『4か月使って再レビュー。やはりダストカバーは意味が無い』 Lenovo ThinkCentre M75q Tiny Gen2 価格.com限定 AMD Ryzen 7 Pro・16GBメモリー・256GB SSD搭載 プレミアム 11JJCTO1WW ヨヨ23さんのレビュー・評価

2020年10月30日 発売

ThinkCentre M75q Tiny Gen2 価格.com限定 AMD Ryzen 7 Pro・16GBメモリー・256GB SSD搭載 プレミアム 11JJCTO1WW

  • 特別仕様モデルこの製品は価格.com経由でしか購入できないスペック構成にカスタマイズされています。閉じる
ThinkCentre M75q Tiny Gen2 価格.com限定 AMD Ryzen 7 Pro・16GBメモリー・256GB SSD搭載 プレミアム 11JJCTO1WW 製品画像

拡大

※画像は組み合わせの一例です

部門別ランキング

価格.com特価
(税込):

¥77,990

(前週比:±0 ) 価格推移グラフ

Lenovoの直販サイトで購入するメリット

  • カスタマイズができるのはレノボ・ショッピングだけ(一部製品は対象外)
  • 分割払い24回まで手数料0%(JACCS)!
  • マウス1個から日本全国送料無料!

メーカーからのコメント

【PC買換え応援!】対象パソコンの買取を5,000円増額中!さらにJACCS 24回払いまで分割手数料0%!

レノボ・ショッピングの売り場へ行く

CPU種類:AMD Ryzen 7 PRO 4750GE コア数:8コア CPUスコア:19852 メモリ容量:16GB ストレージ容量:M.2 SSD:256GB OS:Windows 10 Home 64bit ビデオチップ:Radeon Graphics ThinkCentre M75q Tiny Gen2 価格.com限定 AMD Ryzen 7 Pro・16GBメモリー・256GB SSD搭載 プレミアム 11JJCTO1WWのスペック・仕様

不要なパソコン無料回収 国認定事業者のリネットジャパン
ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • ThinkCentre M75q Tiny Gen2 価格.com限定 AMD Ryzen 7 Pro・16GBメモリー・256GB SSD搭載 プレミアム 11JJCTO1WWの価格比較
  • ThinkCentre M75q Tiny Gen2 価格.com限定 AMD Ryzen 7 Pro・16GBメモリー・256GB SSD搭載 プレミアム 11JJCTO1WWの店頭購入
  • ThinkCentre M75q Tiny Gen2 価格.com限定 AMD Ryzen 7 Pro・16GBメモリー・256GB SSD搭載 プレミアム 11JJCTO1WWのスペック・仕様
  • ThinkCentre M75q Tiny Gen2 価格.com限定 AMD Ryzen 7 Pro・16GBメモリー・256GB SSD搭載 プレミアム 11JJCTO1WWのレビュー
  • ThinkCentre M75q Tiny Gen2 価格.com限定 AMD Ryzen 7 Pro・16GBメモリー・256GB SSD搭載 プレミアム 11JJCTO1WWのクチコミ
  • ThinkCentre M75q Tiny Gen2 価格.com限定 AMD Ryzen 7 Pro・16GBメモリー・256GB SSD搭載 プレミアム 11JJCTO1WWの画像・動画
  • ThinkCentre M75q Tiny Gen2 価格.com限定 AMD Ryzen 7 Pro・16GBメモリー・256GB SSD搭載 プレミアム 11JJCTO1WWのピックアップリスト
  • ThinkCentre M75q Tiny Gen2 価格.com限定 AMD Ryzen 7 Pro・16GBメモリー・256GB SSD搭載 プレミアム 11JJCTO1WWのオークション
ユーザーレビュー > パソコン > デスクトップパソコン > Lenovo > ThinkCentre M75q Tiny Gen2 価格.com限定 AMD Ryzen 7 Pro・16GBメモリー・256GB SSD搭載 プレミアム 11JJCTO1WW

『4か月使って再レビュー。やはりダストカバーは意味が無い』 ヨヨ23さん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

