『JBL LIVE PRO+とJBL CLUB PRO+は、どこが違うか?』 JBL CLUB PRO+ TWS koontzさんのレビュー・評価

2020年11月中旬 発売

CLUB PRO+ TWS

  • ハイブリッド型ノイズキャンセリング搭載の完全ワイヤレスイヤホン。どちらか片方の単体でも使用可能な「Dual Connect」機能を搭載。
CLUB PRO+ TWS 製品画像
最安価格(税込):

¥15,672

(前週比:±0 ) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

¥15,673

Amazon.co.jp

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥15,672¥19,800 (29店舗) メーカー希望小売価格:オープン

店頭参考価格帯:¥15,673 〜 ¥17,820 (全国41店舗)最寄りのショップ一覧

タイプ:カナル型 装着方式:完全ワイヤレス(左右分離型) 駆動方式:ダイナミック型 再生周波数帯域:10Hz〜20kHz CLUB PRO+ TWSのスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

 
  • CLUB PRO+ TWSの価格比較
  • CLUB PRO+ TWSの店頭購入
  • CLUB PRO+ TWSのスペック・仕様
  • CLUB PRO+ TWSのレビュー
  • CLUB PRO+ TWSのクチコミ
  • CLUB PRO+ TWSの画像・動画
  • CLUB PRO+ TWSのピックアップリスト
  • CLUB PRO+ TWSのオークション

CLUB PRO+ TWSJBL

最安価格(税込):¥15,672 (前週比:±0 ) 発売日:2020年11月中旬

  • CLUB PRO+ TWSの価格比較
  • CLUB PRO+ TWSの店頭購入
  • CLUB PRO+ TWSのスペック・仕様
  • CLUB PRO+ TWSのレビュー
  • CLUB PRO+ TWSのクチコミ
  • CLUB PRO+ TWSの画像・動画
  • CLUB PRO+ TWSのピックアップリスト
  • CLUB PRO+ TWSのオークション

『JBL LIVE PRO+とJBL CLUB PRO+は、どこが違うか?』 koontzさん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

CLUB PRO+ TWSのレビューを書く

koontzさん

  • レビュー投稿数:59件
  • 累計支持数:872人
  • ファン数:69人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
46件
1526件
デジタルオーディオプレーヤー(DAP)
4件
948件
ヘッドホンアンプ・DAC
4件
84件
もっと見る
満足度5
デザイン4
高音の音質5
低音の音質5
フィット感4
外音遮断性4
音漏れ防止4
携帯性4
JBL LIVE PRO+とJBL CLUB PRO+は、どこが違うか?

JBLとGalaxyのPROシリーズ1

JBLとGalaxyのPROシリーズ2

JBLとGalaxyのPROシリーズ3

JBL LIVE PRO+を加えたアプリ画面

イコライザーはCLUBと共有可能だが、ゲインが合わない

タッチ操作カスタマイズは、CLUBから改善されず。。。

3/14に発売になった、JBL LIVE PRO+と、JBL CLUB PRO+では、どこが違うのか、検証してみました。
まず、写真について解説します。
・一番左:JBL CLUB PRO+(CLUB)・・・イヤピは、Beyerdynamic Xelento Remoteのダースベイダー(左はXXXL、右はXXL)
・真ん中:JBL LIVE PRO+(LIVE)・・・イヤピは、Spinfit CP360 XL
・一番右:Samsung Galaxy Buds Pro(Galaxy)・・・イヤピは、1moreの EHD9001TAのLサイズにSymbio Eartips Type Wの中身(フォーム部分)装着
ま、各社のPROシリーズの完全ワイヤレスイヤホンですね。('◇')ゞ

以下、CLUBとLIVEに関し、比較していきます。
Galaxyに関しては、別レビューを参照ください。

■外観
・ケースの大きさは、Galaxyが一番小さいものの、LIVEもそん色なく小さい感じ、一番大きいのが、厚みのあるCLUBです。
・イヤピの制約に関しては、CLUBもLIVEもそんなに変わりなく、ケースの構造上、軸の長いタイプは入りません。
 私の中では、beyerのダースベイダーか、Spinfit CP360の二択でした。

