『プリントヘッドや廃インクタンク交換可能、背面給紙は変わらない』 CANON G3360 sumi_hobbyさんのレビュー・評価

2020年11月12日 発売

G3360

  • 特大容量の「ギガタンク」を搭載したビジネスインクジェットプリンター複合機のエントリーモデル。メンテナンスしやすく、使いやすい。
  • インクボトル各色1本でブラック最大6000枚、カラー最大7700枚の大量出力が可能。カートリッジ式のインクと比べて交換頻度も少なくて済む。
  • A4普通紙1枚あたりモノクロ約0.4円(税別)、カラー約0.9円(税別)と低ランニングコストを実現。顔料ブラックのインクボトル2本が同梱。
G3360 製品画像

拡大

最安価格(税込):

¥26,235

(前週比:+207円↑) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥26,235〜¥30,398 (29店舗) メーカー希望小売価格:オープン

店頭参考価格帯:¥― (全国700店舗)最寄りのショップ一覧

タイプ:インクジェット 最大用紙サイズ:A4 解像度:4800x1200dpi 機能:コピー/スキャナ G3360のスペック・仕様

価格.comのまるごと安心 設置・修理・サポート。家電・PC・カメラ・ゲーム機が対象。初月無料!
ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • G3360の価格比較
  • G3360の店頭購入
  • G3360のスペック・仕様
  • G3360のレビュー
  • G3360のクチコミ
  • G3360の画像・動画
  • G3360のピックアップリスト
  • G3360のオークション

G3360CANON

最安価格(税込):¥26,235 (前週比:+207円↑) 発売日:2020年11月12日

  • G3360の価格比較
  • G3360の店頭購入
  • G3360のスペック・仕様
  • G3360のレビュー
  • G3360のクチコミ
  • G3360の画像・動画
  • G3360のピックアップリスト
  • G3360のオークション

『プリントヘッドや廃インクタンク交換可能、背面給紙は変わらない』 sumi_hobbyさん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

G3360のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

さん 殿堂入り 銀メダル

  • レビュー投稿数:57件
  • 累計支持数:746人
  • ファン数:48人
満足度3
デザイン3
印刷速度2
解像度2
静音性3
ドライバ3
付属ソフト3
印刷コスト5
サイズ4
プリントヘッドや廃インクタンク交換可能、背面給紙は変わらない

再生する

再生する

製品紹介・使用例
G3360機能紹介スライド

製品紹介・使用例
G3360印刷の様子

   

G3360、G3310、G6030、XK70の機能比較

   

表題にも書いたがG3310から結構まめな変化がある。プリントヘッドはG6030などの2世代目から引き続いてユーザーでも交換可能になり、しつこい目詰りでもユーザーが別途プリントヘッドを購入すれば対処可能、廃インクタンクもギガタンクでは初めてユーザーで交換可能になった。

印刷に関しては4in1/2in1コピーや1200mm長尺印刷にも対応。インク補充に関して補充口の蓋の開け閉めがしやすくなり、色誤挿入防止の工夫もされたのとインクボトルを押し込まなくても空気注入で注ぎ込まれるようになり、自動ストップも可能になった。

G3360になっても変化の無い部分としては背面給紙のみである事、自動両面印刷非対応である事が挙げられる。印刷スピードはA4カラーでG3310の5.0ipmからG3360の6.0ipmへと向上はしているものの短時間の大量印刷にあまり向いていない点では変わりが無い。

【デザイン】
デザインは曲面を織り交ぜたなだらかなデザインになり、G3310のゴツゴツした感じからはスマートになった。インクの確認窓はG3310のいかにも大容量タンク機ですとアピールするようなものからは控え目になり、インテイリアとの調和も良くなっていると思う。

背面給紙のみなので設置場所に後方の寸法がやや必要になるが、ボトル注入タイプのインクカートリッジのプリンターとしてはコンパクトにまとまっている方だろう。

【印字速度】【静音性】
印刷スピードはA4カラーで6.0ipmとXK70やTS8430の10.0ipmにも及ばないほど遅い。大容量タンク機=大量印刷と捉えるならスピードは重要だと思うのだがどこかに壁があるのだろうか。エプソンからは既に25.0ipmのPX-M791FTと言う高速機が出ている。

静音性に関しては印刷に入るとTS8430と似たような動作音でスースーと静かであるが給紙時と排紙完了時にガッチャンと派手な音がするのでここは家庭用として気の使いそうな部分ではある。

【解像度】
A4カラーのコピー結果を見るとベーシック機であるTS3330と同等かほんの少しカラーがボケる傾向である。同じ顔料ブラック+染料カラー3色構成のブラザー DCP-J987Nより粒状感は目立つ。G3360はA4普通紙に印刷しても色乗りは十分に良いが解像感に期待するプリンターでは無い。

【インクカートリッジ】
ボトル注入式であるがG3310に比べると注入のし易さは格段に進歩している。インクコストはA4カラーで0.9円/枚と安価であるのは嬉しい所。しかも本体価格が低めの設定なので導入コストもランニングコストも両方抑えたいと言うユーザーには向いている。ただ、印刷スピードが速くはない点に注意されたい。