ThinkCentre M75q Tiny Gen2 価格.com限定 AMD Ryzen 7 Pro・16GBメモリー・256GB SSD搭載 プレミアム 11JJCTO1WWのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

ヨヨ23さん

  • レビュー投稿数:3件
  • 累計支持数:25人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

デスクトップパソコン
1件
13件
グラフィックボード・ビデオカード
0件
4件
タブレットPC
1件
1件
もっと見る
満足度5
デザイン5
処理速度5
グラフィック性能5
拡張性1
使いやすさ5
静音性5
付属ソフト無評価
4か月使って再レビュー。やはりダストカバーは意味が無い

3/31
再販されたということで、4か月程使った感想や不満なども踏まえて再レビューします。
あれからまたさらにDeskmini X300も購入した為、そちらの比較も含めてしたいと思います。

【処理速度・グラフィック性能】
3DCADからプログラミングまで扱っていますが、CPUは正直持て余しています。
活用していることと言えば動画のエンコードぐらい。
CPU性能だけならば、またまた衝動買いしたDeskmini X300+Ryzen3 4350Gでも十分だったと思います。
エンコード用途に関しても、私の場合処理開始したら仕事や勉強、睡眠などで基本放置なので多少遅くなっても問題無く、超コスパとはいえ8コア16スレッドに1万円分の価値があったのかというと……ちょっと無駄だったなーと思っています。

一方でGPUのVega8に関しては、軽いゲームをやっていることもあり、結構お世話になっています。
4350GのVega6でもできると言えばできるのですが、低画質でもところどころのFPS低下が気になり、Vega8の方が快適に感じます。
メイン用途にゲーミングPCも持っており、普段100〜120fpsでゲームをしている為、余計にそう強く感じるんだと思います。巷で良く言われるように、画質よりfps、ということなのでしょう。
ゲームをしたくなったときにわざわざそっちを起動しなくても欲を満たせる為、非常に使い勝手が良いですね。
グラボが高騰している現時点ではそれなりにゲームができるVega8の4750GEの価値は高いと思います。
(とはいえゲーム用途を考えれば、あとからグラボを拡張できるミニタワー型の方が良いのですが)
ゲームをしないならVega6の4350Gでも十分ですね。

CPU性能では持て余してますが、GPU性能はゲームをするのでいい塩梅〜ちょっと足りないぐらいです。

【拡張性】
不要だと考えていた拡張性ですが、私的な用途で以外にも足を引っ張った部分でした。
初レビューから星3→星1に変更しています。
といいますのも個人的にサーバーの勉強をやりたくなり、とりあえす仮想サーバーを導入したのですが、拡張が2.5インチSATA一つだけでは足りませんでした。
USBでもできない事もないのですが、安定性や信頼性の面では内部SATAを使いたくなり、値引きされていたDeskmini X300を購入するに至りました。
やはり拡張性ではDeskminiの方が良いですね。OS毎にストレージを分けてその上でデータ用ストレージを付けたりできるので、多用途に使うのであればDeskminiの方が良いでしょう。
今春PCを買うのに迷っている情報工学系の学生さんであれば、このTinyよりも将来的な拡張性も確保されているDeskminiの方がいいと思います。

【使いやすさ】
どこにでも置けるこのサイズ感はやはり良いです。
ミニタワー型ではなくミニPCのTinyを買う理由と言えばこれでしょう。
ディスクトップ型でありながら持ち運びも楽々できるという点は、年度替わりの引っ越しでものすごく助かりました。
引っ越し後の荷ほどき前に一時的なPC環境を構築した際も、机の上にポンと置いて配線をするだけ済んだのでYoutube動画を見ながら新居の環境作りも快適でした。
使い勝手はタワー型以上ノートPC未満といった感じです。小さいは正義。
Deskminiも悪くないのですが、Tinyは小さい上にノートPC並みに薄いので持ち運びについてはアドバンテージがあります。
AC電源の変換器も小さいですし。

