『バッテリーグリップ乙!』 ニコン Z 6II ボディ MooFuuさんのレビュー・評価

2020年11月 6日 発売

Z 6II ボディ

  • 「ニコン Z マウント」を採用したフルサイズミラーレスカメラ。4K UHDは最大30p、フルHDは最大120pに対応、動画撮影時も「瞳AF」「動物AF」が使える。
  • 「デュアル EXPEED 6」の採用により、AF/AE追従で連続撮影速度が約14コマ/秒に高速化し、連続撮影可能コマ数は約124コマに増加。
  • USB充電だけでなく、電源ON時の給電も可能で、長時間の撮影の際にも安心。消費電力を抑えた「パワーセーブ」機能も搭載している。
Z 6II ボディ 製品画像

拡大

※レンズは別売です

最安価格(税込):

¥241,500

(前週比:-50円↓) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

¥241,500

PCボンバー

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥241,500〜¥400,000 (35店舗) メーカー希望小売価格:オープン

店頭参考価格帯:¥241,500 〜 ¥241,560 (全国706店舗)最寄りのショップ一覧

タイプ:ミラーレス 画素数:2528万画素(総画素)/2450万画素(有効画素) 撮像素子:フルサイズ/35.9mm×23.9mm/CMOS 重量:615g Z 6II ボディのスペック・仕様

ご利用の前にお読みください

  • Z 6II ボディの価格比較
  • Z 6II ボディの中古価格比較
  • Z 6II ボディの買取価格
  • Z 6II ボディの店頭購入
  • Z 6II ボディのスペック・仕様
  • Z 6II ボディのレビュー
  • Z 6II ボディのクチコミ
  • Z 6II ボディの画像・動画
  • Z 6II ボディのピックアップリスト
  • Z 6II ボディのオークション

Z 6II ボディニコン

最安価格(税込):¥241,500 (前週比:-50円↓) 発売日:2020年11月 6日

  • Z 6II ボディの価格比較
  • Z 6II ボディの中古価格比較
  • Z 6II ボディの買取価格
  • Z 6II ボディの店頭購入
  • Z 6II ボディのスペック・仕様
  • Z 6II ボディのレビュー
  • Z 6II ボディのクチコミ
  • Z 6II ボディの画像・動画
  • Z 6II ボディのピックアップリスト
  • Z 6II ボディのオークション

『バッテリーグリップ乙!』 MooFuuさん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

Z 6II ボディのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

さん

  • レビュー投稿数:138件
  • 累計支持数:539人
  • ファン数:5人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
9件
111件
レンズ
25件
5件
デジタルカメラ
3件
19件
もっと見る
満足度4
デザイン4
画質4
操作性4
バッテリー4
携帯性4
機能性4
液晶4
ホールド感4
バッテリーグリップ乙!

【デザイン】
初代を踏襲している。
バージョンアップの機能評価は、望遠・超望遠レンズを装着してから。
意匠変更は不要不急、とのメーカーの判断を支持する。

【画質】
Z7 以上の「準・中判」とでも言うべき高画素機よりは、手振れ補正機能の進化によって、ブレ耐性が有ると感じている。
超望遠レンズで手持ち撮影が基本なので、中判以上の高画素機ではブレ・ボケの嵐で使い物にならないからだ。
しかしピンボケに関しては、相変わらず自分の頭と目と手のブレ・ボケとの戦いである。その厳然たる事実に変わりはない。
少なくとも自分の頭と目の BOKEH を棚に上げて、このレンズは前ピンだの後ピンだのケシカラン!などと騒ぎたくはないものである。

【操作性】
馴染みの操作系で安心。
レンズマウント縛りと共に、ユーザーを囲い込み縛る要因にもなるが、FUJIFILM X-S10 のような例もあり(自腹では Nikon と SONY のフルサイズと Olympus micro 4/3s に加えて、他メーカーの APS-C との三股四股は難しいが、レンタルが普及したら嬉しい)、一眼レフ時代からのベテランは楽チンだろう。

【バッテリー】
ミラーレス機でのバッテリー容量の感覚にも少しずつ慣れてきた。しかし今回の USB-C 充電への対応は、純正バッテリーの更なる購入を強要されないから(笑)、強烈に支持し評価するものである!

