『オーディオ再生以外はOK』 ハイセンス HS214 BlackMasquaradeさんのレビュー・評価

2020年10月下旬 発売

HS214

  • 独自のバーチャルサラウンド技術を搭載した5.1chシアターサウンドシステム。Movie/Music/Newsの3つのモードを装備。
  • 78mm口径サブウーハーを内蔵し迫力ある重低音を楽しめる。重低音は-5〜+5の11段階で好みに合わせて細かく調整できる。
  • HDMI ARC1本で接続でき、テレビリモコンで音量調節が可能。Bluetoothや光デジタル、AUX、同軸デジタルなどの音声入力にも対応。
HS214 製品画像

拡大

最安価格(税込):

¥9,980

(前週比:-448円↓) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

¥10,280

Dshopone-plus

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥9,980¥14,300 (25店舗) メーカー希望小売価格:オープン

店頭参考価格帯:¥9,980 〜 ¥9,980 (全国39店舗)最寄りのショップ一覧

タイプ:サウンドバー チャンネル数:5.1ch DolbyDigital:○ サラウンド最大出力:54W ウーハー最大出力:54W HS214のスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

 
  • HS214の価格比較
  • HS214の店頭購入
  • HS214のスペック・仕様
  • HS214のレビュー
  • HS214のクチコミ
  • HS214の画像・動画
  • HS214のピックアップリスト
  • HS214のオークション

HS214ハイセンス

最安価格(税込):¥9,980 (前週比:-448円↓) 発売日:2020年10月下旬

  • HS214の価格比較
  • HS214の店頭購入
  • HS214のスペック・仕様
  • HS214のレビュー
  • HS214のクチコミ
  • HS214の画像・動画
  • HS214のピックアップリスト
  • HS214のオークション

あなたのレビューを投稿しませんか?

HS214のレビューを書く

BlackMasquaradeさん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:25人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

デスクトップパソコン
1件
0件
ホームシアター スピーカー
1件
0件
もっと見る
満足度4
デザイン5
高音の音質3
低音の音質4
機能性5
入出力端子5
サイズ5
オーディオ再生以外はOK

※2021/07/01追記

ファームのアップデート(→V64)でボリュームコントロールが20段階から100段階になり、非常に使い易くなった。これは評価できる。
====================================================

5.1chシステムを組んでいたが、構成が複雑になってしまい自分以外の操作ができないため、一掃して本製品でAV全てを再生可能とした。

【デザイン】
コンパクトで何も邪魔にせずすっきり収まる。
製品ステッカーの剥がれが悪いので剥がそうと思わないほうがいい。

【高音の音質】
フルレンジだから仕方ないが、上の伸びがいまいち。
テレビよりは良いと思えるレベル。
2way小型オーディオスピーカーより鼻づまりっぽく聞こえ、また音空間が浅い。
Bluetooth接続でFM音楽を再生する分にはトーンに違和感がない。
しかし音楽CDやDVD、Blu-rayの再生では以下のような課題を感じる。
サラウンドをONにした際に、NEWSとMUSICでは強烈な高域のブーストで音が耳に刺さる。
狭い部屋で鳴らしている宿命かもしれないが、このチューニングには違和感大。
サスティンが長すぎてロック系音楽の場合にシンバルが鳴り続ける状態になり、ロック好きならまず使わないと思う。念のためソースをヘッドフォンで確認するが、音の乖離がかなり大きい。
さらに中域が前に出てこなく周波数全体の繋がりが悪いので、音に迫力と艶が伴わない。
音楽でなければ、例えば映画を観る状況ではMOVIE+SURROUNDで丁度いいチューニングと感じる。
一言で言えば、オーディオを兼用する用途のスピーカーとしてはお勧めできない。
厳しめの評価だが、一昔前のバースピーカーよりは素晴らしいのだが、まだ発展途上なので、音楽再生にも期待を持ってる方には勧められないということ。

【低音の音質】
控え目な広がり。バランスは良い。
下を向いてるウーファーにカバーがないので取り扱い注意。
たまたまこのスピーカーをL字の対角線上に置いて下が解放状態で試した時に低音不足を感じた。
ちゃんと振動を伝える素材の上に置けば気持ち良い低音が再生できた。

【機能性】
LEDの色と点滅回数で状況が分かるようになっているが、慣れるまではどうなっているか分かり難い。
入力種別が多いのに対して微妙な色の違いで表現されていて、覚えるのがたいへん。

【入出力端子】
ほぼ何でも繋げられるのが、ばらばらの物が多い身には非常に助かる。

【サイズ】
32インチTVの幅とほぼ同じ。
それ以上のサイズのテレビの前に置くと見栄えがいまいちか?

