『学校行事・証明写真などの撮影をするのに必要十分を備える名機』 CANON EOS R6 ボディ 幼稚園専業写真屋さんのレビュー・評価

2020年 8月27日 発売

EOS R6 ボディ

  • 有効画素数約2010万画素フルサイズCMOSセンサー、映像エンジン「DIGIC X」を搭載した「EOS Rシステム」のフルサイズミラーレスカメラ。
  • 電子シャッターによる撮影時は最高約20コマ/秒の高速連写を実現。「デュアルピクセル CMOS AF II」による快適なAF性能を備えている。
  • 最大8.0段の手ブレ補正による快適な撮影が可能。4K/60Pの動画撮影ができ、臨場感のある映像表現を楽しめる。
EOS R6 ボディ 製品画像

拡大

※レンズは別売です

他の画像も見る
最安価格(税込):

¥184,980

(前週比:-97,691円↓) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

中古
最安価格(税込):
¥252,600 (111製品)


価格帯:¥184,980¥431,865 (63店舗) メーカー希望小売価格:オープン

店頭参考価格帯:¥184,980 〜 ¥301,950 (全国709店舗)最寄りのショップ一覧

付属レンズ

タイプ : ミラーレス 画素数:2140万画素(総画素)/2010万画素(有効画素) 撮像素子:フルサイズ/35.9mm×23.9mm/CMOS 重量:598g EOS R6 ボディのスペック・仕様

ご利用の前にお読みください

EOS R6 ボディ の後に発売された製品EOS R6 ボディとEOS R6 Mark II ボディを比較する

EOS R6 Mark II ボディ

EOS R6 Mark II ボディ

最安価格(税込): ¥356,400 発売日:2022年12月中旬

タイプ:ミラーレス 画素数:2560万画素(総画素)/2420万画素(有効画素) 撮像素子:フルサイズ/36mm×24mm/CMOS 重量:588g
 
  • EOS R6 ボディの価格比較
  • EOS R6 ボディの中古価格比較
  • EOS R6 ボディの買取価格
  • EOS R6 ボディの店頭購入
  • EOS R6 ボディのスペック・仕様
  • EOS R6 ボディの純正オプション
  • EOS R6 ボディのレビュー
  • EOS R6 ボディのクチコミ
  • EOS R6 ボディの画像・動画
  • EOS R6 ボディのピックアップリスト
  • EOS R6 ボディのオークション

EOS R6 ボディCANON

最安価格(税込):¥184,980 (前週比:-97,691円↓) 発売日:2020年 8月27日

  • EOS R6 ボディの価格比較
  • EOS R6 ボディの中古価格比較
  • EOS R6 ボディの買取価格
  • EOS R6 ボディの店頭購入
  • EOS R6 ボディのスペック・仕様
  • EOS R6 ボディの純正オプション
  • EOS R6 ボディのレビュー
  • EOS R6 ボディのクチコミ
  • EOS R6 ボディの画像・動画
  • EOS R6 ボディのピックアップリスト
  • EOS R6 ボディのオークション

『学校行事・証明写真などの撮影をするのに必要十分を備える名機』 幼稚園専業写真屋さん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

EOS R6 ボディのレビューを書く

幼稚園専業写真屋さん

  • レビュー投稿数:156件
  • 累計支持数:1438人
  • ファン数:24人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
24件
274件
レンズ
31件
127件
スマートフォン
13件
112件
もっと見る
満足度5
デザイン4
画質5
操作性5
バッテリー4
携帯性4
機能性5
液晶4
ホールド感5
学校行事・証明写真などの撮影をするのに必要十分を備える名機

お仕事で投入。

【デザイン】
悪くないです。
良くも悪くもキャノンのデザイン。
標準的な24mm-200mmくらいまでのレンズなら、バランスも悪くないです。

【画質】
2,000万画素もあれば、実務的なことには十分です。
高感度もEOS5Dmk4や6Dmk2から比べると、だいぶ改善されており、実務的機種として必要十分を備えています。

【操作性】
キャノン使いなら、慣れると思います。
ちょっと、ボタンやダイヤルのポジションが、見ないで慣れるのに戸惑ったけれど。
メニューも概ね、シリーズを踏襲していて、想定しやすかった。

【バッテリー】
新しいバッテリーですね。
ちょっと長く保つかな、と思ったけれど、2本必須ですね。
ICチップで、他メーカー(サードパーティの容量強化版)をはじくのは、感心しないけれど。

