『公式値下げで、万人に勧められる傑作に』 AMD Ryzen 5 5600X BOX 無名のセツさんのレビュー・評価

2020年11月 6日 発売

Ryzen 5 5600X BOX

  • 6コア12スレッドで動作する、ソケットAM4対応CPU。基本クロックは3.7GHzで、最大ブーストクロックは4.6GHz、TDPは65W。
  • CPUクーラー「AMD Wraith Stealth Cooler」が付属。PCI-Express 4.0に対応し、PCI Express最大レーン数は24。
  • ストレージを迅速かつ簡単に拡張および高速化する「StoreMIテクノロジー」を採用している。
Ryzen 5 5600X BOX 製品画像

拡大

プロダクトアワード2021

最安価格(税込):

¥23,980

(前週比:+101円↑) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥23,980¥52,855 (36店舗) メーカー希望小売価格:¥―

店頭参考価格帯:¥29,800 〜 ¥39,800 (全国74店舗)最寄りのショップ一覧

プロセッサ名:Ryzen 5 5600X クロック周波数:3.7GHz ソケット形状:Socket AM4 二次キャッシュ:3MB Ryzen 5 5600X BOXのスペック・仕様

売れ筋ランキング
ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

※日本国内正規代理店品取扱い販売店以外で購入された場合、メーカー保証が受けられない可能性がございます。保証に関しては購入ショップへお問い合わせください。

ご利用の前にお読みください

  • Ryzen 5 5600X BOXの価格比較
  • Ryzen 5 5600X BOXの店頭購入
  • Ryzen 5 5600X BOXのスペック・仕様
  • Ryzen 5 5600X BOXのレビュー
  • Ryzen 5 5600X BOXのクチコミ
  • Ryzen 5 5600X BOXの画像・動画
  • Ryzen 5 5600X BOXのピックアップリスト
  • Ryzen 5 5600X BOXのオークション

Ryzen 5 5600X BOXAMD

最安価格(税込):¥23,980 (前週比:+101円↑) 発売日:2020年11月 6日

  • Ryzen 5 5600X BOXの価格比較
  • Ryzen 5 5600X BOXの店頭購入
  • Ryzen 5 5600X BOXのスペック・仕様
  • Ryzen 5 5600X BOXのレビュー
  • Ryzen 5 5600X BOXのクチコミ
  • Ryzen 5 5600X BOXの画像・動画
  • Ryzen 5 5600X BOXのピックアップリスト
  • Ryzen 5 5600X BOXのオークション
ユーザーレビュー > パソコン > 
AMD
 >  Ryzen 5 5600X BOX

『公式値下げで、万人に勧められる傑作に』 無名のセツさん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

Ryzen 5 5600X BOXのレビューを書く

無名のセツさん

  • レビュー投稿数:10件
  • 累計支持数:69人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

CPU
3件
0件
グラフィックボード・ビデオカード
3件
0件
ペンタブレット
1件
0件
もっと見る
満足度5
処理速度4
安定性4
省電力性3
互換性5
公式値下げで、万人に勧められる傑作に

追記;もともとは高すぎて微妙でしたが、ここのところの大幅な値下がりで正真正銘の名作となりました。
元が4万円だったと思うと、2,4万は驚きと複雑な気分…捨て値なのか元がふっかけていたのか。いささか値下げ対応が遅すぎたのが惜しい。これからの人は喜んでください。

旧世代の弱点が克服されたキビキビ動くZENの完成形です。
ライバルの12400(F)に勝ったり負けたりの性能ですので、ミドルハイグラボを積むゲーミングPC構築には欠かせない高コスパなパーツかと思います。
Xなしもおすすめです。ただし熱対策は怠らないように(3000円くらいの12センチサイドフローがあれば事足ります)
小型機の場合はエコモード(45w制限)で運用がおすすめ。高効率なのでそこまで性能ダウンしません。





【処理速度】

現状所持しているPCでシングルコア性能では最強クラスです。RYZEN5-3500からスレッド増加でゲーム高負荷時のカクつきも消えました。
RYZEN特有の弱点が消えたためクセがなくなり、すべての動作でレスポンスの向上を感じますが、その差はわずかかと思います。
最近のCPUは安価なミドル帯でも十分に高性能ですから。

