『コスパの高い高音質モデル』 プレシードジャパン AVIOT TE-BD21j-SL [シルバー] 小寺信良さんのレビュー・評価

2020年12月下旬 発売

AVIOT TE-BD21j-SL [シルバー]

  • 3基のドライバーを搭載したハイブリッドドライバー採用の完全ワイヤレスイヤホン。中高音域の情報量を増やしクロスオーバー帯域でのひずみ感を低減。
  • 高音質・低遅延コーデックのaptX Adaptiveに対応。接続安定性を高める「Qualcomm TrueWireless Mirroring」を採用。
  • 最大9時間の連続再生を実現し、ケース込みで最大45時間再生可能。アンビエントマイク(外音取り込み)機能を搭載している。
AVIOT TE-BD21j-SL [シルバー] 製品画像
最安価格(税込):

¥16,280

(前週比:±0 ) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥16,280¥16,280 (6店舗) メーカー希望小売価格:¥―

店頭参考価格帯:¥16,280 〜 ¥16,280 (全国2店舗)最寄りのショップ一覧

タイプ:カナル型 装着方式:完全ワイヤレス(左右分離型) 駆動方式:ハイブリッド型 AVIOT TE-BD21j-SL [シルバー]のスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

 
  • AVIOT TE-BD21j-SL [シルバー]の価格比較
  • AVIOT TE-BD21j-SL [シルバー]の店頭購入
  • AVIOT TE-BD21j-SL [シルバー]のスペック・仕様
  • AVIOT TE-BD21j-SL [シルバー]のレビュー
  • AVIOT TE-BD21j-SL [シルバー]のクチコミ
  • AVIOT TE-BD21j-SL [シルバー]の画像・動画
  • AVIOT TE-BD21j-SL [シルバー]のピックアップリスト
  • AVIOT TE-BD21j-SL [シルバー]のオークション

AVIOT TE-BD21j-SL [シルバー]プレシードジャパン

最安価格(税込):¥16,280 (前週比:±0 ) 発売日:2020年12月下旬

  • AVIOT TE-BD21j-SL [シルバー]の価格比較
  • AVIOT TE-BD21j-SL [シルバー]の店頭購入
  • AVIOT TE-BD21j-SL [シルバー]のスペック・仕様
  • AVIOT TE-BD21j-SL [シルバー]のレビュー
  • AVIOT TE-BD21j-SL [シルバー]のクチコミ
  • AVIOT TE-BD21j-SL [シルバー]の画像・動画
  • AVIOT TE-BD21j-SL [シルバー]のピックアップリスト
  • AVIOT TE-BD21j-SL [シルバー]のオークション

あなたのレビューを投稿しませんか?

AVIOT TE-BD21j-SL [シルバー]のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

小寺信良さん

  • レビュー投稿数:30件
プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィールライター / コラムニスト。一般社団法人インターネットユーザー協会(MIAU)代表理事。映像、音楽を軸に、AV機器から放送機器、メディア論、著作権論まで幅広く執筆活動を行なう。WEBではAV Watch、ITmedia Monoist、P…続きを読む

満足度4
デザイン5
高音の音質4
低音の音質4
フィット感5
外音遮断性3
音漏れ防止3
携帯性4

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

コスパの高い高音質モデル

高級感のある充電ケース

開口部は細長く、若干取り出しにくい

強度の高いジュラルミン製ボディ

 

虹色に反射するパッケージ

EQで音質がガラリと変わる

 

試聴用としてメーカー様からご提供いただきました。
以前から音質面での評価が高いAVIOTですが、本機はハイブリッド・トリプルドライバー搭載の「TE-BD21f」に続く2世代めということになります。トリプルドライバにしては本体が小さく、耳からドーンと出っ張る感じもなくて、装着時の見た目もスマートです。

ケース及びボディにジュラルミンを採用とのことで、強度とともに高級感もアップしています。とはいえ執筆時の最安価格で16,280円なので、価格的には非常に手を出しやすいところかと思います。

低域だけダイナミック型ドライバになっているのが大きなメリットで、低域表現に余裕があります。前作よりも径は小さくなっていますが、応答性を重視した結果ということでした。ミュートなしのフロアタムやティンパニといった、低音でサスティンがある表現が得意のようで、ライブレコーティング時のホールの音の回り込みがよく聞こえます。多少中音域はおとなしめに聞こえますが、ロック系では需要なスネアの張りの良さがよく表現できています。

金物系の高音も余裕で鳴りますが、突き刺さるようなやかましさはないです。性能的には出そうと思えばもっと出せるんでしょうが、ナチュラルチューニングでわざとらしくならないように押さえてある感じです。アプリのEQでかなりキャラクターが変わるのは、高域の表現力が広いからでしょう。

デフォルトではシリコンチップのMが付いています。僕は耳穴が大きい方で、他社だとMとLの中間ぐらいなんですが、本機に関してはMでちょうどいいです。シリコンのイヤーチップは耳の中で先端が曲がるので、耳穴の痛みも軽減されます。

遮音性は、シリコンチップをつけた際は「並」ですが、付属のフォームチップを使うとかなり遮音性が上がります。流石に飛行機ノイズには勝てないと思いますが、カフェのガヤぐらいだったら十分対応できます。ただ、本体の音道管の太さに比べるとフォームチップ側の穴が小さいので、チップの交換時に「大丈夫かこれ入るのか」と不安になります。

本体だけでも連続9時間再生は、巣ごもり需要としても十分なスペックかと思います。さすがに9時間連続で使い続ける人は少ないと思いますが、リスニング中にバッテリー切れにはなかなかならないでしょう。

この音、この質感で2万円切りは、かなりコストパフォーマンスが高いと思います。

参考になった4

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
 
 
 
 
 
 

あなたのレビューを投稿しませんか?

AVIOT TE-BD21j-SL [シルバー]のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

AVIOT TE-BD21j-SL [シルバー]
プレシードジャパン

AVIOT TE-BD21j-SL [シルバー]

最安価格(税込):¥16,280発売日:2020年12月下旬 価格.comの安さの理由は?

AVIOT TE-BD21j-SL [シルバー]をお気に入り製品に追加する <13

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
monoka
選び方ガイド
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(イヤホン・ヘッドホン)

ご注意