【静音性】
常時静かです。ここは評価変わりありません。
CPU性能をフル活用できていないという悲しき事情もあるのですが、逆に言えばCPU性能をフルに活用する場合でもなければほぼ無音状態。
DeskminiはCPUクーラーの交換もできるのですが、Noctuaクラスでようやくほぼ同等の無音性能といった感じ。
加えてDeskmini X300(A300)にはコイル鳴きという問題もありますし……
(私のDeskmini X300もコイル鳴き個体でした。ファンの音でかき消される程度なので稼働中は気になりませんが、電源はコンセント元から切らないとシャットダウンしても鳴いています)
ゲームやエンコード等の高負荷時はNoctuaの方が静かですが、普段使いかつデフォルトでこの静音性のTinyはコスパは非常に良いと思います。

【その他付属物等】
ダストカバーはやっぱり意味がありませんでした。
再レビューに際し中を開けてみましたが、私の環境では埃だらけ……
正面は防げても、やはり上下左右の吸気口が無防備なので埃が入り放題でした。
ダストカバーを使用する場合は養生テープなどで他の吸気口を塞ぐことをお勧めします。
そしてミニPCだから内部の掃除もちょっとやり辛いんですよね。
分解整備性は悪くないとはいえ、2.5インチストレージを外して、シロッコファンを外してってやらないといけませんので……
Deskminiなら120mmファン+140mm用フィルタの組み合わせも使える上に効果も高く、内部も基盤を引っ張り出したらエアダスターで吹き飛ばすだけ。
サーバー等の常時稼働用途ならDeskminiの方がいいでしょう。

【総評】
持て余すCPU性能に勿体なさを感じたりと、この4か月間で不満点もいくつか出てきましたが、この性能を5万円で購入できたことに後悔はありません。
強いて言えば前述した拡張性の無さが残念で、結局Deskminiも購入するに至りましたが……
普段使いかつ軽いゲームをするならば依然として高コスパだと思います。
Deskminiなら同価格帯で6コア12スレッド(Ryzen5 4650G)ですし。

価格差についても、ネット・動画・軽い作業だけなら4350G。
軽いゲームや重い作業をするなら+1万円でVega8搭載4750GEのこのTinyといった感じでしょう。

拡張性も普段使いに限ればそう問題も無く、依然として良いPCだと思います。

ただしダストカバー。お前はダメだ。

使用目的
ネット
ゲーム
テレビ・DVDなど
文書作成
画像処理
その他

参考になった10人(再レビュー後:2人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度5
デザイン5
処理速度5
グラフィック性能5
拡張性3
使いやすさ5
静音性5
付属ソフト無評価
持て余す性能も5年10年使えると思えば 12/7性能について追記

既に自作したゲーミングPCをメインで所有していましたが、使い勝手の良い静穏小型サブPCが欲しくて購入しました。

用途としてはFluid Motionを使った動画鑑賞や小説漫画の閲覧、ネットサーフィン、録画ダウンロード、スマホ等の母艦です。
予算的には3400GEの前モデルが最有力候補、次点でDeskmini+4350Gを検討していましたが、当機の価格が公開され、そのコスパが破壊的だったことから急遽変更。

性能より価格を重視していたサブ機で5万円(増設用メモリの別途購入等で6万円)、そして週末値引きや各種ポイント還元を待つかどうかでかなり迷いましたが、納期がかなり掛かる(さらに悪名もあるらしい)とのことだった為、10/30(金)の18時になっても週末値引きの気配が無いのを確認するだけ待機。
最後は「欲しいと思った時が買い時」という先人の有難き名言(迷言?)に従って購入しました。
結果として、メモリ4GBが選択できる初動組で買うことができ、金額的にもDeskminiで検討していた予算をやや痛い程度のオーバーで納められました。


【デザイン】
文句なしの超小型筐体です。シンプルなデザインがいい感じ。

【処理速度】
さすがZen2のRyzen7というべきか、驚異的です。
暖房無し室温9.6度の部屋での計測なので参考にならないかもしれませんが、
4GB+8GBの12GB構成でCinebenchR23のマルチが10234でした……
シングルチャンネルでの動作だと思うのですが、それでもこの結果なら十分過ぎ。

