MacBook Air Retinaディスプレイ 13.3 MGNE3J/A [ゴールド] レビュー・評価

2020年11月17日 発売

MacBook Air Retinaディスプレイ 13.3 MGNE3J/A [ゴールド]

  • 「M1」チップを採用し、一世代前の最大3.5倍のパフォーマンスを発揮する、13.3型Retinaディスプレイ搭載「MacBook Air」(512GB SSD)。
  • 8コアCPUと8コアGPU、機械学習のタスク処理を加速する16コアの「Neural Engine」を搭載。OSは「Big Sur」を採用している。
  • Wi-Fi 6に対応しワイヤレス通信がより高速になり、USB 4対応のThunderboltポートを2基装備。最大18時間のバッテリー駆動時間を実現。
MacBook Air Retinaディスプレイ 13.3 MGNE3J/A [ゴールド] 製品画像

拡大

プロダクトアワード2021

最安価格(税込):

¥123,798

(前週比:+2,525円↑) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

¥124,800

PCボンバー

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥123,798¥149,800 (25店舗) メーカー希望小売価格:¥―

店頭参考価格帯:¥123,799 〜 ¥128,000 (全国221店舗)最寄りのショップ一覧

画面サイズ:13.3インチ CPU:Apple M1チップ/8コア ストレージ容量:SSD:512GB メモリ容量:8GB MacBook Air Retinaディスプレイ 13.3 MGNE3J/A [ゴールド]のスペック・仕様

不要なパソコン無料回収 国認定事業者のリネットジャパン
ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

※OSは出荷時期によって、変更されている場合があります。ご購入の際は購入店舗にて直接ご確認ください。

ご利用の前にお読みください

 
  • MacBook Air Retinaディスプレイ 13.3 MGNE3J/A [ゴールド]の価格比較
  • MacBook Air Retinaディスプレイ 13.3 MGNE3J/A [ゴールド]の店頭購入
  • MacBook Air Retinaディスプレイ 13.3 MGNE3J/A [ゴールド]のスペック・仕様
  • MacBook Air Retinaディスプレイ 13.3 MGNE3J/A [ゴールド]のレビュー
  • MacBook Air Retinaディスプレイ 13.3 MGNE3J/A [ゴールド]のクチコミ
  • MacBook Air Retinaディスプレイ 13.3 MGNE3J/A [ゴールド]の画像・動画
  • MacBook Air Retinaディスプレイ 13.3 MGNE3J/A [ゴールド]のピックアップリスト
  • MacBook Air Retinaディスプレイ 13.3 MGNE3J/A [ゴールド]のオークション

MacBook Air Retinaディスプレイ 13.3 MGNE3J/A [ゴールド]Apple

最安価格(税込):¥123,798 (前週比:+2,525円↑) 発売日:2020年11月17日

  • MacBook Air Retinaディスプレイ 13.3 MGNE3J/A [ゴールド]の価格比較
  • MacBook Air Retinaディスプレイ 13.3 MGNE3J/A [ゴールド]の店頭購入
  • MacBook Air Retinaディスプレイ 13.3 MGNE3J/A [ゴールド]のスペック・仕様
  • MacBook Air Retinaディスプレイ 13.3 MGNE3J/A [ゴールド]のレビュー
  • MacBook Air Retinaディスプレイ 13.3 MGNE3J/A [ゴールド]のクチコミ
  • MacBook Air Retinaディスプレイ 13.3 MGNE3J/A [ゴールド]の画像・動画
  • MacBook Air Retinaディスプレイ 13.3 MGNE3J/A [ゴールド]のピックアップリスト
  • MacBook Air Retinaディスプレイ 13.3 MGNE3J/A [ゴールド]のオークション
ユーザーレビュー > パソコン > Mac ノート(MacBook) > Apple > MacBook Air Retinaディスプレイ 13.3 MGNE3J/A [ゴールド]