■操作性
・タッチセンサーについては、たまに反応しなくなるCLUBに対し、LIVEの反応は良好です。
・CLUBで懸案だったタッチ操作のカスタマイズ自由度については、改善されていません。

■アプリ
・イコライザー設定が共有できますが、ゲインのレベルが合っていないようです。
 CLUBで設定したイコライザは、LIVEで選択すると、ゲインが上振れしています。
 上振れが上限を超えると、台形のように頭打ちになっている状態。LIVEでは、イコライザーは再設定が必要なようです。
・スマートオーディオモード(接続性・音質など重視指定)は、省略されています。実害無し。

■通話音声品質
・こちらは、LIVEの方が、かなり改善されています。環境音のノイズキャンセルも大分進歩しています。
 HUAWEI>LIVE>CLUB=Galaxy、という感じ。
・通話品質も、伊達のうどん構造ではなく、かなりいいという印象。
・ミュート機能も、きちんと実装されています。

■ノイズキャンセリング
・こちらは、LIVEの方が少し進化しています。
・CLUBの方は、あるかないかの効きでしたが、LIVEの方は、効いているな、と実感できるレベルです。

■装着感
・CLUBが耳穴にねじ込んで、外耳含めて固定する、という装着だったのに対し、LIVEはちょこんと乗せる、という装着感です。
 気楽に聴き始められます。
・どちらも一長一短ありますが、LIVEの方が浅く装着する分、傘の径が大きいイヤピが必要になります。

■音質
・イコライザへの追従性は、対等ですね。さすがです。周波数レンジは同じ感じ。
・CLUBがスッキリ系の音色に対し、LIVEは濃厚系ですか。
・ダイナミックな迫力は、LIVEの方が、より強く感じます。
・特にボーカル系に艶の違いを感じます。(LIVEの方が艶が良い)
・音場感のレベルは、ボーカルが引いて聴こえる分、若干CLUBの方が広いかも、というレベル。

■総評
・タッチ操作の自由度については、改善されておらず、ザンネンでした。この辺はCLUBと共通の様です。
・CLUBと比べて装着が軽い点は、気楽さが増して好感触です。
・ノイキャン、通話品質に関しては、HUAWEI FREEBUDS PROには負けますが、他の2機種(CLUB、Galaxy)に比べ、大分良い印象。
・ケースがCLUBに比べて小さいので、持ち歩きは格段に楽になりました。
・これにより、メイン:LIVE、通話用:HUAWEI、サブ:CLUB、Galaxy同士の遊び:Galaxy、というローテーションで運用することになりそうです。

JBL LIVE PRO+は、JBL CLUB PRO+と同様におススメですが、より通話品質やノイキャン性能を求める方、気楽な装着で行きたい方、厚みのある音色が好みの方は、LIVEの方がおススメです。

主な用途
音楽
映画
接続対象
スマートフォン・携帯電話

参考になった33

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
 
 
 
 
 
 

「CLUB PRO+ TWS」の新着レビュー

レビュータイトル 満足度 投稿日時
装着感は個人的に合わなかったので満足感が得られませんでした  3 2021年12月4日 21:23
イコライザーで化ける、イヤーピース交換必須  5 2021年9月18日 00:07
もうちょっとでAirPods proを凌駕したのに  5 2021年9月1日 21:31
動画視聴で延滞する  3 2021年8月27日 18:28
コレ…! いいね!(再レビュー)  5 2021年7月23日 11:23
買って良かった  4 2021年6月20日 12:30
まぁいいけど、、、【不具合時の対処法付き】  4 2021年6月13日 17:45
低音重視で合格点  3 2021年6月11日 13:11
素晴らしい  5 2021年5月14日 10:11
噂ほどではなかった  3 2021年5月10日 21:33

CLUB PRO+ TWSのレビューを見る(レビュアー数:33人)

あなたのレビューを投稿しませんか?

CLUB PRO+ TWSのレビューを書く

この製品の最安価格を見る

CLUB PRO+ TWS
JBL

CLUB PRO+ TWS

最安価格(税込):¥15,672発売日:2020年11月中旬 価格.comの安さの理由は?

CLUB PRO+ TWSをお気に入り製品に追加する <356

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(イヤホン・ヘッドホン)

ご注意