『自分史上最高の相棒』 スバル レヴォーグ 2020年モデル らうーる・ごんされすさんのレビュー・評価

このページの先頭へ
ユーザーレビュー > 自動車 > 自動車(本体) > スバル > レヴォーグ 2020年モデル

『自分史上最高の相棒』 らうーる・ごんされすさん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

レヴォーグ 2020年モデルのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

らうーる・ごんされすさん

  • レビュー投稿数:14件
  • 累計支持数:91人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
2件
36件
自動車(本体)
2件
24件
レンズ
0件
8件
もっと見る
満足度5
エクステリア4
インテリア5
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費3
価格5
自分史上最高の相棒

SJGフォレスターからの乗り換えです。

【エクステリア】
デザインは初代の方が好みですが、細部まで見ていくとなかなかの出来だと思います。人によって好みが異なるので、色々な意見があると思いますが、スバルのデザインは好きです。
【インテリア】
STI内装色のボルドーは前から憧れていたので、大満足です。メーター類も見やすくまとまっていると思いましたが、嫁さんにはちんぷんかんぷんのようです。
【エンジン性能】
まさに丁度いいです。前車のSJGは使い道のないハイパワーでしたが、街乗り、高速道と過不足無い加速で操りやすいエンジンと思います。
【走行性能】
スバル車は直進安定性が高いですが、その中でも非常に優れた部類だと思います。また、ロールの少ないコーナリングは素敵です。結構なスピードで曲がれます。
【乗り心地】
コンフォートモードは秀逸。現行インプレッサでSGPのポテンシャルを強く感じましたが、その上をいきます。静粛性も高いです。子供も喜んでいます。
【燃費】
18インチスタッドレスタイヤで、平均11km/L前後でしょうか。街乗りについてSJGフォレスターは話になりませんが、GT7インプレッサより良い結果でした。しかし、高速道の100km/h定速走行でもそれほど伸びませんでした。13km/Lくらい。
【価格】
これだけの装備と乗り心地、運転の楽しさを考えればバーゲンプライスです。
【総評】
日本では流行っていないステーションワゴンですが、荷物を積んでのドライブ旅行には最適な車種でしょう。ミニバンとSUVに飽きた私には最高の相棒です。GT7も大変良いモデルですが、最近出番が減り気味です。スバルは車種は少ないですが、OEMモデル以外は全て魅力的ですね。

乗車人数
3人
使用目的
通勤・送迎
買い物
レジャー
頻度
週3〜4回
重視項目
スポーティ
快適性
レビュー対象車
新車
購入時期
2021年1月
購入地域
福島県

新車価格
409万円
本体値引き額
10万円
オプション値引き額
10万円

レヴォーグの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった35

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
 
 
 
 
 
 

あなたのレビューを投稿しませんか?

レヴォーグ 2020年モデルのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の価格を見る

レヴォーグ 2020年モデル
スバル

レヴォーグ 2020年モデル

新車価格:310〜409万円

中古車価格:339〜481万円

レヴォーグ 2020年モデルをお気に入り製品に追加する <1343

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

レヴォーグの中古車 (全2モデル/2,625物件)

この車種とよく比較される車種の中古車

monoka
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(自動車(本体))

ご注意