『品質に難あり』 MSI Vigor GK20 JP たにのすけさんのレビュー・評価

2020年12月18日 発売

Vigor GK20 JP

エントリークラスのゲーミングキーボード

Vigor GK20 JP 製品画像
最安価格(税込):

¥2,860

(前週比:±0 ) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

¥2,860

ゆたぷろ

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥2,860¥3,680 (17店舗) メーカー希望小売価格:¥―

店頭参考価格帯:¥3,278 〜 ¥3,278 (全国70店舗)最寄りのショップ一覧

キーレイアウト:日本語108 キースイッチ:メンブレン インターフェイス:USB Vigor GK20 JPのスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • Vigor GK20 JPの価格比較
  • Vigor GK20 JPの店頭購入
  • Vigor GK20 JPのスペック・仕様
  • Vigor GK20 JPのレビュー
  • Vigor GK20 JPのクチコミ
  • Vigor GK20 JPの画像・動画
  • Vigor GK20 JPのピックアップリスト
  • Vigor GK20 JPのオークション

Vigor GK20 JPMSI

最安価格(税込):¥2,860 (前週比:±0 ) 発売日:2020年12月18日

  • Vigor GK20 JPの価格比較
  • Vigor GK20 JPの店頭購入
  • Vigor GK20 JPのスペック・仕様
  • Vigor GK20 JPのレビュー
  • Vigor GK20 JPのクチコミ
  • Vigor GK20 JPの画像・動画
  • Vigor GK20 JPのピックアップリスト
  • Vigor GK20 JPのオークション

『品質に難あり』 たにのすけさん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

Vigor GK20 JPのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

たにのすけさん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:2人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

キーボード
2件
0件
もっと見る
満足度2
デザイン3
キーピッチ4
ストローク1
キー配列2
機能性2
耐久性無評価
品質に難あり

店頭デモ機でキータッチを確認し、割といい感じだなと思ったので購入しました。
Nキーロールオーバー対応ということで、ゲームにも使えるかと少し期待していました。

まず最初に、購入した最初の個体が初期不良に当たりました。
押下した際に引っ掛かりのあるキーが複数存在しました。
こちらは初期不良品として店頭で交換していただいたのですが、交換時に念のためその場でキー押下不良がないかを確認させていただいたところ、その個体もまた初期不良でした。
都合3台目にしてようやく正常な個体を入手することになりました。

こちらの個体は使用してまだ1週間ほどですが、店頭デモで使用されていた個体はもっとキータッチが軽いイメージだったのですが、使用期間が短いからか店頭展示品よりもキータッチが重い感じがします。

また、初期不良とまではいかなくとも、この個体にも押下時に若干の引っ掛かりを感じるキーがいくつか存在します。
ESCキー/PageUpキー/-キーといった端のほうのキーを押す際、指がキートップの端を押してしまうとよく引っ掛かりを感じます。

最近の安価なキーボードはキートップがかなりグラグラしていますが、その代わりに斜めに押下した際に引っ掛かりを感じるような製品も少ないです。
このキーボードはキートップはあまりぐらつかないのですが、その代わりにスライダー部の遊びが少ない模様で、斜めに力がかかった際に引っ掛かりを感じやすい設計になっているようです。


総合的にみると満足には程遠い製品となりました。
タイピングのしやすさはエレコムの1000〜2000円程度のキーボードに劣っています。


前回HPのメカニカル、今回MSIのメンブレンと、3000円程度のNキーロールオーバー対応キーボードを立て続けに買いましたが、どちらもハズレの部類でした。
この価格帯では、妥協しても納得のいくレベルのNキーロールオーバー対応キーボードは難しいのかもしれません。


追記:このキーボードにはスペースキーの右側のALTキーが存在しません。
右側のALTキーを使う人にとっては欠陥品だと思います。

パッケージの画像は英語キーボードの写真になっており、英語キーボードの写真ではスペースキー右側にALTキーが見えます。どうも日本語キー配列にした際にALTキーがなくなっている模様です。
同じMSIのGK30・GK40には右側ALTキーが存在するようなので、このGK20だけ特別なようです。

もし、これをお読みの販売店さんが居られましたら、POP等に注意書きされたほうが良いかと思われます。
(パッケージ写真に存在するキーが存在しない仕様となっていますので。)

使用目的
ネット
資料作成
ゲーム
こだわり
キータッチ
価格

参考になった2人(再レビュー後:0人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度2
デザイン3
キーピッチ4
ストローク1
キー配列2
機能性2
耐久性無評価
品質に難あり

店頭デモ機でキータッチを確認し、割といい感じだなと思ったので購入しました。
Nキーロールオーバー対応ということで、ゲームにも使えるかと少し期待していました。

まず最初に、購入した最初の個体が初期不良に当たりました。
押下した際に引っ掛かりのあるキーが複数存在しました。
こちらは初期不良品として店頭で交換していただいたのですが、交換時に念のためその場でキー押下不良がないかを確認させていただいたところ、その個体もまた初期不良でした。
都合3台目にしてようやく正常な個体を入手することになりました。

こちらの個体は使用してまだ1週間ほどですが、店頭デモで使用されていた個体はもっとキータッチが軽いイメージだったのですが、使用期間が短いからか店頭展示品よりもキータッチが重い感じがします。

また、初期不良とまではいかなくとも、この個体にも押下時に若干の引っ掛かりを感じるキーがいくつか存在します。
ESCキー/PageUpキー/-キーといった端のほうのキーを押す際、指がキートップの端を押してしまうとよく引っ掛かりを感じます。

最近の安価なキーボードはキートップがかなりグラグラしていますが、その代わりに斜めに押下した際に引っ掛かりを感じるような製品も少ないです。
このキーボードはキートップはあまりぐらつかないのですが、その代わりにスライダー部の遊びが少ない模様で、斜めに力がかかった際に引っ掛かりを感じやすい設計になっているようです。