MacBook Air Retinaディスプレイ 13.3 MGNE3J/A [ゴールド] のユーザーレビュー・評価

rss

満足度:4.63
(カテゴリ平均:4.61
レビュー投稿数:46人 (プロ:3人)
  1. 1 0%
評価項目 投票平均 カテゴリ平均 項目別ランキング
デザイン 見た目のよさ、質感 4.79 4.85 -位
処理速度 ストレスなく快適な処理が行えるか 4.75 4.50 -位
グラフィック性能 必要十分な描画性能を備えているか 4.47 4.35 -位
拡張性 拡張スロットやポートの数は十分か 2.56 3.41 -位
使いやすさ 機能性、キーボードやパッドの使いやすさ 4.55 4.56 -位
持ち運びやすさ 軽さ・コンパクトさ 4.28 4.14 -位
バッテリ バッテリの持ちはよいか 4.87 4.25 -位
画面 発色のよさ・画面の明るさなど 4.81 4.49 -位
コストパフォーマンス 価格に対する性能の高さ 4.08 4.29 -位
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

MacBook Air Retinaディスプレイ 13.3 MGNE3J/A [ゴールド]のレビューを書く

レビュー表示
表示対象
表示切替
すべて表示
プロフェッショナルレビュー
画像付き
並べ替え
投稿日(新しい順)
投稿日(古い順)
参考順
満足度(高)
満足度(低)

新・元住ブレーメンさん

  • レビュー投稿数:76件
  • 累計支持数:797人
  • ファン数:21人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
3件
587件
ブルーレイ・DVDレコーダー
5件
287件
ビデオカメラ
5件
283件
もっと見る
満足度4
デザイン5
処理速度5
グラフィック性能5
拡張性2
使いやすさ4
持ち運びやすさ4
バッテリ5
画面4
コストパフォーマンス5
   

自宅の在宅オフィス。右端が本機

   

【デザイン】軽量級モバイルノートのデザインを確立した元祖として、完成度の高いデザイン。「ウルトラブック」は全部これの真似。

【処理速度】ARMアーキテクチャーに対応しているアプリかどうかで差があるが、対応している場合は軽量級モバイルとしては速い。インテルアプリも問題なく使える。よく使うiPadアプリをいくつかインストールしてみたが、たいてい動作する。ただ、タッチが前提なので、カーソルはクリックできるところでも変化しない。

【グラフィック性能】本体ディスプレイは問題なく綺麗で、外部につないでいる4Kディスプレイも高画質。カラーも高レベルで合っている。

【拡張性】ヘッドフォン端子ひとつとTB3(USB-C3.1)がふたつのみ。良いとは言えない。

【使いやすさ】キーボードは打ち易くなった。何をするにもハブが必要なのは覚悟するしかない。

【持ち運びやすさ】軽量級としては普通。

【バッテリ】よく持つ。

【液晶】内蔵ディスプレイは相変わらず高品質。スペック的には4Kのモバイルノート(Airと完全同サイズのHP SPECTREとか)が珍しく無くなってきたが、出先で4Kをドットバイドットでどうしても観たいのでなければ不満は感じない。

【総評】Appleシリコン第一弾として、興味本位で買ってみたが、完成度は驚くほど高い。モバイルデバイスに強いARMアーキテクチャーの良さを存分に活かしている。ワークステーションクラスにARMアーキテクチャーをどうフィットさせるのか、今後に期待。M2版のMacBook Airも楽しみ。15インチ程度のディスプレイのモデルも設定してほしい。

参考になった4人(再レビュー後:1人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

ジャイアン鈴木さん

  • レビュー投稿数:89件
プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィールEYE-COM、TECH Win、TECH GIAN、PDA Magazine、DIGITAL CHOICE、ログイン、週刊アスキー、週アスPLUSと主にPC系メディアで編集兼ライターとして勤務。2015年1月よりフリーの編集兼ライターと…続きを読む

満足度5
デザイン4
処理速度5
グラフィック性能5
拡張性1
使いやすさ4
持ち運びやすさ4
バッテリ5
画面4
コストパフォーマンス4

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

実測重量は1308g。ノートPC全体の中では突出して軽いわけではありません

CINEBENCH R23のCPU(Multi Core)は7662pts

端子がふたつなのはやはり不便です

個人的に購入した端末でレビューします

【デザイン】
高品質かつシンプルなデザインで特に不満はないのですが、プロセッサーをインテル系からAppleシリコンに刷新した記念すべきモデルなので、デザイン的にも新しい挑戦をしてほしかったところです。