【ドライバ】
キヤノンの公式ページによるとWindowsは10、8.1、7、Windows Serverは2019、2016、2012、2008、Mac OSは11.0、10.15、10.14、10.13、10.12である。家庭用としてもビジネス用としても定期的にマシンを乗り換えていれば十分かなと思う。
https://cweb.canon.jp/cgi-bin/download/select-os.cgi?i_cd_pr_catg=146&i_cd_pr=5107&i_fl_select_pr_catg=1

【機能性など】
G3310では出来なかった4in1/2in1コピーやギガタンク機初の1200mm長尺印刷が行えるなどよりビジネス向きになっている。背面のみの給紙は100枚と大量印刷には物足りない。Wi-Fiは2.4GHzのシングルバンドでCanon PRINT Inkjet/SELPHY(iOS 12.0以降/iPad OS13.0以降/Andoroid OS 4.4以降)を用いたモバイルプリントに対応している。

プリントヘッドや廃インクタンクがユーザーでも交換可能になり、長期間の大量印刷でもタイムダウンは最小限に抑えられるのはメリットが大きいと思う。

参考になった18人(再レビュー後:14人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度4
デザイン3
印刷速度2
解像度2
静音性4
ドライバ3
付属ソフト3
印刷コスト5
サイズ4
プリントヘッドや廃インクタンクが交換可能で長期間使用も安心

再生する

再生する

製品紹介・使用例
G3360機能紹介スライド

製品紹介・使用例
G3360印刷の様子

   

G3360、G3310、G6030の機能比較

   

表題にも書いたがギガタンク3世代目と言う事で結構まめな変化がある。プリントヘッドはユーザーでも交換可能になり、しつこい目詰りでもユーザーが別途プリントヘッドを購入すれば対処可能、廃インクタンクもユーザーで交換可能になった。

印刷に関しては4in1/2in1コピーや1200mm長尺印刷にも対応。インク補充に関して補充口の蓋の開け閉めがしやすくなり、色誤挿入防止の工夫もされたのとインクボトルを押し込まなくても空気注入で注ぎ込まれるようになり、自動ストップも可能になった。

G3360になっても変化の無い部分としては背面給紙のみである事、両面印刷非対応である事が挙げられる。印刷スピードはA4カラーでG3310の5.0ipmからG3360の6.0ipmへと向上はしているものの短時間の大量印刷にあまり向いていない点では変わりが無い。

【デザイン】
デザインは曲面を織り交ぜたなだらかなデザインになり、G3310のゴツゴツした感じからはスマートになった。インクの確認窓はG3310のいかにも大容量タンク機ですとアピールするようなものからは控え目になり、インテイリアとの調和も良くなっていると思う。

【印字速度】【静音性】
印刷スピードはA4カラーで6.0ipmとTS8430の10.0ipmにも及ばないほど遅い。大容量タンク機=大量印刷と捉えるならスピードは重要だと思うのだがどこかに壁があるのだろうか。エプソンからは既に25.0ipmのPX-M791FTと言う高速機が出ている。

静音性に関しては印刷に入るとTS8430と似たような動作音でスースーと静かであるが給紙時にガッチャンと派手な音がするのでここは家庭用として気の使いそうな部分ではある。

【解像度】
A4カラーのコピー結果を見るとベーシック機であるTS3330と同等かほんの少しカラーがボケる傾向である。同じ顔料ブラック+染料カラー3色構成のブラザー DCP-J987Nより粒状感は目立つ。G3360はA4普通紙に印刷しても色乗りは十分に良いが解像感に期待するプリンターでは無い。

【インクカートリッジ】
ボトル注入式であるがG3310に比べると注入のし易さは格段に進歩している。インクコストはA4カラーで0.9円/枚と安価であるのは嬉しい所。しかも本体価格が低めの設定なので導入コストもランニングコストも両方抑えたいと言うユーザーには向いている。ただ、印刷スピードが速くはない点に注意されたい。

【ドライバ】
2020/11/12現在で公式ページにはまだアップされていないがG7030と同等とするとWindowsは10、8.1、7、Windows Serverは2019、2016、2012、2008、Mac OSは10.15、10.14、10.13、10.12、OS X 10.11である。家庭用としてもビジネス用としても定期的にマシンを乗り換えていれば十分かなと思う。

【機能性など】
G3310では出来なかった4in1/2in1コピーやギガタンク機初の1200mm長尺印刷が行えるなどよりビジネス向きになっている。背面のみの給紙は100枚と大量印刷には物足りない。Wi-Fiは2.4GHzのシングルバンドでCanon PRINT Inkjet/SELPHY(iOS 12.0以降/iPad OS13.0以降/Andoroid OS 4.4以降)を用いたモバイルプリントに対応している。

プリントヘッドや廃インクタンクがユーザーでも交換可能になり、長期間の大量印刷でもタイムダウンは最小限に抑えられるのはメリットが大きいと思う。

参考になった4

 
 
 
 
 
 

「G3360」の新着レビュー

あなたのレビューを投稿しませんか?

G3360のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

G3360
CANON

G3360

最安価格(税込):¥26,235発売日:2020年11月12日 価格.comの安さの理由は?

G3360をお気に入り製品に追加する <79

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[プリンタ]

プリンタの選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ユーザーレビューランキング

(プリンタ)

ご注意