『1年間使ってみて』 CANON EOS R6 ボディ 113_maniaさんのレビュー・評価

2020年 8月27日 発売

EOS R6 ボディ

  • 有効画素数約2010万画素フルサイズCMOSセンサー、映像エンジン「DIGIC X」を搭載した「EOS Rシステム」のフルサイズミラーレスカメラ。
  • 電子シャッターによる撮影時は最高約20コマ/秒の高速連写を実現。「デュアルピクセル CMOS AF II」による快適なAF性能を備えている。
  • 最大8.0段の手ブレ補正による快適な撮影が可能。4K/60Pの動画撮影ができ、臨場感のある映像表現を楽しめる。
EOS R6 ボディ 製品画像

拡大

※レンズは別売です

他の画像も見る
最安価格(税込):

¥294,999

(前週比:-6,406円↓) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

¥294,999

駿河屋

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

中古
最安価格(税込):
¥270,800 (31製品)


価格帯:¥294,999¥421,822 (41店舗) メーカー希望小売価格:オープン

店頭参考価格帯:¥301,950 〜 ¥301,950 (全国701店舗)最寄りのショップ一覧

付属レンズ

タイプ : ミラーレス 画素数:2140万画素(総画素)/2010万画素(有効画素) 撮像素子:フルサイズ/35.9mm×23.9mm/CMOS 重量:598g EOS R6 ボディのスペック・仕様

ご利用の前にお読みください

 
  • EOS R6 ボディの価格比較
  • EOS R6 ボディの中古価格比較
  • EOS R6 ボディの買取価格
  • EOS R6 ボディの店頭購入
  • EOS R6 ボディのスペック・仕様
  • EOS R6 ボディの純正オプション
  • EOS R6 ボディのレビュー
  • EOS R6 ボディのクチコミ
  • EOS R6 ボディの画像・動画
  • EOS R6 ボディのピックアップリスト
  • EOS R6 ボディのオークション

EOS R6 ボディCANON

最安価格(税込):¥294,999 (前週比:-6,406円↓) 発売日:2020年 8月27日

  • EOS R6 ボディの価格比較
  • EOS R6 ボディの中古価格比較
  • EOS R6 ボディの買取価格
  • EOS R6 ボディの店頭購入
  • EOS R6 ボディのスペック・仕様
  • EOS R6 ボディの純正オプション
  • EOS R6 ボディのレビュー
  • EOS R6 ボディのクチコミ
  • EOS R6 ボディの画像・動画
  • EOS R6 ボディのピックアップリスト
  • EOS R6 ボディのオークション

『1年間使ってみて』 113_maniaさん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

EOS R6 ボディのレビューを書く

113_maniaさん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:47人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
1件
0件
スマートフォン
1件
0件
もっと見る
満足度4
デザイン4
画質4
操作性3
バッテリー2
携帯性5
機能性4
液晶2
ホールド感2
1年間使ってみて

・デザイン
従来の一眼レフをそのまま細くしたようなデザインで好感が持てました 材質は30万円にしては安っぽく見えますが握った時の質感はこれまで使った事がある一眼レフと同じで安っぽさや不快感は全く感じませんでした

・画質
これまで使った事がある一眼レフ(EOS 70D等)はisoを800以上まで上げて撮ると私の感覚ではノイズだらけで画質がとても粗く感じるので極力それ以下に設定していたのですが、このカメラではisoを5000辺りまで上げて画質が荒くなる設定でraw現像しても画質の粗さは感じられず高感度耐性には大満足しています また輪郭がくっきりと写る高めの解像度にも満足です 発色は曇った時でも茶色ぽくならず自然な色になるのが嬉しいです

ただ画素数は2000万画素と十分ではあるがトリミングの為に3000万画素まで欲しかったのと、晴れた時の発色が自然だがやや控えめな色に感じるのが不満点

・操作性
ボタン1個でisoを変えられる点はとても便利に思います ボタンの配置はこれまで使った事がある一眼レフと同じでは無いが似ているので使い方は思ったよりも覚えやすかった

・バッテリー
思ったよりは持つ 従来のLP-E6やその中華製も使えるのは嬉しい

しかしこれまで使った事がある一眼レフを旧型のLP-E6で使う時と比べて半分程度しか使えない、旧型のLP-E6では高速連続撮影+が使えず連写も全く速くないのが不満点

・携帯性
かなり軽い ハスキーや重いレンズと一緒に持って歩く際はその軽さに驚きました

・機能性
標準レンズを使って揺れる暗い電車の車内で撮影しても全くブレない手振れ補正と合わせ続けられるAF性能には驚きました 動体撮影では7割は合ってくれるAF性能にも満足 また速い鉄道を編成写真で撮る際にRAWで連射しても使えるカットが必ずある程早い連射速度にも満足しています

以前は連射中に突然全体的にボケてまたピントが合う事が稀にあり、最近はフォーカスエリアに入った大きな被写体ではなく背景にピントを合わせ続ける後ピンになる事があるのが不満点 また大きな速い被写体を狙った動体撮影においてピントを手前側に移動させながら被写体の先頭にピントを合わせ続ける速度がやや遅いのではないかと感じる事もあった アップデートで強化されると嬉しいですが・・・ 標準レンズでは問題ないが望遠レンズを使って低いシャッタースピードで撮る時はまだまだブレやすい、シャッターのタイムラグがありこれまで使った事がある一眼レフよりもシャッターが下りるのがワンテンポ遅い、領域拡大AFやゾーンAF等は広さを変更出来ないので大きな被写体を近くで撮影する時にフォーカスエリアが狭く感じる事があるのも不満点 ミラーレスがデジタル一眼レフをあらゆる面で完全に凌駕した訳ではない事も実感できました