【総評】
ある程度ボリュームを上げると、このスピーカーの狙っている音質が聴こえてくる。
オーディオ好きな人にとっては音楽再生には物足りないと思われるが、こだわらない人には逆に耳が疲れないのでいいのかもしれない。
サラウンドを使う場合はスピーカー設定位置の両側が解放空間でないと効果を感じにくいと思う(サラウンドは全てそうだが)

設置場所
リビング
広さ
6畳未満

参考になった16人(再レビュー後:6人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度4
デザイン5
高音の音質3
低音の音質4
機能性5
入出力端子5
サイズ5
オーディオ再生以外はOK

5.1chシステムを組んでいたが、構成が複雑になってしまい自分以外の操作ができないため、一掃して本製品でAV全てを再生可能とした。

【デザイン】
コンパクトで何も邪魔にせずすっきり収まる。
製品ステッカーの剥がれが悪いので剥がそうと思わないほうがいい。

【高音の音質】
フルレンジだから仕方ないが、上の伸びがいまいち。
テレビよりは良いと思えるレベル。
2way小型オーディオスピーカーより鼻づまりっぽく聞こえ、また音空間が浅い。
Bluetooth接続でFM音楽を再生する分にはトーンに違和感がない。
しかし音楽CDやDVD、Blu-rayの再生では以下のような課題を感じる。
サラウンドをONにした際に、NEWSとMUSICでは強烈な高域のブーストで音が耳に刺さる。
狭い部屋で鳴らしている宿命かもしれないが、このチューニングには違和感大。
サスティンが長すぎてロック系音楽の場合にシンバルが鳴り続ける状態になり、ロック好きならまず使わないと思う。念のためソースをヘッドフォンで確認するが、音の乖離がかなり大きい。
さらに中域が前に出てこなく周波数全体の繋がりが悪いので、音に迫力と艶が伴わない。
音楽でなければ、例えば映画を観る状況ではMOVIE+SURROUNDで丁度いいチューニングと感じる。
一言で言えば、オーディオを兼用する用途のスピーカーとしてはお勧めできない。
厳しめの評価だが、一昔前のバースピーカーよりは素晴らしいのだが、まだ発展途上なので、音楽再生にも期待を持ってる方には勧められないということ。

【低音の音質】
控え目な広がり。バランスは良い。
下を向いてるウーファーにカバーがないので取り扱い注意。
たまたまこのスピーカーをL字の対角線上に置いて下が解放状態で試した時に低音不足を感じた。
ちゃんと振動を伝える素材の上に置けば気持ち良い低音が再生できた。

【機能性】
LEDの色と点滅回数で状況が分かるようになっているが、慣れるまではどうなっているか分かり難い。
入力種別が多いのに対して微妙な色の違いで表現されていて、覚えるのがたいへん。

【入出力端子】
ほぼ何でも繋げられるのが、ばらばらの物が多い身には非常に助かる。

【サイズ】
32インチTVの幅とほぼ同じ。
それ以上のサイズのテレビの前に置くと見栄えがいまいちか?

【総評】
ある程度ボリュームを上げると、このスピーカーの狙っている音質が聴こえてくる。
オーディオ好きな人にとっては音楽再生には物足りないと思われるが、こだわらない人には逆に耳が疲れないのでいいのかもしれない。
サラウンドを使う場合はスピーカー設定位置の両側が解放空間でないと効果を感じにくいと思う(サラウンドは全てそうだが)

設置場所
リビング
広さ
6畳未満

参考になった10

 
 
 
 
 
 

「HS214」の新着レビュー

あなたのレビューを投稿しませんか?

HS214のレビューを書く

この製品の最安価格を見る

HS214
ハイセンス

HS214

最安価格(税込):¥9,980発売日:2020年10月下旬 価格.comの安さの理由は?

HS214をお気に入り製品に追加する <240

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(ホームシアター スピーカー)

ご注意