『約1秒で体温を測れる体験をすると、接触式には戻れないかも』 タニタ BT-542 safeさんのレビュー・評価

> > > > > レビュー・評価
最安価格(税込):

¥4,980

(前週比:+1円↑) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥4,980¥5,491 (3店舗) メーカー希望小売価格:¥―

店頭参考価格帯:¥5,300 〜 ¥5,300 (全国1店舗)最寄りのショップ一覧

タイプ:体温計 測定部位:おでこ・ひたい メモリ:30回分 非接触:○ BT-542のスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • BT-542の価格比較
  • BT-542の店頭購入
  • BT-542のスペック・仕様
  • BT-542のレビュー
  • BT-542のクチコミ
  • BT-542の画像・動画
  • BT-542のピックアップリスト
  • BT-542のオークション

BT-542タニタ

最安価格(税込):¥4,980 (前週比:+1円↑) 登録日:2020年 9月25日

  • BT-542の価格比較
  • BT-542の店頭購入
  • BT-542のスペック・仕様
  • BT-542のレビュー
  • BT-542のクチコミ
  • BT-542の画像・動画
  • BT-542のピックアップリスト
  • BT-542のオークション

『約1秒で体温を測れる体験をすると、接触式には戻れないかも』 safeさん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

BT-542のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

safeさん

  • レビュー投稿数:39件
  • 累計支持数:72人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

ノートパソコン
1件
20件
無線LANルーター(Wi-Fiルーター)
5件
4件
マザーボード
1件
8件
もっと見る
満足度4
デザイン5
使いやすさ5
機能性4
測定値の見やすさ5
約1秒で体温を測れる体験をすると、接触式には戻れないかも

【デザイン】
片手で扱えるコンパクトな大きさ。温度表示部は大きく、視認性は
良好です。色はブルーとアイボリーがあるようですが、測定(電源)
ボタンの色の違いで、また、目立つほど濃い色でもないので、どちらを
選んでも気にするほどの事はないと思います。

【使いやすさ】
電源を入れて、測定モードを確認。センサー部を額の0.5〜3cmまで
近づけ、測定(電源)ボタンを押して離すだけなので、簡単です。
一度使えば迷う事はほぼないと思います。使用する電池は単四アルカリ2本
なので入手性が良く、入手できずに困る事もないと思います。

【機能性】
何といっても、約1秒で体温(対象物の温度)が測れる事ではないで
しょうか。じっとしていない子供でも1秒なら測る事は簡単だと
思います。体温が38度以上の場合、アラームとランプで知らせて
くれます。他には測定結果が30件まで記録される機能。オート
パワーオフの機能もあるので、電源の切り忘れも心配なしです。

【測定値の見やすさ】
温度表示部は大きく、バックライトも付いているので、薄暗い部屋でも
視認性は良好だと思います。

【総評】
約1秒で計測できる体験をすると、今まで使っていた接触式の体温計は
何だったのかと思うくらいに快適で、接触式に戻る事は考えにくいと
思います。ただ、真夏の暑い時や、冬の寒い時。また、そのような
季節の屋外等では正確に測る事は難しい可能性がありそうです。

計測値(体温)は、舌下温度に換算して計測されるので、若干高めに
計測されるようです。連続で測っても値は安定しており、差があっても
0.1度以内に収まるようです。

2020年9月29日現在、品薄で手に入りにくく、あったとしても割高
だったり、法外な価格だったりする事が多いのが難点でしょうか?
私の場合フリマサイトで送料込み6,500円で売っているのを見つけ、
クーポン1,000円割引を使って購入しました。タニタオンライン
ショップでは(品切れが続いていますが)送料込み5,500円です。
タニタさんには頑張って増産してほしいと思います。

余談
BT-540/541/542の違いについて、タニタへメールで問い合わせて
みたところ、各業態の得意先(問屋)と販売店の意見や要望をもとに、
業態や販売店別に商品の型番を分けて発売する事があるそうです。

