『操作性に難あり』 FiiO FIO-BTA30 磯師磯吉さんのレビュー・評価

2020年12月 4日 発売

FIO-BTA30

  • LDAC/aptX HDコーデックで送受信できるBluetoothレシーバー&トランスミッター機能搭載USB DAC。LDACは96kHz/24bitに対応。
  • DACチップにAKM製「AK4490EN」を搭載。BluetoothレシーバーにQualcomm製「CSR8675」を採用し、高い接続安定性を実現。
  • Bluetooth送受信機能のほか、RCAアナログ出力や光/同軸出入力、USB Type Cコネクタなど豊富な入出力端子を備える。
FIO-BTA30 製品画像

拡大

プロダクトアワード2021

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 価格推移グラフ

お気に入り製品に登録すると、価格が掲載された時にメールやMyページでお知らせいたします


価格帯:¥―〜¥― (―店舗) メーカー希望小売価格:オープン

タイプ:DAC(D/Aコンバーター) ハイレゾ:○ FIO-BTA30のスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • FIO-BTA30の価格比較
  • FIO-BTA30の店頭購入
  • FIO-BTA30のスペック・仕様
  • FIO-BTA30のレビュー
  • FIO-BTA30のクチコミ
  • FIO-BTA30の画像・動画
  • FIO-BTA30のピックアップリスト
  • FIO-BTA30のオークション

FIO-BTA30FiiO

最安価格(税込):ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 発売日:2020年12月 4日

  • FIO-BTA30の価格比較
  • FIO-BTA30の店頭購入
  • FIO-BTA30のスペック・仕様
  • FIO-BTA30のレビュー
  • FIO-BTA30のクチコミ
  • FIO-BTA30の画像・動画
  • FIO-BTA30のピックアップリスト
  • FIO-BTA30のオークション

あなたのレビューを投稿しませんか?

FIO-BTA30のレビューを書く

磯師磯吉さん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:28人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

マザーボード
0件
1件
ヘッドホンアンプ・DAC
1件
0件
タイヤ
1件
0件
もっと見る
満足度4
デザイン4
音質4
操作性3
機能性4
操作性に難あり

【デザイン】
見た目はコンパクトですっきりしてる。
【音質】
WI1000XM2やWF1000XM4、earfun free2などで試してみたけど音は良い。
ただ、同じフロア内ならLADCでも電波は十分届くがフロア違いとなると世間並かな(木造の建屋です)。
【操作性】
表示はランプのみなので本体の状態が把握し辛い。
モード選択のスライドスイッチの操作感も良くない。

主な設定は、スマホアプリで行うが これの出来もイマイチ。
アプリには、PCと接続するインターフェースの選択画面があるけど
USBかCoaxialの2択のみで光の選択肢がない。
LDACを使う場合 USBは対象外なので光かCoaxialを選ばねばならないが
うちのPCには光出力しかない。

幾つか試した結果、「USB」と表示はあるけど実は「光」なのかな? と思えた。
TX側の設定を以下の様に変えてみた。(RX側の設定はUSB、COAXIAL共にチェックは外した状態)
・USBとCOAXIALの両方にチェックをいれて再生するとランプ表示は青(SBC)になって音は出る。
・USBとCOAXIALの両方のチェックを外してみるとランプ表示は白(LDAC)に
変わるものの音は出てこない。
・USBのみにチェックを入れてみるとランプ表示は白(LDAC)になって音は出た。
音が出ている状態で、光コネクターを抜いてみたところ音は出なくなった。



その後、偶然見つけた英文取説のTXモードでの入力切替に関する説明に

Select input source: USB input and Coaxial input can be choose. USB input will be prior if choosing both. If both are not choose, only the optical input is available.

