『映像処理ソフトを経ての最終結果で評価して最高のカメラ』 SONY α1 ILCE-1 ボディ 2石レフレックスさんのレビュー・評価

2021年 3月19日 発売

α1 ILCE-1 ボディ

  • 有効約5010万画素の積層型CMOSイメージセンサー「Exmor RS」と画像処理エンジン「BIONZ XR」を搭載したフルサイズミラーレス一眼カメラ。
  • 約5010万画素での最高30コマ/秒のブラックアウトフリー撮影や、最大120回/秒の演算による高速AF/AE追従などが可能。
  • 無音・無振動のサイレント撮影(電子シャッター使用)時にもフリッカーレス撮影やフラッシュ撮影ができる。高精細8K30pの動画撮影に対応する。
α1 ILCE-1 ボディ 製品画像

拡大

※レンズは別売です

部門別ランキング

最安価格(税込):

¥748,800

(前週比:+2,400円↑) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

¥748,800

PCボンバー

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

中古
最安価格(税込):
¥741,000 (5製品)


価格帯:¥748,800¥880,000 (30店舗) メーカー希望小売価格:オープン

店頭参考価格帯:¥776,070 〜 ¥776,081 (全国702店舗)最寄りのショップ一覧

タイプ:ミラーレス 画素数:5050万画素(総画素)/5010万画素(有効画素) 撮像素子:フルサイズ/35.9mm×24mm/CMOS 重量:652g α1 ILCE-1 ボディのスペック・仕様

ご利用の前にお読みください

 
  • α1 ILCE-1 ボディの価格比較
  • α1 ILCE-1 ボディの中古価格比較
  • α1 ILCE-1 ボディの買取価格
  • α1 ILCE-1 ボディの店頭購入
  • α1 ILCE-1 ボディのスペック・仕様
  • α1 ILCE-1 ボディの純正オプション
  • α1 ILCE-1 ボディのレビュー
  • α1 ILCE-1 ボディのクチコミ
  • α1 ILCE-1 ボディの画像・動画
  • α1 ILCE-1 ボディのピックアップリスト
  • α1 ILCE-1 ボディのオークション

α1 ILCE-1 ボディSONY

最安価格(税込):¥748,800 (前週比:+2,400円↑) 発売日:2021年 3月19日

  • α1 ILCE-1 ボディの価格比較
  • α1 ILCE-1 ボディの中古価格比較
  • α1 ILCE-1 ボディの買取価格
  • α1 ILCE-1 ボディの店頭購入
  • α1 ILCE-1 ボディのスペック・仕様
  • α1 ILCE-1 ボディの純正オプション
  • α1 ILCE-1 ボディのレビュー
  • α1 ILCE-1 ボディのクチコミ
  • α1 ILCE-1 ボディの画像・動画
  • α1 ILCE-1 ボディのピックアップリスト
  • α1 ILCE-1 ボディのオークション

『映像処理ソフトを経ての最終結果で評価して最高のカメラ』 2石レフレックスさん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

α1 ILCE-1 ボディのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

2石レフレックスさん

  • レビュー投稿数:24件
  • 累計支持数:535人
  • ファン数:9人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
5件
425件
ビデオカメラ
3件
181件
レンズ
4件
25件
もっと見る
満足度4
デザイン3
画質3
操作性4
バッテリー3
携帯性4
機能性4
液晶3
ホールド感4
映像処理ソフトを経ての最終結果で評価して最高のカメラ
機種不明8kの1/8面積をフルHDクロップ-slog3-709タイプA-LUT-ISO6400
機種不明8kの1/8面積をフルHDクロップ-HLG-709LUT-ISO6400
機種不明8kの1/8面積をフルHDクロップ-Sシネトーン-ISO6400