・日用品店、ホームセンター等
 BT-540

・家電量販店(ヤマダ電機、ヨドバシカメラ、ビックカメラ等)
 BT-541

・ドラックストアー(マツキヨ、ウエルシア、サンドラック等)
 BT-542

いずれも、2色の展開をしており、型番の違いのみで仕様に違いは
ないそうです。

追記(2021/1/21)
冬場の温度が低い時にエラーになる症状がこちらでも確認できました。
部屋の温度は測っていませんが、暖房をかけていない少し寒い部屋で
電源を入れようとするとエラーになり、使用が不可能になりました。
その後、部屋が温まって暫くしてから再度電源を入れると、使用可能に
なりました。

タニタオンラインショップを見てみると、以下の注意書きが追加されて
いました。

> ※本商品は 16℃〜40℃ の環境でのみ動作するため、冬期の室外などでは
> 測定できない場合がございます。

取扱説明書を確認すると、確かに使用環境温度の記載はありますが
少し分かりにくく、単に故障したと勘違いする可能性が高いと思います。

参考になった11人(再レビュー後:0人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度4
デザイン5
使いやすさ5
機能性4
測定値の見やすさ5
約1秒で体温を測れる体験をすると、接触式には戻れないかも

【デザイン】
片手で扱えるコンパクトな大きさ。温度表示部は大きく、視認性は
良好です。色はブルーとアイボリーがあるようですが、測定(電源)
ボタンの色の違いで、また、目立つほど濃い色でもないので、どちらを
選んでも気にするほどの事はないと思います。

【使いやすさ】
電源を入れて、測定モードを確認。センサー部を額の0.5〜3cmまで
近づけ、測定(電源)ボタンを押して離すだけなので、簡単です。
一度使えば迷う事はほぼないと思います。使用する電池は単四アルカリ2本
なので入手性が良く、入手できずに困る事もないと思います。

【機能性】
何といっても、約1秒で体温(対象物の温度)が測れる事ではないで
しょうか。じっとしていない子供でも1秒なら測る事は簡単だと
思います。体温が38度以上の場合、アラームとランプで知らせて
くれます。他には測定結果が30件まで記録される機能。オート
パワーオフの機能もあるので、電源の切り忘れも心配なしです。

【測定値の見やすさ】
温度表示部は大きく、バックライトも付いているので、薄暗い部屋でも
視認性は良好だと思います。

【総評】
約1秒で計測できる体験をすると、今まで使っていた接触式の体温計は
何だったのかと思うくらいに快適で、接触式に戻る事は考えにくいと
思います。ただ、真夏の暑い時や、冬の寒い時。また、そのような
季節の屋外等では正確に測る事は難しい可能性がありそうです。

計測値(体温)は、舌下温度に換算して計測されるので、若干高めに
計測されるようです。連続で測っても値は安定しており、差があっても
0.1度以内に収まるようです。

2020年9月29日現在、品薄で手に入りにくく、あったとしても割高
だったり、法外な価格だったりする事が多いのが難点でしょうか?
私の場合フリマサイトで送料込み6,500円で売っているのを見つけ、
クーポン1,000円割引を使って購入しました。タニタオンライン
ショップでは(品切れが続いていますが)送料込み5,500円です。
タニタさんには頑張って増産してほしいと思います。

余談
BT-540/541/542の違いについて、タニタへメールで問い合わせて
みたところ各業態の得意先(問屋)と販売店の意見や要望をもとに、
業態や販売店別に商品の型番を分けて発売する事があるそうです。

・日用品店、ホームセンター等
 BT-540

・家電量販店(ヤマダ電機、ヨドバシカメラ、ビックカメラ等)
 BT-541

・ドラックストアー(マツキヨ、ウエルシア、サンドラック等)
 BT-542

いずれも、2色の展開をしており、型番の違いのみで仕様に違いは
ないそうです。

追記(2021/1/21)
冬場の温度が低い時にエラーになる症状がこちらでも確認できました。
部屋の温度は測っていませんが、暖房をかけていない少し寒い部屋で
電源を入れようとするとエラーになり、使用が不可能になりました。
その後、部屋が温まって暫くしてから再度電源を入れると、使用可能に
なりました。