【安定性】

最新チップセットドライバ、BIOS、WINDOWSのモード適用により安定しています。

ピーク時、最大温度はintel製と比べ低いです。intel製との違いは冷やそうとすると冷えないことです。
AMDが決定した温度まではガンガン上げる仕様なのかわかりませんが、放熱処理はイマイチで「常に熱い」です。TDP65Wとはいえ65W対応の小型クーラーでは性能を引き出せず、最低でも95W対応を謳うものが必要と感じました。
※現状RYZENでTDP65Wとして冷やせる石は3500と3100のみかなと(APUは除外
65wでもX付きなのでインテルのKモデルと思って運用したほうがいいです。

小型機での運用はエコモードでの運用や低電圧化+クロックダウンなど工夫が必要。

使っているのは小型ケースですが、窒息気味というわけではなくむしろ冷えるのですが、それでもゲーム中70度付近まで上がります(エコモード使用で)回転数を上げてもあまり効果なし。やはりクーラーの性能が足りないのでしょう。
ただ要求電力は少なく、熱いのはコアのみなのでマザーボードや周囲のパーツへの負担は少なそうです。CPUはこの程度の温度では大丈夫です。安定性は高いと思います。

【省電力性】 

電力を抑えて使っても性能が出ます。全コア使用時、定格範囲内ではとてもワットパフォーマンスに優れていると感じました。電源容量が低くて済むのでよほど不安がない限り電源の買い替えも不要。
アイドル時の消費電力も…流石に10世代以前のインテル製にはかないませんが、ZEN2が出た最初の頃と比べるとだいぶ成熟したのか少なくなっています。

ただしゲーム中の電力は高いかなと感じます。比例してフレームレートも上昇しているので、うまく使えているといえばそうなのですが、やっぱり青陣営には上がいるので。

【互換性】

BIOSが対応してさえすればAM4マザーが使えます。実用範囲ではせいぜい最大80ワット程度と電力が低いので、これのためだけにマザーボードを新調する必要性はないと思います(GEN4とかどうでもいいのならなおさら)
B450マザーに乗せて使っています。CPUのみ変更でした。クーラー・電源など構成を維持したまま手軽にグレードアップできるところが強みだなぁと。
ただし本体が高すぎてその恩恵は薄れてしまった(ミドルレンジのマザー+CPUが買えてしまうほど)のが残念、残念すぎる。

【総評】  
    
質実剛健ないいCPUだと思いますが、いささか世間の評価は過大だと感じましたのでちょいと辛口でレビューしてみます。
ゲーミング用と謳うにはパンチが弱いと思います。
半額以下で十分実用性のある6コア12スレッドCPUが手に入ります。浮いた分の資金をグラボへ回したほうが満足できますし、同じかそれ以下で8コアCPUが手に入ります。クリエイティブタスクを所望の方は同じ値段なら8コアを選びます。
前世代の8コア相当といえど6コアで4万ですから。
内にも外にもライバルが多すぎてイマイチ魅力を感じなかったのが、今まで購入を見送っていた要因でした。

現実的に見ればより良い代替案が多すぎて、あえてこれを選ぶ理由がないからです。
自分は6C6Tの3500からのグレードアップでしたので、この最悪の時期であろうと踏み切れましたが…
既にZEN2で6C12Tの3600以上や、Cometの10400以上のグレードを所持している人は、フレームレートの数字はともかくその差を体感することは難しく、正直それからの買い替えは不要です。3万以下、2.7万程度なら考えてもいいのですがね(それくらいで無印が欲しかった)

また、新規で組むならAlderをお勧めします。一部CPUでヒートスプレッダの歪み問題が出ているようですが、自作をする人なら余裕で対応できる対策がありますので。
       
intel12世代マザーが値段の割にいいものがなく、対応クーラー新調も踏まえトータルで見ると5600x採用のほうが安く仕上がるし…と言うのが購入理由でしたので、ミドル帯はやはりコストのバランスが重要だと実感しました。