8kの1/8面積をフルHDクロップ-slog3-709タイプA-LUT-ISO6400

8kの1/8面積をフルHDクロップ-HLG-709LUT-ISO6400

8kの1/8面積をフルHDクロップ-Sシネトーン-ISO6400

機種不明slog3のをVideo Enhance AIのArtemis-AIエンジンで高画質化したもの
機種不明HLGのをVideo Enhance AIのArtemis-AIエンジンで高画質化したもの
機種不明S-シネートンのをVideo Enhance AIのArtemis-AIエンジンで高画質化したもの

slog3のをVideo Enhance AIのArtemis-AIエンジンで高画質化したもの

HLGのをVideo Enhance AIのArtemis-AIエンジンで高画質化したもの

S-シネートンのをVideo Enhance AIのArtemis-AIエンジンで高画質化したもの

動画でのみの評価であり、さらには私の目的に対してのみの評価です。

8k目的で購入しましたので当然ですが画素数が多いのでノイズが多いのは想定済みでした。
SLOGでは800基準と4000基準のデュアルネイティブですが、ISO4000でクリアにはなりますが、
FX9のISO4000のクリアさに比べれば基本的にノイズは多いと思います。
そして、4000でクリアになっても、そこからあげて行くとすぐにノイズが増えます。
まあでも、こんなもんでしょう。納得しています。

全体を使うこともありますが、フルHDクロップも多用する目的のため、8kから1/8の部分を
フルHDでクロップしてみました。

連続撮影テストのくちコミスレッドの後半にも書きましたが、いまや、素材で比べてどうのこうのという時代でもなく、映像処理ソフトを経ての最終目的仕上がりが自分にとって合格かどうかで判断すべき時代であると思っており、素材自体のクオリティにはそれほど興味がなくなりました。
カメラの元素材データを並べて比較して細かい違いを確認したところで、
映像処理ソフトがそれを超えてしまうデジタル処理全盛の今では、
元データの細かい違いなどは趣味の満足にしかならないわけであり、
納品時の最終時における品質がどうなるのかという事を考えるのが今の私の基本方針です。
Video Enhance AIによる最終仕上げを必須としています。
約1年前にリリースされたVideo Enhance AIですが、当初は副作用も見えましたし、
まだまだと思ってましたが、v1.8を超えたころから急激なAIの進化が感じられるようになり、
今現在のv2.0では納品前の最終仕上げで必須だと感じるほどになりました。
今後、こういう傾向はますます加速するでしょう。

それでやってみると合格です。私の8kの目的に十分使えるすばらしいカメラだと思っています。
価格コムの画像投稿システムがキャプチャー画像は勝手にリサイズしてしまうので、
8kから1/8のフルHDをクロップしたものを、さらにその中央だけに切り取りして投稿しなおしました。

追記です。

価格コムにアップロードしたサンプル写真を自分でアクセスして見てて、
私がアップロードした元の素材写真よりもかなりノイズが減っており、具体的なノイズの多さを感じて頂けることが出来ていません。そのため、AIソフトで画質が向上している程度もその差が少ししか伝わらないと思います。
あまりにあっさりとしているとも自分で思うので、言葉で説明追加すると、
α1のSLOGは7S3と比較したときには、デュアルネイティブの設定数値のせいで
ISO3000くらいから10000まではα1の方がノイズが少なく扱えます。
ISO-12800以上で使うなら7S3の勝ちです。α1は12800以上だと強烈にノイズが多くなります。
素材の精細感はα1のほうが上ですが、この辺りは人によっては最終アウトプットまででわかり難くなる可能性がある差です。
7S3では使い難かったISO3000くらいから10000までのSLOGを使えるようになったという点では
(個人的にはα1のSLOGはISO-6400までしか使いたくないという判断ですが)
意味があります。

私なりのテストでの最後の追記でございます。
4kのPPなし、SLOG以外のPPでは完璧に7S3の勝ちです。
私なりの私の仕事の範囲での結論ですが、
動画としてのα1は私みたいに8kが欲しい人と、
4kでいい人の場合は4kのSLOGでISO3000くらいからISO10000までを使いたい人むけです。
PPなし、HLG、SLOG以外のPPでいいという人で4kでいいという人は買う必要はありません。
4kでいいという場合に私はこのカメラを使う気は全くありません。
私は8kが必要な時だけに使用します。

PPなしやSLOGを除くPP、HLGなどのモードでは7S3は相当にノイズが少ないのですが、
この7S3のノイズの少なさにα1は同様モードで到底勝てません。
多画素機のノイズ傾向がハッキリと出ています。

