『誰でも決定的瞬間が撮れるモンスターカメラ』 SONY α1 ILCE-1 ボディ エックスドッグさんのレビュー・評価

2021年 3月19日 発売

α1 ILCE-1 ボディ

  • 有効約5010万画素の積層型CMOSイメージセンサー「Exmor RS」と画像処理エンジン「BIONZ XR」を搭載したフルサイズミラーレス一眼カメラ。
  • 約5010万画素での最高30コマ/秒のブラックアウトフリー撮影や、最大120回/秒の演算による高速AF/AE追従などが可能。
  • 無音・無振動のサイレント撮影(電子シャッター使用)時にもフリッカーレス撮影やフラッシュ撮影ができる。高精細8K30pの動画撮影に対応する。
α1 ILCE-1 ボディ 製品画像

拡大

※レンズは別売です

プロダクトアワード2021

最安価格(税込):

¥747,999

(前週比:+18,407円↑) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

¥756,800

エクセラー

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

中古
最安価格(税込):
¥701,200 (30製品)


価格帯:¥747,999¥885,415 (40店舗) メーカー希望小売価格:オープン

店頭参考価格帯:¥785,440 〜 ¥785,440 (全国701店舗)最寄りのショップ一覧

タイプ:ミラーレス 画素数:5050万画素(総画素)/5010万画素(有効画素) 撮像素子:フルサイズ/35.9mm×24mm/CMOS 重量:652g α1 ILCE-1 ボディのスペック・仕様

ご利用の前にお読みください

 
  • α1 ILCE-1 ボディの価格比較
  • α1 ILCE-1 ボディの中古価格比較
  • α1 ILCE-1 ボディの買取価格
  • α1 ILCE-1 ボディの店頭購入
  • α1 ILCE-1 ボディのスペック・仕様
  • α1 ILCE-1 ボディの純正オプション
  • α1 ILCE-1 ボディのレビュー
  • α1 ILCE-1 ボディのクチコミ
  • α1 ILCE-1 ボディの画像・動画
  • α1 ILCE-1 ボディのピックアップリスト
  • α1 ILCE-1 ボディのオークション

α1 ILCE-1 ボディSONY

最安価格(税込):¥747,999 (前週比:+18,407円↑) 発売日:2021年 3月19日

  • α1 ILCE-1 ボディの価格比較
  • α1 ILCE-1 ボディの中古価格比較
  • α1 ILCE-1 ボディの買取価格
  • α1 ILCE-1 ボディの店頭購入
  • α1 ILCE-1 ボディのスペック・仕様
  • α1 ILCE-1 ボディの純正オプション
  • α1 ILCE-1 ボディのレビュー
  • α1 ILCE-1 ボディのクチコミ
  • α1 ILCE-1 ボディの画像・動画
  • α1 ILCE-1 ボディのピックアップリスト
  • α1 ILCE-1 ボディのオークション

『誰でも決定的瞬間が撮れるモンスターカメラ』 エックスドッグさん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

α1 ILCE-1 ボディのレビューを書く

エックスドッグさん

  • レビュー投稿数:8件
  • 累計支持数:319人
  • ファン数:3人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
7件
15件
ゲーム機本体
0件
1件
PlayStation Vita ソフト
1件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン5
画質5
操作性5
バッテリー4
携帯性5
機能性5
液晶5
ホールド感4
誰でも決定的瞬間が撮れるモンスターカメラ

【総評】
α9II以上にAFの食いつきがよくなり、リアルタイムトラッキングと瞳AFを組み合わせたら、撮れない被写体はないんじゃないかというくらいのモンスターカメラでした。なによりすごいのは、瞳AFがリアルタイムトラッキング並みに追従すること。走り回るうちの娘やワンコもただ連写するだけで、瞳にジャスピンで撮ることができました。5000万画素もあるのに電子シャッターでサクサク撮れるので、本当に撮れているの?と撮影途中に疑ったくらいです。α9IIのときに不満だった連写中のバッファ問題もCFexpress Type Aカードで解消していて、好きな時に好きなだけ無音連写することができます。α9とα7R4で悩んでいるなら、この1台を買ってしまうほうがお得で満足度が高いと思います。

