『1000xm3でなくxm4にしたわけ』 SONY WH-1000XM4 (B) [ブラック] 八大さんのレビュー・評価

2020年 9月 4日 発売

WH-1000XM4 (B) [ブラック]

  • 独自の「高音質ノイズキャンセリングプロセッサーQN1」の性能をさらに引き出し、ノイズキャンセリング性能が向上したワイヤレスヘッドホン。
  • AI技術を組み込んだ「DSEE Extreme」により、CD、MP3、ストリーミングなどのさまざまな圧縮音源をハイレゾ級の高音質で楽しめる。
  • 40kHzまでの高域再生が可能な専用設計の40mmHDドライバーユニットを搭載。付属のケーブルを接続すればハイレゾ音源をそのままに再生可能。
WH-1000XM4 (B) [ブラック] 製品画像
最安価格(税込):

¥32,890

(前週比:-1,241円↓) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥32,890¥44,898 (41店舗) メーカー希望小売価格:オープン

店頭参考価格帯:¥32,890 〜 ¥39,470 (全国743店舗)最寄りのショップ一覧

タイプ:オーバーヘッド 装着方式:両耳 構造:密閉型(クローズド) 駆動方式:ダイナミック型 再生周波数帯域:4Hz〜40kHz ハイレゾ:○ WH-1000XM4 (B) [ブラック]のスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

WH-1000XM4 (B) [ブラック] の後に発売された製品WH-1000XM4 (B) [ブラック]とWH-1000XM5を比較する

WH-1000XM5
WH-1000XM5WH-1000XM5

WH-1000XM5

最安価格(税込): ¥37,483 発売日:2022年 5月27日

タイプ:オーバーヘッド 装着方式:両耳 構造:密閉型(クローズド) 駆動方式:ダイナミック型 再生周波数帯域:4Hz〜40kHz ハイレゾ:○
 
  • WH-1000XM4 (B) [ブラック]の価格比較
  • WH-1000XM4 (B) [ブラック]の店頭購入
  • WH-1000XM4 (B) [ブラック]のスペック・仕様
  • WH-1000XM4 (B) [ブラック]のレビュー
  • WH-1000XM4 (B) [ブラック]のクチコミ
  • WH-1000XM4 (B) [ブラック]の画像・動画
  • WH-1000XM4 (B) [ブラック]のピックアップリスト
  • WH-1000XM4 (B) [ブラック]のオークション

WH-1000XM4 (B) [ブラック]SONY

最安価格(税込):¥32,890 (前週比:-1,241円↓) 発売日:2020年 9月 4日

  • WH-1000XM4 (B) [ブラック]の価格比較
  • WH-1000XM4 (B) [ブラック]の店頭購入
  • WH-1000XM4 (B) [ブラック]のスペック・仕様
  • WH-1000XM4 (B) [ブラック]のレビュー
  • WH-1000XM4 (B) [ブラック]のクチコミ
  • WH-1000XM4 (B) [ブラック]の画像・動画
  • WH-1000XM4 (B) [ブラック]のピックアップリスト
  • WH-1000XM4 (B) [ブラック]のオークション

あなたのレビューを投稿しませんか?

WH-1000XM4 (B) [ブラック]のレビューを書く

八大さん

  • レビュー投稿数:6件
  • 累計支持数:142人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
3件
7件
地デジ・デジタルテレビチューナー
1件
4件
液晶テレビ・有機ELテレビ
1件
1件
もっと見る
満足度5
デザイン5
高音の音質5
低音の音質4
フィット感5
外音遮断性4
音漏れ防止3
携帯性3
1000xm3でなくxm4にしたわけ
 

 

重低音モデルWH-XB900Nと比べ、重低音域のバスドラムも決して耳障りではなく、くどさがなく心地良い。
現行機種1000XM4のひとつ下位のハイレゾ対応機種WH-H910Nは1000シリーズよりもハウジングがコンパクト、キャリングケースも巾着型、屋外使用には好適。ハウジングはマット塗装でイヤーパッドには文様がシボ加工されており、個性と高級感があるが、縫い目が正面に。ヘッドバンドとスライダーはハウジングと同様のマット塗装で一体感はあるが、高級感ではXM4に劣る。
XM4のイヤーパッドは立体縫製で縫い目は耳に直接当たらない内側で見た目にも目立たない箇所にあり、ヘッドバンドの外側と内側にもクッション性のあるスムース素材となっている。
アームとハウジングの接合部付近に可動する部分(普段は隠れていてハウジング上部に穴が開いている箇所)はXB900Nなどはプラスチック感が前面に出て質感にチープさを感じる。XM4は地味ながら目立たない部分にも細かい配慮が見られる。