【処理速度】
CINEBENCH R23のCPU(Multi Core)は7662pts。Apple M1 Pro、Apple M1 Maxと比較すればもちろん見劣りしますが、4K動画の書き出しなども十分実用的な速度で行なえます。

【グラフィック性能】
Geekbench 5のCompute(Metal Score)は20937。iPhone 13 Pro Maxは14209だったので、その1.47倍のスコアを記録したことになります。

【拡張性】
インターフェースはThunderbolt/USB 4×2のみ。本体だけで接続できる外部ディスプレイは1台のみです。基本的に本体だけで利用するノートブックと考えたほうがよいです。

【使いやすさ】
薄型ノートPCなのでストローク自体はたしかに浅いのですが、打鍵感は良好。慣れたら使いやすく、フルスピードで入力できるキーボードです。ただし、一度手に馴染んだらストロークの長いメカニカルキーボードでは逆に違和感を覚えるようになるのでご注意を。ちなみに、キーボードはシザー構造に戻されているので、耐久性が向上していると思われます。

【持ち運びやすさ】
重量は1.29kg。Windousの最軽量級ノートPCに比べれば数値的には重いですが、現状のMacBookのなかでは最軽量です。この点に魅力を感じて本製品を購入しました。……ただ、個人的には1kgを切る12インチMacBookが復活してほしいなあと思います。

【バッテリ】
スペック的には、49.9Whリチウムポリマーバッテリーが内蔵されており、最大15時間のワイヤレスインターネット、最大18時間のApple TVアプリのムービー再生が可能と謳われておりますが、たしかに「ヤケクソ」にバッテリーがもちます。MacBook Airは1日数時間使うサブ機なのですが、5日〜1週間に一度しか充電していません。

【画面】
画質には文句ありません。ただベゼルが太いのがたまにきずです。

【コストパフォーマンス】
Apple Storeで142,780円、価格.comの最安値が133,800円。4K動画も実用的に編集、書き出し可能なマシンがこの値段で手に入るのですから、コストパフォーマンスは抜群です。

【総評】
4K動画を編集できる処理能力を持ち、重量は現行MacBook最軽量の1.29kg、ファンレスなので静音性が高く、価格.comの最安値が133,800円と非常にバランスのいいノートブックです。M1 Pro、M1 Maxを搭載したより高性能なMacBook Proが登場していますが、主に単体で使用し、携帯性を重視して選ぶなら、M1搭載MacBook Airは最右翼の存在と言えます。

参考になった2

このレビューは参考になりましたか?参考になった

tanuki2018さん

  • レビュー投稿数:8件
  • 累計支持数:57人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

スマートフォン
6件
0件
Mac ノート(MacBook)
1件
0件
イヤホン・ヘッドホン
1件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン5
処理速度5
グラフィック性能無評価
拡張性2
使いやすさ5
持ち運びやすさ4
バッテリ5
画面5
コストパフォーマンス5
   

   

【デザイン】
さすがApple製品です。高級感があり、とても格好いい。昔のMacBook Airと違い、Appleのリンゴマークが光らなくなりましたが、慣れたら違和感はありません。

【処理速度】
重い作業はまだ行っていないため、どの程度の実力かはまだわかりません。amazon Musicを聴きながら、ブログを書いていても動作は非常に安定して素早いです。普通に使う分には処理速度が不満に思うことはないでしょう。

【グラフィック性能】
無評価

【拡張性】
type-Cの端子が2つ、イヤホンジャックが1つ搭載されています。拡張性は低いです。しかし、type-Cのハブを持っているため、問題ありません。

【使いやすさ】
今まで使っていたWindowsのパソコンと比較しても非常に使いやすいです。私は過去にMacBook AirとWindowsを両方使っていましたが、やはりMacの方が使いやすいと感じます。

【持ち運びやすさ】
1kgを切るパソコンもあるので、そこまで軽いわけではないですが、持ち運びも快適です。

【バッテリ】
バッテリーはかなり持つと思います。使い始めはそこそこ減ったので、こんなものかと思っていたのですが、数日経ったら、減りが緩やかになりました。外出先に持って行っても、重い作業をしなければ、バッテリー切れの心配はないと思います。