【デザイン】
ソニーといえばこれという感じのお馴染みのデザインです。個人的には縦位置グリップが一体化した筐体がよかったのですが、普段ちょっとしたスナップを撮る時はコンパクトなほうがいいので、用途に応じて縦位置グリップを着け外しできる今のスタイルもありなのかなと思います。

【画質】
5000万画素なのでトリミング耐性があることが魅力です。APS-Cモードにして望遠側を稼いでも2000万画素以上あるので、1本のレンズが2本ぶんの働きをします。

【操作性]
ソニー機はボタンカスタマイズがかなり自由にできるので、自分好みの操作性に変えてしまえば、唯一無二の自分にフィットしたカメラになると思います。自分は押しやすいボタンに動画録画機能を設定したり、ワンタッチでAPSCモードに切り替えられるようにしています。

【バッテリー】
ハイパフォーマンスのせいかα9IIのときより少し持ちが悪くなっているので、1日撮影するときはバッテリーの予備を1個もっていくほうがいいと思います。

【携帯性】
カメラはとてもコンパクトなので、35mmや50mmのレンズをつければ気軽にスナップに持ち出せます。

【機能性】
AFの進化に驚きました。α9IIでも被写体の追従性能はすごかったのですが、α1は余裕でその上をいっている感じです。走り回る娘やワンコを30コマ/秒で連写したのですが、α9IIのときは数コマピントを外すことがあったのですが、α1はすべてにピントがあっていて驚きました。
また、CFexpress Type Aカードを使えばバッファ詰まりをほとんど気にしなくていいので、好きなときに好きなだけ連写できるストレスフリーの撮影ができました。

【液晶】
EVFの画面が大きくなりとても見やすくなりました。ブラックアウトフリーで連写中も画面が暗くなったりコマ送り状態にならないので、素早い被写体でもずっと追うことができます。

【ホールド感】
a7sIIIとほぼ同じでグリップ部分が持ちやすくなっています。縦位置グリップなどを別途購入すると、さらにホールド感はよくなると思います。

レベル
アマチュア
主な被写体
人物
風景
子供・動物

参考になった68人(再レビュー後:19人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度5
デザイン4
画質5
操作性5
バッテリー4
携帯性5
機能性5
液晶5
ホールド感4
誰でも決定的瞬間が撮れるモンスターカメラ

【総評】
α9II以上にAFの食いつきがよくなり、リアルタイムトラッキングと瞳AFを組み合わせたら、撮れない被写体はないんじゃないかというくらいのモンスターカメラでした。なによりすごいのは、瞳AFがリアルタイムトラッキング並みに追従すること。走り回るうちの娘やワンコもただ連写するだけで、瞳にジャスピンで撮ることができました。5000万画素もあるのに電子シャッターでサクサク撮れるので、本当に撮れているの?と撮影途中に疑ったくらいです。α9IIのときに不満だった連写中のバッファ問題もCFexpress Type Aカードで解消していて、好きな時に好きなだけ無音連写することができます。α9とα7R4で悩んでいるなら、この1台を買ってしまうほうがお得で満足度が高いと思います。

【デザイン】
ソニーといえばこれという感じのお馴染みのデザインです。個人的には縦位置グリップが一体化した筐体がよかったのですが、普段ちょっとしたスナップを撮る時はコンパクトなほうがいいので、用途に応じて縦位置グリップを着け外しできる今のスタイルもありなのかなと思います。

【画質】
5000万画素なのでトリミング耐性があることが魅力です。APS-Cモードにして望遠側を稼いでも2000万画素以上あるので、1本のレンズが2本ぶんの働きをします。

【操作性]
ソニー機はボタンカスタマイズがかなり自由にできるので、自分好みの操作性に変えてしまえば、唯一無二の自分にフィットしたカメラになると思います。自分は押しやすいボタンに動画録画機能を設定したり、ワンタッチでAPSCモードに切り替えられるようにしています。

【バッテリー】
ハイパフォーマンスのせいかα9IIのときより少し持ちが悪くなっているので、1日撮影するときはバッテリーの予備を1個もっていくほうがいいと思います。

【携帯性】
カメラはとてもコンパクトなので、35mmや50mmのレンズをつければ気軽にスナップに持ち出せます。

【機能性】
AFの進化に驚きました。α9IIでも被写体の追従性能はすごかったのですが、α1は余裕でその上をいっている感じです。走り回る娘やワンコを30コマ/秒で連写したのですが、α9IIのときは数コマピントを外すことがあったのですが、α1はすべてにピントがあっていて驚きました。
また、CFexpress Type Aカードを使えばバッファ詰まりをほとんど気にしなくていいので、好きなときに好きなだけ連写できるストレスフリーの撮影ができました。

