『満足しているが気になる部分も』 LGエレクトロニクス SN7CY ゆっくりーさんのレビュー・評価

2020年 8月 6日 発売

SN7CY

  • 「メリディアン」社監修のチューニングでまとまりのあるサウンドイメージを実現したサウンドバー。
  • 音の移動情報を加えた音声フォーマット「ドルビーアトモス」「DTS:X」に対応。臨場感あふれるリアルな立体オーディオを提供する。
  • パッシブラジエーターをチャンバーに採用することで70Hzから50Hzまでの低周波数帯域を拡張。没入感のあるサウンドを実現。
SN7CY 製品画像

拡大

最安価格(税込):

¥19,800

(前週比:-1,200円↓) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥19,800¥35,930 (32店舗) メーカー希望小売価格:オープン

店頭参考価格帯:¥20,500 〜 ¥26,000 (全国740店舗)最寄りのショップ一覧

タイプ:サウンドバー DolbyDigital:○ DTS:○ サラウンド最大出力:160W SN7CYのスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • SN7CYの価格比較
  • SN7CYの店頭購入
  • SN7CYのスペック・仕様
  • SN7CYのレビュー
  • SN7CYのクチコミ
  • SN7CYの画像・動画
  • SN7CYのピックアップリスト
  • SN7CYのオークション

SN7CYLGエレクトロニクス

最安価格(税込):¥19,800 (前週比:-1,200円↓) 発売日:2020年 8月 6日

  • SN7CYの価格比較
  • SN7CYの店頭購入
  • SN7CYのスペック・仕様
  • SN7CYのレビュー
  • SN7CYのクチコミ
  • SN7CYの画像・動画
  • SN7CYのピックアップリスト
  • SN7CYのオークション

あなたのレビューを投稿しませんか?

SN7CYのレビューを書く

ゆっくりーさん

  • レビュー投稿数:8件
  • 累計支持数:121人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

液晶テレビ・有機ELテレビ
2件
0件
イヤホン・ヘッドホン
2件
0件
CPUクーラー
1件
0件
もっと見る
満足度4
デザイン5
高音の音質4
低音の音質4
機能性4
入出力端子3
サイズ5
満足しているが気になる部分も

PS5用に49NANO86JNAを購入し、4KUHDブルーレイやゲームの音に少し迫力が欲しくて購入しました。
Dolby Atmos・DTS:X対応機種で検討していたためソニーのHT-X8500と悩みましたが、個人的にこちらの方がデザインが好みだったのと、テレビがLGなので相性が良いだろうと思いSN7CYを選択しました。

【デザイン】
上にも書きましたが、スッキリしてシンプルなデザインで好感が持てます。
背面に搭載されているデュアルアクションバスも良いと思います。

【高音の音質】
澄み切った高音とまでは行きませんが、−5〜5までの範囲で調整が可能なので映画やゲームの用途では必要充分です。

ちなみにセンタースピーカー及び上部スピーカー(音量)-6〜6までの範囲で通常ボリュームとは別に調整可能。
高音域・低音域は-5〜5までの範囲で調整可能です。

【低音の音質】
上記の通り調整可能で、当方の場合6畳の室内での利用において低音が不足する感じはありません。

【機能性】
Dolby Atmos・DTS:X対応ではありますが、それはHDMIインで利用した場合であり、eARC接続の場合はテレビ側が対応している場合のみDolby Atmosの再生が可能です。

サウンドエフェクトモードはAI SOUND PRO、BASS BLAST、STANDARD、MOVIE、MUSICの計5種類から選択可能ですが、ナイトモードのようなものはありません。
上記でいうとSTANDARDがメリディアン社監修のチューニングモードとなります。

起動時に関してはクイック起動モードで起動すれば数秒ですので特に気になることはありません。

【入出力端子】
4Kに対応したHDMIインとeARC対応HDMIアウトを備えていますが、HDMI2.1パススルーには対応していないため、当方の場合DTS:Xの再生はできなくなりますがテレビとはeARCで接続しています。(PS5をHDMIイン接続すると4K120FPS出力不可となるため)

あとはUSBタイプA入力端子が一つあり音楽の再生やファームウェアのアップデート時に利用します。

【サイズ】
全長89cmですのであと15cmほど長ければ良いなとは思いましたが、テレビが49インチですので特に問題ありません。
65インチ以上のテレビだと少し短く感じるのかもしれません。

【総評】
テレビのスピーカーより明らかに音質が向上し迫力も増し、デザインもシンプルで良いと思います。
なお、海外仕様のものは別売りでウーファーとリアスピーカーのセットが販売されており、拡張性も高いのですが、国内仕様のものは対応していません。

LGはテレビに関しては早い段階でHDMI2.1規格に準拠した機種をリリースしているのだから、このサウンドバーもHDMI2.1(4KHDR120hzパススルー)に対応してくれていたらと思いました。
せめてeARC接続でもDTS:Xの再生に対応してくれていたら…。