5600(無印)が価格を抑えて、発熱面でも扱いやすくなって登場していたのならば最高でした。
小型機で運用可能なゲーミング性能の高いCPUがほしかった。
AMDさんは今後はミドル、ローエンド帯でもラインナップを充実できるよう頑張って欲しいです。応援しております。

CPU   RYZEN5 5600x
マザー  Fatal1ty B450 Gaming-ITX/ac
クーラー NH_L9a
RAM   Ballistix DDR4-3200 8GBx2
GPU   MSI RTX3060TI ベンタス
電源   SF600 プラチナ
ケース  A4_SFX

レベル
自作経験あり
重視項目
スペック重視

参考になった12人(再レビュー後:4人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度3
処理速度4
安定性4
省電力性3
互換性5
消去法で選んだCPU

【処理速度】

現状所持しているPCでシングルコア性能では最強クラスです。RYZEN5-3500からスレッド増加でゲーム高負荷時のカクつきも消えました。
RYZEN特有の弱点が消えたためクセがなくなり、すべての動作でレスポンスの向上を感じますが、その差はわずかかと思います。
最近のCPUは安価なミドル帯でも十分に高性能ですから。

【安定性】

最新チップセットドライバ、BIOS、WINDOWSのモード適用により安定しています。

ピーク時、最大温度はintel製と比べ低いです。intel製との違いは冷やそうとすると冷えないことです。
AMDが決定した温度まではガンガン上げる仕様なのかわかりませんが、放熱処理はイマイチで「常に熱い」です。TDP65Wとはいえ65W対応の小型クーラーでは性能を引き出せず、最低でも95W対応を謳うものが必要と感じました。
※現状RYZENでTDP65Wとして冷やせる石は3500と3100のみかなと(APUは除外
65wでもX付きなのでインテルのKモデルと思って運用したほうがいいです。

小型機での運用はエコモードでの運用や低電圧化+クロックダウンなど工夫が必要。

使っているのは小型ケースですが、窒息気味というわけではなくむしろ冷えるのですが、それでもゲーム中70度付近まで上がります(エコモード使用で)回転数を上げてもあまり効果なし。やはりクーラーの性能が足りないのでしょう。
ただ要求電力は少なく、熱いのはコアのみなのでマザーボードや周囲のパーツへの負担は少なそうです。CPUはこの程度の温度では大丈夫です。安定性は高いと思います。

【省電力性】 

電力を抑えて使っても性能が出ます。全コア使用時、定格範囲内ではとてもワットパフォーマンスに優れていると感じました。電源容量が低くて済むのでよほど不安がない限り電源の買い替えも不要。
アイドル時の消費電力も…流石に10世代以前のインテル製にはかないませんが、ZEN2が出た最初の頃と比べるとだいぶ成熟したのか少なくなっています。

ただしゲーム中の電力は高いかなと感じます。比例してフレームレートも上昇しているので、うまく使えているといえばそうなのですが、やっぱり青陣営には上がいるので。

【互換性】

BIOSが対応してさえすればAM4マザーが使えます。実用範囲ではせいぜい最大80ワット程度と電力が低いので、これのためだけにマザーボードを新調する必要性はないと思います(GEN4とかどうでもいいのならなおさら)
B450マザーに乗せて使っています。CPUのみ変更でした。クーラー・電源など構成を維持したまま手軽にグレードアップできるところが強みだなぁと。
ただし本体が高すぎてその恩恵は薄れてしまった(ミドルレンジのマザー+CPUが買えてしまうほど)のが残念、残念すぎる。

【総評】  
    
質実剛健ないいCPUだと思いますが、いささか世間の評価は過大だと感じましたのでちょいと辛口でレビューしてみます。
ゲーミング用と謳うにはパンチが弱いと思います。
半額以下で十分実用性のある6コア12スレッドCPUが手に入ります。浮いた分の資金をグラボへ回したほうが満足できますし、同じかそれ以下で8コアCPUが手に入ります。クリエイティブタスクを所望の方は同じ値段なら8コアを選びます。
前世代の8コア相当といえど6コアで4万ですから。
内にも外にもライバルが多すぎてイマイチ魅力を感じなかったのが、今まで購入を見送っていた要因でした。