7S3と同様にデュアルネイティブはSLOGの時にしか作動している様子が確認できません。
α1の動画ノイズが7S3に勝てる唯一の部分、
それがSLOGのISO3000位からISO10000までです。
(しかし私の映像S/Nへの価値観基準で見るとISO6400までしか使えません)

色々な加工をする時代ですのでマスタの画質差はなんとかなる時代でもありますが、
細かいマスタの素材の画質の微妙な差にこだわる人も、
このレビューを見てらっしゃると思うし、(以前の私はそうでしたので)
そういう事では正直に感じたマスタの画質の差を書いておきます。

レベル
プロ
主な被写体
人物
風景
子供・動物
室内
スポーツ
その他

参考になった38人(再レビュー後:15人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度4
デザイン3
画質3
操作性4
バッテリー3
携帯性4
機能性4
液晶3
ホールド感4
映像処理ソフトを経ての最終結果で評価して最高のカメラ
機種不明8kの1/8面積をフルHDクロップ-slog3-709タイプA-LUT-ISO6400
機種不明8kの1/8面積をフルHDクロップ-HLG-709-LUT-ISO6400
機種不明8kの1/8面積をフルHDクロップ-S-シネトーン-ISO6400

8kの1/8面積をフルHDクロップ-slog3-709タイプA-LUT-ISO6400

8kの1/8面積をフルHDクロップ-HLG-709-LUT-ISO6400

8kの1/8面積をフルHDクロップ-S-シネトーン-ISO6400

機種不明slog3のをVideo Enhance AIのArtemis-AIエンジンで高画質化したもの
機種不明HLGのをVideo Enhance AIのArtemis-AIエンジンで高画質化したもの
機種不明S-シネートンのをVideo Enhance AIのArtemis-AIエンジンで高画質化したもの

slog3のをVideo Enhance AIのArtemis-AIエンジンで高画質化したもの

HLGのをVideo Enhance AIのArtemis-AIエンジンで高画質化したもの

S-シネートンのをVideo Enhance AIのArtemis-AIエンジンで高画質化したもの

動画でのみの評価であり、さらには私の目的に対してのみの評価です。

8k目的で購入しましたので当然ですが画素数が多いのでノイズが多いのは想定済みでした。
SLOGでは800基準と4000基準のデュアルネイティブですが、ISO4000でクリアにはなりますが、
FX9のISO4000のクリアさに比べれば基本的にノイズは多いと思います。
そして、4000でクリアになっても、そこからあげて行くとすぐにノイズが増えます。
まあでも、こんなもんでしょう。納得しています。

全体を使うこともありますが、フルHDクロップも多用する目的のため、8kから1/8の部分を
フルHDでクロップしてみました。

連続撮影テストのくちコミスレッドの後半にも書きましたが、いまや、素材で比べてどうのこうのという時代でもなく、映像処理ソフトを経ての最終目的仕上がりが自分にとって合格かどうかで判断すべき時代であると思っており、素材自体のクオリティにはそれほど興味がなくなりました。
カメラの元素材データを並べて比較して細かい違いを確認したところで、
映像処理ソフトがそれを超えてしまうデジタル処理全盛の今では、
元データの細かい違いなどは趣味の満足にしかならないわけであり、
納品時の最終時における品質がどうなるのかという事を考えるのが今の私の基本方針です。
Video Enhance AIによる最終仕上げを必須としています。
約1年前にリリースされたVideo Enhance AIですが、当初は副作用も見えましたし、
まだまだと思ってましたが、v1.8を超えたころから急激なAIの進化が感じられるようになり、
今現在のv2.0では納品前の最終仕上げで必須だと感じるほどになりました。
今後、こういう傾向はますます加速するでしょう。

それでやってみると合格です。私の8kの目的に十分使えるすばらしいカメラだと思っています。
価格コムの画像投稿システムがキャプチャー画像は勝手にリサイズしてしまうので、
8kから1/8のフルHDをクロップしたものを、さらにその中央だけに切り取りして投稿しなおしました。

