ用に)。
あとは必要に応じて時にAF―Sを使うぐらいです。

新メニューはわかりやすくα7Cも変更希望です。
Fnボタンのクイックメニューで大方設定できます。

【バッテリー】
α7IIIより採用の大容量バッテリーNP-FZ100でスナップ、
旅行、子供撮り、風景、鳥など節操なく撮る私のスタイルには
十分です。
ただ、高性能ビオンズXRのためかα7RIIIよりは若干持ちが
悪くなっています。その分操作はキビキビとしていて良好です。

【携帯性】
幅x高さx奥行きが128.9 x 96.9 x 80.8mm、重量652gです。
フラッグシップにふさわしいAF性能と連写、EVF性能を有し、
十分にコンパクトです。個人的には気負って縦グリを購入しても
ほとんど使わなかった黒歴史があり、普通のカメラバッグにも
余裕で入るコンパクトボディで自分の使い方にあっています。

【機能性】
リアルタイムトラッキングを軸にした高性能AFと超高速連写、
それらを支えるブラックアウトフリーファインダー、歪みがなく
フラッシュ可能な1/200秒の高速サイレント(電子)シャッター、
柔軟なカスタマイズ性と良好な携行性があり、連写派でなくとも
様々な用途に使える万能機です。
 Lumix G9も運動会で活躍しましたが十分な追従には
最初のAF捕捉と追従を一呼吸確認する必要がありました。
本機ではリアルタイムトラッキングによる瞬時の捕捉と
自由なフレーミング変更で目的の子供などを追従しながら
連写で多数のコマを簡単に抑えることができます。
中央1点にキープし続ける技量もない下手な自分には
かなり使い勝手が良いです。
 屋外で4-5メートル先からダッシュしてぶっ飛んでくる
6歳児が、40/2.5Gでの縦位置からはみ出るぐらいまで
瞳AFで20コマ/秒の連写ができます。驚異的なAFです。

 電源オフ時のシャッター膜による撮像素子カバー機能や漸く
装備された手振れ補正とは別の超音波式アンチダスト機能、
αAレンズフリークには嬉しいLAEA-5完全対応など文句なく、
α7RIIIの高画素もカバーして、APS-Cクロップも2100万画素、
クロップ時にもファインダーの違和感なくAFエリアも維持される
など文句はありません。シャッターはもう少し軽めが好みです。

【液晶】
ライバル機に対して低画素ですが設定や撮影の確認程度の
ためあまり気になりません。晴れた日ではどのみちまぶしく
描写の細部は判断しがたいため、背面液晶でなくEVFを使用
しています。
EVFは大画面の高画質を享受すべく、高画素モードの標準
フレームレートですが、連写でシビアなものは撮らないため
問題ありません。

【ホールド感】
 本機唯一の欠点らしい欠点と感じます。
グリップが深くなりα7RIIIの小指余り対策品のGP-X1EMは
不要となりましたが、ボディの横幅が狭いため右手グリップと
マウント部が近く、GMレンズなどの太い鏡筒のレンズを装着
すると右手中指の第一関節がレンズにあたって不快です。
24-105Gでもそうで、薄手の皮手袋ぐらいしか使えません。
左手側にマウントを寄せれば(L型配置)解決でしょうが、
α1/9系は左肩ダイアルがあるためEVF位置をずらせません。
縦グリ共用の意図もあるでしょうが、大口径レンズの使用も
多いα1/9系で今後も今のグリップの深さなら、ボディ幅を
1pほど伸ばしてほしいです。(キヤノンR5はボディ横幅
138.5mmでレンズに指が当たりません。)

【総評】
約10か月間、―4度から真夏の暑さで、砂塵の舞う海辺や
小雨の中、スチルメインでショートムービー程度の経験です。
−20度の極寒や酷暑の長時間動画の性能はわかりません。
Lumix G9がメインでしたがパナソニックのアンチダストが
ソニーで不評の手振れ補正ブルブル方式に退化したため、
本機に切り替えました(Jpeg撮って出し派には重要です)。
 α7RIIIで感じたAF能力のもの足りなさも解消し、風景、
スナップ、ポートレート、スポーツほか動体までを幅広く
カバーするコンパクトな本機を満足して使っています。

比較製品
SONY > α7R III ILCE-7RM3 ボディ
パナソニック > LUMIX DC-G9 ボディ
レベル
アマチュア
主な被写体
人物
風景
子供・動物
夜景
室内
スポーツ
その他

参考になった6

 
 
 
 
 
 

「α1 ILCE-1 ボディ」の新着レビュー

あなたのレビューを投稿しませんか?

α1 ILCE-1 ボディのレビューを書く

この製品の最安価格を見る

α1 ILCE-1 ボディ
SONY

α1 ILCE-1 ボディ

最安価格(税込):¥732,736発売日:2021年 3月19日 価格.comの安さの理由は?

α1 ILCE-1 ボディをお気に入り製品に追加する <707

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(デジタル一眼カメラ)

ご注意