『「進歩した・昔から一向に進歩しない・後退した」機能が満載!』 ソニーモバイルコミュニケーションズ Xperia 1 SIMフリー [ブラック] myfavoritsonyさんのレビュー・評価

Xperia 1 SIMフリー [ブラック]

デュアルSIMに対応した「Xperia 1」のSIMフリー版

最安価格(税込): ¥65,000〜 登録価格一覧(4店舗)
発売日:2020年 8月28日

キャリア:SIMフリー OS種類:Android 10 販売時期:2020年夏モデル 画面サイズ:6.5インチ 内蔵メモリ:ROM 128GB RAM 6GB バッテリー容量:3330mAh Xperia 1 SIMフリー [ブラック]のスペック・仕様

※ランキング順位・レビュー点数・クチコミ件数は機種単位の情報です

ご利用の前にお読みください

 

『「進歩した・昔から一向に進歩しない・後退した」機能が満載!』 myfavoritsonyさん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

Xperia 1 SIMフリー [ブラック]のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

myfavoritsonyさん

  • レビュー投稿数:39件
  • 累計支持数:146人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
9件
0件
テレビリモコン
4件
0件
スマートフォン
2件
1件
もっと見る
満足度3
デザイン4
携帯性3
レスポンス4
画面表示4
バッテリー3
カメラ4
「進歩した・昔から一向に進歩しない・後退した」機能が満載!

全てあくまでも個人的な感想です。●長所は広告にあるのであえて書きません。▲写真、動画、データの処理能力(いわゆるスペック)は世代を追うごとに驚くべき進化を続けているのに使い勝手を大きく左右する基本的な機能が一向に進化しないのはなぜなのか?▲肝心な日本語入力キーボードは使い勝手とは無関係に、ただ仕様を満足しているかどうか、しか検証されないのだろうか? 日本人が使う、日本人のためのものなのに、これほどお粗末でいいのか?と言いたくなるのは何とも嘆かわしい限り。他からアプリを取り込むことは可能だが広告が表示されて煩わしい。具体的には▲ユーザーが求める結果とは全く無関係にアプリが勝手に予測する「予測変換」や「つながり予測」は無用の長物。停止できないこれらのお節介な機能があるため、日本人ならおよそ考えもつかないような、どんな場面で使うのか理解に苦しむ、意味不明な変換結果が高い優先順位で次々に表示されるので目的の語句にたどり着くまでに無駄に時間を費やさなければならず、余計なお荷物以外の何ものでもない▲学習能力も進歩がない。学習させた語句を次回入力してもトップに表示されないことがしばしばで、特殊な用語や語句、単語でもないのに学習しない(できない)ものがある。何のための学習機能なのか!? 連文節変換もこの上なく苦手なため、最小単位の単語に区切りながら入力しなければならない■日本人がよく使う変換語句を統計的に見て頻度の高いものから順に表示させることはできないのか?▲テンキーの挙動もキーにより追従不良(個体不良ではない)の傾向がある。たとえば「て」を入力するためフリックすると「た」が入力されるのはほんの一例で、何度もトライしなければならずフラストレーションが溜まる▲「通知音」「アラーム」「着信音」に新たに音源を追加する場合、WAV形式であれば無条件で取込可能だが一部のMP3形式のものは取込不可能なためWAV形式に変換しなければならない。(旧機種のXperiaではこのような不都合は発生しない。WAV形式はデータ量が比較にならないほど増加するのに、このような仕様にした意味がわからない)▲幸か不幸か、最上位機種にしかヘッドホンジャックがついていない。これまでの経験から、ウォークマンは結構ハードな使い方をしてもヘッドホンジャックはなかなか壊れないが、高価なスマホは丁寧に扱っているのに壊れやすいヘッドホンジャックはその品質に疑問を持ってしまう▲ホーム画面に追加した複数のショートカットがいつの間にか消えていたため追加しなければならなかった▲アプリによっては操作中に勝手にホーム画面に戻ってしまうことがある▲指紋センサーが全く使いものにならない、とのレビューもあるが、個人的には今後も全く使うつもりはないので支障はないものの、セロテープを貼り付けたら使えた、との別の書き込みを見て、このハイテク技術は磨りガラスが基本なのかと笑ってしまった。▲▲付録▲▲メディアの音量は30ステップもあってキメ細かく調整できるのに、着信音/通知音はたったの7ステップ、アラーム音は更に酷い6ステップのため「ちょうどいい音量」にセットできない▲充電開始音/バイブレーションはセットでしか設定できない(音を消さずにバイブレーションだけを消すことはできない)▲画面消灯していても充電開始時と中断時は画面が点灯するので都度消すのが煩わしい■総合すれば、ユーザーが設定できる範囲をもっと広げるとともに、お節介で余計なお世話的機能は徹底的に削ってもらいたいものだ。いつの時代も、作り手が求める「性能」と、使い手が求める「機能」とがなかなか融合しないのは誠に残念。
▲▲追記▲▲
購入後たった3か月足らずで致命的な不具合が不定期に頻発するようになったがメーカーで初期不良の扱いができるのは購入後3ヶ月まで、とのことだった。性能や機能がどんなに向上しようとも、電話機の最も基本的な機能である通話ができなくなっては使い物にならない。


参考になった27人(再レビュー後:23人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度3
デザイン4
携帯性3
レスポンス4
画面表示4
バッテリー3
カメラ4
「進歩した・昔から一向に進歩しない・後退した」機能が満載!

