Ryzen 9 5950X BOX レビュー・評価

2020年11月 6日 発売

Ryzen 9 5950X BOX

  • 16コア32スレッドで動作する、ソケットAM4対応CPU。基本クロックは3.4GHzで、最大ブーストクロックは4.9GHz、TDPは105W。
  • Precision Boost 2、Precision Boost Overdrive、PCIe 4.0に対応する。
  • PCI Express最大レーン数は24(16×GPU/4×General/4×Chipset Link)。
Ryzen 9 5950X BOX 製品画像

拡大

プロダクトアワード2021

最安価格(税込):

¥72,836

(前週比:+2,297円↑) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥72,836¥137,311 (23店舗) メーカー希望小売価格:¥―

店頭参考価格帯:¥107,000 〜 ¥119,800 (全国71店舗)最寄りのショップ一覧

プロセッサ名:Ryzen 9 5950X クロック周波数:3.4GHz ソケット形状:Socket AM4 二次キャッシュ:8MB Ryzen 9 5950X BOXのスペック・仕様

売れ筋ランキング
ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

※日本国内正規代理店品取扱い販売店以外で購入された場合、メーカー保証が受けられない可能性がございます。保証に関しては購入ショップへお問い合わせください。

ご利用の前にお読みください

  • Ryzen 9 5950X BOXの価格比較
  • Ryzen 9 5950X BOXの店頭購入
  • Ryzen 9 5950X BOXのスペック・仕様
  • Ryzen 9 5950X BOXのレビュー
  • Ryzen 9 5950X BOXのクチコミ
  • Ryzen 9 5950X BOXの画像・動画
  • Ryzen 9 5950X BOXのピックアップリスト
  • Ryzen 9 5950X BOXのオークション

Ryzen 9 5950X BOXAMD

最安価格(税込):¥72,836 (前週比:+2,297円↑) 発売日:2020年11月 6日

  • Ryzen 9 5950X BOXの価格比較
  • Ryzen 9 5950X BOXの店頭購入
  • Ryzen 9 5950X BOXのスペック・仕様
  • Ryzen 9 5950X BOXのレビュー
  • Ryzen 9 5950X BOXのクチコミ
  • Ryzen 9 5950X BOXの画像・動画
  • Ryzen 9 5950X BOXのピックアップリスト
  • Ryzen 9 5950X BOXのオークション
ユーザーレビュー > パソコン > 
AMD
 >  Ryzen 9 5950X BOX

Ryzen 9 5950X BOX のユーザーレビュー・評価

rss

満足度:4.91
(カテゴリ平均:4.69
レビュー投稿数:210人 (試用:1人)
  1. 2 0%
  2. 1 0%
評価項目 投票平均 カテゴリ平均 項目別ランキング
処理速度 処理速度は速いか 4.96 4.56 9位
安定性 安定して動作するか 4.80 4.72 23位
省電力性 発熱は少ないか、バッテリを消耗しないか 4.12 4.25 28位
互換性 対応マザーボードは豊富か 4.73 4.40 9位
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

Ryzen 9 5950X BOXのレビューを書く

レビュー表示
表示切替
すべて表示
製品比較レビュー
画像付き
動画付き
並べ替え
投稿日(新しい順)
投稿日(古い順)
参考順
満足度(高)
満足度(低)

レビュアー情報「重視項目:コスト重視」で絞込んだ結果 (絞込み解除

samlbさん

  • レビュー投稿数:7件
  • 累計支持数:52人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

デジタルカメラ
0件
4件
CPU
3件
0件
キーボード
1件
0件
もっと見る
満足度5
処理速度5
安定性4
省電力性3
互換性4

正規店で新品アウトレットが6.6万で売られているのを見つけ、繋ぎで買った5600Xから入れ替え。


【処理速度】
SSD内の大量のファイル検索やソートが爆速化。これだけでも買い替えた甲斐があった。
クリエイターでもなければ16コアも使う機会がないという話を聞いていたが全然そんなことはなく、日常的なエクスプローラー操作やブラウザのプラグイン等でも16コア32スレッドの威力が体感できる。
3rdモニタにタスクマネージャーを表示させているが、日常的なふとした作業で16コア使われているのを見てほくそ笑んでいる。