【携帯性】
必要十分、我唯知足。
ただし同時発売の純正バッテリーグリップは、縦位置では首ストラップが邪魔になる。
このバッテリーグリップの右肩にはストラップ穴もリングもないため、縦位置と横位置とでストラップを付け替えて使う場合、バッテリーグリップ側の三脚ネジ穴を利用しなければならない。
自分はニコンダイレクトで発売記念の特典に付いてきた Peak Design「スライド」のアンカーを利用して、縦位置と横位置とで適宜、ストラップのアンカーを付け替えて使う。
バッテリーグリップ側の三脚ネジ穴に、同じ Peak Design「キャプチャー」のクイックリリースプレートを固定しておき、そのプレート四隅の穴にアンカーの紐を通して固定する。
普段はストラップのアンカーを横位置に付け替えて、「キャプチャー」を介してバックパックの肩ストラップに、カメラを固定できるようにしておく。

フルサイズより更に小さく軽い機材を必要とする時は、micro 4/3s と併用しようと思っている。
(FUJIFILM X-S10 がもっと早く出ていたら、自分は FUJIFILM 信者になっていた?)

【機能性】
バッテリーグリップ周りのギミックにニヤリ。
何でバッテリー室カバーの PUSH ボタンに、パックマンのマーク入れてんだよ!
大変に分かりやすいけれども、設計者の年代バレバレwww

ただし!カメラボディ本体のバッテリー室カバー、その取り外しとバッテリーグリップ側への収納ギミックには、耐久性に不安が残る。
カバーを斜め60度に保って横に捻ると外れる仕掛けだが、自分のような雑な性格だと、付け外しの繰り返しで、あっと言う間にドルチェ・ガッバ・ガ・バーナになりそう。
だからカメラ本体のバッテリー室カバーは、密林と楽天でもバラ売りキボンヌ!

それにバッテリーグリップ側のシャッターボタン周りは、カメラボディ側と異なり、ISO / 露出補正 / 録画の 3 ボタンではなく、1 ボタンしかない点に注意。
初期設定ではフラッシュモード/調光補正に割り当てられているが、このボタンに露出補正か ISO を割り当てて呼び出すのだろう。

また縦位置マルチセレクター(ジョイスティック?)それ自体のサイズは、カメラボディ側のセレクターと変わらないものの、その辺縁のスカート?部が広く取ってあるのはご愛嬌・・・

もちろんバッテリーグリップの真価は、望遠レンズ領域でこそ発揮されるものであって、自らその真価に触れるその日まで(純正望遠ズームレンズの購入資金が貯まるまで)、じっと臥薪嘗胆、我慢の子である。

【液晶】
今のところ自分の使い方では不満はない。
拡大表示でピントを追い込む一連の操作の慣れ次第。

【ホールド感】
一眼レフ機よりは、グリップを握った時の指先の遊びがないのは、軽薄短小化とのトレードオフで、やむを得ない?
しかしその代わり、バッテリーグリップをカメラボディに固定するネジのダイヤル?が、背面側にしか出ていないのは GJ である。
ネジを締め上げたり緩めたりするのに、少し力が入りにくいけれども。

【総評】
まだ望遠領域では試せていないけれども、現時点では余は満足じゃ!

レベル
アマチュア
主な被写体
人物
風景
子供・動物
夜景

参考になった18人(再レビュー後:7人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度4
デザイン4
画質4
操作性4
バッテリー4
携帯性4
機能性4
液晶4
ホールド感4
バッテリーグリップ乙!