現実的に見ればより良い代替案が多すぎて、あえてこれを選ぶ理由がないからです。
自分は6C6Tの3500からのグレードアップでしたので、この最悪の時期であろうと踏み切れましたが…
既にZEN2で6C12Tの3600以上や、Cometの10400以上のグレードを所持している人は、フレームレートの数字はともかくその差を体感することは難しく、正直それからの買い替えは不要です。3万以下、2.7万程度なら考えてもいいのですがね(それくらいで無印が欲しかった)

また、新規で組むならAlderをお勧めします。一部CPUでヒートスプレッダの歪み問題が出ているようですが、自作をする人なら余裕で対応できる対策がありますので。
       
intel12世代マザーが値段の割にいいものがなく、対応クーラー新調も踏まえトータルで見ると5600x採用のほうが安く仕上がるし…と言うのが購入理由でしたので、ミドル帯はやはりコストのバランスが重要だと実感しました。

5600(無印)が価格を抑えて、発熱面でも扱いやすくなって登場していたのならば最高でした。
小型機で運用可能なゲーミング性能の高いCPUがほしかった。
AMDさんは今後はミドル、ローエンド帯でもラインナップを充実できるよう頑張って欲しいです。応援しております。

CPU   RYZEN5 5600x
マザー  Fatal1ty B450 Gaming-ITX/ac
クーラー NH_L9a
RAM   Ballistix DDR4-3200 8GBx2
GPU   MSI RTX3060TI ベンタス
電源   SF600 プラチナ
ケース  A4_SFX

レベル
自作経験豊富
重視項目
スペック重視

参考になった7

満足度3
処理速度4
安定性4
省電力性3
互換性5
消去法で選んだCPU

【処理速度】

現状所持しているPCでシングルコア性能では最強クラスです。RYZEN5-3500からスレッド増加でゲーム高負荷時のカクつきも消えました。
RYZEN特有の弱点が消えたためクセがなくなり、すべての動作でレスポンスの向上を感じますが、その差はわずかかと思います。
最近のCPUは安価なミドル帯でも十分に高性能ですから。

【安定性】

最新チップセットドライバ、BIOS、WINDOWSのモード適用により安定しています。

ピーク時、最大温度はintel製と比べ低いです。intel製との違いは冷やそうとすると冷えないことです。
AMDが決定した温度まではガンガン上げる仕様なのかわかりませんが、放熱処理はイマイチで「常に熱い」です。TDP65Wとはいえ65W対応の小型クーラーでは性能を引き出せず、最低でも95W対応を謳うものが必要と感じました。
※現状RYZENでTDP65Wとして冷やせる石は3500と3100のみかなと(APUは除外
65wでもX付きなのでインテルのKモデルと思って運用したほうがいいです。

小型機での運用はエコモードでの運用や低電圧化+クロックダウンなど工夫が必要。
使っているのは小型ケースですが、窒息気味というわけではなくむしろ冷えるのですが、それでもゲーム中70度付近まで上がります。回転数を上げてもあまり効果なし。やはりクーラーの性能が足りないのでしょう。
ただ要求電力は少なく、熱いのはコアのみなのでマザーボードや周囲のパーツへの負担は少なそうです。CPUはこの程度の温度では大丈夫です。安定性は高いと思います。

【省電力性】 

電力を抑えて使っても性能が出ます。全コア使用時、定格範囲内ではとてもワットパフォーマンスに優れていると感じました。電源容量が低くて済むのでよほど不安がない限り電源の買い替えも不要。
アイドル時の消費電力も…流石に10世代以前のインテル製にはかないませんが、ZEN2が出た最初の頃と比べるとだいぶ成熟したのか少なくなっています。