【携帯性】
案外、薄いことが貢献しています。
ミラーレスならでは。

【機能性】
そつなく、不満なく、多分、これが、これからのキャノン・ミラーレスのスタンダードになると思います。
動画もブレ補正が有効に、楽に録れます。
惜しむらくは、静止画のsRAWやmRAWが無くなってしまったことかな。

【液晶】
R5と見比べてはダメです。
でも、十分、綺麗なのでよく見ないと差は、分かりません。
タッチセンサーでグリグリ出来るのは、面白い。

【ホールド感】
間違いなく、キャノン使いなら、こんなもんかな、と思います。
手の大きい人は、小指が余るので、縦位置グリップ必須です。

【総評】
ずっとメインは、キャノンですから、価格がこなれるまで様子見でしたが、発売から半年して、不具合等の報告も改善されたようなので、実働現場に投入しています。
コロナで撮影そのものの件数が減っていることもあり、他機との比較とまでは確信が持てませんが、時代は、明らかにミラーレスが一部のトッププロを除き、主流になってくるであろう事は、実感出来ます。

また、私達がレンズ交換などで危惧していた、センサーへのホコリ侵入など、サブ機のソニー機などと比べて、メカニカルシャッター膜でセンサーを保護している仕組みを取り入れているところは、さすがカメラメーカーだな、と思わせます。

仕事で使用する場合、どうしてもレンズ交換が頻繁な現場もあり、複数台用意しても足らないことはあるので、そういう意味では、一台でバンバンレンズ交換しても、ホコリがセンサーに付きにくいだろうと心理的に思わせる仕組みは、私達を安心させます。
もちろん、絶対ではないので、本当は大差無いのかも知れませんが。

それから、この機が、スタンダートとなる理由は、SDカードダブルスロットだからです。
カメラメーカー主導の新規格メモリーは、ユーザーに無駄を強いるばかりで、規格製品(CFfastなど)が消えている段階で、もはや、ユーザーフレンドリーではありません。
SDカードの記録速度の進化もあって、一般ユーザーであれば、SDで十分と思われ、R5の様な一部の人向けに絶対速度の要求がない分、無駄なく使いやすく設計されているように思いました。

瞳フォーカースは、画角に対する顔の大きさが大きくなければピンが来ませんが、『顔』は認識して追いかけるので、AFボタン(シャッター)を押せば撮れます。
これは、ミラーレスになってからですが、証明写真(単独ポートレート)が楽になりました。
苦手は、園児が沢山走り回る中で、特定の子を撮ると言うのが、苦手です。
画面から、タッチして追いかける対象を記録してしまえば何でもないのですが、やはり一手間、どうしても要ります。
それでも、最先端技術機だと私は思います。

風景撮りの様な画素数を追いかけなければならない撮影を除き、家族のポートレートなど、一般的な用途であれば、むしろパソコンに無理を強いることもなく、撮影そのものも先端機とほぼ変わらないR6は、2021年9月現在でもお薦め出来ると思います。

これに24-240mmのズームレンズで、記録するだけの撮影なら、何でも撮影出来るでしょう。

縦位置グリップですが、長時間運用の方やタテ撮りの多い人には、あったほうが良いです。
ご多分に漏れず、デザイン的にグリップの厚み差が出てしまい、なんだかなぁーとは、思うのですが、これも慣れれば、こんなモノかな、と思うほど、昔のEosシリーズより落差は小さくなったと感じます。

そういう所の操作人にしっくり感じさせる技術は、ニコンさんの方が優れているかな。

R6は、単焦点で人とのコミュニケーションを取りながらスナップを撮っていくのに優れたカメラだと思います。

ひと頃ならば、ノーファインダー撮影は、それなりに訓練が要りましたけれど、今ではR6でほぼノーファインダーというか、ウェストレベルファインダーのように液晶を起こして、動作の流れの上で撮影が出来ています。
(もちろん、シャッタースピード設定などは必須です)

これほど、フォーカスが安定してくると、多少の無理な動作の撮影にもシンクロさせて撮ると言うチャレンジも出来ます。

ミラーレスの瞳にピンとが来るフォーカス機能が、人を撮る仕事では、これほどまでに領域を広げてくれるとは思いませんでした。
まだまだ、歩留まりが悪いこともありますが、進化すれば、人はカメラを気にすること無く【撮影し、撮影される】ようになるでしょう。

レベル
プロ

参考になった50人(再レビュー後:25人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度5
デザイン4
画質5
操作性5
バッテリー4
携帯性4
機能性5
液晶4
ホールド感5
学校行事・証明写真などの撮影をするのに必要十分を備える名機