【デザイン】
初代を踏襲している。
バージョンアップの機能評価は、望遠・超望遠レンズを装着してから。
意匠変更は不要不急、とのメーカーの判断を支持する。

【画質】
Z7 以上の「準・中判」とでも言うべき高画素機よりは、手振れ補正機能の進化によって、ブレ耐性が有ると感じている。
ピンボケに関しては、相変わらず自分の頭と目と手のブレ・ボケとの戦いである。その厳然たる事実に変わりはない。

【操作性】
馴染みの操作系で安心。レンズマウント縛りと共に、ユーザーを囲い込み縛る要因にもなるが、FUJIFILM X-S10 のような例もあり(自腹ではフルサイズ・micro 4/3s に加えて、他メーカーの APS-C との三股は難しいが、レンタルが普及したら嬉しい)、一眼レフ時代からのベテランは楽チンだろう。

【バッテリー】
ミラーレス機でのバッテリー容量の感覚にも少しずつ慣れてきた。しかし今回の USB-C 充電への対応は、純正バッテリーの更なる購入を強要されないから(笑)、強烈に支持し評価するものである!

【携帯性】
必要十分、我唯知足。
更に小さく軽い機材を必要とする時は、micro 4/3s と併用しようと思っている。
(FUJIFILM X-S10 がもっと早く出ていたら、自分は FUJIFILM 信者になっていた?)

【機能性】
バッテリーグリップ周りのギミックにニヤリ。
何でバッテリー室カバーの PUSH ボタンに、パックマンのマーク入れてんだよ!
大変に分かりやすいけれども、設計者の年代バレバレwww

ただし!カメラボディ本体のバッテリー室カバー、その取り外しとバッテリーグリップ側への収納ギミックには、耐久性に不安が残る。
カバーを斜め60度に保って横に捻ると外れる仕掛けだが、自分のような雑な性格だと、付け外しの繰り返しで、あっと言う間にドルチェ・ガッバ・ガ・バーナになりそう。
だからカメラ本体のバッテリー室カバーは、密林と楽天でもバラ売りキボンヌ!

それにバッテリーグリップ側のシャッターボタン周りは、カメラボディ側と異なり、ISO / 露出補正 / 録画の 3 ボタンではなく、1 ボタンしかない点に注意。
初期設定ではフラッシュモード/調光補正に割り当てられているが、このボタンに露出補正か ISO を割り当てて呼び出すのだろう。

また縦位置マルチセレクター(ジョイスティック?)それ自体のサイズは、カメラボディ側のセレクターと変わらないものの、その辺縁のスカート?部が広く取ってあるのはご愛嬌・・・

もちろんバッテリーグリップの真価は、望遠レンズ領域でこそ発揮されるものであって、自らその真価に触れるその日まで(純正望遠ズームレンズの購入資金が貯まるまで)、じっと臥薪嘗胆、我慢の子である。

【液晶】
今のところ自分の使い方では不満はない。
拡大表示でピントを追い込む一連の操作の慣れ次第。

【ホールド感】
一眼レフ機よりは、グリップを握った時の指先の遊びがないのは、軽薄短小化とのトレードオフで、やむを得ない?
しかしその代わり、バッテリーグリップをカメラボディに固定するネジのダイヤル?が、背面側にしか出ていないのは GJ である。
ネジを締め上げたり緩めたりするのに、少し力が入りにくいけれども。

【総評】
まだ望遠領域では試せていないけれども、現時点では余は満足じゃ!

レベル
アマチュア
主な被写体
人物
風景
子供・動物
夜景

参考になった8

満足度4
デザイン4
画質4
操作性4
バッテリー4
携帯性4
機能性4
液晶4
ホールド感4
バッテリーグリップ乙!

