『ダイソンの矜恃が感じられる軽量モデル。お勧めしたい。』 ダイソン Dyson Micro 1.5kg SV21 FF 多賀一晃さんのレビュー・評価

2020年10月 8日 発売

Dyson Micro 1.5kg SV21 FF

  • 標準質量1.5kgの軽量なコードレススティッククリーナー。微細なホコリを99.99%閉じ込め、部屋の空気よりもきれいな空気を排出。
  • 8つのサイクロンが96,000Gの遠心力を生み出し、微細なホコリを空気から分離、変わらない吸引力を維持する。従来機と比べ45%小型化を実現。
  • 布団クリーナーやハンディクリーナーとしても使用可能。クリアビンやフィルター、ブラシバー、電子部品を搭載していない付属ツールは水洗いができる。
Dyson Micro 1.5kg SV21 FF 製品画像

拡大

最安価格(税込):

¥46,400

(前週比:+2,600円↑) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥46,400¥65,563 (51店舗) メーカー希望小売価格:オープン

店頭参考価格帯:¥46,533 〜 ¥58,800 (全国746店舗)最寄りのショップ一覧

タイプ:ハンディ/スティック コードレス(充電式):○ Dyson Micro 1.5kg SV21 FFのスペック・仕様

価格.comのまるごと安心 設置・修理・サポート。家電・PC・カメラ・ゲーム機が対象。初月無料!
ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • Dyson Micro 1.5kg SV21 FFの価格比較
  • Dyson Micro 1.5kg SV21 FFの店頭購入
  • Dyson Micro 1.5kg SV21 FFのスペック・仕様
  • Dyson Micro 1.5kg SV21 FFのレビュー
  • Dyson Micro 1.5kg SV21 FFのクチコミ
  • Dyson Micro 1.5kg SV21 FFの画像・動画
  • Dyson Micro 1.5kg SV21 FFのピックアップリスト
  • Dyson Micro 1.5kg SV21 FFのオークション

Dyson Micro 1.5kg SV21 FFダイソン

最安価格(税込):¥46,400 (前週比:+2,600円↑) 発売日:2020年10月 8日

  • Dyson Micro 1.5kg SV21 FFの価格比較
  • Dyson Micro 1.5kg SV21 FFの店頭購入
  • Dyson Micro 1.5kg SV21 FFのスペック・仕様
  • Dyson Micro 1.5kg SV21 FFのレビュー
  • Dyson Micro 1.5kg SV21 FFのクチコミ
  • Dyson Micro 1.5kg SV21 FFの画像・動画
  • Dyson Micro 1.5kg SV21 FFのピックアップリスト
  • Dyson Micro 1.5kg SV21 FFのオークション

『ダイソンの矜恃が感じられる軽量モデル。お勧めしたい。』 多賀一晃さん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

Dyson Micro 1.5kg SV21 FFのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

多賀一晃さん

  • レビュー投稿数:221件
プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィール家電評論家。スマート家電グランプリ審査員。

主催する『生活家電.com』を通じ、家電の新製品情報、使いこなし情報他を発信中。
過去、某メーカーでAVメディアの商品企画を担当、オーディオ、光ディスクにも精通。
また米・食味鑑定士の…続きを読む

満足度5
デザイン5
使いやすさ4
吸引力・パワー4
静音性3
サイズ5
手入れのしやすさ5
取り回し5

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

ダイソンの矜恃が感じられる軽量モデル。お勧めしたい。

本体。他のモデルとほぼ同じサイズ、スタイル。扱いやすい。

ヘッド。軽量とパワーの小さいモーターでも、同じ様吸引できる工夫でもある。

ハンディ掃除機部分。長さを保ちつつ、径を小さくすることで軽量化している。

 

今回、採用された「押しボタンSW」。トリガーが苦手な人に朗報。

バッテリーの充電口は通常モデルと同じ。ただし、バッテリーは外せない。

 

昨年から、軽量モデルのラッシュしているスティック型掃除機分野。本来、軽量化はスティック型掃除機本体の良さをアップさせるため良いのだが、どうも最近は、軽量化する余り吸い込めるゴミを小さいものに限ったり、価格の割に、どことなくチャチいところがあったりと、感心できないところがあるモデルも散見される。軽量化にこだわる余り、掃除機としてのバランスを崩したのだ。

Dyson Micro 1.5kgは、その軽量モデルに含まれるが、現在のトップが1.2kgだと300gも重い。しかし、ダイソンの最軽量モデルは、この300gの差を跳ね返している。ポイントは、バランスだ。軽量化の負担は、まずバッテリー、次にモーター、そしてヘッド、ポール(延長管)と続く。ダイソンもその方法は変わらない。しかしダイソンの思想で優れていると思うのは、掃除の骨格である掃除の質を維持しようとしているところだ。このポイントは2つ。ポール長など、扱うために必要な長さは維持。重さを軽くすること。そして、もう一つは、機能をなるべく現在のレベルから落とさないことだ。

一番重いバッテリーは、エコモード 約18分、強モード 約5分。Dyson Digital Slimと比べると、強モードで使える時間は同じ5分なのですが、エコモードは、約40分が約18分とかなり短くなっています。また、モードも一つ「中」モードがなくなっています。ただし、エコモード、強モードと同じ言葉が使われていますが、モーターの最高回転数が違っているので、パワーだけなら弱くなっている。

これに付随して、3つ変更されているところがある。1つめは、フィルターカバーのところにあった液晶モニターがなくっている。2つめは、ダイソンのスティック型掃除機の特徴である「トリガーSW(スィッチ)」が「押しボタンSW」に変わっている。モーターなどが一番電力を消費するのは、動き始め。トリガーSWは引かなければ、SWがOFFになる。しかし、それはONした瞬間に電気消費することを意味する。それを防ぐためのSW変更だ。3つめは、バッテリーの直付け。Dyson Digital Slimはバッテリーが取り出せる機構だったが、機構はない方が軽くなることが多いです。

しかし、長時間トリガーSWを引き続けることは、指への負担がひどく、疲れている時などは手が酷く強張ってしまう。それがなくなるだけでも、個人的には、メリットを感じる。ただしハンディ型は、トリガーSWの方が使いやすい様感じる。また、ダイソンのスティック型掃除機はトリガー型で開発されたため、今回の押しボタンSWは押しにくいところにある。ここらは再設計した方がベターと思います。

あとは、ほぼ完全な小型化です。

このため、Dyson Micro 1.5kgは軽い上に、バランスがとてもいい。扱いやすい上に、パワフル。ダイソン社には残念なことかも知れませんが、押しボタンSWでもファンが増えたと思います。

さて問題点ですが、ゴミ捨て時の微細ゴミの再飛散(サイクロンシステム搭載のスティック型掃除機に共通した問題点)以外は、見当たりません。アタッチメントも一通り、整っています。完成度も高く、お勧めです。





参考になった14

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
 
 
 
 
 
 

「Dyson Micro 1.5kg SV21 FF」の新着レビュー

あなたのレビューを投稿しませんか?

Dyson Micro 1.5kg SV21 FFのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

Dyson Micro 1.5kg SV21 FF
ダイソン

Dyson Micro 1.5kg SV21 FF

最安価格(税込):¥46,400発売日:2020年10月 8日 価格.comの安さの理由は?

Dyson Micro 1.5kg SV21 FFをお気に入り製品に追加する <586

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
monoka
選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[掃除機]

掃除機の選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(掃除機)

ご注意