ただしゲーム中の電力は高いかなと感じます。比例してフレームレートも上昇しているので、うまく使えているといえばそうなのですが、やっぱり青陣営には上がいるので。

【互換性】

BIOSが対応してさえすればAM4マザーが使えます。実用範囲ではせいぜい最大80ワット程度と電力が低いので、これのためだけにマザーボードを新調する必要性はないと思います(GEN4とかどうでもいいのならなおさら)
B450マザーに乗せて使っています。CPUのみ変更でした。クーラー・電源など構成を維持したまま手軽にグレードアップできるところが強みだなぁと。
ただし本体が高すぎてその恩恵は薄れてしまった(ミドルレンジのマザー+CPUが買えてしまうほど)のが残念、残念すぎる。

【総評】  
    
質実剛健ないいCPUだと思いますが、いささか世間の評価は過大だと感じましたのでちょいと辛口でレビューしてみます。
ゲーミング用と謳うにはパンチが弱いと思います。
半額以下で十分実用性のある6コア12スレッドCPUが手に入ります。浮いた分の資金をグラボへ回したほうが満足できますし、同じかそれ以下で8コアCPUが手に入ります。クリエイティブタスクを所望の方は同じ値段なら8コアを選びます。
前世代の8コア相当といえど6コアで4万ですから。
内にも外にもライバルが多すぎてイマイチ魅力を感じなかったのが、今まで購入を見送っていた要因でした。

現実的に見ればより良い代替案が多すぎて、あえてこれを選ぶ理由がないからです。
自分は6C6Tの3500からのグレードアップでしたので、この最悪の時期であろうと踏み切れましたが…
既にZEN2で6C12Tの3600以上や、Cometの10400以上のグレードを所持している人は、フレームレートの数字はともかくその差を体感することは難しく、正直それからの買い替えは不要です。3万以下、2.7万程度なら考えてもいいのですがね(それくらいで無印が欲しかった)

また、新規で組むならAlderをお勧めします。一部CPUでヒートスプレッダの歪み問題が出ているようですが、自作をする人なら余裕で対応できる対策がありますので。
       
intel12世代マザーが値段の割にいいものがなく、対応クーラー新調も踏まえトータルで見ると5600x採用のほうが安く仕上がるし…と言うのが購入理由でしたので、ミドル帯はやはりコストのバランスが重要だと実感しました。

5600(無印)が価格を抑えて、発熱面でも扱いやすくなって登場していたのならば最高でした。
小型機で運用可能なゲーミング性能の高いCPUがほしかった。
AMDさんは今後はミドル、ローエンド帯でもラインナップを充実できるよう頑張って欲しいです。応援しております。

CPU   RYZEN5 5600x
マザー  Fatal1ty B450 Gaming-ITX/ac
クーラー NH_L9a
RAM   Ballistix DDR4-3200 8GBx2
GPU   MSI RTX3060TI ベンタス
電源   SF600 プラチナ
ケース  A4_SFX

レベル
自作経験豊富
重視項目
スペック重視

参考になった1

 
 
 
 
 
 

「Ryzen 5 5600X BOX」の新着レビュー

レビュータイトル 満足度 投稿日時
廉価ゲーミングPCに最適  4 2023年1月14日 10:22
コスパ良いと思う  5 2023年1月1日 17:28
1600afから変更  4 2022年12月9日 11:38
同世代コスパでは上位  5 2022年12月5日 15:09
コスパマシンにぜひ  5 2022年11月26日 22:11
公式値下げで、万人に勧められる傑作に  5 2022年11月18日 12:08
取り敢えず組むなら間違いない  5 2022年11月9日 19:46
快適サクサク  5 2022年10月23日 09:56
安定した性能  5 2022年10月13日 02:10
Full HDでゲームをプレイする方にはピッタリ!  4 2022年10月12日 15:11

Ryzen 5 5600X BOXのレビューを見る(レビュアー数:337人)

あなたのレビューを投稿しませんか?

Ryzen 5 5600X BOXのレビューを書く

この製品の最安価格を見る

Ryzen 5 5600X BOX
AMD

Ryzen 5 5600X BOX

最安価格(税込):¥23,980発売日:2020年11月 6日 価格.comの安さの理由は?

Ryzen 5 5600X BOXをお気に入り製品に追加する <2897

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(CPU)

ご注意