【デザイン】
初代を踏襲している。
バージョンアップの機能評価は、望遠・超望遠レンズを装着してから。
意匠変更は不要不急、とのメーカーの判断を支持する。

【画質】
Z7 以上の「準・中判」とでも言うべき高画素機よりは、手振れ補正機能の進化によって、ブレ耐性が有ると感じている。
ピンボケに関しては、相変わらず自分の頭と目と手のブレ・ボケとの戦いである。その厳然たる事実に変わりはない。

【操作性】
馴染みの操作系で安心。レンズマウント縛りと共に、ユーザーを囲い込み縛る要因にもなるが、FUJIFILM X-S10 のような例もあり(自腹ではフルサイズ・micro 4/3s に加えて、他メーカーの APS-C との三股は難しいが、レンタルが普及したら嬉しい)、一眼レフ時代からのベテランは楽チンだろう。

【バッテリー】
ミラーレス機でのバッテリー容量の感覚にも少しずつ慣れてきた。しかし今回の USB-C 充電への対応は、純正バッテリーの更なる購入を強要されないから(笑)、強烈に支持し評価するものである!

【携帯性】
必要十分、我唯知足。
更に小さく軽い機材を必要とする時は、micro 4/3s と併用しようと思っている。
(FUJIFILM X-S10 がもっと早く出ていたら、自分は FUJIFILM 信者になっていた?)

【機能性】
バッテリーグリップ周りのギミックにニヤリ。
何でバッテリー室カバーの PUSH ボタンに、パックマンのマーク入れてんだよ!
大変に分かりやすいけれども、設計者の年代バレバレwww

ただし!カメラボディ本体のバッテリー室カバー、その取り外しとバッテリーグリップ側への収納ギミックには、耐久性に不安が残る。
カバーを斜め60度に保って横に捻ると外れる仕掛けだが、自分のような雑な性格だと、付け外しの繰り返しで、あっと言う間にドルチェ・ガッバ・ガ・バーナになりそう。
だからカメラ本体のバッテリー室カバーは、密林と楽天でもバラ売りキボンヌ!

それにバッテリーグリップ側のシャッターボタン周りは、カメラボディ側と異なり、ISO / 露出補正 / 録画の 3 ボタンではなく、1 ボタンしかない点に注意。
初期設定では露出補正は手前のダイヤルに割り当て、このボタンでは ISO メニューを呼び出すのだろう。

また縦位置マルチセレクター(ジョイスティック?)それ自体のサイズは、カメラボディ側のセレクターと変わらないものの、その辺縁のスカート?部が広く取ってあるのはご愛嬌・・・

もちろんバッテリーグリップの真価は、望遠レンズ領域でこそ発揮されるものであって、自らその真価に触れるその日まで(純正望遠ズームレンズの購入資金が貯まるまで)、じっと臥薪嘗胆、我慢の子である。

【液晶】
今のところ自分の使い方では不満はない。
拡大表示でピントを追い込む一連の操作の慣れ次第。

【ホールド感】
一眼レフ機よりは、グリップを握った時の指先の遊びがないのは、軽薄短小化とのトレードオフで、やむを得ない?
しかしその代わり、バッテリーグリップをカメラボディに固定するネジのダイヤル?が、背面側にしか出ていないのは GJ である。
ネジを締め上げたり緩めたりするのに、少し力が入りにくいけれども。

【総評】
まだ望遠領域では試せていないけれども、現時点では余は満足じゃ!

レベル
アマチュア
主な被写体
人物
風景
子供・動物
夜景

参考になった3

満足度4
デザイン4
画質4
操作性4
バッテリー4
携帯性4
機能性4
液晶4
ホールド感4
バッテリーグリップ乙!

