『保存、展示も考慮したプリントはA3以上の顔料インクがベスト』 CANON imagePROGRAF PRO-G1 vio99さんのレビュー・評価

2020年11月中旬 発売

imagePROGRAF PRO-G1

  • プロ・ハイアマチュアフォトグラファー向けインクジェットプリンター。マットブラックインクを含む10色顔料インク「LUCIA PRO」を採用している。
  • マット紙やファインアート紙への印刷における黒濃度が向上し、暗部の階調性や色の再現領域が拡大することで、表現力豊かな作品を印刷できる。
  • A3ノビ/フチあり/カラーの印刷速度を従来機より1分以上短縮し、約4分15秒で高速にプリント可能。
imagePROGRAF PRO-G1 製品画像

拡大

部門別ランキング

この製品の環境ラベルを見る

エコマーク認定

エコマーク

最安価格(税込):

¥76,230

(前週比:-2,270円↓) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

¥76,230

Qoo10 EVENT

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥76,230¥87,780 (38店舗) メーカー希望小売価格:オープン

タイプ:インクジェット 最大用紙サイズ:A3ノビ 解像度:4800x2400dpi imagePROGRAF PRO-G1のスペック・仕様

価格.comのまるごと安心 設置・修理・サポート。家電・PC・カメラ・ゲーム機が対象。初月無料!
ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

<お知らせ>
本製品に搭載される暗号ライブラリにおいて、RSA鍵生成処理に脆弱性が確認されたことが発表されました。詳しくはメーカーページをご覧下さい。

  • imagePROGRAF PRO-G1の価格比較
  • imagePROGRAF PRO-G1の店頭購入
  • imagePROGRAF PRO-G1のスペック・仕様
  • imagePROGRAF PRO-G1の純正オプション
  • imagePROGRAF PRO-G1のレビュー
  • imagePROGRAF PRO-G1のクチコミ
  • imagePROGRAF PRO-G1の画像・動画
  • imagePROGRAF PRO-G1のピックアップリスト
  • imagePROGRAF PRO-G1のオークション

imagePROGRAF PRO-G1CANON

最安価格(税込):¥76,230 (前週比:-2,270円↓) 発売日:2020年11月中旬

  • imagePROGRAF PRO-G1の価格比較
  • imagePROGRAF PRO-G1の店頭購入
  • imagePROGRAF PRO-G1のスペック・仕様
  • imagePROGRAF PRO-G1の純正オプション
  • imagePROGRAF PRO-G1のレビュー
  • imagePROGRAF PRO-G1のクチコミ
  • imagePROGRAF PRO-G1の画像・動画
  • imagePROGRAF PRO-G1のピックアップリスト
  • imagePROGRAF PRO-G1のオークション

『保存、展示も考慮したプリントはA3以上の顔料インクがベスト』 vio99さん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

imagePROGRAF PRO-G1のレビューを書く

vio99さん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:11人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

プリンタ
1件
0件
ハードディスク・HDD(3.5インチ)
1件
0件
もっと見る
満足度3
デザイン3
印刷速度3
解像度4
静音性2
ドライバ3
付属ソフト4
印刷コスト3
サイズ1

※価格.comモニタレビューは評価用製品による試用レビューです。販売されている製品仕様と一部異なる場合があります。
※価格.comモニタレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

保存、展示も考慮したプリントはA3以上の顔料インクがベスト

A4、A3プリントを飾ってみた。

プリント中

奥行きもそれなり

【デザイン】とサイズ
さすがcanon、PROシリーズデザイン系譜の黒色ボディと、形サイズの貫禄です。
ただしやはりデカイ。外箱だけでもA3PIXUSプリンターの倍近い大きさがあり分かっていても「デカっ!」って声が漏れてしまった。