【画面】
Windowsのパソコンは4Kのディスプレイのものを使っていましたが、それと比較してもとても綺麗です。むしろ明るくて、色の再現性が高く、Windowsのパソコンより綺麗に感じます。

【コストパフォーマンス】
Macは高いイメージがありますが、surfaceもかなり高いため、こんなものかと思います。むしろM1チップ搭載、バッテリーの持ちを考えるとコスパは高いです。

【総評】
約9年ぶりに MacBook Airを購入しました。とても進化していて驚きました。またスピーカーの音質が迫力があってクリアなので、とても満足しています。
Windowsにしか対応していないソフトがあるのも事実ですが、ご自身の使いたいソフトがMacにも対応しているなら、Macを購入しても満足できると思います。

またファンレスなので、音が静かなのもポイントです。発熱についてもブログで記載しているので、興味がありましたらご覧ください。

https://kimi-blog.hatenablog.com/entry/_MacBookAir

レベル
中級者
使用目的
ネット
文書作成
その他

参考になった1

このレビューは参考になりましたか?参考になった

くろぷにさんさん

  • レビュー投稿数:13件
  • 累計支持数:249人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

スマートフォン
5件
0件
ビデオカメラ
2件
0件
イヤホン・ヘッドホン
2件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン5
処理速度5
グラフィック性能5
拡張性4
使いやすさ5
持ち運びやすさ5
バッテリ5
画面5
コストパフォーマンス5
   

本当にA4ノートサイズ。ノートパソコンを持っていると実感。

   

購入して半月が経ったのでレビューに踏み切りました。そろそろ次が出るのも分かっていましたが割と緊急性もあったのでこのタイミングで購入。

元々ノートパソコンには仕事で使うOffice以外の性能は求めてませんでした。あとはせいぜい音楽保存…と思っていたら、Qoo10で買った前のリースアップ品の15000円が2年たたずにいろんな場所がへたってきて、(まあこの価格なら仕方ないですね)そこにたまたまPaidyのApple無金利ローンの枠が取れたという偶然もあり、また動画編集に興味を持ち始めていたところでもありました。
いろいろ調べて、動画編集するにしても自分は4Kまでの画質はいらない、フルHDまでで軽い容量でやる、と決めていて、また周りのM1MacBookairの評判がすごくよかった(友人で仕事で本格的に使っている人複数)こともあり、総合的に見てこの2ランクあるうち上のモデルの吊るしで十分だなと思い、購入を決断しました。

【デザイン】
所有欲が満たされます。ゴールドを選んで大正解。こんな薄くて軽くて綺麗でいいの?って。今までバッグに重たい機械を入れて運んでいた感じだったのが、これを持ってから、やっとノートを持ち歩いている感覚になっています。

【処理速度】
立ち上がりも鬼みたいな速度で、いろんなことの効率も上がりました。仕事のテンプレートもOffice365を入れることも覚悟してましたが、もう今はNumbersとPagesで(意外とすぐに慣れました)テンプレートを完成させてしまっています。作業効率がレベチかつ、印刷するものがお洒落に仕上がるので評判もいいです。
動画編集はまだiMovieで勉強中でカメラも携帯で撮ったものを取り込んでですが、少しずつ慣れてきています。プリインストールされているものなので今のところ当然のように余裕です。お金に余裕が出来たら有料のものを入れるつもりです。仮に思い切ってFinal Cut Proを入れたとしても、YouTubeの紹介ではフルHDならストレスなく編集出来ると言われています。(入れた時またリレビューしてみます。)もう少しソフト、安くておすすめがあったら知りたい…

【グラフィック性能】
ゲームはしない気だけど、対応する好きなゲームがあるなら(某都市シュミレーションは対応していたような…?)外付けでやると思いますが多分問題なさそうです。

【拡張性】
分かってて買ったので気にしてません。別に買った非純正ハブがお洒落でお気に入り。

【使いやすさ】
ひとまず仕事は劇的に効率が上がりました。
音楽の取り込みも一瞬です。早い早い。
わざわざBluetoothマウスを買いましたが時々邪魔に感じるほどトラックパッドを使った方が楽な場面もあるのには驚きました。まだ使いこなせていませんが…。
また、iPhoneに慣れていると、「こんなことまで勝手にやってくれるのか」ってくらい細かいところまでiPhoneユーザーに優しいです。