若干残念な部分もありまが、トータルとしては満足しています。
購入を検討されている方の参考になれば幸いです。

設置場所
寝室・自室
広さ
6〜7畳

参考になった24人(再レビュー後:24人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度4
デザイン5
高音の音質4
低音の音質4
機能性4
入出力端子3
サイズ5
満足しているが気になる部分も

PS5用に49NANO86JNAを購入し、4KUHDブルーレイやゲームの音に少し迫力が欲しくて購入しました。
Dolby Atmos・DTS:X対応機種で検討していたためソニーのHT-X8500と悩みましたが、個人的にこちらの方がデザインが好みだったのと、テレビがLGなので相性が良いだろうと思いSN7CYを選択しました。

【デザイン】
上にも書きましたが、スッキリしてシンプルなデザインで好感が持てます。
背面に搭載されているデュアルアクションバスも良いと思います。

【高音の音質】
澄み切った高音とまでは行きませんが、−5〜5までの範囲で調整が可能なので映画やゲームの用途では必要充分です。

ちなみにセンタースピーカー及び上部スピーカー(音量)-6〜6までの範囲で通常ボリュームとは別に調整可能。
高音域・低音域は-5〜5までの範囲で調整可能です。

【低音の音質】
上記の通り調整可能で、当方の場合6畳の室内での利用において低音が不足する感じはありません。

【機能性】
Dolby Atmos・DTS:X対応ではありますが、それはHDMIインで利用した場合であり、eARC接続の場合はテレビ側が対応している場合のみDolby Atmosの再生が可能です。

サウンドエフェクトモードはAI SOUND PRO、BASS BLAST、STANDARD、MOVIE、MUSICの計5種類から選択可能ですが、ナイトモードのようなものはありません。
上記でいうとSTANDARDがメリディアン社監修のチューニングモードとなります。

起動時に間関してはクイック起動モードで起動すれば数秒ですので特に気になることはありません。

【入出力端子】
4Kに対応したHDMIインとeARC対応HDMIアウトを備えていますが、HDMI2.1パススルーには対応していないため、当方の場合DTS:Xの再生はできなくなりますがテレビとはeARCで接続しています。(PS5をHDMIイン接続すると4K120FPS出力不可となるため)

あとはUSBタイプA入力端子が一つあり音楽の再生やファームウェアのアップデート時に利用します。

【サイズ】
全長89cmですのであと15cmほど長ければ良いなとは思いましたが、テレビが49インチですので特に問題ありません。
65インチ以上のテレビだと少し短く感じるのかもしれません。

【総評】
テレビのスピーカーより明らかに音質が向上し迫力も増し、デザインもシンプルで良いと思います。
なお、海外仕様のものは別売りでウーファーとリアスピーカーのセットが販売されており、拡張性も高いのですが、国内仕様のものは対応していません。

LGはテレビに関しては早い段階でHDMI2.1規格に準拠した機種をリリースしているのだから、このサウンドバーもHDMI2.1(4KHDR120hzパススルー)に対応してくれていたらと思いました。
せめてeARC接続でもDTS:Xの再生に対応してくれていたら…。

若干残念な部分もありまが、トータルとしては満足しています。
購入を検討されている方の参考になれば幸いです。

設置場所
寝室・自室
広さ
6〜7畳

参考になった0

満足度4
デザイン5
高音の音質4
低音の音質4
機能性4
入出力端子3
サイズ5
満足しているが気になる部分も

PS5用に49NANO86JNAを購入し、4KUHDブルーレイやゲームの音に少し迫力が欲しくて購入しました。
Dolby Atmos・DTS:X対応機種で検討していたためソニーのHT-X8500と悩みましたが、個人的にこちらの方がデザインが好みだったのと、テレビがLGなので相性が良いだろうと思いSN7CYを選択しました。

【デザイン】
上にも書きましたが、スッキリしてシンプルなデザインで好感が持てます。
背面に搭載されているデュアルアクションバスも良いと思います。

【高音の音質】
澄み切った高音とまでは行きませんが、−5〜5までの範囲で調整が可能なので映画やゲームの用途では必要充分です。

ちなみにセンタースピーカー及び上部スピーカー(音量)-6〜6までの範囲で通常ボリュームとは別に調整可能。
高音域・低音域は-5〜5までの範囲で調整可能です。

【低音の音質】
上記の通り調整可能で、当方の場合6畳の室内での利用において低音が不足する感じはありません。

【機能性】
Dolby Atmos・DTS:X対応ではありますが、それはHDMIインで利用した場合であり、eARC接続の場合はテレビ側が対応している場合のみDolby Atmosの再生が可能です。

サウンドエフェクトモードはAI SOUND PRO、BASS BLAST、STANDARD、MOVIE、MUSICの計5種類から選択可能ですが、ナイトモードのようなものはありません。
上記でいうとSTANDARDがメリディアン社監修のチューニングモードとなります。

起動時間関してはクイック起動モードで起動すれば数秒ですので特に気になることはありません。

【入出力端子】
4Kに対応したHDMIインとeARC対応HDMIアウトを備えていますが、HDMI2.1パススルーには対応していないため、当方の場合DTS:Xの再生はできなくなりますがテレビとはeARCで接続しています。(PS5をHDMIイン接続すると4K120FPS出力不可となるため)

