『日常ユースにおける足車としてのレビューです^^』 BMW M3 セダン 2021年モデル Anaszonorhynchaさんのレビュー・評価

このページの先頭へ
ユーザーレビュー > 自動車 > 自動車(本体) > BMW > M3 セダン 2021年モデル

『日常ユースにおける足車としてのレビューです^^』 Anaszonorhynchaさん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

M3 セダン 2021年モデルのレビューを書く

Anaszonorhynchaさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:9人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
0件
もっと見る
満足度5
エクステリア4
インテリア5
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地4
燃費3
価格4
日常ユースにおける足車としてのレビューです^^

以前乗っていた先代モデル(F80M3前期型)との比較です。所有したこともない人が "サーキット使用の限界域" と題したレビューは巷に沢山あると思うので、あくまで素人が所有した日常ユースにおける視点で記述させていただきます。

【エクステリア】
・皆さまご存じのとおり、例の巨大グリルは賛否両論なわけでございますが、
 濃色系ボディならば目立たないのは事実です。

・F80M3は前期が電球のテールランプだったため、後から無理やりLED仕様
にしたデザインに変更されましたが、G80M3は最初からLEDのため、
流行りの薄型かつ横長なテールランプになり、よりワイド感があるデザインとなりました。

・F80M3前期型はドアグリップに照明はついていませんが、G80M3は初期型から
ついていて高級感もあります。

・どちらの車もカーボンルーフが標準装備ですが、G80M3のが凹凸のあるより凝ったデザインでカッコよいと思います。 

しかしながらマイナス点もあります。

・F80M3は本当に開いていたフェンダーダクトですが、G80M3はただのプラスチックがフェンダーに貼ってあるだけで、これではそこら辺の国産車のオプションと同じようなレベル。

・G80M3の純正リアスポイラーはF80M3のそれよりもデザインはカッコ良いですが、洗車機で洗うとリアスポが傷だらけになるのはF80M3時代にはない経験です。。。そういう点ではF80M3の方が庶民的かもしれません。

・ドアミラーが特徴的なデザインなのはF80M3もG80M3も兼ね備えているのは一緒だと思いますが、窓を開けて走行していたときに前者では風切り音はまったく感じなかったのですが、後者は「ヒューヒュー」と鳴ってかなり不快です。ちゃんと風洞実験したのか?!と疑問に思うようなレベル。結構ショックです(泣)

【インテリア】
文句なしにG80M3のが質感は高く、洗練されています。F80M3のときは、内装をオプションのフルレザーにしないとかなり残念な内装でしたが、現行モデルは標準仕様でも頑張っていますね。十分満足です。
個人的には弱点もあって、そもそもG20に言うべきことなのでしょうが、
DVD/CDプレーヤーが廃止になったのは、子持ち家庭には辛いです。。。
室内空間はだいぶ広くなりました。

【エンジン性能】
F80M3もG80M3もどちらもロングストロークエンジンなので、低回転域でのトルク特性に優れているなと感じます。車重は後者の方がある分、日常使用域におけるべた踏みレベルならば加速感はさほど変わらないと思います。

【トランスミッション】
ZF製の8速オートマチック(8HP76)の性能が非常に良く驚きます。ロックアップ領域が広いと各種メディアで記述されている通り、すぐにギアが直結するのがわかります。ATとしてのトルクコンバーターの基本性能の高さも相まって、F80M3時代のDCTとは少なくとも0発進性能は一日の長がありますし、公道走行レベルならば中間もDCTと遜色ないと思います。

【乗り心地】
F80M3前期型はアダプティブサスペンションでないモデルに乗っていましたが、昔自分が学生時代に乗っていた安いローダウンスプリングを純正ショックアブソーバーに無理に組み込んだ車のような劣悪な乗り心地でした。G80M3はアダプティブ・サスペンションが標準なのでその時の乗り心地に比べたら日常域ではかなり良好と感じています。

【燃費】
都心3区(千代田区、中央区、港区)を走るのがメインなのでリッター5キロ前後です。信号待ちストップ&ゴーをで繰り返す環境なわけですが、そこらへん走っているランボルギーニやフェラーリと同じようにきびきび(笑)走っても、この燃費ならば満足です。

