『高価格の割にはAF性能や操作性にやや問題。コスパは悪い。』 ニコン Z 7II ボディ reikokatogoさんのレビュー・評価

2020年12月11日 発売

Z 7II ボディ

  • 「ニコン Z マウント」を採用したフルサイズミラーレスカメラ。有効画素数4575万画素、裏面照射型ニコンFXフォーマットCMOSセンサーを採用。
  • 「デュアル EXPEED 6」の採用により、AF/AE追従で連続撮影可能コマ数は従来機「Z 7」の約3倍の約77コマ、連続撮影速度は約10コマ/秒に向上。
  • USB充電だけでなく、電源ON時の給電にも対応。「パワーセーブ」機能を使用することで撮影可能コマ数が約380枚に増加する。
Z 7II ボディ 製品画像

拡大

※レンズは別売です

最安価格(税込):

¥335,200

(前週比:-3,982円↓) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

¥335,367

Qoo10 EVENT

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

中古
最安価格(税込):
¥294,900 (33製品)


価格帯:¥335,200¥466,074 (43店舗) メーカー希望小売価格:オープン

店頭参考価格帯:¥335,200 〜 ¥358,380 (全国705店舗)最寄りのショップ一覧

タイプ:ミラーレス 画素数:4689万画素(総画素)/4575万画素(有効画素) 撮像素子:フルサイズ/35.9mm×23.9mm/CMOS 重量:615g Z 7II ボディのスペック・仕様

ご利用の前にお読みください

 
  • Z 7II ボディの価格比較
  • Z 7II ボディの中古価格比較
  • Z 7II ボディの買取価格
  • Z 7II ボディの店頭購入
  • Z 7II ボディのスペック・仕様
  • Z 7II ボディの純正オプション
  • Z 7II ボディのレビュー
  • Z 7II ボディのクチコミ
  • Z 7II ボディの画像・動画
  • Z 7II ボディのピックアップリスト
  • Z 7II ボディのオークション

Z 7II ボディニコン

最安価格(税込):¥335,200 (前週比:-3,982円↓) 発売日:2020年12月11日

  • Z 7II ボディの価格比較
  • Z 7II ボディの中古価格比較
  • Z 7II ボディの買取価格
  • Z 7II ボディの店頭購入
  • Z 7II ボディのスペック・仕様
  • Z 7II ボディの純正オプション
  • Z 7II ボディのレビュー
  • Z 7II ボディのクチコミ
  • Z 7II ボディの画像・動画
  • Z 7II ボディのピックアップリスト
  • Z 7II ボディのオークション

『高価格の割にはAF性能や操作性にやや問題。コスパは悪い。』 reikokatogoさん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

Z 7II ボディのレビューを書く

reikokatogoさん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:11人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

インターフェイスカード
0件
7件
マウス
1件
2件
SSD
0件
3件
もっと見る
満足度3
デザイン4
画質3
操作性2
バッテリー3
携帯性3
機能性2
液晶3
ホールド感4
高価格の割にはAF性能や操作性にやや問題。コスパは悪い。

【総評】
いろいろな意味で中途半端です。決してコスパは良くないです。無駄に高い。
Z7シリーズはD700シリーズ相当なので、せめて30万は切ってほしかった。
ミラーレスでは、レフ機の同等シリーズに比べ10万くらいは高くなった気がします。

付属品も極端に少なく、コスト削減が変な方向に向かってると感じます。マニュアルがPDF化されたのは腹立ちます。コスト削減するところが違いますね。ニコンダイレクトでは書籍化されたマニュアルが3000円もしますが、世間一般で3000円もする書籍がどういうものなのか、ニコンは知ってるのでしょうか?ここでも無駄に高い。

【デザイン】
ニコンらしく重厚な作りで高級感はあります。所有欲をそそります。
ただ逆に重いです。グリップも深くなり握りやすくなりましたが、もう少し太目で深くてもいいかなと。自分の手はかなり小さいほうなんですが。