【デザイン】
初代を踏襲している。
バージョンアップの機能評価は、望遠・超望遠レンズを装着してから。
意匠変更は不要不急、とのメーカーの判断を支持する。

【画質】
Z7 以上の「準・中判」とでも言うべき高画素機よりは、手振れ補正機能の進化によって、ブレ耐性が有ると感じている。
ピンボケに関しては、相変わらず自分の頭と目と手のブレ・ボケとの戦いである。その厳然たる事実に変わりはない。

【操作性】
馴染みの操作系で安心。レンズマウント縛りと共に、ユーザーを囲い込み縛る要因にもなるが、FUJIFILM X-S10 のような例もあり(自腹ではフルサイズ・micro 4/3s に加えて、他メーカーの APS-C との三股は難しいが、レンタルが普及したら嬉しい)、一眼レフ時代からのベテランは楽チンだろう。

【バッテリー】
ミラーレス機でのバッテリー容量の感覚にも少しずつ慣れてきた。しかし今回の USB-C 充電への対応は、純正バッテリーの更なる購入を強要されないから(笑)、強烈に支持し評価するものである!

【携帯性】
必要十分、我唯知足。
更に小さく軽い機材を必要とする時は、micro 4/3s と併用しようと思っている。
(FUJIFILM X-S10 がもっと早く出ていたら、自分は FUJIFILM 信者になっていた?)

【機能性】
バッテリーグリップ周りのギミックにニヤリ。
何でバッテリー室カバーの PUSH ボタンに、パックマンのマーク入れてんだよ!
大変に分かりやすいけれども、設計者の年代バレバレwww

ただし!カメラボディ本体のバッテリー室カバー、その取り外しとバッテリーグリップ側への収納ギミックには、耐久性に不安が残る。
カバーを斜め60度に保って横に捻ると外れる仕掛けだが、自分のような雑な性格だと、付け外しの繰り返しで、あっと言う間にドルチェ・ガッバ・ガ・バーナになりそう。
だからカメラ本体のバッテリー室カバーは、密林と楽天でもバラ売りキボンヌ!

しかしバッテリーグリップ側のマルチセレクター(ジョイスティック?)、それ自体のサイズはカメラボディ側と変わらないものの、その辺縁のスカート?部が広く取ってあるのはご愛嬌・・・

もちろんバッテリーグリップの真価は、望遠レンズ領域でこそ発揮されるものであって、自らその真価に触れるその日まで(純正望遠ズームレンズの購入資金が貯まるまで)、じっと臥薪嘗胆、我慢の子である。

【液晶】
今のところ自分の使い方では不満はない。
拡大表示でピントを追い込む一連の操作の慣れ次第。

【ホールド感】
一眼レフ機よりは、グリップを握った時の指先の遊びがないのは、軽薄短小化とのトレードオフで、やむを得ない?
しかしその代わり、バッテリーグリップをカメラボディに固定するネジのダイヤル?が、背面側にしか出ていないのは GJ である。
ネジを締め上げたり緩めたりするのに、少し力が入りにくいけれども。

【総評】
まだ望遠領域では試せていないけれども、現時点では余は満足じゃ!

レベル
アマチュア
主な被写体
人物
風景
子供・動物
夜景

参考になった0

 
 
 
 
 
 

「Z 6II ボディ」の新着レビュー

レビュータイトル 満足度 投稿日時
ニコンsan Good job !  5 2020年11月25日 05:35
バッテリーグリップ乙!  4 2020年11月22日 06:36
買い替えて良かったです。  5 2020年11月20日 10:14
Z 6II 扱い易いので2台にしました^^  5 2020年11月15日 18:15
Zレンズを揃えたくなる...  5 2020年11月14日 22:48
一歩以上の進歩  5 2020年11月14日 10:47
Brush up!!正統進化!!  5 2020年11月12日 10:01
欠点が少なく悪くない  5 2020年11月10日 22:40
念願の縦位置グリップ  5 2020年11月8日 18:31
発売日に購入しました。  5 2020年11月7日 21:14

Z 6II ボディのレビューを見る(レビュアー数:10人)

あなたのレビューを投稿しませんか?

Z 6II ボディのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

Z 6II ボディ
ニコン

Z 6II ボディ

最安価格(税込):¥241,500発売日:2020年11月 6日 価格.comの安さの理由は?

Z 6II ボディをお気に入り製品に追加する <463

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ユーザーレビューランキング

(デジタル一眼カメラ)

ご注意