【液晶】
EVFの画面が大きくなりとても見やすくなりました。ブラックアウトフリーで連写中も画面が暗くなったりコマ送り状態にならないので、素早い被写体でもずっと追うことができます。

【ホールド感】
a7sIIIとほぼ同じでグリップ部分が持ちやすくなっています。縦位置グリップなどを別途購入すると、さらにホールド感はよくなると思います。

レベル
アマチュア
主な被写体
人物
風景
子供・動物

参考になった14

満足度5
デザイン4
画質5
操作性5
バッテリー4
携帯性5
機能性5
液晶5
ホールド感4
誰でも決定的瞬間が撮れるモンスターカメラ
機種不明
   

   

【総評】
α9II以上にAFの食いつきがよくなり、リアルタイムトラッキングと瞳AFを組み合わせたら、撮れない被写体はないんじゃないかというくらいのモンスターカメラでした。走り回るうちの娘やワンコもただ連写するだけで、瞳にジャスピンで撮ることができました。5000万画素もあるのに電子シャッターでサクサク撮れるので、本当に撮れているの?と撮影途中に疑ったくらいです。α9IIのときに不満だった連写中のバッファ問題もCFexpress Type Aカードで解消していて、好きな時に好きなだけ無音連写することができます。α9とα7R4で悩んでいるなら、この1台を買ってしまうほうがお得で満足度が高いと思います。

【デザイン】
ソニーといえばこれという感じのお馴染みのデザインです。個人的には縦位置グリップが一体化した筐体がよかったのですが、普段ちょっとしたスナップを撮る時はコンパクトなほうがいいので、用途に応じて縦位置グリップを着け外しできる今のスタイルもありなのかなと思います。

【画質】
5000万画素なのでトリミング耐性があることが魅力です。APS-Cモードにして望遠側を稼いでも2000万画素以上あるので、1本のレンズが2本ぶんの働きをします。

【操作性]
ソニー機はボタンカスタマイズがかなり自由にできるので、自分好みの操作性に変えてしまえば、唯一無二の自分にフィットしたカメラになると思います。自分は押しやすいボタンに動画録画機能を設定したり、ワンタッチでAPSCモードに切り替えられるようにしています。

【バッテリー】
まだ1日しか使っていないのでよくわかりませんが、α9IIのときより少し持ちが悪くなった気がします。1日撮影するときはバッテリーの予備を1個もっていくほうがいいと思います。

【携帯性】
カメラはとてもコンパクトなので、35mmや50mmのレンズをつければ気軽にスナップに持ち出せます。

【機能性】
AFの進化に驚きました。α9IIでも被写体の追従性能はすごかったのですが、α1は余裕でその上をいっている感じです。走り回る娘やワンコを30コマ/秒で連写したのですが、α9IIのときは数コマピントを外すことがあったのですが、α1はすべてにピントがあっていて驚きました。
また、CFexpress Type Aカードを使えばバッファ詰まりをほとんど気にしなくていいので、好きなときに好きなだけ連写できるストレスフリーの撮影ができました。

【液晶】
EVFの画面が大きくなりとても見やすくなりました。ブラックアウトフリーで連写中も画面が暗くなったりコマ送り状態にならないので、素早い被写体でもずっと追うことができます。

【ホールド感】
a7sIIIとほぼ同じでグリップ部分が持ちやすくなっています。縦位置グリップなどを別途購入すると、さらにホールド感はよくなると思います。

レベル
アマチュア
主な被写体
人物
風景
子供・動物

参考になった35

 
 
 
 
 
 

「α1 ILCE-1 ボディ」の新着レビュー

あなたのレビューを投稿しませんか?

α1 ILCE-1 ボディのレビューを書く

この製品の最安価格を見る

α1 ILCE-1 ボディ
SONY

α1 ILCE-1 ボディ

最安価格(税込):¥747,999発売日:2021年 3月19日 価格.comの安さの理由は?

α1 ILCE-1 ボディをお気に入り製品に追加する <702

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(デジタル一眼カメラ)

ご注意