【印刷速度】
顔料系としては普通か少し良くなったか程度の感じですね。染料系の下位機種と比べてしまうと遅く感じるかもしれません。

【解像度】
申し分なし。むしろ想像以上に良かった。
特に黒の濃淡表現が最高。通常他機種などでは黒の表現にカラーインクを混合した形でプリントされる為幾ばくかの色味成分がモノクロ作品にも残り銀塩モノクロプリントとの作品創りの差異を埋められず悩んでいましたが最早その必要もないと感じられる程です。

【静音性】
そこそこ静かな方かとは思うが夜間作業でのプリントは家庭内など作業場所によっては多少気になる程度の音はします。
それと印刷後、排紙した後毎回、ローラーやヘッドの微調整なのか空回り音が気にはなります。

【ドライバ】
PCでのネット経由でインストール。いつの間にか終了と言ったくらいスムーズに終わりました。
ただプリンターの初期起動時に本体パネルでスマホwifi、LAN、ルーター経由などの接続メニューが出てくるのですが初期メニューで選択した接続方法以外(自分の場合は最初にUSBーPCでスマホwifi、ルーターの順でセッティング)を再度設定するとなるとマニュアルを読み込む必要が出てきました。

【付属ソフト】
ネットにてドライバーとともにダウンロード。print&layoutという物をAdobe系のプラグインとして使用。
ですが、インストール時サブスクリプションAdobeソフトではフォルダ名に年号が付く為手動でフォルダの位置を登録する必要があります。
非常に洗練されており、且つ高機能な物でプリント作業に大いに役立ちます。
特に パターン印刷という機能はキャリブレーションや試し刷りの手間、コストの代用にもなり作品プリントにはとても役に立ちます。
ただし色味や明るさを変えた複数画像を一枚にコンタクトプリントのように出すので画像が小さくなってしまいますのである程度の印刷サイズが必要ですが。

【印刷コスト】
10色ものカートリッジを使用するせいかカラープリントのインク消費は非常に少ないように感じられました。
しかしながらモノクロ印刷となると自分の作品の性格もあるのかマッドブラックやグレーではなくフォトブラックの使用量が半端なく。実際A4モノクロプリント10枚で!マークの警告。カラー2枚半で打ち止めになりました。

【総評】
今までは8色A3顔料系でデジタルプリントは済ませてきたのですがA3以上のプリントがしたくなり情報収集。PRO100のクオリティが気に入ってix6500以来のA3染料プリンターの購入を検討していたところ、新機種発売。
そこでPROーS1とPROー G1の比較の為銀座のキャノンまで行ってきました。
さすが新機種、S1の方は100に比べ階調の濃淡の幅、表現力が数段増していたのですがかなり淡い色調の濃淡の少ないグラデーションサンプルでなければ見分けがつかず却って100の良さを再認識しました。(でっかいのが難点ですが)
それらとの比較をしてもPROー G1は顔料系とは思えないほどの濃淡の階調再現から発色までほぼ染料系と同じと言えるようなクオリティでこれに耐水、耐UV性などの展示、保蔵性を考慮すればやはり顔料系しかないだろうと思いました。
G1に一つ難点が有るとすればフィトブラックの消費問題。新製品発売直後で都内、量販店にて在庫切れを出す程ではキャノンの作品製作でのモノクロプリントにおける設計思想に少々不安を覚えます。
なので作品造りの中で特に白黒を主体とした方には幅広く機種選定の情報収集をされた方がよろしいかなと感じました。

比較製品
CANON > PIXUS PRO-100S
CANON > PIXUS PRO-S1
印刷目的
写真

参考になった8

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
 
 
 
 
 
 

あなたのレビューを投稿しませんか?

imagePROGRAF PRO-G1のレビューを書く

この製品の最安価格を見る

imagePROGRAF PRO-G1
CANON

imagePROGRAF PRO-G1

最安価格(税込):¥76,230発売日:2020年11月中旬 価格.comの安さの理由は?

imagePROGRAF PRO-G1をお気に入り製品に追加する <173

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(プリンタ)

ご注意