【持ち運びやすさ】
ノースフェイスのリュックバックの後ろに付いているノートパソコン用スペースにすっぽり入るのでそれで移動するようになりました。家で使い終わって保管するときもこの中に入れています。ここに入れているとケースとかがなくても比較的安心します。今のところ裸で使い続けるつもりです。

【バッテリ】
めちゃくちゃ持つし、使い切っても満充電になるまでが早い。てかこれを買うまでは安物リースアップだったのでバッテリーがへたり切ってるのが当たり前で、バッテリという概念すらなかったのが、コンセント刺さないだけでこれだけ快適とは。

【画面】
綺麗すぎてケチのつけようがありません。音楽のライブビューイングもこれで視聴しましたが本当に画質がよくて貴重な体験もできました。

【コストパフォーマンス】
分割ローン組みましたがこの性能が月6000円でお釣りが来るのはなんだかよくわからない世界に来たなって感じです。携帯に月2000円払って半分リースみたいな状況なことを考えたら、今後の可能性を考えたら多分すごくコスパはいいはず。

【総評】
20数年ぶりのMac。前は借り物でしたが。Windowsと比べて当時使いにくいことこの上なかったのが、今は「MacBookだからこそできること」を満喫している感じです。あと、項目になかったですが、内蔵スピーカーの音質が半端なくいいので、オーディオ機器としてもめちゃくちゃ重宝しています。仕事でも活躍、家に帰ったら音楽で癒される。動画編集も少しずつ楽しんで。ライフスタイルが変わりつつあります。選んで後悔はしていませんね。この機種とのこれからが楽しみしかないです。

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

三浦一紀さん

  • レビュー投稿数:251件
プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィールデジタルガジェット系を中心にさまざまなジャンルで原稿・撮影を行っているフリーライター・カメラマンです。Webメディアでは、

ギズモード・ジャパン http://www.gizmodo.jp
ウレぴあ総研 http://ure.pi…続きを読む

満足度5
デザイン5
処理速度5
グラフィック性能4
拡張性3
使いやすさ5
持ち運びやすさ5
バッテリ5
画面5
コストパフォーマンス無評価

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

デザインは変わらず。エッジ部分の面取りもしっかりしている。

USB-C端子は2つ。高性能なUSB-Cハブがひとつあるといいだろう。

イヤホン端子はちゃんとある。

   

キーボードはバタフライよりはいいがそれ以前のモデルに比べるとあまり好みではない。

   

自腹購入。

M1チップ搭載のMacBook Air。仕事でM1搭載3機種を触って、めちゃくちゃ速いと感じたので(実際速いのだが)、こちらを購入。メモリは16GBにしている。

メインマシンだったMacBook Pro Retina 15インチ(2016年モデル)から環境を移行して仕事をしてみたところ、ほとんど問題なく使えて拍子抜け。いくつかのアプリが動かなかったかが、再起動をかけると普通に動いた。

一番すごいなと思ったのが、スピードよりもバッテリーの持ち。10時間以上は平気で使える。RAW画像の編集をやっていてもバッテリーの心配はあまり感じなかった。僕はやらないが、動画編集をやっている人に聞いても、スピード、バッテリーともにかなり好感触なようだ。

アプリの互換性が心配だったが、僕が使うアプリはほとんど動いた。M1ネイティブではないアプリの動作スピードが心配だったが、こちらも問題なし。ほんと普通に動いている。ファンレスなのでファンがうなることもない上、ほとんど本体が発熱しない。

「M1速い!」と思ったのはほんの最初の時だけで、今ではこのマシンが基準になってしまった。人間の慣れって恐ろしい。

問題があるとすれば、USB-Cが2ポートしかないことと、キーボードが少々残念なところ。USB-C端子の不足はUSBハブで対応。キーボードに関しては、普段外付けキーボードを使っているので、僕にとってはあまり問題ではない。

モデルチェンジ後の一発目のプロダクトはいろいろ心配があると思うが、これに関してはあまり神経質にならないでもいいだろう。迷っているなら買ってしまったほうが、いろいろ幸せになれると思う。