12/7追記
強いてケチを付けるならば、現在のシングルチャンネル構成だとアプリの起動等の動作がデュアルチャンネル構成のメインPC(R7 3700X)よりも、ほんのちょっぴり僅かだけ反応が遅かったりします。
正直誤差の範囲で使用には全く問題無く、暫くはこの構成で使い続けるつもりですが、この辺はAPUなのでデュアルチャンネル構成が推奨かなと思います。

【グラフィック性能】
公式画像からVGA標準だと勘違いしていましたが、実際は他レビュー通りDPとHDMIの2画面出力が標準でした。
DP×2の追加なら4画面表示もできる様ですが、普段使いなら全て4kモニターにしても困ることは無いGPU性能だと思います。
他のPCと同じく、デフォルトではGPUメモリの割り当ては512MB。
WQHD(1440p)144HzとFHD60Hzのデュアルモニタで使っていますが、ぬるぬる動いています。

12/7追記
他で検証してなさそうなゲームで手持ちにFall Gaysがあったので、具体的なfpsの数字を計ってきました。
(と言っても詳しいやり方は分からない為、Frapsのオーバーレイで大まかなフレームレートを眺めていただけですが……)
計測したのは大体1回戦〜2回戦までで、実際にプレイor観戦していた時の数字です。
FHD1080p,デフォルトで平均50〜60fps
FHD1080p,プリセット低で平均60〜75fps
WQHD1440p,デフォルトで平均30〜45fps
WQHD1440p,プリセット低で平均40〜55fps
全て4GB+8GBのシングルチャンネル動作です。
FHDなら最低でも45fpsは安定して出ており、驚いた事に競技によってはプリセット低で100fpsを超える場面もちらほらありました。(床のタイルが消えるやつとか)
WQHDデフォルトでも30fpsを下回ることはありません。
Fall Gaysは概ね満足に遊べると思って良いかと思います。

追加でUSB-Cも増設していますが、こちらはまだ使っていませんので無評価で。

【拡張性】
2.5インチベイはケーブルも本体基盤取り付け済みで、コネクタと突起をはめ込むだけで2.5インチSSDを増設できました。
ケーブルが断線しない様に気を付ける必要はありますが、めっちゃ簡単でした。
調べたところ、前モデルと同じ感じなのだと思います。
さすがに魔改造し放題のDeskminiには劣りますが、用途とサイズを考えれば十分です。

【使いやすさ】
どこにでも置けるこのサイズ感が素晴らしいです。

【静音性】
起動時でもほぼ無音。隣に設置しているNASのHDDの音の方が大きいくらい。
ベンチ等の高負荷時はファンの音は大きくなりますが、それでも「あー言われてみればうるさ…い?」と疑問を感じる程度。前述のDynabookより小さいです。
熱に関しては、ベンチ時はファンの回転数が上下していたのでデフォルトだとサーマルスロットリングが機能しているんだと思います。
あと天板側より底側(ゴム足がついている方)が熱を持ちます。ベンチ時に感じたものなので基盤の熱だと思いますが、負荷を掛ける使い方をするなら縦置きした方がいいかもしれません。
ただ温まってもタブレット機程度なのであまり気にする必要は無いかも。

【付属ソフト】
無評価。Microsoft Edge滅ぶべし。

【その他付属物等】
スタンドは前モデルの挟んで取り付けるタイプからハメ置くタイプに変更の様です。
HDDケースの縦置きスタンドをイメージしてもらえるとわかりやすいと思います。
本体を持ち上げるとスタンドはそのまま残りますので、無いよりマシという程度。
結構簡単に前後にズレます。安定性はそれなり。
気になる方はVESAマウントを選ばれた方がいいかもしれません。
ダストカバーはフロントの細長い吸気口(?)と同じデザインで、前面のみにとりつけるタイプです。
左右上下のスリットは無防備なので効果の程はちょっと疑わしい感じ……
分解は容易なTinyシリーズなので、ダストカバーを買うならエアダスターを買って、こまめな清掃をした方がいいと思います。