全てあくまでも個人的な感想です。●長所は広告にあるのであえて書きません。▲写真、動画、データの処理能力(いわゆるスペック)は世代を追うごとに驚くべき進化を続けているのに使い勝手を大きく左右する基本的な機能が一向に進化しないのはなぜなのか?▲肝心な日本語入力キーボードは使い勝手とは無関係に、ただ仕様を満足しているかどうか、しか検証されないのだろうか? 日本人が使う、日本人のためのものなのに、これほどお粗末でいいのか?と言いたくなるのは何とも嘆かわしい限り。他からアプリを取り込むことは可能だが広告が表示されて煩わしい。具体的には▲ユーザーが求める結果とは全く無関係にアプリが勝手に予測する「予測変換」や「つながり予測」は無用の長物。停止できないこれらのお節介な機能があるため、日本人ならおよそ考えもつかないような、どんな場面で使うのか理解に苦しむ、意味不明な変換結果が高い優先順位で次々に表示されるので目的の語句にたどり着くまでに無駄に時間を費やさなければならず、余計なお荷物以外の何ものでもない▲学習能力も進歩がない。学習させた語句を次回入力してもトップに表示されないことがしばしばで、特殊な用語や語句、単語でもないのに学習しない(できない)ものがある。何のための学習機能なのか!? 連文節変換もこの上なく苦手なため、最小単位の単語に区切りながら入力しなければならない■日本人がよく使う変換語句を統計的に見て頻度の高いものから順に表示させることはできないのか?▲テンキーの挙動もキーにより追従不良(個体不良ではない)の傾向がある。たとえば「て」を入力するためフリックすると「た」が入力されるのはほんの一例で、何度もトライしなければならずフラストレーションが溜まる▲「通知音」「アラーム」「着信音」に新たに音源を追加する場合、WAV形式であれば無条件で取込可能だが一部のMP3形式のものは取込不可能なためWAV形式に変換しなければならない。(旧機種のXperiaではこのような不都合は発生しない。WAV形式はデータ量が比較にならないほど増加するのに、このような仕様にした意味がわからない)▲幸か不幸か、最上位機種にしかヘッドホンジャックがついていない。これまでの経験から、ウォークマンは結構ハードな使い方をしてもヘッドホンジャックはなかなか壊れないが、高価なスマホは丁寧に扱っているのに壊れやすいヘッドホンジャックはその品質に疑問を持ってしまう▲ホーム画面に追加した複数のショートカットがいつの間にか消えていたため追加しなければならなかった▲アプリによっては操作中に勝手にホーム画面に戻ってしまうことがある▲指紋センサーが全く使いものにならない、とのレビューもあるが、個人的には今後も全く使うつもりはないので支障はないものの、セロテープを貼り付けたら使えた、との別の書き込みを見て、このハイテク技術は磨りガラスが基本なのかと笑ってしまった。▲▲付録▲▲メディアの音量は30ステップもあってキメ細かく調整できるのに、着信音/通知音はたったの7ステップ、アラーム音は更に酷い6ステップのため「ちょうどいい音量」にセットできない▲充電開始音/バイブレーションはセットでしか設定できない(音を消さずにバイブレーションだけを消すことはできない)▲画面消灯していても充電開始時と中断時は画面が点灯するので都度消すのが煩わしい■総合すれば、ユーザーが設定できる範囲をもっと広げるとともに、お節介で余計なお世話的機能は徹底的に削ってもらいたいものだ。いつの時代も、作り手が求める「性能」と、使い手が求める「機能」とがなかなか融合しないのは誠に残念。

参考になった2

満足度3
デザイン4
携帯性3
レスポンス4
画面表示4
バッテリー3
カメラ4
「進歩した・昔から一向に進歩しない・後退した」機能が満載!