参考になった7

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

+waveさん

  • レビュー投稿数:60件
  • 累計支持数:631人
  • ファン数:4人

よく投稿するカテゴリ

スマートフォン
36件
184件
デジタルカメラ
1件
10件
タブレットPC
6件
1件
もっと見る
満足度4
デザイン5
処理速度4
グラフィック性能無評価
拡張性3
使いやすさ無評価
持ち運びやすさ5
バッテリ5
画面5
コストパフォーマンス無評価
   

結構鋭利で手が痛い。

   

【デザイン】
やはり質感が非常に高いです。長年大きくデザインを変えていないのもこのレベルの工業製品を安く作れる秘訣なのでしょうかね。
ただ、都会じゃないのでこれを外で使うのは恥ずかしいと感じます。

【処理速度】
ネットサーフィンや写真管理くらいしか使わないので性能を発揮できていないですがそこそこもたつきます。買ったばかりだからでしょうか。

【グラフィック性能】
発揮できていません。

【拡張性】
ビジネスで使うには貧弱だと思います。ハブが前提です。もう少し端子間の距離があれば使いやすかったのにとは思います。しかし最近ではwinノートでイヤホン端子を削るような傾向がある為、ここがまだあるのは評価したいです。というか無くすって考えあり得ないと思います。自分はairpodsで使ってますが、動画編集とかするなら有線欲しいですよね。

【使いやすさ】
何もわからないで使ってるので私は使いにくいです…。トラックパッドの滑りはなかなか良いです。キーボードはこれでも良くなったらしいので我慢して使ってます。慣れればこれくらい浅い方がいい可能性もありますし。
【持ち運びやすさ】
重いですが、薄いので持ち運びしやすいと思います。自分は自宅でしか使わない為よく分かりませんでした。

【バッテリ】
熱を持たないのでそりゃこれだけ持つよなといった感じです。一日持ちます。

【液晶】
この為に買いました。画像編集をするにしてもiPad、iPhoneと似た発色なので多くの人が見るときに思った通りの色で伝えられる気がします。動画鑑賞も満足できます。

【総評】
macは初めて触っているので右も左もわからない状態です。少しずつ慣れていこうと頑張り中です。
自分は最初カスタムで16gb1tbを発注していたのですが納期まてずに量販店に売っているものを買ってしまいました。後悔していますが、すぐにほしい方はネットショップ見てれば案外512GBあるかもしれません。とくにゴールド…。

レベル
初級者
使用目的
ネット
画像処理

参考になった2

このレビューは参考になりましたか?参考になった

小寺信良さん

  • レビュー投稿数:40件
プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィールライター / コラムニスト。一般社団法人インターネットユーザー協会(MIAU)代表理事。映像、音楽を軸に、AV機器から放送機器、メディア論、著作権論まで幅広く執筆活動を行なう。WEBではAV Watch、ITmedia、PRONEWSにて…続きを読む

満足度5
デザイン3
処理速度5
グラフィック性能5
拡張性2
使いやすさ4
持ち運びやすさ5
バッテリ5
画面5
コストパフォーマンス無評価

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

名前はゴールドですが、色としてはピンクゴールドに近いです

両方最高輝度にしてみましたが、差は少ないです

新AirにはTrueTone設定が増えています

 

タッチパッドは若干Proのほうが大きいです

これだけ色が違えば持ち出す時に間違えません

 

これまでMacBook Pro(Late2016)を使ってきましたが、シリコンMacはボディが前モデルと同じということで、ゴールドが選べるAirにしました。持ち出すときに間違えると大変ですから。

文章を書く、写真をいじる程度なら4年前のProでも全然行けるんですが、4K動画編集は厳しいです。しかしM1 MacBook Airではオリジナルファイルそのままでもガンガン走るので、編集が捗ります。ダンレスなので、レンダリングがスタートしてもファンがうなりを上げるということもありません。発熱は底部がちょっと熱いかなという程度です。熱を出した子供の額ぐらいの熱さなので、40度ぐらいでしょうか。

ディスプレイはProの500nitsと比べて400nitsと多少落ちますが、見た目ではそれほどの差はありませんでした。また新Airでは、ディスプレイ設定にiPhoneのようなTrueToneが増えてました。個人的には自動で色温度が変わるのは写真編集時に不便なので、切っています。