【総評】
大変満足しています。
もともと性能は求めておらず、コスパだけで飛びつきましたが末永く使えそうな感じです。
CPU性能を持て余すからかえってコスパ悪いという意見もある様ですが、自分は性格的にネームバリューが良く満足度が高いもの程長く使う傾向がある為、Ryzen7の名を冠した本機で買い替えの手間と予算を省けたと思えばむしろプラスと考えています。
(ちなみにi5-7500で組んだ自作PCは3年程で売り払いましたが、ほぼ同じ性能で学生の時に買ったi7-3630QMのDynabookは半ジャンクになっても10年使いました)
こちらも5年は使うつもりなので大事にしていこうと思います。

使用目的
ネット
ゲーム
テレビ・DVDなど
文書作成
画像処理
その他

参考になった3

満足度5
デザイン5
処理速度5
グラフィック性能5
拡張性3
使いやすさ5
静音性5
付属ソフト無評価
持て余す性能も5年10年長く使えると思えば

既に自作したゲーミングPCを所有していましたが、使い勝手の良い静穏小型サブPCが欲しくて購入しました。

用途としてはFluid Motionを使った動画鑑賞や小説漫画の閲覧、ネットサーフィン、録画ダウンロード、スマホ等の母艦です。
予算的には3400GEの前モデルが最有力候補、次点でDeskmini+4350Gを検討していましたが、当機の価格が公開され、そのコスパが破壊的だったことから急遽変更。

性能より価格を重視していたサブ機で5万円(増設用メモリの別途購入等で6万円)、そして週末値引きや各種ポイント還元を待つかどうかでかなり迷いましたが、納期がかなり掛かる(さらに悪名もあるらしい)とのことだった為、10/30(金)の18時になっても週末値引きの気配が無いのを確認するだけ待機。
最後は「欲しいと思った時が買い時」という先人の有難き名言(迷言?)に従って購入しました。
結果として、メモリ4GBが選択できる初動組で買うことができ、金額的にもDeskminiで検討していた予算をやや痛い程度のオーバーで納められました。


【デザイン】
文句なしの超小型筐体です。シンプルなデザインがいい感じ。

【処理速度】
さすがZen2のRyzen7というべきか、驚異的です。
暖房無し室温9.6度の部屋での計測なので参考にならないかもしれませんが、
4GB+8GBの12GB構成でCinebenchR23のマルチが10234でした……
シングルチャンネルでの動作だと思うのですが、それでもこの結果なら十分過ぎ。
CPU性能を持て余すからかえってコスパ悪いという意見もある様ですが、自分は性格的にネームバリューが良く満足度が高いもの程長く使う傾向がある為、Ryzen7の名を冠した本機で買い替えの手間と予算を省けたと思えばむしろプラスと考えています。
(ちなみにi5-7500で組んだ自作PCは3年程で売り払いましたが、ほぼ同じ性能で学生の時に買ったi7-3630QMのDynabookは半ジャンクになっても10年使いました)

【グラフィック性能】
公式画像からVGA標準だと勘違いしていましたが、実際は他レビュー通りDPとHDMIの2画面出力が標準でした。
DP×2の追加なら4画面表示もできる様ですが、普段使いに困ることは無いGPU性能だと思います。
他のPCと同じく、デフォルトではGPUメモリの割り当ては512MB。
WQHD(1440p)144HzとFHD60Hzのデュアルモニタで使っていますが、ぬるぬる動いています。
ゲームのFPSは計測のやり方がわからない&面倒なので詳しい数値はわかりませんが……
Fall Gaysは画質1440pで体感40fps〜55fpsだと思います。ややカクツキは感じ不満は多少あるものの、おおむね満足に遊べます。
画質1080pなら体感で平均50〜60fpsぐらい。所々でヌルっと感じたのでもう少しでているかもしれません。
もともとゲーム用途は想定していませんでしたが、これもかなり嬉しい吉報です。
追加でUSB-Cも増設していますが、こちらはまだ使っていませんので無評価で。

【拡張性】
2.5インチベイはケーブルも本体基盤取り付け済みで、コネクタと突起をはめ込むだけで2.5インチSSDを増設できました。
ケーブルが断線しない様に気を付ける必要はありますが、めっちゃ簡単でした。
調べたところ、前モデルと同じ感じなのだと思います。
さすがに魔改造し放題のDeskminiには劣りますが、用途とサイズを考えれば十分です。

