『PM6000番台の、ひとつの到達点か。』 マランツ PM6007 ひょうたむさんのレビュー・評価

2020年 9月中旬 発売

PM6007

  • 「HDAM-SA2」と「HDAM-SA3」を用いたフルディスクリート構成の電流帰還型増幅回路を搭載したプリメインアンプ。
  • 温度変化に伴うアイドリング電流の変動を抑え、動作の安定性を改善。ハイレゾ対応デジタル入力部のD/Aコンバーターに「AK4490EQ」を採用している。
  • デジタル入力は同軸1系統、光2系統の計3入力を装備。最大192kHz/24bitのPCM入力に対応する。
PM6007 製品画像

拡大

最安価格(税込):

¥63,800

(前週比:±0 ) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

¥63,800

MTTストア

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥63,800¥70,200 (22店舗) メーカー希望小売価格(税別):¥75,000

店頭参考価格帯:¥64,350 〜 ¥64,350 (全国702店舗)最寄りのショップ一覧

定格出力:45W/8Ω/60W/4Ω 対応インピーダンス:AorB:4Ω〜16Ω/A+B:8Ω〜16Ω/バイワイヤリング接続時:4Ω〜16Ω 再生周波数帯域:10Hz〜70kHz アナログ入力:4系統 アナログ出力:1系統 PM6007のスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • PM6007の価格比較
  • PM6007の店頭購入
  • PM6007のスペック・仕様
  • PM6007のレビュー
  • PM6007のクチコミ
  • PM6007の画像・動画
  • PM6007のピックアップリスト
  • PM6007のオークション

PM6007マランツ

最安価格(税込):¥63,800 (前週比:±0 ) 発売日:2020年 9月中旬

  • PM6007の価格比較
  • PM6007の店頭購入
  • PM6007のスペック・仕様
  • PM6007のレビュー
  • PM6007のクチコミ
  • PM6007の画像・動画
  • PM6007のピックアップリスト
  • PM6007のオークション

『PM6000番台の、ひとつの到達点か。』 ひょうたむさん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

PM6007のレビューを書く

ひょうたむさん

  • レビュー投稿数:7件
  • 累計支持数:137人
  • ファン数:2人

よく投稿するカテゴリ

プリメインアンプ
6件
0件
スピーカー
0件
2件
CDプレーヤー
1件
1件
もっと見る
満足度5
デザイン4
操作性4
音質5
パワー5
機能性4
入出力端子5
サイズ5
PM6000番台の、ひとつの到達点か。

【デザイン】
PM6005以来の「顔」は、これはこれで定着した感あり。

【操作性】
PM6005からの買換えになるけれども、パネルのノブとリモコンとで快適に操作できる。
PM6007から、ラウドネスがなくなり、DACのデジフィル切り換えに置き換わったが、デジフィルはリモコンから操作できるとよい。

【音質】
PM6005では、意外に本格的な再生ができることに驚いたけれど、美しい高域は時にキツさ、冷たさにつながる面があり、その部分で他ブランドに目が向くことが多かった。
この点が、PM6007ではずいぶん改善された感があり、全体域にわたって、ニュートラル・繊細で解像感も高い音質が得られている。

PM6006から、パワーアンプ・ドライバー段Trの大容量化により、メーカーは低域が改善された旨を謳い、6007も引き継いでいるはずだけれど、低域は 6005からあまり変わった感はなく重さに欠けるが、厚かましさがないのはよい。
より低い価格帯から、10万円を超える機種まで数機種と比べて、繊細さと音の実在感が共存し、音場の再現性も高く、聴き応えがある。
重低域やパンチ感重視のリスナーには向かないが、この価格帯でクラシックを本格的に聴けるアンプであるのは立派だ。
室内楽は繊細でありながら実在感があり、大編成の交響曲でもステージが眼前にある感じを味わえる。トランペットは、低価格機では薄っぺらくキラつくだけのことが多いけれど、本機ではコクと厚みがある。

デジタル入力=内蔵DAC・AKM AK4490EQは高精細だが、中には C-7030(WM8718)や CD5000(PHILIPS TDA1549T)のアナログ出力からのほうが高品位に聞こえる音源もある。フォノカートリッジ 3本を使い分ける感覚で使い分けている。