と、書かれていたので 改めてFiio Controlで接続し、USBとCOAXIALのチェックを外して試したところ光入力でLDACが使用できました。

【機能性】
DAC機能とかもあるようですが試してません。


【総評】
数日使った感想として、モノは悪くないけど、
取説やサポートページにはもう少し詳細な情報を掲載してほしい。

参考になった5人(再レビュー後:5人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度4
デザイン4
音質4
操作性3
機能性4
操作性に難あり

【デザイン】
見た目はコンパクトですっきりしてる。
【音質】
WI1000XM2やWF1000XM4、earfun free2などで試してみたけど音は良い。
ただ、同じフロア内ならLADCでも電波は十分届くがフロア違いとなると世間並かな(木造の建屋です)。
【操作性】
表示はランプのみなので本体の状態が把握し辛い。
モード選択のスライドスイッチの操作感も良くない。

主な設定は、スマホアプリで行うが これの出来もイマイチ。
アプリには、PCと接続するインターフェースの選択画面があるけど
USBかCoaxialの2択のみで光の選択肢がない。
LDACを使う場合 USBは対象外なので光かCoaxialを選ばねばならないが
うちのPCには光出力しかない。

幾つか試した結果、「USB」と表示はあるけど実は「光」なのかな? と思えた。
TX側の設定を以下の様に変えてみた。(RX側の設定はUSB、COAXIAL共にチェックは外した状態)
・USBとCOAXIALの両方にチェックをいれて再生するとランプ表示は青(SBC)になって音は出る。
・USBとCOAXIALの両方のチェックを外してみるとランプ表示は白(LDAC)に
変わるものの音は出てこない。
・USBのみにチェックを入れてみるとランプ表示は白(LDAC)になって音は出た。
音が出ている状態で、光コネクターを抜いてみたところ音は出なくなった。

偶然見つけた英文取説のTXモードでの入力切替に関する説明より。
Select input source: USB input and Coaxial input can be choose. USB input will be prior if choosing both. If both are not choose, only the optical input is available.
                      と、書かれてるのですが・・・。

【機能性】
DAC機能とかもあるようですが試してません。


【総評】
数日使った感想として、モノは悪くないけど、
取説やサポートページにはもう少し詳細な情報を掲載してほしい。

参考になった0

満足度4
デザイン4
音質4
操作性3
機能性4
操作性に難あり

【デザイン】
見た目はコンパクトですっきりしてる。
【音質】
WI1000XM2やWF1000XM4、earfun free2などで試してみたけど音は良い。
ただ、同じフロア内ならLADCでも電波は十分届くがフロア違いとなると世間並かな(木造の建屋です)。
【操作性】
表示はランプのみなので本体の状態が把握し辛い。
モード選択のスライドスイッチの操作感も良くない。

主な設定は、スマホアプリで行うが これの出来もイマイチ。
アプリには、PCと接続するインターフェースの選択画面があるけど
USBかCoaxialの2択のみで光の選択肢がない。
LDACを使う場合 USBは対象外なので光かCoaxialを選ばねばならないが
うちのPCには光出力しかない。

幾つか試した結果、「USB」と表示はあるけど実は「光」なのかな? と思えた。
TX側の設定を以下の様に変えてみた。(RX側の設定はUSB、COAXIAL共にチェックは外した状態)
・USBとCOAXIALの両方にチェックをいれて再生するとランプ表示は青(SBC)になって音は出る。
・USBとCOAXIALの両方のチェックを外してみるとランプ表示は白(LDAC)に
変わるものの音は出てこない。
・USBのみにチェックを入れてみるとランプ表示は白(LDAC)になって音は出た。
音が出ている状態で、光コネクターを抜いてみたところ音は出なくなった。
【機能性】
DAC機能とかもあるようですが試してません。


【総評】
数日使った感想として、モノは悪くないけど、
取説やサポートページにはもう少し詳細な情報を掲載してほしい。

参考になった0

満足度4
デザイン4
音質4
操作性3
機能性4
操作性に難あり

【デザイン】
見た目はコンパクトですっきりしてる。
【音質】
WI1000XM2やWF1000XM4、earfun free2などで試してみたけど音は良い。
ただ、同じフロア内ならLADCでも電波は十分届くがフロア違いとなると世間並かな(木造の建屋です)。
【操作性】
表示はランプのみなので本体の状態が把握し辛い。
モード選択のスライドスイッチの操作感も良くない。