さらに1000XM3とXM4を比較すると、音質とノイキャン性能について後継機は従来機より優位との評価であるが、素人耳ではほぼ同等。

筐体のおもな変更
・イヤーパッドの形状変更で装着感が改善
・ハウジング可動部のガタつきを低減
・ヘッドバンド、スライダー、アームのマットな意匠統一、質感向上
・SONYロゴ 赤色から赤銅色に

機能性のおもな変更
・装着検出センサー
・Speak to Chat
・Bluetooth4.2から5へ
・対応コーデック aptX/aptX HDオミット
・装着センサーで自動電源OFF
・マルチポイント接続
・DSEE HXからDSEE Extremeへ
・アダプティブサウンドコントロールVer.up

他に 専用アプリ『Headphones Connect』上で利便性が向上している。アプリから本機の電源OFFは良く使う。逆に電源ONが出来ないのは残念に思う。
対応コーデックのダウングレードは一部マニアックなユーザーに実害があるかも知れないが、ライトユーザーには無縁の話。
Androidに比べ、そもそもハイレゾ音源非対応で音質面で劣るiPhoneだが、DSEE Extreme搭載により高精度再現の恩恵に預かっている。

AI技術による解析で圧縮音源をアップスケーリング、アルゴリズム検出でノイズキャンセリング特性を最適化など先端技術搭載で、もう単なるヘッドホンではなくなっている。

イヤーパッドの側圧による遮音性との相乗効果により、他を寄せつけないノイズキャンセリング性能を実現している。慣れるまでは物理的静寂でないデジタル処理で作り上げられた静寂に違和感があった。日常から遮断された静寂に音場感、没入感を高められ、奥行きの深い空間に引き込まれる。遮音性とノイキャン性能が高音質を後押ししているのか、つまり錯覚かとも疑ってしまうほど。いづれにしてもXM4の完成度が高いのは間違いない。

さてXM3かXM4の結論を求めるに基本スペックと筐体はほぼ同等で、価格差と付帯性能の費用対効果を考えたとき所有感を埋めたに過ぎないかも知れない。
だが本機を手にすれば、最大限のパフォーマンスを発揮してくれる筈。

主な用途
音楽
接続対象
スマートフォン・携帯電話

参考になった19

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
 
 
 
 
 
 

「WH-1000XM4 (B) [ブラック]」の新着レビュー

レビュータイトル 満足度 投稿日時
WH-1000XM5との比較です  5 2022年11月17日 16:36
最新のよりこちらの方がかっこよくないですか?  4 2022年11月12日 18:57
ワイヤレスなのに流石ソニー  5 2022年11月3日 13:53
買って良かった  5 2022年10月29日 00:18
最高峰のノイキャン性能  4 2022年10月13日 19:30
XM5も気になるけれど…必要十分すぎる  5 2022年9月30日 07:00
最高のお家ヘッドフォン  4 2022年9月11日 19:50
満足です  5 2022年8月26日 23:28
ノイキャンヘッドホンとしての性能が高い。買いです。  5 2022年8月15日 16:49
使用目的と接続方法を知るための勉強代でした  2 2022年8月10日 21:01

WH-1000XM4 (B) [ブラック]のレビューを見る(レビュアー数:167人)

あなたのレビューを投稿しませんか?

WH-1000XM4 (B) [ブラック]のレビューを書く

この製品の最安価格を見る

WH-1000XM4 (B) [ブラック]
SONY

WH-1000XM4 (B) [ブラック]

最安価格(税込):¥32,890発売日:2020年 9月 4日 価格.comの安さの理由は?

WH-1000XM4 (B) [ブラック]をお気に入り製品に追加する <1906

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(イヤホン・ヘッドホン)

ご注意