【パワー】
通常の住居であれば、まず十分。
最近のアンプはプリ部にゲインを持たせず、全体に低ゲインのものが多く、こういったものは音の存在感に欠けがちだ。反対に Rotelのように高ゲイン過ぎて、昨今のデジタル機器の平均的アナログ出力(2.0Vrms)につなぐと、低いボリューム位置で大音量が出過ぎる弊があるものもあるのだが、PM6000番台はずっとプリ部+メイン部で39.5dBほどと思われ、通常ユースではきわめて使いやすい。

【機能性・入出力端子】
USB端子を搭載しないので、最近の需要からは分が悪いけれど、アナログレコード(未聴)も含め、ディスク再生中心の音楽鑑賞には適切・十分。
ただ、ラウドネス機能は残してほしかった。

なお、PM6005では、DAC同期時に軽微なノイズが出ることを当サイト拙レビューで指摘し、まさかそれゆえではないと思うが PM6006では、DACに、ノイズ吸収性の高い導電性ポリマー・コンデンサー(いわゆる固体電解コン)の導入が謳われた。しかし、6007においてもDAC同期時に、極めて微弱ながら、「プププ…」というノイズは聞こえる。
海外製ではこんなことが気になることがあまりなく、国内メーカーの弱点は、意外にもデジタル系のデバイスやファームウェアの扱いだったりするのでは?

【サイズ】
低価格でも高さを120〜140mmも取る国内ブランドが多い中、PM6000番台は105mm=10cmを堅持していることは、価値が高い。

【総評】
PM6005を4年ほど聴き、美音ながら、高域にキツさ、冷たさを感じていたのだが、本機に至って改善を見、「価格帯なり」の限定はもちろんありつつ、秀逸な音質を提供してくれる。
PM6000番台の、ひとつの到達点と言っていいのではないか。
PM5000番台が廃止され、上位機種はパワー部のデジアン(D級)化や、電子ボリューム採用が相次ぐ中、独立した、しかもディスクリートのプリ部を持ち、ふつうのアナログ・ボリューム(VR。今のところガリ一切なし)を採用するという、ある意味“絶滅危惧種”ともいえる古典的構成だ。
これが、音質と使い勝手の両面で奏功しているとも考えられ、ぜひ長く生産され、愛聴されてほしいと思う。

ただ、よりパンチのきいた音を好む方には、DENON(各機種、未聴)や、Cambridge Audio CXAシリーズがよいかもしれない。が、クラシックを、小さめの部屋で、あまり大音量でなく楽しむには、たとえば CXA81(よいアンプだが)よりも本機をお勧めする。

試聴環境:6畳和室(鉄骨)。
試聴機器
CDプレーヤー: オンキヨー C-7030(ただし初期バージョン:WM8718搭載)、Marantz CD5000
ラインケーブル: カナレ L-4E6S(結線は疑似バランス接続※注)
デジタル・ケーブル(C-7030のみ): Audiotrack Glass Black II Plus (← お勧め。)
スピーカー: Wharfedale Diamond 220
スピーカー・ケーブル: モガミ 3103(バナナプラグ装着)
※注…疑似バランスというのは、世にいうセミバランス接続。電気的には平衡と不平衡しかないので、個人的に「疑似」と称する。
[追記]
ACケーブルは、PM6005使用時から、Airbow KDK-OFCを使用しており、PM6007にも同品を使用している。

比較製品
マランツ > PM6005
パイオニア > A-40AE
Cambridge Audio > CXA81
レベル
中級者

参考になった18人(再レビュー後:15人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度5
デザイン4
操作性4
音質5
パワー5
機能性4
入出力端子5
サイズ5
PM6000番台の、ひとつの到達点か。

【デザイン】
PM6005以来の「顔」は、これはこれで定着した感あり。

【操作性】
PM6005からの買換えになるけれども、パネルのノブとリモコンとで快適に操作できる。
PM6007から、ラウドネスがなくなり、DACのデジフィル切り換えに置き換わったが、デジフィルはリモコンから操作できるとよい。

【音質】
PM6005では、意外に本格的な再生ができることに驚いたけれど、美しい高域は時にキツさ、冷たさにつながる面があり、その部分で他ブランドに目が向くことが多かった。
この点が、PM6007ではずいぶん改善された感があり、全体域にわたって、ニュートラル・繊細で解像感も高い音質が得られている。