【走り】
燃費のところにも記載させていただきましたが、六本木あたりを走ってるランボルギーニやフェラーリのようなきびきびした走りをストレスなく実現できるのはATのG80M3です。DCTのF80M3で同じ走りをすると、疲れるのが正直なところです。走り方については個人の嗜好性や考えがあると思うので正解があるわけではないのでしょうが、マルチな走り方に対応できる点ではG80M3に軍配があがりますし、運転していても楽しいです。信号に引っかかって止まっても、0発進が気持ちよいからです。

【ブレーキ】
F80M3はフロントもリアも対向キャリパーですが、G80M3はフロントのみ対向キャリパーで、リアは片押しです。これはパーキングブレーキ等のテクニカル的な要因により対向キャリパーを奢れなかった事情があるようですが、G80M3所有者にとってみれは少なくとも見た目に関してはWRX STIに余裕で負ける劣等感があります(泣) 

【価格】
F80M3よりも価格はアップしましたが、各種運転支援システムの商品力を考慮すると破格なのではないでしょうか。わたしはG80M3を吊るしで買ったレベルの人間なので、比較すらおこがましいですが実はG80M3コンペティション日本仕様と同じ仕様でALPINA B3を見積もると1,600万くらいする事実があります。ALPINA B3乗ってる人はすごいですね(笑)

【将来性】
確実にF80M3の方が名車として中古価格が逆転もしくは同等になるような時代は目に見えていますね、GT-RのR32とR33がそうであるのと同じようにです。性能や数値だけでは車は語れません。
コーディングのしやすさはもちろんのことF80M3の方がシンプルで弄りがいがあります。

【総評】
デザインの賛否両論や価値の将来性はともかく、車の基本性能がF80M3と比べてこれほど違うものとは想像していませんでした。M3固有というよりかはベースのG20の性能のボトムアップがすごいという評価の方が適切なのかもしれませんが、わたしはG80M3に乗り換えて良かったです。内燃機関がいつまで乗れるかもわからない時代における良い思い出になりそうです。


使用目的
買い物
レジャー
頻度
週1〜2回
重視項目
高級感
ファミリー
レビュー対象車
新車
購入時期
2022年2月
購入地域
東京都

新車価格
1350万円
本体値引き額
100万円以上
オプション値引き額
0円

M3 セダンの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった9人(再レビュー後:2人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度5
エクステリア4
インテリア5
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地4
燃費3
価格4
日常ユースにおける足車としてのレビューです^^

以前乗っていた先代モデル(F80M3前期型)との比較です。所有したこともない人が"サーキット使用の限界域"などのレビューは世に沢山あると思うので、あくまで素人が所有した日常ユースにおける視点で記述させていただきます。

【エクステリア】
・皆さまご存じのとおり、例の巨大グリルは賛否両論なわけでございますが、
 濃色系ボディならば目立たないのは事実です。

・F80M3は前期が電球のテールランプだったため、後から無理やりLED仕様
にしたデザインに変更されましたが、G80M3は最初からLEDのため、
流行りの薄型かつ横長なテールランプになり、よりワイド感があるデザインとなりました。

・F80M3前期型はドアグリップに照明はついていませんが、G80M3は初期型から
ついていて高級感もあります。

・どちらの車もカーボンルーフが標準装備ですが、G80M3のが凹凸のあるより凝ったデザインでカッコよいと思います。 

しかしながらマイナス点もあります。

・F80M3は本当に開いていたフェンダーダクトですが、G80M3はただのプラスチックがフェンダーに貼ってあるだけで、これではそこら辺の国産車のオプションと同じようなレベル。

・G80M3の純正リアスポイラーはF80M3のそれよりもデザインはカッコ良いですが、洗車機で洗うとリアスポが傷だらけになるのはF80M3時代にはない経験です。。。そういう点ではF80M3の方が庶民的かもしれません。

・ドアミラーが特徴的なデザインなのはF80M3もG80M3も兼ね備えているのは一緒だと思いますが、窓を開けて走行していたときに前者では風切り音はまったく感じなかったのですが、後者は「ヒューヒュー」と鳴ってかなり不快です。ちゃんと風洞実験したのか?!と疑問に思うようなレベル。結構ショックです(泣)

【インテリア】
文句なしにG80M3のが質感は高く、洗練されています。F80M3のときは、内装をオプションのフルレザーにしないとかなり残念な内装でしたが、現行モデルは標準仕様でも頑張っていますね。十分満足です。
個人的には弱点もあって、そもそもG20に言うべきことなのでしょうが、
DVD/CDプレーヤーが廃止になったのは、子持ち家庭には辛いです。。。
室内空間はだいぶ広くなりました。