2つ並べて初めて気がついたんですが、タッチパッドの面積が違うんですね。Airは少し小さいです。キーボードは、Proよりもさらにストロークが浅いようで、長時間タイプすると疲れが出ます。またアローキーも左右が小さくなっているのが、ちょっと残念です。文章の推敲では、カーソルを左右に動かす機会が多いので。文章を沢山打つ人は外付けキーボードはあったほうが楽かと思います。

外部ポートが2つに減りましたが、これまでも4ポートいっぺんに使う機会はほとんどありませんでしたので問題なしです。最近は1ポートで使うマルチアダプタでいいものが安く出てますので、助かります。

外部ディスプレイは1系統だけになりましたが、元々40インチ4Kディスプレイを1台繋いでいるだけですので、こちらも不便はありません。

持ち出すことを考えると、ACアダプタが30Wで、Proの60Wよりだいぶ小さいのがいいですね。モバイルバッテリーも、Airなら充電できるものは多そうです。ちなみにPro用の60WアダプタでAirは充電できますが、Air用のアダプタでProは電力がたらず、充電できませんでした。

そもそもMacBook Airは、廉価なエントリーモデルとしてスタートし、メモリーが少ない、ディスプレイ解像度が低いという欠点がありましたが、このモデルではもうProと変わらなくなりました。一番の出世頭と言えます。ほぼ同スペックでProより安いのは最高ですね。

参考になった10

このレビューは参考になりましたか?参考になった

く〜すけ872さん

  • レビュー投稿数:75件
  • 累計支持数:944人
  • ファン数:3人

よく投稿するカテゴリ

スマートフォン
11件
24件
イヤホン・ヘッドホン
6件
8件
タブレットPC
5件
5件
もっと見る
満足度5
デザイン4
処理速度5
グラフィック性能5
拡張性2
使いやすさ5
持ち運びやすさ4
バッテリ5
画面5
コストパフォーマンス無評価
 

 

これまでMacBook Pro 2016 Touch Barモデルを利用していました。最小構成で購入したので仕方ない部分もありますが、当初から「これがProモデル?」というパフォーマンスだったので、今回初のApple Silicon搭載モデルということで、人柱になる覚悟をしつつ購入しました。Airを選択した理由は搭載しているSoCが同じであることと、ProがTouch Bar搭載モデルしかなく(私はTouch Barはまったく使いませんでした)、しかもいずれもThunderbolt3ポートは2つであったことです。Apple Siliconは発熱もかなり抑えられているということで、思い切ってファンレスのAirを選んでみました。結果は大正解でした。

【デザイン】
2020年に発売になった最後のIntel版MacBook Airと全く同じデザインです。変わり映えはしませんが、既に完成されたデザインという事でしょうか。しかしどのアップル製品にも云えることですが、実に質感の良い滑らかでセクシーな筐体で見ていて惚れ惚れするような美しいデザインです。

【処理速度】
Appleの発表会やネット上のレビューを見ていて「さすがに盛ってる?」といささか疑念を抱いておりましたがそれは杞憂に終わりました。一言で言うと「爆速」です。

試しにGeekbench5でベンチマーク取りました。シングルコア 1716!
2020年に発売したばかりのIntel8コア3.8GHz i7-10700搭載のiMac(最小構成でも25万円くらいするモデル)ですら1250程度なのに、わずか10万円そこそこのMacBook Airの方がはるかに速いです。
マルチコアは7612!
去年発売された16インチMacBook Proの最上位のCore i9モデル(30万円くらいするモデル/マルチコア6900くらい)よりも速い!