タニタオンラインショップを見てみると、以下の注意書きが追加されて
いました。

> ※本商品は 16℃〜40℃ の環境でのみ動作するため、冬期の室外などでは
> 測定できない場合がございます。

取扱説明書を確認すると、確かに使用環境温度の記載はありますが
少し分かりにくく、単に故障したと勘違いす可能性が高いと思います。

参考になった0

満足度5
デザイン5
使いやすさ5
機能性4
測定値の見やすさ5
約1秒で体温を測れる体験をすると、接触式には戻れないかも

【デザイン】
片手で扱えるコンパクトな大きさ。温度表示部は大きく、視認性は
良好です。色はブルーとアイボリーがあるようですが、測定(電源)
ボタンの色の違いで、また、目立つほど濃い色でもないので、どちらを
選んでも気にするほどの事はないと思います。

【使いやすさ】
電源を入れて、測定モードを確認。センサー部を額の0.5〜3cmまで
近づけ、測定(電源)ボタンを押して離すだけなので、簡単です。
一度使えば迷う事はほぼないと思います。使用する電池は単四アルカリ2本
なので入手性が良く、入手できずに困る事もないと思います。

【機能性】
何といっても、約1秒で体温(対象物の温度)が測れる事ではないで
しょうか。じっとしていない子供でも1秒なら測る事は簡単だと
思います。体温が38度以上の場合、アラームとランプで知らせて
くれます。他には測定結果が30件まで記録される機能。オート
パワーオフの機能もあるので、電源の切り忘れも心配なしです。

【測定値の見やすさ】
温度表示部は大きく、バックライトも付いているので、薄暗い部屋でも
視認性は良好だと思います。

【総評】
約1秒で計測できる体験をすると、今まで使っていた接触式の体温計は
何だったのかと思うくらいに快適で、接触式に戻る事は考えにくいと
思います。ただ、真夏の暑い時や、冬の寒い時。また、そのような
季節の屋外等では正確に測る事は難しい可能性がありそうです。

計測値(体温)は、舌下温度に換算して計測されるので、若干高めに
計測されるようです。連続で測っても値は安定しており、差があっても
0.1度以内に収まるようです。

2020年9月29日現在、品薄で手に入りにくく、あったとしても割高
だったり、法外な価格だったりする事が多いのが難点でしょうか?
私の場合フリマサイトで送料込み6,500円で売っているのを見つけ、
クーポン1,000円割引を使って購入しました。タニタオンライン
ショップでは(品切れが続いていますが)送料込み5,500円です。
タニタさんには頑張って増産してほしいと思います。

余談
BT-540/541/542の違いについて、タニタへメールで問い合わせて
みたところ各業態の得意先(問屋)と販売店の意見や要望をもとに、
業態や販売店別に商品の型番を分けて発売する事があるそうです。

・日用品店、ホームセンター等
 BT-540

・家電量販店(ヤマダ電機、ヨドバシカメラ、ビックカメラ等)
 BT-541

・ドラックストアー(マツキヨ、ウエルシア、サンドラック等)
 BT-542

いずれも、2色の展開をしており、型番の違いのみで仕様に違いは
ないそうです。

参考になった9

満足度5
デザイン5
使いやすさ5
機能性4
測定値の見やすさ5
約1秒で体温を測れる体験をすると、接触式には戻れないかも

【デザイン】
片手で扱えるコンパクトな大きさ。温度表示部は大きく、視認性は
良好です。色はブルーとアイボリーがあるようですが、測定(電源)
ボタンの色の違いで、また、目立つほど濃い色でもないので、どちらを
選んでも気にするほどの事はないと思います。

【使いやすさ】
電源を入れて、測定モードを確認。センサー部を額の0.5〜3cmまで
近づけ、測定(電源)ボタンを押して離すだけなので、簡単です。
一度使えば迷う事はほぼないと思います。使用する電池は単四アルカリ2本
なので入手性が良く、入手できずに困る事もないと思います。

【機能性】
何といっても、約1秒で体温(対象物の温度)が測れる事ではないで
しょうか。じっとしていない子供でも1秒なら測る事は簡単だと
思います。体温が38度以上の場合、アラームとランプで知らせて
くれます。他には測定結果が30件まで記録される機能。オート
パワーオフの機能もあるので、電源の切り忘れも心配なしです。

【測定値の見やすさ】
温度表示部は大きく、バックライトも付いているので、薄暗い部屋でも
視認性は良好だと思います。

【総評】
約1秒で計測できる体験をすると、今まで使っていた接触式の体温計は
何だったのかと思うくらいに快適で、接触式に戻る事は考えにくいと
思います。ただ、真夏の暑い時や、冬の寒い時。また、そのような
季節の屋外等では正確に測る事は難しい可能性がありそうです。