PM6006から、パワーアンプ・ドライバー段Trの大容量化により、メーカーは低域が改善された旨を謳い、6007も引き継いでいるはずだけれど、低域は 6005からあまり変わった感はなく重さに欠けるが、厚かましさがないのはよい。
より低い価格帯から、10万円を超える機種まで数機種と比べて、繊細さと音の実在感が共存し、音場の再現性も高く、聴き応えがある。
重低域やパンチ感重視のリスナーには向かないが、この価格帯でクラシックを本格的に聴けるアンプであるのは立派だ。
室内楽は繊細でありながら実在感があり、大編成の交響曲でもステージが眼前にある感じを味わえる。トランペットは、低価格機では薄っぺらくキラつくだけのことが多いけれど、本機ではコクと厚みがある。

デジタル入力=内蔵DAC・AKM AK4490EQは高精細だが、中には C-7030(WM8718)や CD5000(PHILIPS TDA1549T)のアナログ出力からのほうが高品位に聞こえる音源もある。フォノカートリッジ 3本を使い分ける感覚で使い分けている。

【パワー】
通常の住居であれば、まず十分。
最近のアンプはプリ部にゲインを持たせず、全体に低ゲインのものが多く、こういったものは音の存在感に欠けがちだ。反対に Rotelのように高ゲイン過ぎて、昨今のデジタル機器の平均的アナログ出力(2.0Vrms)につなぐと、低いボリューム位置で大音量が出過ぎる弊があるものもあるのだが、PM6000番台はずっとプリ部+メイン部で39.5dBほどと思われ、通常ユースではきわめて使いやすい。

【機能性・入出力端子】
USB端子を搭載しないので、最近の需要からは分が悪いけれど、アナログレコード(未聴)も含め、ディスク再生中心の音楽鑑賞には適切・十分。
ただ、ラウドネス機能は残してほしかった。

なお、PM6005では、DAC同期時に軽微なノイズが出ることを当サイト拙レビューで指摘し、まさかそれゆえではないと思うが PM6006では、DACに、ノイズ吸収性の高い導電性ポリマー・コンデンサー(いわゆる固体電解コン)の導入が謳われた。しかし、6007においてもDAC同期時に、極めて微弱ながら、「プププ…」というノイズは聞こえる。
海外製ではこんなことが気になることがあまりなく、国内メーカーの弱点は、意外にもデジタル系のデバイスやファームウェアの扱いだったりするのでは?

【サイズ】
低価格でも高さを120〜140mmも取る国内ブランドが多い中、PM6000番台は105mm=10cmを堅持していることは、価値が高い。

【総評】
PM6005を4年ほど聴き、美音ながら、高域にキツさ、冷たさを感じていたのだが、本機に至って改善を見、「価格帯なり」の限定はもちろんありつつ、秀逸な音質を提供してくれる。
PM6000番台の、ひとつの到達点と言っていいのではないか。
PM5000番台が廃止され、上位機種はパワー部のデジアン(D級)化や、電子ボリューム採用が相次ぐ中、独立した、しかもディスクリートのプリ部を持ち、ふつうのアナログ・ボリューム(VR。今のところガリ一切なし)を採用するという、ある意味“絶滅危惧種”ともいえる古典的構成だ。
これが、音質と使い勝手の両面で奏功しているとも考えられ、ぜひ長く生産され、愛聴されてほしいと思う。

ただ、よりパンチのきいた音を好む方には、DENON(各機種、未聴)や、Cambridge Audio CXAシリーズがよいかもしれない。が、クラシックを、小さめの部屋で、あまり大音量でなく楽しむには、たとえば CXA81(よいアンプだが)よりも本機をお勧めする。

試聴環境:6畳和室(鉄骨)。
試聴機器
CDプレーヤー: オンキヨー C-7030(ただし初期バージョン:WM8718搭載)、Marantz CD5000
ラインケーブル: カナレ L-4E6S(結線は疑似バランス接続※注)
デジタル・ケーブル(C-7030のみ): Audiotrack Glass Black II Plus (← お勧め。)
スピーカー: Wharfedale Diamond 220
スピーカー・ケーブル: モガミ 3103(バナナプラグ装着)
※注…疑似バランスというのは、世にいうセミバランス接続。電気的には平衡と不平衡しかないので、個人的に「疑似」と称する。

比較製品
マランツ > PM6005
パイオニア > A-40AE
Cambridge Audio > CXA81
レベル
中級者

参考になった3

 
 
 
 
 
 

あなたのレビューを投稿しませんか?

PM6007のレビューを書く

この製品の最安価格を見る

PM6007
マランツ

PM6007

最安価格(税込):¥63,800発売日:2020年 9月中旬 価格.comの安さの理由は?

PM6007をお気に入り製品に追加する <141

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(プリメインアンプ)

ご注意