『独自のフィロソフィーを感じる高音質モデル!』 final A3000 FI-A3DPLMB 鴻池賢三さんのレビュー・評価

2020年10月28日 発売

A3000 FI-A3DPLMB

6mm径ダイナミックドライバー「f-Core DU」を搭載したイヤホン

A3000 FI-A3DPLMB 製品画像
最安価格(税込):

¥12,800

(前週比:±0 ) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥12,800¥12,800 (7店舗) メーカー希望小売価格:¥―

店頭参考価格帯:¥12,800 〜 ¥12,800 (全国1店舗)最寄りのショップ一覧

タイプ:カナル型 装着方式:両耳 駆動方式:ダイナミック型 A3000 FI-A3DPLMBのスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • A3000 FI-A3DPLMBの価格比較
  • A3000 FI-A3DPLMBの店頭購入
  • A3000 FI-A3DPLMBのスペック・仕様
  • A3000 FI-A3DPLMBのレビュー
  • A3000 FI-A3DPLMBのクチコミ
  • A3000 FI-A3DPLMBの画像・動画
  • A3000 FI-A3DPLMBのピックアップリスト
  • A3000 FI-A3DPLMBのオークション

A3000 FI-A3DPLMBfinal

最安価格(税込):¥12,800 (前週比:±0 ) 発売日:2020年10月28日

  • A3000 FI-A3DPLMBの価格比較
  • A3000 FI-A3DPLMBの店頭購入
  • A3000 FI-A3DPLMBのスペック・仕様
  • A3000 FI-A3DPLMBのレビュー
  • A3000 FI-A3DPLMBのクチコミ
  • A3000 FI-A3DPLMBの画像・動画
  • A3000 FI-A3DPLMBのピックアップリスト
  • A3000 FI-A3DPLMBのオークション

『独自のフィロソフィーを感じる高音質モデル!』 鴻池賢三さん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

A3000 FI-A3DPLMBのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

鴻池賢三さん

プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィールオーディオ・ビジュアル評論家。
VGP(ビジュアルグランプリ)審査副委員長。同ライフスタイル分科会座長。
THX/ISF認定ホームシアターデザイナー。
日本オーディオ協会 諮問委員(2013-2020)。

専門誌、ネット、テレ…続きを読む

満足度5
デザイン4
高音の音質5
低音の音質5
フィット感5
外音遮断性4
音漏れ防止4
携帯性5

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

独自のフィロソフィーを感じる高音質モデル!

デザインと質感のご参考に

ケーブルは着脱可能。2pinタイプ。

付属のケースおよびイヤーチップとプラグ部

メーカーからサンプル機(メディア用)をお借りしてのレビューです。
A&ultima SP1000と組み合わせ、ハイレゾ音源で試聴しました。

【デザイン】
デザインには好みがあると思いますので、写真などを参考にご判断頂ければと思います。
樹脂素材でマット調。金属のピカピカモデルに比べるとインパクトが薄いですが、目立たず無難とも言えます。

【高音の音質】
インピーダンスは18Ωですが、実力を発揮させるにはアンプパワーが必要な印象。SP1000との組み合わせではやや線が細く感じますが、BAドライバーにも通じる繊細な表現が特徴で、粒立ちの明瞭なサウンドが楽しめます。
ボーカルは抜けが良く、一方前に出る印象。ディテール表現が豊かで、声色の繊細な変化も如実に感じ取れます。結果、有機的な躍動感が印象的で、感性に響くサウンドに仕上がっていると思います。

【低音の音質】
高解像度で質感表現に長けています。低域楽器の音色を忠実に再現し、立ち上がりから収束まで輪郭が安定して明瞭。複数の音が存在しても分離が良く、混ざらずにハーモニーとして楽しめます。
低域楽器の音色の描き分けることで単調にならずゴージャス。ドライバーの直径が6mmとのことで量感の制約は感じますが、本機ならではと思えるサウンドが楽しめます。

【フィット感】
耳穴への自然な収まりに加え、ハウジングの出寸が小さく快適です。
イヤーピースは5サイズ付属していて、どなたにもフィットすると思います。

【外音遮性】【音漏れ防止】
カナル型として一般的な範疇です。

【携帯性】
小型軽量で携帯性は良好です。
シリコン製のケースが付属しています。

【総評】
A8000の世界観を引き継ぎつつ、ハウジングが樹脂素材で、ケーブル着脱用の端子は2pinタイプとコストダウンを徹底。一方、ドライバーは高精度にこだわり完全自社製。適切な割り切りにより、高音質とリーズナブルな価格を両立した質実剛健モデルと言えます。
スペック競争に陥らず、感性に着目した独自の評価方法や設計方針も同社ならではのポイントで、注目に値する好製品です。
端的に、手に届き易い価格で高音質。コストパフォーマンスが高く感じる良い製品です。

参考になった11

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
 
 
 
 
 
 

「A3000 FI-A3DPLMB」の新着レビュー

レビュータイトル 満足度 投稿日時
装着感がダメ  1 2020年11月2日 15:43
独自のフィロソフィーを感じる高音質モデル!  5 2020年10月30日 10:07

A3000 FI-A3DPLMBのレビューを見る(レビュアー数:2人)

あなたのレビューを投稿しませんか?

A3000 FI-A3DPLMBのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

A3000 FI-A3DPLMB
final

A3000 FI-A3DPLMB

最安価格(税込):¥12,800発売日:2020年10月28日 価格.comの安さの理由は?

A3000 FI-A3DPLMBをお気に入り製品に追加する <17

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
monoka
選び方ガイド
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(イヤホン・ヘッドホン)

ご注意