『メーカーコピー通りの製品。幼子を吃驚させずに使える逸品。』 タイガー魔法瓶 SKU-A100 多賀一晃さんのレビュー・評価

2020年 8月21日 発売

SKU-A100

動作音を抑えた「良い音設計」を採用したフードプロセッサー

SKU-A100 製品画像

拡大

最安価格(税込):

¥17,551

(前週比:±0 ) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥17,551〜¥22,249 (39店舗) メーカー希望小売価格:オープン

店頭参考価格帯:¥― (全国38店舗)最寄りのショップ一覧

ミキサータイプ:フードプロセッサー 設置タイプ:据え置き SKU-A100のスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • SKU-A100の価格比較
  • SKU-A100の店頭購入
  • SKU-A100のスペック・仕様
  • SKU-A100のレビュー
  • SKU-A100のクチコミ
  • SKU-A100の画像・動画
  • SKU-A100のピックアップリスト
  • SKU-A100のオークション

SKU-A100タイガー魔法瓶

最安価格(税込):¥17,551 (前週比:±0 ) 発売日:2020年 8月21日

  • SKU-A100の価格比較
  • SKU-A100の店頭購入
  • SKU-A100のスペック・仕様
  • SKU-A100のレビュー
  • SKU-A100のクチコミ
  • SKU-A100の画像・動画
  • SKU-A100のピックアップリスト
  • SKU-A100のオークション

『メーカーコピー通りの製品。幼子を吃驚させずに使える逸品。』 多賀一晃さん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

SKU-A100のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

さん

  • レビュー投稿数:181件
プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィール家電評論家。スマート家電グランプリ審査員。

主催する『生活家電.com』を通じ、家電の新製品情報、使いこなし情報他を発信中。
過去、某メーカーでAVメディアの商品企画を担当、オーディオ、光ディスクにも精通。
また米・食味鑑定士の…続きを読む

満足度5
デザイン5
使いやすさ5
パワー4
手入れのしやすさ5
静音性5
サイズ5

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

メーカーコピー通りの製品。幼子を吃驚させずに使える逸品。

再生する

製品紹介・使用例
ミキサーとの動作音比較。ミキサーは動作音対策なし。負荷なしで比較。

本体。ミキサーと同じ構造。

安全のため、組み方は正確であることが必要。

カッターをセットしたところ。刃はカットに適した形状。

フタは押しスィッチを兼ねるので、通常持ち上がっている。

おろしカッター。こちらの方が動作音はソフト。

底面。側に沿った空気穴も、音を制御するように設計されている。

フードプロフェッサー。欧米では、毎日のように使われるのに、日本ではイマイチ使いこなす人が少ない調理家電。その理由の一つに「動作音」が挙げられる。ミキサー、スムージー、コーヒーミル(グラインダー)なども同じだが、使うと工事現場のような家庭では、野蛮とも言える音がする。
料理は元々野生動物を解体していたから「野蛮なところもあるさ」という人もいるだろうが、現代人たる者、家で野生動物の解体はしない。また、昔は当たり前だった魚の三枚おろしも普段する人が少ないのではないだろうか? 私の娘は、釣りが好きな割りに、イソメにさえ触れられない。しかし、娘に弱いのは、どの男親も同じ。私がつければことがことが済むし、その内、ルアー(擬似餌)を覚えると言っていたので、まぁ何とかなるだろうと思っているのだが、現代に生きるというのは、そんな感じの人が多いのではないだろうか?

話を元に戻すが、それ位ミキサー、フードプロフェッサーの動作音は大きい。
ただ、それに対し、メーカーもただ指をくわえてみているだけではない。いろいろな方向からアプローチしている。

一番多いには、カップの部分の樹脂を変えてやることだ。「トライタン」という樹脂が最も強力であると言われている。しかし、それだけでは不十分。モーターを高速でぶん回すため、聴覚上はイマイチ効果が上がっていないよう感じられるモデルがほとんど。逆にいうと、ちょっとやそっとの騒音対策では効果が薄いのだ。結局は、海外のバーのように、オーバーカバーをするのが一番なのだろうかと思ってしまう。
が、バーのようなところならいざ知らず、そんなモノは家庭用としては大きすぎる。日本人の場合は、お得意の(?)包丁捌きで何とかならないだろうかと思ってしまうと思います。実は、日本の場合、素材をそのママの形で出すことが多いので、頑張れば、それもできるのですが、西洋料理は、細かく切って混ぜるのが主流です。このため、包丁で頑張っていたら、すごーく時間もかかりますし、疲れ果ててしまいます。フードプロセッサーは必需品なのです。
今の家庭料理は、どんどん西洋化されつつもあり、やはり使えるフードプロセッサーはあった方がいい。

この難題に挑んだのは、タイガー魔法瓶。今回、見事な成果を上げました。
カップへの「トライタン樹脂を採用」を皮切りに、モーターの漏れ音をダブルウォール構造で抑えます。下への振動は防振ゴム。上からの振動はスィッチとしてフタを抑えるため、手がその役割をします。なおかつ吸気の空気音を抑えるため、吸気を整える整流カバーを採用しています。要するに、一手ではなく、徹底して騒音対策したわけです。

試してみると実に見事なもの。今までは「家のどこにいても寝た子を起こす」レベルなら「隣の部屋だと、子供を寝かせられる」レベル。ちょっと言い過ぎでしょうか。ただ、頭が痛くなるような高音がほとんどカットされているので、操作も楽です。
手元にあったミキサーとの音比較の動画を付けておきますので、よろしければご覧ください。

また機能ですが、完全に何でもできる訳ではありません。が、「チョッパーカッター」で、攪拌、刻む、ミンチ、つぶし、ペーストが、「おろしカッター」でおろすことができます。個人的にはOKレベルです。

ただし、コーヒー豆のように極端に硬いもの、納豆、長芋のように極端に粘りがるものはNG。禁止材料に指定されています。
が、多くのフードプロセッサーは、氷、コーヒー豆のような硬いものはダメなので、あまり問題にしなくれもいいかと思います。

洗うパーツも極力少なく、チョッパーカッターの場合は、フタ、カップ以外に1つ、おろしカッターの場合は、2つ洗えば終わり。楽々。

その一方、安全性に極力気を配っており、本体とカップとフタの位置が正確でないと動作しない様に作られています。ここらへんの芸の細かさは、さすが日本メーカーと言ったところでしょうか。

音が小さいフードプロセッサーは「慌てず」に使えますし、子供と料理するときも、子供がびくつくことがありません。
サイズも小さいですし、アタッチメントも少ない。基本はきっちり踏まえていると言っていい作りです。

迷わず買っていい逸品です。

参考になった3

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする

「SKU-A100」の新着レビュー

あなたのレビューを投稿しませんか?

SKU-A100のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

SKU-A100
タイガー魔法瓶

SKU-A100

最安価格(税込):¥17,551発売日:2020年 8月21日 価格.comの安さの理由は?

SKU-A100をお気に入り製品に追加する <6

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[ミキサー・フードプロセッサー]

ミキサー・フードプロセッサーの選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(ミキサー・フードプロセッサー)

ご注意