全てあくまでも個人的な感想です。●長所は広告にあるのであえて書きません。▲写真、動画、データの処理能力(いわゆるスペック)は世代を追うごとに驚くべき進化を続けているのに使い勝手を左右する基本機能が一向に進化しないのはなぜなのか?▲肝心な日本語入力キーボードは使い勝手とは無関係に、ただ仕様を満足しているかどうか、しか検証されないのだろうか? 日本人が使うものなのに、これほど煩わしい思いをしなければならないのか!? と言いたくなるほどお粗末なのは何とも嘆かわしい限り。他からアプリを取り込むことは可能だが広告が表示されて煩わしい。具体的には▲ユーザーが求める結果とは関係なくアプリが勝手に予測する「予測変換」や「つながり予測」は無用の長物。停止できないこれらのお節介な機能があるため、日本人ならおよそ考えもつかないような、どんな場面で使うのか理解に苦しむ、意味不明な変換結果が高い優先順位で次々に表示されるので目的の語句にたどり着くまでに無駄に時間を費やさなければならない▲学習能力も進歩がない。学習させた語句を次回入力してもトップに表示されないことがしばしば。連文節変換もこの上なく苦手なため、最小単位の単語に区切りながら入力しなければならない■日本人がよく使う変換語句を統計的に見て頻度の高いものから順に表示させることはできないのか?▲テンキーの挙動もキーにより追従不良の傾向がある。(個体不良ではない)たとえば「て」を入力するためフリックすると「た」が入力されることがしばしば▲「通知音」「アラーム」「着信音」に新たに音源を追加する場合、WAV形式であれば無条件で取込可能だが一部のMP3形式のものは取込不可能なためWAV形式に変換しなければならない。(旧機種のXperiaではこのような不都合は発生しない。WAV形式はデータ量が比較にならないほど増加するのに、このような仕様にした意味がわからない)▲幸か不幸か、最上位機種にしかヘッドホンジャックがついていない。これまでの経験から、ウォークマンは結構ハードな使い方をしてもヘッドホンジャックはなかなか壊れないが、高価なスマホは丁寧に扱っているのに壊れやすいヘッドホンジャックはその品質に疑問を持ってしまう▲ホーム画面に追加した複数のショートカットがいつの間にか消えていたため追加しなければならなかった▲アプリによっては操作中に勝手にホーム画面に戻ってしまうことがある▲指紋センサーが全く使いものにならない、とのレビューもあるが、個人的には今後も全く使うつもりはないので支障はないものの、セロテープを貼り付けたら使えた、との別の書き込みを見て、このハイテク技術は磨りガラスが基本なのかと笑ってしまった。

参考になった1

満足度3
デザイン4
携帯性3
レスポンス4
画面表示4
バッテリー3
カメラ4
「進歩した・昔から一向に進歩しない・後退した」機能が満載!

全てあくまでも個人的な感想です。●長所は広告にあるのであえて書きません。▲写真、動画、データの処理能力(いわゆるスペック)は世代を追うごとに驚くべき進化を続けているのに使い勝手を左右する基本機能が一向に進化しないのはなぜなのか?▲肝心な日本語入力キーボードは使い勝手とは無関係に、ただ仕様を満足しているかどうか、しか検証されないのだろうか? 日本人が使うものなのに、これほど煩わしい思いをしなければならないのか!? と言いたくなるほどお粗末なのは何とも嘆かわしい限り。他からアプリを取り込むことは可能だが広告が表示されて煩わしい。具体的には▲ユーザーが求める結果とは関係なくアプリが勝手に予測する「予測変換」や「つながり予測」は無用の長物。停止できないこれらのお節介な機能があるため、日本人ならおよそ考えもつかないような、どんな場面で使うのか理解に苦しむ、意味不明な変換結果が高い優先順位で次々に表示されるので目的の語句にたどり着くまでに無駄に時間を費やさなければならない▲学習能力も進歩がない。学習させた語句を次回入力してもトップに表示されないことがしばしば。連文節変換もこの上なく苦手なため、最小単位の単語に区切りながら入力しなければならない■日本人がよく使う変換語句を統計的に見て頻度の高いものから順に表示させることはできないのか?▲テンキーの挙動もキーにより追従不良の傾向がある。(個体不良ではない)たとえば「て」を入力するためフリックすると「た」が入力されることがしばしば▲「通知音」「アラーム」「着信音」に新たに音源を追加する場合、WAV形式であれば無条件で取込可能だが一部のMP3形式のものは取込不可能なためWAV形式に変換しなければならない。(旧機種のXperiaではこのような不都合は発生しない。WAV形式はデータ量が比較にならないほど増加するのに、このような仕様にした意味がわからない)▲幸か不幸か、最上位機種にしかヘッドホンジャックがついていない。これまでの経験から、ウォークマンは結構ハードな使い方をしてもヘッドホンジャックはなかなか壊れないが、高価なスマホは丁寧に扱っているのに壊れやすいヘッドホンジャックはその品質に疑問を持ってしまう。

参考になった1

「Xperia 1 SIMフリー [ブラック]」の新着レビュー

あなたのレビューを投稿しませんか?

Xperia 1 SIMフリー [ブラック]のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の情報を見る

Xperia 1 SIMフリー [ブラック]
ソニーモバイルコミュニケーションズ

Xperia 1 SIMフリー [ブラック]

発売日:2020年 8月28日

Xperia 1 SIMフリー [ブラック]をお気に入り製品に追加する <22

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

選び方ガイド
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(スマートフォン)

ご注意