『マランツの現行ラインナップ上は最廉価モデル』 マランツ PM6007 DELTA PLUSさんのレビュー・評価

2020年 9月中旬 発売

PM6007

  • 「HDAM-SA2」と「HDAM-SA3」を用いたフルディスクリート構成の電流帰還型増幅回路を搭載したプリメインアンプ。
  • 温度変化に伴うアイドリング電流の変動を抑え、動作の安定性を改善。ハイレゾ対応デジタル入力部のD/Aコンバーターに「AK4490EQ」を採用している。
  • デジタル入力は同軸1系統、光2系統の計3入力を装備。最大192kHz/24bitのPCM入力に対応する。
PM6007 製品画像

拡大

最安価格(税込):

¥64,350

(前週比:±0 ) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥64,350¥71,500 (18店舗) メーカー希望小売価格(税別):¥75,000

店頭参考価格帯:¥64,350 〜 ¥64,350 (全国702店舗)最寄りのショップ一覧

定格出力:45W/8Ω/60W/4Ω 対応インピーダンス:AorB:4Ω〜16Ω/A+B:8Ω〜16Ω/バイワイヤリング接続時:4Ω〜16Ω 再生周波数帯域:10Hz〜70kHz アナログ入力:4系統 アナログ出力:1系統 PM6007のスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • PM6007の価格比較
  • PM6007の店頭購入
  • PM6007のスペック・仕様
  • PM6007のレビュー
  • PM6007のクチコミ
  • PM6007の画像・動画
  • PM6007のピックアップリスト
  • PM6007のオークション

PM6007マランツ

最安価格(税込):¥64,350 (前週比:±0 ) 発売日:2020年 9月中旬

  • PM6007の価格比較
  • PM6007の店頭購入
  • PM6007のスペック・仕様
  • PM6007のレビュー
  • PM6007のクチコミ
  • PM6007の画像・動画
  • PM6007のピックアップリスト
  • PM6007のオークション

『マランツの現行ラインナップ上は最廉価モデル』 DELTA PLUSさん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

PM6007のレビューを書く

DELTA PLUSさん 殿堂入り 金メダル

  • レビュー投稿数:1084件
  • 累計支持数:1450人
  • ファン数:18人
満足度3
デザイン5
操作性無評価
音質4
パワー無評価
機能性無評価
入出力端子無評価
サイズ無評価
マランツの現行ラインナップ上は最廉価モデル

マランツのこのデザインはいつ見ても洗練されていて非常に美しいと感じる。

音については、好みや感性、スピーカーによって出音の感じ方が異なるので一概には言えないが、マランツらしい中高音重視の傾向にあると感じる。

音声入力端子は、アナログアンバランス × 4、PHONO × 1、同軸デジタル × 1、光デジタル × 2。
音声出力端子は、アナログアンバランス × 1、サブウーハープリアウト、ヘッドホン × 1。

2020年8月発売。
希望小売価格\64,000(税抜)。
PM5005(希望小売価格\32,500、税抜)が生産終了となり、マランツの現時点でのラインナップ上は最廉価モデルとなっている。

最近のライトなユーザーはハイレゾやネットワーク再生を気軽に楽しみたいという人が増える傾向にあり、
マランツのプロモーションを見ていても、ライトユーザー向けには、
・オールインワンミニコンポのM-CR612
・HDMI端子搭載でテレビとHDMI接続できるNR1200
・音質優先のPM7000N
と、いずれもネットワーク機能が付いたモデルを推しているように感じる。
一方、HI-FIステレオのピュアな音質をとことん追求する層はPM8006あるいはPM-12 OSEクラス以上を考えるであろうから、
今の時代は、エントリーモデルの5000/6000シリーズはどうしてもアピールポイントが希薄化しがちだと感じる。

【5000/6000シリーズについて】
5000シリーズが一番のエントリーモデルで、次が6000シリーズです。
この2つのシリーズは双子のモデルと言われているんです。
なぜかと言うと、外観がそっくりですし、回路構成もほとんど同じだからです。
大きな違いは、6000シリーズには多数の音質にこだわったパーツが使用されているところですね。
《PM6007とPM5005の具体的な相違点について》
機能的な違いとしてPM6007はデジタルインプットを搭載している。
オーディオ回路は基本同じ構成だが、PM6007のオーディオ電源回路にはカレントソース回路が追加されており、低ノイズ化が図られている。
PM6007は上位機種と同様にシールドケース封入のトロイダルトランス、12,000μのエルナー製カスタム・ブロックコンデンサー、金属皮膜抵抗、低ESR導電性高分子コンデンサーを採用。
またフォノイコライザーにJFET入力を採用し、カップリンコンデンサを削除、低ノイズ・低歪のOPアンプを採用している。
(※Marantz Blog 2021年1月18日)

参考になった16

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
 
 
 
 
 
 

あなたのレビューを投稿しませんか?

PM6007のレビューを書く

この製品の最安価格を見る

PM6007
マランツ

PM6007

最安価格(税込):¥64,350発売日:2020年 9月中旬 価格.comの安さの理由は?

PM6007をお気に入り製品に追加する <125

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(プリメインアンプ)

ご注意