【画質】
色調はややグリーンかかっており、ちょっと残念です。
画素数の割には、解像感は低い。これはシャープさが欠けてるからだと思います。
あちこちでSonyやCanonと比較されていますので、ぜひご覧ください。ちょっと残念な結果に見えます。
高感度ノイズ耐性はD850以下かなと。これもあちこちで検証されています。
ISO64の階調やダイナミックレンジは確かに優れています。明暗さがここまできれいにCMOSに記録できるのかと驚きました。
ただ、自分が常用するISO100から200くらいの間では、暗部を持ち上げるとややノイズが出てきます。え?低感度でこれ?と思うことがあります。

【操作性】
これが問題ですね。D800シリーズから乗り換えると戸惑います。
Z7シリーズはD700シリーズに相当します。デザインを見ても、四葉ボタンではなくモードダイヤルになってる、ファインダーが長方形、AF/AE-Lボタンが無いなどがその理由です。それでいて、価格はD700シリーズより10万高い。
コスパが悪すぎです。

38万円前後するのだから、デザインや機能性は D800シリーズに近づけてほしかった。これが最大のマイナスポイント。
いまいち売れないのは、こういう部分があるのでしょう。

レフ機から乗り換えるユーザーがどういう対象なのか、マーケティング調査がすさまじく不足です。企業体質がうかがわれます。

あと、ISOボタンと露出ボタンの位置を逆にしてほしかったですね。あるいは逆にできるようにするとか。ISOの変更より露出変更のほうが圧倒的に多いのに、なんでこのようなボタン配置にしたのか? Z 7IIの操作性における最大の問題点です。

あと他社のようにビューファインダーにおける倍率調整ができないので、眼鏡をかけてると確実にケラレます。これも今後の課題ですね。日本人は眼鏡使用率が非常に高いのですから。

あとレフ機のようにシングルポイントAFの位置をロックできるようにしてほしいですね。これは本当にお願いします。ちょっと当たっただけでずれることがあるので。

【バッテリー】
Sonyに比べ持ちがいいとは言えません。ですが、自分が使う分には、まあ問題は出ていません。ただ、後発なのだから、もう少しバッテリーの持ちは良くしてほしかった。USB PD給電ができる環境なら問題はないでしょう。

【携帯性】
レフ機に比べ軽いですが、それなりの重さはあります。ボディーの頑丈さとトレードオフなので仕方ないです。ニコンは携帯性を求めてはないので。
ただ、それなら、もう少し性能をよくしてほしかったですけどね。特にAF。それとシャープさ(これはレンズにも大きく依拠しますが画像処理エンジンも関係しますね)

【機能】
正直、35〜40万近くする価格のカメラではない。

あちこちで批判されてるので今更ですが、動体を撮影するのにはやや力不足です。
AFが良く外れます。
暗所ではAFが前後したままピントが合わないことが多い。これはかなり目立ちます。

自分は動体撮影をそれほど多くはしませんが、ちょっと腹立つことが多いです。
逆光での撮影でAFがかなりの確率で決まらないのは、めちゃくちゃ腹立ちます。
35〜40万も出してこれかよ!と思ったりします。

基本的に動体撮影はあまりしないのですが、瞳なんちゃらとか動物なんちゃらなどよりも、シングルポイントAFの性能をもっと上げてほしいと思います。

【液晶】
解像度を上げてほしいかなとは思いますが、見やすさや色調は良好だと思います。
ただ、バリアングルにしてほしい。これは非常に強く願います。

レベル
アマチュア
主な被写体
人物
風景
その他

参考になった10

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
 
 
 
 
 
 

あなたのレビューを投稿しませんか?

Z 7II ボディのレビューを書く

この製品の最安価格を見る

Z 7II ボディ
ニコン

Z 7II ボディ

最安価格(税込):¥335,200発売日:2020年12月11日 価格.comの安さの理由は?

Z 7II ボディをお気に入り製品に追加する <667

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(デジタル一眼カメラ)

ご注意