追記です。

価格コムにアップロードしたサンプル写真を自分でアクセスして見てて、
私がアップロードした元の素材写真よりもかなりノイズが減っており、具体的なノイズの多さを感じて頂けることが出来ていません。そのため、AIソフトで画質が向上している程度もその差が少ししか伝わらないと思います。
あまりにあっさりとしているとも自分で思うので、言葉で説明追加すると、
α1のSLOGは7S3と比較したときには、デュアルネイティブの設定数値のせいで
ISO3000くらいから10000まではα1の方がノイズが少なく扱えます。
ISO-12800以上で使うなら7S3の勝ちです。α1は12800以上だと強烈にノイズが多くなります。
素材の精細感はα1のほうが上ですが、この辺りは人によっては最終アウトプットまででわかり難くなる可能性がある差です。
7S3では使い難かったISO3000くらいから10000までのSLOGを使えるようになったという点では
(個人的にはα1のSLOGはISO-6400までしか使いたくないという判断ですが)
意味があります。
私の場合は上記した通り、
今や素材比較で一喜一憂するというのはもう古い判断だと思っていますので、
それほど興味がありません。
しかし、細かいマスタの素材の画質の微妙な差にこだわる人も、
このレビューを見てらっしゃると思うし、(以前の私はそうでしたので)
そういう事では正直に感じたマスタの画質の差を書いておきます。

レベル
プロ
主な被写体
人物
風景
子供・動物
室内
スポーツ
その他

参考になった9

満足度4
デザイン3
画質3
操作性4
バッテリー3
携帯性4
機能性4
液晶3
ホールド感4
映像処理ソフトを経ての最終結果で評価して最高のカメラ
機種不明8kの1/8面積をフルHDクロップ-slog3-709タイプA-LUT-ISO6400
機種不明8kの1/8面積をフルHDクロップ-HLG-709-LUT-ISO6400
機種不明8kの1/8面積をフルHDクロップ-Sシネトーン-ISO6400

8kの1/8面積をフルHDクロップ-slog3-709タイプA-LUT-ISO6400

8kの1/8面積をフルHDクロップ-HLG-709-LUT-ISO6400

8kの1/8面積をフルHDクロップ-Sシネトーン-ISO6400

機種不明slog3のをVideo Enhance AIのArtemis-AIエンジンで高画質したもの
機種不明HLGのをVideo Enhance AIのArtemis-AIエンジンで高画質化したもの
機種不明SシネトーンのをVideo Enhance AIのArtemis-AIエンジンで高画質化したもの

slog3のをVideo Enhance AIのArtemis-AIエンジンで高画質したもの

HLGのをVideo Enhance AIのArtemis-AIエンジンで高画質化したもの

SシネトーンのをVideo Enhance AIのArtemis-AIエンジンで高画質化したもの

動画でのみの評価であり、さらには私の目的に対してのみの評価です。

8k目的で購入しましたので当然ですが画素数が多いのでノイズが多いのは想定済みでした。
SLOGでは800基準と4000基準のデュアルネイティブですが、ISO4000でクリアにはなりますが、
FX9のISO4000のクリアさに比べれば基本的にノイズは多いと思います。
そして、4000でクリアになっても、そこからあげて行くとすぐにノイズが増えます。
まあでも、こんなもんでしょう。納得しています。

全体を使うこともありますが、フルHDクロップも多用する目的のため、8kから1/8の部分を
フルHDでクロップしてみました。

連続撮影テストのくちコミスレッドの後半にも書きましたが、いまや、素材で比べてどうのこうのという時代でもなく、映像処理ソフトを経ての最終目的仕上がりが自分にとって合格かどうかで判断すべき時代であると思っており、素材自体のクオリティにはそれほど興味がなくなりました。
カメラの元素材データを並べて比較して細かい違いを確認したところで、
映像処理ソフトがそれを超えてしまうデジタル処理全盛の今では、
元データの細かい違いなどは趣味の満足にしかならないわけであり、
納品時の最終時における品質がどうなるのかという事を考えるのが今の私の基本方針です。
Video Enhance AIによる最終仕上げを必須としています。
約1年前にリリースされたVideo Enhance AIですが、当初は副作用も見えましたし、
まだまだと思ってましたが、v1.8を超えたころから急激なAIの進化が感じられるようになり、
今現在のv2.0では納品前の最終仕上げで必須だと感じるほどになりました。
今後、こういう傾向はますます加速するでしょう。