計測値(体温)は、舌下温度に換算して計測されるので、若干高めに
計測されるようです。連続で測っても値は安定しており、差があっても
0.1度以内に収まるようです。

2020年9月29日現在、品薄で手に入りにくく、あったとしても割高
だったり、法外な価格だったりする事が多いのが難点でしょうか?
私の場合フリマサイトで送料込み6,500円で売っているのを見つけ、
クーポン1,000円割引を使って購入しました。タニタオンライン
ショップでは(品切れが続いていますが)送料込み5,500円です。
タニタさんには頑張って増産してほしいと思います。

余談
BT-540/541/542の違いについて、タニタへ問い合わせてみたところ
各業態の得意先(問屋)と販売店の意見や要望をもとに、業態や
販売店別に商品の型番を分けて発売する事があるそうです。

・日用品店、ホームセンター等
 BT-540

・家電量販店(ヤマダ電機、ヨドバシカメラ、ビックカメラ等)
 BT-541

・ドラックストアー(マツキヨ、ウエルシア、サンドラック等)
 BT-542

いずれも、2色の展開しており、型番の違いのみで仕様に違いは
ないそうです。

参考になった0

満足度5
デザイン5
使いやすさ5
機能性4
測定値の見やすさ5
約1秒で体温を測れる体験をすると、接触式には戻れないかも

【デザイン】
片手で扱えるコンパクトな大きさ。温度表示部は大きく、視認性は
良好です。色はブルーとアイボリーがあるようですが、測定(電源)
ボタンの色の違いで、また、目立つほど濃い色でもないので、どちらを
選んでも気にするほどの事はないと思います。

【使いやすさ】
電源を入れて、測定モードを確認。センサー部を額の0.5〜3cmまで
近づけ、測定(電源)ボタンを押して離すだけなので、簡単です。
一度使えば迷う事はほぼないと思います。使用する電池は単四アルカリ2本
なので入手性が良く、入手できずに困る事もないと思います。

【機能性】
何といっても、約1秒で体温(対象物の温度)が測れる事ではないで
しょうか。じっとしていない子供でも1秒なら測る事は簡単だと
思います。体温が38度以上の場合、アラームとランプで知らせて
くれます。他には測定結果が30件まで記録される機能。オート
パワーオフの機能もあるので、電源の切り忘れも心配なしです。

【測定値の見やすさ】
温度表示部は大きく、バックライトも付いているので、薄暗い部屋でも
視認性は良好だと思います。

【総評】
約1秒で計測できる体験をすると、今まで使っていた接触式の体温計は
何だったのかと思うくらいに快適で、接触式に戻る事は考えにくいと
思います。ただ、真夏の暑い時や、冬の寒い時。また、そのような
季節の屋外等では正確に測る事は難しい可能性がありそうです。

2020年9月29日現在、品薄で手に入りにくく、あったとしても割高
だったり、法外な価格だったりする事が多いのが難点でしょうか?
私の場合フリマサイトで送料込み6,500円で売っているのを見つけ、
クーポン1,000円割引を使って購入しました。タニタオンライン
ショップでは(品切れが続いていますが)送料込み5,500円です。
タニタさんには頑張って増産してほしいと思います。

余談
BT-540/541/542の違いについて、タニタへ問い合わせてみたところ
各業態の得意先(問屋)と販売店の意見や要望をもとに、業態や
販売店別に商品の型番を分けて発売する事があるそうです。

・日用品店、ホームセンター等
 BT-540

・家電量販店(ヤマダ電機、ヨドバシカメラ、ビックカメラ等)
 BT-541

・ドラックストアー(マツキヨ、ウエルシア、サンドラック等)
 BT-542

いずれも、2色の展開しており、型番の違いのみで仕様に違いは
ないそうです。

参考になった2

「BT-542」の新着レビュー

あなたのレビューを投稿しませんか?

BT-542のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

BT-542
タニタ

BT-542

最安価格(税込):¥4,980登録日:2020年 9月25日 価格.comの安さの理由は?

BT-542をお気に入り製品に追加する <10

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
monoka
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(体温計)

ご注意