噂に違わぬモンスターマシンです。

iPhone12 Proで撮影した16分ほどの4K画質ビデオをiMovieで編集して書き出してみましたが、なんと6分程度で終わりました。

【グラフィック性能】
私はあまりMacではゲームはやらないのですが、Apple Arcadeで負荷が重たそうなゲームをいくつかプレイしてみました。カクツキなど全く無く滑らかに動きます。ゲーミングPCでやるようなゲームはどうか分かりませんが、モバイルPCとしては申し分ないグラフィック性能なのではないでしょうか。

【拡張性】
Thunderbolt3(USB- C)ポートが2個だけです。拡張性は乏しいと言わざるを得ません。しかしAirはもともとモバイル用途で購入する方が多いと思いますし、このご時世、モバイル使用でそんなに色々と外部機器を接続することも多くありません。ストレージにしても今はiCloudをはじめとしたクラウドストレージが充実しているので、意外と困りません。

【使いやすさ】
macOS Big Surのリリースとほぼ同時にリリースされた本機ですが、Apple Silicon搭載機前提で開発したのでしょう。とても相性が良く使いやすいです。何をするにしてもキビキビ動きますし、スリープからの復帰、アプリ起動の速さ、まるで最新のiPhoneを使っているような使い心地です。
Apple Silicon M1はアーキテクチャがiPhoneのApple A14 Bionicと同じARMなので、 iPhone/iPadアプリが動きます。Mac App Storeでそれらアプリを直接ダウンロードできるのでとても便利です。全てのiOSアプリがある訳ではありませんが、私が「Macで使えたらいいなぁ」と思っていたアプリはほとんどありました。
またIntelのx86アーキテクチャで動く既存のアプリも、Rosetta 2を初回だけインストールする事で動きます。しかもほとんど遅延やエラーはありません。Intel Macで使っているのとほぼ同じ感覚(むしろ快適に?)使えます。

ここまでのレベルに仕上げてくるとは驚愕、の一言に尽きます。

【持ち運びやすさ】
最薄部は確かにとても薄いのですが、ヒンジ部あたりは実はMacBook Proより厚いです。重量も1.29kgと、MacBook Proより110gしか軽くないので携帯性はたいして良くはありません。最近のWindowsモバイル機は1kgを切っている機種も珍しくないので、ここはもうひと頑張りして欲しかったです。

【バッテリ】
バッテリの持ちはAppleの公式発表に嘘偽り無しです。驚異的な充電持ちの良さです。これまでは重くてデカい充電器を携帯するのが不可欠でしたが、本機は本当に丸一日もちます。
動画編集やOffice系アプリをガンガン使い、メール・チャット、ビデオ通話を多用して帰宅しても電池残量30%ありました。

【液晶】
13.3インチのRetinaディスプレイ、2560×1600ピクセルですからそれほど高精細という訳ではないのですが、True Toneテクノロジーもサポートしておりますので、とても美しいディスプレイです。ディスプレイは解像度だけで決まるのではない、という事を思い知らされました。

【総評】
これまでMacBookシリーズは毎年地味なアップデートを繰り返してきましたが、今回は一気に「ジャンプアップ」しました。外観はこれまでと変わりませんが中身は、「これこそイノベーションなのではないか?」というほど別物になっています。早い起動、サクサクヌルヌル動く滑らかさ、電池持ちの良さ、高負荷をかけても発熱しないプロセッサ、どれをとっても欠点が見当たりません。これまで使っていたアプリもRosetta 2のおかげで全く問題なく動きますし、M1ネイティブアプリは更に快適に動きます。こんな高性能機種が10万円そこそこから買えるなんて、夢のようです。
比較的新しいMacでもパフォーマンスに不満のある方は本機に買い替えをオススメします。
またMacに興味のあるWindowsユーザーにも自信を持ってオススメできます。

本機はいわばエントリーモデルですが、今後MacBook Pro16インチモデルやiMac、Mac Proなどの上位機種がどのようになるのか、今から非常に楽しみです。

参考になった14

このレビューは参考になりましたか?参考になった

 
 
 
 
 
 

あなたのレビューを投稿しませんか?

MacBook Air Retinaディスプレイ 13.3 MGNE3J/A [ゴールド]のレビューを書く

この製品の最安価格を見る

MacBook Air Retinaディスプレイ 13.3 MGNE3J/A [ゴールド]
Apple

MacBook Air Retinaディスプレイ 13.3 MGNE3J/A [ゴールド]

最安価格(税込):¥123,798発売日:2020年11月17日 価格.comの安さの理由は?

MacBook Air Retinaディスプレイ 13.3 MGNE3J/A [ゴールド]をお気に入り製品に追加する <135

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(Mac ノート(MacBook))

ご注意