【エンジン性能】
F80M3もG80M3もどちらもロングストロークエンジンなので、低回転域でのトルク特性に優れているなと感じます。車重は後者の方がある分、日常使用域におけるべた踏みレベルならば加速感はさほど変わらないと思います。

【トランスミッション】
ZF製の8速オートマチック(8HP76)の性能が非常に良く驚きます。ロックアップ領域が広いと各種メディアで記述されている通り、すぐにギアが直結するのがわかります。ATとしてのトルクコンバーターの基本性能の高さも相まって、F80M3時代のDCTとは少なくとも0発進性能は一日の長がありますし、公道走行レベルならば中間もDCTと遜色ないと思います。

【乗り心地】
F80M3前期型はアダプティブサスペンションでないモデルに乗っていましたが、昔自分が学生時代に乗っていた安いローダウンスプリングを純正ショックアブソーバーに無理に組み込んだ車のような劣悪な乗り心地でした。G80M3はアダプティブ・サスペンションが標準なのでその時の乗り心地に比べたら日常域ではかなり良好と感じています。

【燃費】
都心3区(千代田区、中央区、港区)を走るのがメインなのでリッター5キロ前後です。信号待ちストップ&ゴーをで繰り返す環境なわけですが、そこらへん走っているランボルギーニやフェラーリと同じようにきびきび(笑)走っても、この燃費ならば満足です。

【走り】
燃費のところにも記載させていただきましたが、六本木あたりを走ってるランボルギーニやフェラーリのようなきびきびした走りをストレスなく実現できるのはATのG80M3です。DCTのF80M3で同じ走りをすると、疲れるのが正直なところです。走り方については個人の嗜好性や考えがあると思うので正解があるわけではないのでしょうが、マルチな走り方に対応できる点ではG80M3に軍配があがりますし、運転していても楽しいです。信号に引っかかって止まっても、0発進が気持ちよいからです。

【ブレーキ】
F80M3はフロントもリアも対向キャリパーですが、G80M3はフロントのみ対向キャリパーで、リアは片押しです。これはパーキングブレーキ等のテクニカル的な要因により対向キャリパーを奢れなかった事情があるようですが、G80M3所有者にとってみれは少なくとも見た目に関してはWRX STIに余裕で負ける劣等感があります(泣) 

【価格】
F80M3よりも価格はアップしましたが、各種運転支援システムの商品力を考慮すると破格なのではないでしょうか。わたしはG80M3を吊るしで買ったレベルの人間なので、比較すらおこがましいですが実はG80M3コンペティション日本仕様と同じ仕様でALPINA B3を見積もると1,600万くらいする事実があります。ALPINA B3乗ってる人はすごいですね(笑)

【将来性】
確実にF80M3の方が名車として中古価格が逆転もしくは同等になるような時代は目に見えていますね、GT-RのR32とR33がそうであるのと同じようにです。性能や数値だけでは車は語れません。
コーディングのしやすさはもちろんのことF80M3の方がシンプルで弄りがいがあります。

【総評】
デザインの賛否両論や価値の将来性はともかく、車の基本性能がF80M3と比べてこれほど違うものとは想像していませんでした。M3固有というよりかはベースのG20の性能のボトムアップがすごいという評価の方が適切なのかもしれませんが、わたしはG80M3に乗り換えて良かったです。内燃機関がいつまで乗れるかもわからない時代における良い思い出になりそうです。


使用目的
買い物
レジャー
頻度
週1〜2回
重視項目
高級感
ファミリー
レビュー対象車
新車
購入時期
2022年2月
購入地域
東京都

新車価格
1350万円
本体値引き額
100万円以上
オプション値引き額
0円

M3 セダンの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった4

満足度5
エクステリア4
インテリア5
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地4
燃費3
価格4
日常ユースにおける足車としてのレビューです^^

以前乗っていた先代モデル(F80M3前期型)との比較です。所有したこともない人が"サーキット使用の限界域"などのレビューは世に沢山あると思うので、あくまで素人が所有した日常ユースにおける視点で記述させていただきます。