お仕事で投入。

【デザイン】
悪くないです。
良くも悪くもキャノンのデザイン。
標準的な24〜200mmくらいまでのレンズなら、バランスも悪くないです。

【画質】
2,000万画素もあれば、実務的なことには十分です。
高感度もEOS5Dmk4や6Dmk2から比べると、だいぶ改善されており、実務的機種として必要十分を備えています。

【操作性】
キャノン使いなら、慣れると思います。
ちょっと、ボタンやダイヤルのポジションが、見ないで慣れるのに戸惑ったけれど。
メニューも概ね、シリーズを踏襲していて、想定しやすかった。

【バッテリー】
新しいバッテリーですね。
ちょっと長く保つかな、と思ったけれど、2本必須ですね。
ICチップで、他メーカー(サードパーティの容量強化版)をはじくのは、感心しないけれど。

【携帯性】
案外、薄いことが貢献しています。
ミラーレスならでは。

【機能性】
そつなく、不満なく、多分、これが、これからのキャノン・ミラーレスのスタンダードになると思います。
動画もブレ補正が有効に、楽に録れます。
惜しむらくは、静止画のsRAWやmRAWが無くなってしまったことかな。

【液晶】
R5と見比べてはダメです。
でも、十分、綺麗なのでよく見ないと差は、分かりません。
タッチセンサーでグリグリ出来るのは、面白い。

【ホールド感】
間違いなく、キャノン使いなら、こんなもんかな、と思います。
手の大きい人は、小指が余るので、縦位置グリップ必須です。

【総評】
ずっとメインは、キャノンですから、価格がこなれるまで様子見でしたが、発売から半年して、不具合等の報告も改善されたようなので、実働現場に投入しています。
コロナで撮影そのものの件数が減っていることもあり、他機との比較とまでは確信が持てませんが、時代は、明らかにミラーレスが一部のトッププロを除き、主流になってくるであろう事は、実感出来ます。

また、私達がレンズ交換などで危惧していた、センサーへのホコリ侵入など、サブ機のソニー機などと比べて、メカニカルシャッター膜でセンサーを保護している仕組みを取り入れているところは、さすがカメラメーカーだな、と思わせます。

仕事で使用する場合、どうしてもレンズ交換が頻繁な現場もあり、複数台用意しても足らないことはあるので、そういう意味では、一台でバンバンレンズ交換しても、ホコリがセンサーに付きにくいだろうと心理的に思わせる仕組みは、私達を安心させます。
もちろん、絶対ではないので、本当は大差無いのかも知れませんが。

それから、この機が、スタンダートとなる理由は、SDカードダブルスロットだからです。
カメラメーカー主導の新規格メモリーは、ユーザーに無駄を強いるばかりで、規格製品(CFfastなど)が消えている段階で、もはや、ユーザーフレンドリーではありません。
SDカードの記録速度の進化もあって、一般ユーザーであれば、SDで十分と思われ、R5の様な一部の人向けに絶対速度の要求がない分、無駄なく使いやすく設計されているように思いました。

瞳フォーカースは、画角に対する顔の大きさが大きくなければピンが来ませんが、『顔』は認識して追いかけるので、AFボタン(シャッター)を押せば撮れます。
これは、ミラーレスになってからですが、証明写真(単独ポートレート)が楽になりました。
苦手は、園児が沢山走り回る中で、特定の子を撮ると言うのが、苦手です。
画面から、タッチして追いかける対象を記録してしまえば何でもないのですが、やはり一手間、どうしても要ります。
それでも、最先端技術機だと私は思います。

風景撮りの様な画素数を追いかけなければならない撮影を除き、家族のポートレートなど、一般的な用途であれば、むしろパソコンに無理を強いることもなく、撮影そのものも先端機とほぼ変わらないR6は、2021年9月現在でもお薦め出来ると思います。

これに24-240mmのズームレンズで、記録するだけの撮影なら、何でも撮影出来るでしょう。

レベル
プロ

参考になった25

 
 
 
 
 
 

あなたのレビューを投稿しませんか?

EOS R6 ボディのレビューを書く

この製品の最安価格を見る

EOS R6 ボディ
CANON

EOS R6 ボディ

最安価格(税込):¥184,980発売日:2020年 8月27日 価格.comの安さの理由は?

EOS R6 ボディをお気に入り製品に追加する <1992

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(デジタル一眼カメラ)

ご注意