【安定性】
今のところ深刻なトラブルはないが、低負荷時に特定のコアだけ荒ぶることがたまにある。


【省電力性】
オート設定運用だと280o簡易水冷でもR23で90度近くにまで達し夏場は結構ギリギリ。
ただアイドル時の消費電力はOC常用時の5600Xと大差ない。
メリハリが効くオート設定がRyzenの魅力だと思っているのでこのまま運用するつもり。


【価格】
国内価格は高いがアンテナを張っていれば国内正規店でも安く入手できる機会はある。
モデル末期とはいえ数万円の追加投資で16コア32スレッドモンスターCPUの爆速を体感できるのはお手軽と言えるのではないだろうか。

レベル
自作経験あり
重視項目
コスト重視

参考になった5

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

yakkn_hさん

  • レビュー投稿数:27件
  • 累計支持数:83人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

ノートパソコン
3件
0件
CPU
3件
0件
メモリー
1件
1件
もっと見る
満足度5
処理速度5
安定性5
省電力性5
互換性5

【処理速度】7 2700からの乗り換えですが、ストレスフリーです。

【安定性】TDW65@win7ですが、フリーズなし。

【省電力性】水冷、ケースファンもサイレントで大丈夫です。

【互換性】AM4@X470なので、X570に変えたい。

【総評】ここのところの物欲で、我慢できずに買ってしまった。。。新品6万でお得に入手できました。
できるだけ長くお付き合いしたいです。

前回の新規入れ替えはi7-4770Kを4万で買って、今はサブ機に。
おととしryzen2700を2万で調達してAMDをお試しのつもりがメイン昇格で今回の5950xです。

レベル
自作経験豊富
重視項目
コスト重視

参考になった1

このレビューは参考になりましたか?参考になった

蛇薔薇さん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:3人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

CPU
1件
0件
マザーボード
1件
0件
もっと見る
満足度5
処理速度5
安定性5
省電力性5
互換性3

【 主要構成 】
CPU:AMD Ryzen9 5950X
クーラー : NZXT Kraken X63
マザボ:GIGABYTE B550 VISION D
メモリ:G.SKILL F4-3600C16-16GTZNCx4
グラボ:Sapphire RX6800XT NITRO+
OS :Windows11 Home
SSD : samsung 980PRO 2TB + 970 2TB
ケース: lianli O11 Dynamic mini
電源 : PS-TPD-1000FNFAGJ-1

まず特筆すべきは温度。
見た目重視で選んだエアフローが優れているとは思えない前面ガラスのケースO11mini(AIRではない)と280mm水冷の組み合わせ下でもアイドル時35℃に張り付き、よほど重い作業をしない限りは上がっても60℃程度、とにかく冷えます。

次に処理能力ですが16コア/32スレッドはもうこれ以上必要ないでしょ...と思えるほどの流石と言わざるをえない性能です。この点に関しては言うまでもないですね

欠点はおま環でしょうがAutodesk系のソフトとの相性が少し悪いように感じます。
あとは当然ですが現在最新のLGA1700に対応しているマザボよかAM4マザボのデザインが古臭いことくらいですかね(笑)
個人的にLGA1700ソケットのAEROが好み過ぎます。
この辺はZEN4以降のAM5マザボに期待ですかね

総評としてモデルチェンジ間近の今、ビックリするほどに相場も安くなっておりオススメです。

レベル
自作経験あり
重視項目
コスト重視

参考になった2

このレビューは参考になりましたか?参考になった

もう泣きたいさん

  • レビュー投稿数:9件
  • 累計支持数:216人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

マザーボード
0件
8件
スマートフォン
2件
5件
無線LANルーター(Wi-Fiルーター)
1件
3件
もっと見る
満足度5
処理速度5
安定性5
省電力性3
互換性5

【処理速度】
2600に比べ動画エンコードのスピードは速くなりました
ただめったにやらないんで生かせる機会はあまりありませんが・・・
ゲームはRadeon RX 6700 XTとの組み合わせで
ストラジーゲームが中心ですが序盤はあまり印象は変わりませんが
後半いろいろ要素が増えてきたときに以前なら重くなってた場面でもかなり軽くなりました
【安定性】
Noctua NH-D15の組み合わせですが十分冷やし切れてます
【省電力性】
現在は基本エコモードで運用しています
【互換性】
AM4最後ですからね。もう付け替えることはないでしょうね
【総評】
B550とのセットで9万で購入、1週間ほど使用
あまりエンコードしない、ライトゲーマーの自分にはかなりオーバースペックです
Noctua NH-D15の組み合わせで当初はアイドル時でも55℃ぐらいでしたが
Biosを最新にしたりドライバーを入れなおしたところ45℃ぐらいに落ち着きました
さらにRyzen Masterにてエコモードで40℃ぐらいベンチで負荷をかけても70以下で推移します