それでやってみると合格です。私の8kの目的に十分使えるすばらしいカメラだと思っています。
価格コムの画像投稿システムがキャプチャー画像は勝手にリサイズしてしまうので、
8kから1/8のフルHDをクロップしたものを、さらにその中央だけに切り取りして投稿しなおしました。

レベル
プロ
主な被写体
人物
風景
子供・動物
室内
スポーツ
その他

参考になった6

満足度4
デザイン3
画質3
操作性4
バッテリー3
携帯性4
機能性4
液晶3
ホールド感4
映像処理ソフトを経ての最終結果で評価して最高のカメラ
機種不明8kの1/8面積をフルHDクロップ-slog3-709タイプA-LUT-ISO6400
機種不明8kの1/8面積をフルHDクロップ-Sシネトーン-ISO6400
機種不明slog3のをVideo Enhance AIのArtemis-AIエンジンで高画質したもの

8kの1/8面積をフルHDクロップ-slog3-709タイプA-LUT-ISO6400

8kの1/8面積をフルHDクロップ-Sシネトーン-ISO6400

slog3のをVideo Enhance AIのArtemis-AIエンジンで高画質したもの

機種不明S-シネートンのをVideo Enhance AIのArtemis-AIエンジンで高画質したもの
   

S-シネートンのをVideo Enhance AIのArtemis-AIエンジンで高画質したもの

   

動画でのみの評価であり、さらには私の目的に対してのみの評価です。

8k目的で購入しましたので当然ですが画素数が多いのでノイズが多いのは想定済みでした。
SLOGでは800基準と4000基準のデュアルネイティブですが、ISO4000でクリアにはなりますが、
FX9のISO4000のクリアさに比べれば基本的にノイズは多いと思います。
そして、4000でクリアになっても、そこからあげて行くとすぐにノイズが増えます。
まあでも、こんなもんでしょう。納得しています。

全体を使うこともありますが、フルHDクロップも多用する目的のため、8kから1/8の部分を
フルHDでクロップしてみました。

連続撮影テストのくちコミスレッドの後半にも書きましたが、いまや、素材で比べてどうのこうのという時代でもなく、映像処理ソフトを経ての最終目的仕上がりが自分にとって合格かどうかで判断すべき時代であると思っており、素材自体のクオリティにはそれほど興味がなくなりました。
Video Enhance AIによる最終仕上げを必須としています。

それでやってみると合格です。私の8kの目的に十分使えるすばらしいカメラだと思っています。

レベル
プロ
主な被写体
人物
風景
子供・動物
室内
スポーツ
その他

参考になった8

 
 
 
 
 
 

「α1 ILCE-1 ボディ」の新着レビュー

レビュータイトル 満足度 投稿日時
十分な光量を稼げればほぼフルサイズ最強  4 2021年5月5日 19:51
最強のフルサイズ  5 2021年5月5日 04:08
さすがフラッグシップ機です  5 2021年5月2日 17:23
驚きのモンスターカメラ  5 2021年5月2日 13:00
やるな!ソニー  5 2021年4月29日 11:33
もうこれで良いと思える現時点で最も不満点が少ないカメラ  5 2021年4月18日 17:25
鳥撮影の最強助っ人!(特に猛禽)  5 2021年4月11日 20:45
何でもこなせるポテンシャルモンスター  5 2021年4月5日 17:56
最高!  4 2021年4月1日 13:43
オールマイティーのカメラ  5 2021年3月30日 06:15

α1 ILCE-1 ボディのレビューを見る(レビュアー数:22人)

あなたのレビューを投稿しませんか?

α1 ILCE-1 ボディのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

α1 ILCE-1 ボディ
SONY

α1 ILCE-1 ボディ

最安価格(税込):¥748,800発売日:2021年 3月19日 価格.comの安さの理由は?

α1 ILCE-1 ボディをお気に入り製品に追加する <538

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(デジタル一眼カメラ)

ご注意