【エクステリア】
・皆さまご存じのとおり、例の巨大グリルは賛否両論なわけでございますが、
 濃色系ボディならば目立たないのは事実です。

・F80M3は前期が電球のテールランプだったため、後から無理やりLED仕様
にしたデザインに変更されましたが、G80M3は最初からLEDのため、
流行りの薄型かつ横長なテールランプになり、よりワイド感があるデザインとなりました。

・F80M3前期型はドアグリップに照明はついていませんが、G80M3は初期型から
ついていて高級感もあります。

・どちらの車もカーボンルーフが標準装備ですが、G80M3のが凹凸のあるより凝ったデザインでカッコよいと思います。 

しかしながらマイナス点もあります。

・F80M3は本当に開いていたフェンダーダクトですが、G80M3はただのプラスチックがフェンダーに貼ってあるだけで、これではそこら辺の国産車のオプションと同じようなレベル。

・G80M3の純正リアスポイラーはF80M3のそれよりもデザインはカッコ良いですが、洗車機で洗うとリアスポが傷だらけになるのはF80M3時代にはない経験です。。。そういう点ではF80M3の方が庶民的かもしれません。

【インテリア】
文句なしにG80M3のが質感は高く、洗練されています。F80M3のときは、内装をオプションのフルレザーにしないとかなり残念な内装でしたが、現行モデルは標準仕様でも頑張っていますね。十分満足です。
個人的には弱点もあって、そもそもG20に言うべきことなのでしょうが、
DVD/CDプレーヤーが廃止になったのは、子持ち家庭には辛いです。。。
室内空間はだいぶ広くなりました。

【エンジン性能】
F80M3もG80M3もどちらもロングストロークエンジンなので、低回転域でのトルク特性に優れているなと感じます。車重は後者の方がある分、日常使用域におけるべた踏みレベルならば加速感はさほど変わらないと思います。

【走行性能】
ZF製の8速オートマチック(8HP76)の性能が非常に良く驚きます。ロックアップ領域が広いと各種メディアで記述されている通り、すぐにギアが直結するのがわかります。ATとしてのトルクコンバーターの基本性能の高さも相まって、F80M3時代のDCTとは少なくとも0発進性能は一日の長がありますし、公道走行レベルならば中間もDCTと遜色ないと思います。

【乗り心地】
F80M3前期型はアダプティブサスペンションでないモデルに乗っていましたが、昔自分が学生時代に乗っていた安いローダウンスプリングを純正サスペンションに無理に組み込んだ車のような劣悪な乗り心地でした。G80M3はアダプティブ・サスペンションが標準なのでその時の乗り心地に比べたら日常域ではかなり良好と感じています。

【燃費】
都心なので街中はリッター5キロ前後です。

【価格】
F80M3よりも価格はアップしましたが、各種運転支援システムの商品力を考慮すると破格なのではないでしょうか。わたしはG80M3を吊るしで買ったレベルの人間なので、比較すらおこがましいですが実はG80M3コンペティション日本仕様と同じ仕様でALPINA B3を見積もると1,600万くらいする事実があります。ALPINA B3乗ってる人はすごいですね(笑)

【将来性】
確実にF80M3の方が名車として中古価格が逆転もしくは同等になるような時代は目に見えていますね、GT-RのR32とR33がそうであるのと同じようにです。性能や数値だけでは車は語れません。
コーディングのしやすさはもちろんのことF80M3の方がシンプルで弄りがいがあります。

【総評】
デザインの賛否両論や価値の将来性はともかく、車の基本性能がF80M3と比べてこれほど違うものとは想像していませんでした。わたしは乗り換えて良かったです。内燃機関がいつまで乗れるかもわからない時代における良い思い出になりそうです。


使用目的
買い物
レジャー
頻度
週1〜2回
重視項目
高級感
ファミリー
レビュー対象車
新車
購入時期
2022年2月
購入地域
東京都

新車価格
1350万円
本体値引き額
100万円以上
オプション値引き額
0円

M3 セダンの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった3

 
 
 
 
 
 

「M3 セダン 2021年モデル」の新着レビュー

あなたのレビューを投稿しませんか?

M3 セダン 2021年モデルのレビューを書く

この製品の価格を見る

M3 セダン 2021年モデル
BMW

M3 セダン 2021年モデル

新車価格:1351〜1496万円

中古車価格:1090〜1248万円

M3 セダン 2021年モデルをお気に入り製品に追加する <35

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

M3セダンの中古車 (全3モデル/71物件)

この車種とよく比較される車種の中古車

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(自動車(本体))

ご注意