頻繁に動画エンコードしたり研究や仕事で使用する人でもない限りあまり意味はないですが
16コア32スレッドの魅力には勝てませんでした
長く使いたいですね
自分の人生で最初で最後のハイスペックCPUだと思います
 

レベル
自作経験あり
重視項目
コスト重視

参考になった4

このレビューは参考になりましたか?参考になった

店長の小屋さん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:3人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

CPU
1件
0件
もっと見る
満足度5
処理速度5
安定性5
省電力性3
互換性5
   

PBO2の調整を行ったCineベンチのスコアです。

   

Ryzen7 3700Xからの更新です

主要構成は下記のとおりです

【主要構成】
CPU:AMD Ryzen9 5950X
M/B:ASRock B550M SteelLegend
Mem:DDR4-3600 16GBx2
VGA:Zotac RTX 3070
OS :Windows11 Pro

Zen2世代からZen3に変更ということで、シングルスレッド性能の向上によりゲーミング性能は格段に上がりました。
コア数もCCX内に配置できるコア数の増加により動画編集ソフトで顕著に改善がありました。

しかし、Ryzenの特徴でもある【定格運用時に電圧が高い問題】は依然継続されているようで、
できるのであればダウンボルテージを行うと性能そのままで、低発熱・低電力で使用することができます。

PBO2の設定をうまく行うとPBOだけの性能を低消費電力で発揮することができます。
ただ、保証が受けられなくなりますので、あくまで自己責任になります。

発熱に関してですが、定格で使用している場合は3連の簡易水冷が必要とは思いませんがあればそれに越したことはありません。

OCやPBOを行う場合は有名どころの3連の簡易水冷を使うことを強くお勧めします。
理由としてマイナーな3連簡易水冷を使用していますが、CPUのヒートスプレッダーと接触するところの制度が悪く、有名どころと比べて圧倒的に冷却性能が悪いのを実感しているためです。

当初よりも値段が落ちてきているので、今買うのはとてもお勧めできるCPUだと思います。

レベル
自作経験あり
重視項目
コスト重視

参考になった3

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

モリマリガンさん

  • レビュー投稿数:24件
  • 累計支持数:154人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

マザーボード
2件
5件
CPUクーラー
3件
2件
CPU
3件
0件
もっと見る
満足度5
処理速度5
安定性5
省電力性5
互換性5

インテルがどうAMDがどう…と言ってる以前に、apple社のM1チップの性能が衝撃的ですよね。

ああいったカスタムチップは、まだまだソフトウェアに互換性が少ない問題もありますが、今後はCPUとGPUの境目のないチップが主流になるの可能性も感じます。
さらにIntelが復権しつつあり、今後こそ価格競争も楽しみ…となると、しばらくはデスクトップPCの刷新は控え、現在の環境を上限までアップグレードして長く使う判断になりました。

この商品がどうなるか?は解りませんが、過去の経験からすれば、ハイエンドのパーツは値下がり幅も少なく、中古の流通も少ない上に、情勢を鑑みれば半導体の生産も潤沢には行きそうにもない状況なので、確保出来て良かったです。

前世代のasrock x470 master sliへBIOSアプデ後に乗せていますが、動作は安定しています。
省エネ動作の65W化も、旧式のマザーからでも簡単に設定できました。

メモリーも32G→64G、M2のSSDも500G×2から1T×2に増設、グラボは電力消費と発熱を考え1080無印から3060にダウングレード…と、自分の用途、予算に合わせて組み替えましたが、当然ですがRyzen 7 2700xからRyzen 9 5950xへの性能上昇は凄まじいです。

しばらく仕事の相棒として頑張ってもらおうと思います。


レベル
自作経験豊富
重視項目
コスト重視

参考になった3人(再レビュー後:3人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

HHWWKさん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:5人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