主な設定は、スマホアプリで行うが これの出来もイマイチ。
アプリには、PCと接続するインターフェースの選択画面があるけど
USBかCoaxialの2択のみで光の選択肢がない。
LDACを使う場合 USBは対象外なので光かCoaxialを選ばねばならないが
うちのPCには光出力しかない。

幾つか試した結果、「USB」と表示のあるけど実は「光」なのかな? と思えた。
TX側の設定を以下の様に変えてみた。(RX側の設定はUSB、COAXIAL共にチェックは外した状態)
・USBとCOAXIALの両方にチェックをいれて再生するとランプ表示は青(SBC)になって音は出る。
・USBとCOAXIALの両方のチェックを外してみるとランプ表示は白(LDAC)に
変わるものの音は出てこない。
・USBのみにチェックを入れてみるとランプ表示は白(LDAC)になって音は出た。
音が出ている状態で、光コネクターを抜いてみたところ音は出なくなった。
【機能性】
DAC機能とかもあるようですが試してません。


【総評】
数日使った感想として、モノは悪くないけど、
取説やサポートページにはもう少し詳細な情報を掲載してほしい。

参考になった0

満足度4
デザイン3
音質4
操作性3
機能性4
操作性に難あり

【デザイン】
見て目にもコンパクトですっきりしてる。
【音質】
WI1000XM2やWF1000XM4、earfun free2などで試してみたけど音は良い。
ただ、同じフロア内ならLADCでも電波は十分届くがフロア違いとなると世間並かな(木造の建屋です)。
【操作性】
表示部はランプのみなで本体の状態が把握し辛い。
モード選択のスライドスイッチの操作感も良くない。

主な設定は、スマホアプリで行うがこれの出来もイマイチ。
アプリには、PCと接続するインターフェースの選択画面があるけど
USBかCoaxialの2択のみで光の選択肢がない。
LDACを使う場合 USBは対象外なので光かCoaxialを選ばねばならないが
うちのPCには光出力しかない。

幾つか試した結果、「USB」と表示のあるけど実は「光」なのかな? と思えた。
TX側の設定を以下の様に変えてみた。(RX側の設定はUSB、COAXIAL共にチェックは外した状態)
・USBとCOAXIALの両方にチェックをいれて再生するとランプ表示は青(SBC)に。
・USBとCOAXIALの両方のチェックを外してみるとランプ表示は白(LDAC)に
変わるものの音は出てこない。
・USBのみにチェックを入れてみるとランプ表示は白(LDAC)で音は出た。
音が出ている状態で、光コネクターを抜いてみたところ音は出なくなった。
【機能性】
DAC機能とかもあるようですが試してません。


【総評】
数日使った感想として、モノは悪くないけど、
取説やサポートページにはもう少し詳細な情報を掲載してほしい。

参考になった0

「FIO-BTA30」の新着レビュー

レビュータイトル 満足度 投稿日時
bruetooth機能搭載の超小型USB-DAC!  4 2022年5月4日 08:28
操作性に難あり  4 2021年10月16日 18:31
イイヨ  4 2021年10月13日 16:01
LDACの良さを実感  4 2021年10月10日 15:56
機能面での懸念点がどうでもよく思えるくらい音質が素晴らしい  5 2021年4月3日 11:16
PCからLDACで音楽を聴きたい人は是非!  5 2021年2月6日 14:20
宅内ワイヤレスヘッドフォンの友  3 2021年1月15日 21:13
WindowsでLDAC、USB接続は非推奨  4 2021年1月3日 12:02
高い製品だがLDACの送信は◎ゲーム用のヘッドセット買うよりいい  5 2020年12月22日 14:39
良音  5 2020年12月14日 15:34

FIO-BTA30のレビューを見る(レビュアー数:11人)

あなたのレビューを投稿しませんか?

FIO-BTA30のレビューを書く

この製品の最安価格を見る

FIO-BTA30
FiiO

FIO-BTA30

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 発売日:2020年12月 4日

FIO-BTA30をお気に入り製品に追加する <125

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

選び方ガイド
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(ヘッドホンアンプ・DAC)

ご注意