あとはUSBタイプA入力端子が一つあり音楽の再生やファームウェアのアップデート時に利用します。

【サイズ】
全長89cmですのであと15cmほど長ければ良いなとは思いましたが、テレビが49インチですので特に問題ありません。
65インチ以上のテレビだと少し短く感じるのかもしれません。

【総評】
テレビのスピーカーより明らかに音質が向上し迫力も増し、デザインもシンプルで良いと思います。
なお、海外仕様のものは別売りでウーファーとリアスピーカーのセットが販売されており、拡張性も高いのですが、国内仕様のものは対応していません。

LGはテレビに関しては早い段階でHDMI2.1規格に準拠した機種をリリースしているのだから、このサウンドバーもHDMI2.1(4KHDR120hzパススルー)に対応してくれていたらと思いました。
せめてeARC接続でもDTS:Xの再生に対応してくれていたら…。

若干残念な部分もありまが、トータルとしては満足しています。
購入を検討されている方の参考になれば幸いです。

設置場所
寝室・自室
広さ
6〜7畳

参考になった0

満足度4
デザイン5
高音の音質4
低音の音質4
機能性4
入出力端子3
サイズ5
満足しているが気になる部分も

PS5用に49NANO86JNAを購入し、4KUHDブルーレイやゲームの音に少し迫力が欲しくて購入しました。
Dolby Atmos・DTS:X対応機種で検討していたためソニーのHT-X8500と悩みましたが、個人的にSこちらの方がデザインが好みだったのと、テレビがLGなので相性が良いだろうと思いSN7CYを選択しました。

【デザイン】
上にも書きましたが、スッキリしてシンプルなデザインで好感が持てます。
背面に搭載されているデュアルアクションバスも良いと思います。

【高音の音質】
澄み切った高音とまでは行きませんが、−5〜5までの範囲で調整が可能なので映画やゲームの用途では必要充分です。

ちなみにセンタースピーカー及び上部スピーカー(音量)-6〜6までの範囲で通常ボリュームとは別に調整可能。
高音域・低音域は-5〜5までの範囲で調整可能です。

【低音の音質】
上記の通り調整可能で、当方の場合6畳の室内での利用において低音が不足する感じはありません。

【機能性】
Dolby Atmos・DTS:X対応ではありますが、それはHDMIインで利用した場合であり、eARC接続の場合はテレビ側が対応している場合のみDolby Atmosの再生が可能です。

サウンドエフェクトモードはAI SOUND PRO、BASS BLAST、STANDARD、MOVIE、MUSICの計5種類から選択可能ですが、ナイトモードのようなものはありません。
上記でいうとSTANDARDがメリディアン社監修のチューニングモードとなります。

起動時間関してはクイック起動モードで起動すれば数秒ですので特に気になることはありません。

【入出力端子】
4Kに対応したHDMIインとeARC対応HDMIアウトを備えていますが、HDMI2.1パススルーには対応していないため、当方の場合DTS:Xの再生はできなくなりますがテレビとはeARCで接続しています。(PS5をHDMIイン接続すると4K120FPS出力不可となるため)

あとはUSBタイプA入力端子が一つあり音楽の再生やファームウェアのアップデート時に利用します。

【サイズ】
全長89cmですのであと15cmほど長ければ良いなとは思いましたが、テレビが49インチですので特に問題ありません。
65インチ以上のテレビだと少し短く感じるのかもしれません。

【総評】
テレビのスピーカーより明らかに音質が向上し迫力も増し、デザインもシンプルで良いと思います。
なお、海外仕様のものは別売りでウーファーとリアスピーカーのセットが販売されており、拡張性も高いのですが、国内仕様のものは対応していません。

LGはテレビに関しては早い段階でHDMI2.1規格に準拠した機種をリリースしているのだから、このサウンドバーもHDMI2.1(4KHDR120hzパススルー)に対応してくれていたらと思いました。
せめてeARC接続でもDTS:Xの再生に対応してくれていたら…。

若干残念な部分もありまが、トータルとしては満足しています。
購入を検討されている方の参考になれば幸いです。

設置場所
寝室・自室
広さ
6〜7畳

参考になった0

 
 
 
 
 
 

「SN7CY」の新着レビュー

レビュータイトル 満足度 投稿日時
シンプルデザイン  4 2022年1月28日 10:20
豪華な5ch構成で上品な音、コスパは極めて高い  4 2021年12月6日 00:04
満足しているが気になる部分も  4 2021年1月17日 23:40
ほぼ期待通り  4 2020年12月17日 22:23

SN7CYのレビューを見る(レビュアー数:4人)

あなたのレビューを投稿しませんか?

SN7CYのレビューを書く

この製品の最安価格を見る

SN7CY
LGエレクトロニクス

SN7CY

最安価格(税込):¥19,800発売日:2020年 8月 6日 価格.comの安さの理由は?

SN7CYをお気に入り製品に追加する <81

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(ホームシアター スピーカー)

ご注意