CPU
2件
0件
もっと見る
満足度5
処理速度5
安定性4
省電力性3
互換性5

【処理速度】
文句なしに早いです。正直自分はあまりこの高性能を使い切れていないですが、15分程度のCPUエンコードは、設定しだいでもありますがだいたい数分で完了し、UnityのPrebake処理など時間がかかる処理は、8年前のエントリーCPUで30〜1時間はかかるものでも5950Xでは5〜6分あれば終わってしまいます。
体感ですがWindowsのUIの操作感も、3900X比でさえかなりキビキビしています。

【安定性】
空冷(Noctua NH-D15)で使用しています。水冷推奨になっていますが、通常使用であればよほどのことがなければハイエンド空冷で問題なかったです。温度はかなり負荷をかけると70〜75℃あたりで、Primeを回すなど長時間全コア使い切るとなるとさすがに80℃後半に達しますが、それでシステムがダウンしたり、クロックが極端に低下したり、ほかの操作に影響が出てもたついたりということはなかったです。

大まかな安定性は問題ないですし私の使用の範囲ではとくに問題は出ていないですが、BIOSの更新が頻繁でUSBなど細かな不具合が報告されているので、購入時は十分調査する必要はあります。そのうち時間が解決するとも思いますが。

【省電力性】
やはりそれなりには電力は食うと思いますが、このスペックでは十分な電力効率です。
10年近く前の高級電源(Seasonic SS-750KM)でも問題なく動作しているので、
十分な容量でそこそこの電源が積んであれば問題なさそうです。

【互換性】
X570 AORUS MASTER (rev. 1.0) で、BIOSを事前にアップデートして使用しています。CPU差し替えでB550をはじめ、X470やB450でもBIOS更新で対応可なので、
互換性は十分なのではないかと思います。

【総評】
性能には文句なく満足ですが、このレベルやそれ以上のものとなると、一般的には(あるいは自分には)実質オーバースペックというか、ロマンの領域かもしれません。
それでも探せばこの性能を生かす局面は意外とあり、助かっていることもそこそこあります。
問題はそもそも購入しようにもものが手に入りにくいということでしょうか。需要がありすぎるといういかんともしがたい状況ですが、AMDの傑作CPUでは毎度のことなのでそれだけが残念です。

レベル
自作経験あり
重視項目
コスト重視

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

kou0527さん

  • レビュー投稿数:25件
  • 累計支持数:44人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

PCケース
1件
37件
マザーボード
1件
13件
ケースファン
14件
0件
もっと見る
満足度5
処理速度5
安定性4
省電力性4
互換性5

【処理速度】
3800Xからの換装ですが、コア数が倍になったのはもちろん、シングルスレッド性能も上がっているのでゲーム等でも性能向上を実感できます。
【安定性】
X470チップセット環境で、βBIOSの段階から特に不具合はありませんでした。CPUクーラーが空冷のツインタワーなのですが、このCPUの性能をフルに発揮させようとすると360mm以上の簡易水冷が必要かもしれません。
【省電力性】
通常使用であれば3800Xとそんなに変わりなく、16コアCPUと考えればむしろ省電力性は高いと思います。
【互換性】
2700X(ZEN+)世代のチップセットであるX470マザーボードが動作サポートの対象かあやふやでしたが、使用しているC7Hでは対応BIOSも更新され問題なく使用しております。
古いチップセットもサポートしてくれるのはAMDの特徴なので、CPUの世代が変わるたびにM/Bを買い直さなくて助かります。
【総評】
自分の使用用途では完全オーバースペックですが、前評判通りの製品が発売され予算オーバーでしたが最上位モデルを購入しました。ZEN2も良かったですが、さらに良くなり他の自作ユーザーにも勧めることができるCPUだと思います。

レベル
自作経験あり
重視項目
コスト重視

参考になった4

このレビューは参考になりましたか?参考になった

 
 
 
 
 
 

あなたのレビューを投稿しませんか?

Ryzen 9 5950X BOXのレビューを書く

この製品の最安価格を見る

Ryzen 9 5950X BOX
AMD

Ryzen 9 5950X BOX

最安価格(税込):¥72,836発売日:2020年11月 6日 価格.comの安さの理由は?

Ryzen 9 5950X BOXをお気に入り製品に追加する <1462

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(CPU)

ご注意