総合的にみると満足には程遠い製品となりました。
タイピングのしやすさはエレコムの1000〜2000円程度のキーボードに劣っています。


前回HPのメカニカル、今回MSIのメンブレンと、3000円程度のNキーロールオーバー対応キーボードを立て続けに買いましたが、どちらもハズレの部類でした。
この価格帯では、妥協しても納得のいくレベルのNキーロールオーバー対応キーボードは難しいのかもしれません。

追記:このキーボードにはSpaceキーの右側のALTキーが存在しません。
右側のALTキーを使う人にとっては欠陥品だと思います。

使用目的
ネット
資料作成
ゲーム
こだわり
キータッチ
価格

参考になった0

満足度2
デザイン3
キーピッチ4
ストローク1
キー配列4
機能性4
耐久性無評価
品質に難あり

店頭デモ機でキータッチを確認し、割といい感じだなと思ったので購入しました。
Nキーロールオーバー対応ということで、ゲームにも使えるかと少し期待していました。

まず最初に、購入した最初の個体が初期不良に当たりました。
押下した際に引っ掛かりのあるキーが複数存在しました。
こちらは初期不良品として店頭で交換していただいたのですが、交換時に念のためその場でキー押下不良がないかを確認させていただいたところ、その個体もまた初期不良でした。
都合3台目にしてようやく正常な個体を入手することになりました。

こちらの個体は使用してまだ1週間ほどですが、店頭デモで使用されていた個体はもっとキータッチが軽いイメージだったのですが、使用期間が短いからか店頭展示品よりもキータッチが重い感じがします。

また、初期不良とまではいかなくとも、この個体にも押下時に若干の引っ掛かりを感じるキーがいくつか存在します。
ESCキー/PageUpキー/-キーといった端のほうのキーを押す際、指がキートップの端を押してしまうとよく引っ掛かりを感じます。

最近の安価なキーボードはキートップがかなりグラグラしていますが、その代わりに斜めに押下した際に引っ掛かりを感じるような製品も少ないです。
このキーボードはキートップはあまりぐらつかないのですが、その代わりにスライダー部の遊びが少ない模様で、斜めに力がかかった際に引っ掛かりを感じやすい設計になっているようです。


総合的にみると満足には程遠い製品となりました。
タイピングのしやすさはエレコムの1000〜2000円程度のキーボードに劣っています。


前回HPのメカニカル、今回MSIのメンブレンと、3000円程度のNキーロールオーバー対応キーボードを立て続けに買いましたが、どちらもハズレの部類でした。
この価格帯では、妥協しても納得のいくレベルのNキーロールオーバー対応キーボードは難しいのかもしれません。

追記:このキーボードにはSpaceキーの右側のALTキーが存在しません。
右側のALTキーを使う人にとっては欠陥品だと思います。

使用目的
ネット
資料作成
ゲーム
こだわり
キータッチ
価格

参考になった0

満足度2
デザイン3
キーピッチ4
ストローク1
キー配列4
機能性4
耐久性無評価
品質に難あり

店頭デモ機でキータッチを確認し、割といい感じだなと思ったので購入しました。
Nキーロールオーバー対応ということで、ゲームにも使えるかと少し期待していました。

まず最初に、購入した最初の個体が初期不良に当たりました。
押下した際に引っ掛かりのあるキーが複数存在しました。
こちらは初期不良品として店頭で交換していただいたのですが、交換時に念のためその場でキー押下不良がないかを確認させていただいたところ、その個体もまた初期不良でした。
都合3台目にしてようやく正常な個体を入手することになりました。

こちらの個体は使用してまだ1週間ほどですが、店頭デモで使用されていた個体はもっとキータッチが軽いイメージだったのですが、使用期間が短いからか店頭展示品よりもキータッチが重い感じがします。

また、初期不良とまではいかなくとも、この個体にも押下時に若干の引っ掛かりを感じるキーがいくつか存在します。
ESCキー/PageUpキー/-キーといった端のほうのキーを押す際、指がキートップの端を押してしまうとよく引っ掛かりを感じます。

最近の安価なキーボードはキートップがかなりグラグラしていますが、その代わりに斜めに押下した際に引っ掛かりを感じるような製品も少ないです。
このキーボードはキートップはあまりぐらつかないのですが、その代わりにスライダー部の遊びが少ない模様で、斜めに力がかかった際に引っ掛かりを感じやすい設計になっているようです。


総合的にみると満足には程遠い製品となりました。
タイピングのしやすさはエレコムの1000〜2000円程度のキーボードに劣っています。


前回HPのメカニカル、今回MSIのメンブレンと、3000円程度のNキーロールオーバー対応キーボードを立て続けに買いましたが、どちらもハズレの部類でした。
この価格帯では、妥協しても納得のいくレベルのNキーロールオーバー対応キーボードは難しいのかもしれません。

使用目的
ネット
資料作成
ゲーム
こだわり
キータッチ
価格

参考になった2

 
 
 
 
 
 

「Vigor GK20 JP」の新着レビュー

レビュータイトル 満足度 投稿日時
品質に難あり  2 2021年1月14日 06:46
MSI製 光るキーボード  5 2021年1月4日 23:00

Vigor GK20 JPのレビューを見る(レビュアー数:2人)

あなたのレビューを投稿しませんか?

Vigor GK20 JPのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

Vigor GK20 JP
MSI

Vigor GK20 JP

最安価格(税込):¥2,860発売日:2020年12月18日 価格.comの安さの理由は?

Vigor GK20 JPをお気に入り製品に追加する <6

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[キーボード]

キーボードの選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(キーボード)

ご注意