【使いやすさ】
どこにでも置けるこのサイズ感が素晴らしいです。

【静音性】
起動時でもほぼ無音。隣に設置しているNASのHDDの音の方が大きいくらい。
ベンチ等の高負荷時はファンの音は大きくなりますが、それでも「あー言われてみればうるさ…い?」と疑問を感じる程度。前述のDynabookより小さいです。
熱に関しては、ベンチ時はファンの回転数が上下していたのでデフォルトだとサーマルスロットリングが機能しているんだと思います。
あと天板側より底側(ゴム足がついている方)が熱を持ちます。ベンチ時に感じたものなので基盤の熱だと思いますが、負荷を掛ける使い方をするなら縦置きした方がいいかもしれません。
ただ温まってもタブレット機程度なのであまり気にする必要は無いかも。

【付属ソフト】
無評価。Microsoft Edge滅ぶべし。

【その他付属物等】
スタンドは前モデルの取り付けるタイプからハメ置くタイプに変更の様です。
HDDケースの縦置きスタンドをイメージしてもらえるとわかりやすいと思います。
本体を持ち上げるとスタンドはそのまま残りますので、無いよりマシという程度。
結構簡単に前後にズレます。安定性はそれなり。
気になる方はVESAマウントを選ばれた方がいいかもしれません。
ダストカバーはフロントの細長い吸気口(?)と同じデザインで、前面のみにとりつけるタイプです。
左右上下のスリットは無防備なので効果の程はちょっと疑わしい感じ……
分解は容易なTinyシリーズなので、ダストカバーを買うならエアダスターを買って、こまめな清掃をした方がいいと思います。

【総評】
大変満足しています。
もともと性能は求めておらず、コスパだけで飛びつきましたが末永く使えそうな感じです。
5年は使うつもりなので大事にしていこうと思います。


余談ですが、正直言いますと初動組で購入できたとは言え、これでも他のポイント還元キャンペーンも利用できたと聞いた時はもう少し待てば良かったと後悔も若干しています。
が、そこまで待っていたら逆に4GBが選択出来る時期を逃していた可能性が高く、そもそも還元されたポイントは無駄使いするのが自分のオチで、緩んだ財布でさらに現金を無駄使いするまで経験しているので、その辺りを考えるとトータルでプラマイゼロ!と自分に言い聞かせているのが現状です。
つまりどの時期で買っても後悔はしていた可能性は高く、価格よりも「欲しいと思った時」に買った方が自分を納得させやすいんじゃないか、というのが今回の所感と教訓でした。
まぁコロナで減った収入が溶けたんですけどね!(泣)

使用目的
ネット
ゲーム
テレビ・DVDなど
文書作成
画像処理
その他

参考になった5

 
 
 
 
 
 

「ThinkCentre M75q Tiny Gen2 価格.com限定 AMD Ryzen 7 Pro・16GBメモリー・256GB SSD搭載 プレミアム 11JJCTO1WW」の新着レビュー

あなたのレビューを投稿しませんか?

ThinkCentre M75q Tiny Gen2 価格.com限定 AMD Ryzen 7 Pro・16GBメモリー・256GB SSD搭載 プレミアム 11JJCTO1WWのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

ThinkCentre M75q Tiny Gen2 価格.com限定 AMD Ryzen 7 Pro・16GBメモリー・256GB SSD搭載 プレミアム 11JJCTO1WW
Lenovo

ThinkCentre M75q Tiny Gen2 価格.com限定 AMD Ryzen 7 Pro・16GBメモリー・256GB SSD搭載 プレミアム 11JJCTO1WW

最安価格(税込):¥77,990発売日:2020年10月30日

ThinkCentre M75q Tiny Gen2 価格.com限定 AMD Ryzen 7 Pro・16GBメモリー・256GB SSD搭載 プレミアム 11JJCTO1WWをお気に入り製品に追加する <604

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

選び方ガイド
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(デスクトップパソコン)

ご注意