・液晶
EVFは全く違和感がないどころかむしろ見やすいと感じ、目が疲れる事もありませんでした 背面液晶は高画質でタッチ感度も高くバリアングルモニターとして使えるのでイベント等で人混みの後ろから手を伸ばして撮影する等が出来て使いやすい

しかしEVFは連射時にかくついて見える、背面液晶で写真を見る為に顔や手を近づけるとすぐにEVFでの表示に切り替えられてしまうのが不満点 目をすぐ近くまで近づけてから切り替えるようにして欲しい

・ホールド感
どこかしっくりこない、手のスペースが余っている様に感じられこれまで使った事がある一眼レフのような適度なグリップ感ではなかったのが不満点

・それ以外で使っていて不満に思う点
RFマウントのキャップは付ける際に噛み合う地点が1箇所だけで不便
RFマウントの他社製レンズが少ないのも不満に感じる EFマウントの他社製レンズならどうだろうと友人から借りてみたが映像が映るだけでAFも効かず、映像すら映らない事もあった
デフォの設定ではレンズのボタンをMFに設定していても本体の電源をオフにすると中のレンズが動き置きピンが解除されるのも不満に感じる これは「電源オフ時のレンズ収納」をオフにする殊によって置きピンが出来るようになるが知らない友人も多かったのでデフォの設定を変更するか付属の説明書に大きく書くべきだと思う


・総評
フルサイズの画質の良さと解像度の高さ、aps-cのピントの合いやすさとフォーカスエリアの広さを兼ね揃えたハイアマチュアでは1番の性能のカメラだと思う ただ「新標準」なら20〜25万円で売って欲しかった フラッグシップは買えないが不満がある今の機材を置き換えレンズ資産を活かしてより確実に写真を撮りたい人にぴったりだと思う

レベル
初心者
主な被写体
風景
スポーツ
その他

参考になった41人(再レビュー後:13人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度4
デザイン4
画質4
操作性3
バッテリー2
携帯性5
機能性4
液晶2
ホールド感2
半年間使ってみて

・デザイン
従来の一眼レフをそのまま細くしたようなデザインで好感が持てました
見た目は30万円にしては安っぽく見えますが、握った時の質感はこれまで使った事がある一眼レフと同じで安っぽさや不快感は全く感じませんでした

・画質
これまで使ってきたデジタル一眼レフではisoを1000以上まで上げて撮ると(私の感覚では)ノイズだらけで画質がとても粗くと感じるので極力それ以下に設定していたのですが、このカメラではisoを2000辺りまで上げても画質の粗さは全く感じられずあたかもiso300程度で撮影したかの様に感じられる程で高感度耐性には大満足しています また輪郭がくっきりと写る高めの解像度にも満足です 発色は曇った時でも自然な色になるのが嬉しいです
ただ2000万という画素数は必要最低限であるもののあまり十分と思えない また晴れた時の発色は自然だが思ったほど鮮やかではなく少し控えめな色に思えた

・操作性
ボタン1個でisoを変えられる点はとても有難い ボタンの配置はこれまで使ってきたデジタル一眼レフと似ているので使い方は思ったよりも覚えやすかった
しかしこれまで使ってきたデジタル一眼レフと微妙にボタンの配置が違うので別の製品と同時に使う時に混乱してしまうのが不満点 配置をカスタマイズ出来るらしいが同じ会社の製品ならボタンの配置は共通にして貰いたい

・バッテリー
思ったよりは持つ
しかし、これまで使ってきたデジタル一眼レフと比較すると半分より少し長い時間しか使えないように思える 従来のLP-E6とその中華製を予備として用いる事も可能だったが、旧式のバッテリーでは高速連続撮影+は使えず連写も全く速くありませんでした

・携帯性
かなり軽い ハスキーや重いレンズと一緒に持って歩く際はその軽さに驚きました

・機能性
揺れる電車の暗い車内で撮影しても全くブレない手振れ補正と合わせ続けられるAF性能には驚きました 特に動体を撮っても7〜8割は合ってくれるAF性能はこれまで使ってきたデジタル一眼レフとは比べ物にならない程向上している様に思えました また鉄道を編成写真で撮る際にRAWで連射しても使えるカットが必ずある程早い連射速度にも満足しています
ただこのカメラでもピントを外す時は外し、これは少ないですがブレる時はブレます ピントが外れる時は合っていたのに途中で外れて全体的にボケてしまいまたピントが合う事が多い様に感じられます アップデートで強化されると嬉しいですが・・・ これまで使ってきたデジタル一眼レフよりもシャッターのタイムラグがありシャッターが下りるのがワンテンポ遅いように感じました 特に流し撮りが撮りづらく、ミラーレスがデジタル一眼レフをあらゆる面で完全に凌駕した訳ではない事も実感できました

・液晶
EVFは全く違和感がないどころかむしろ見やすいと感じます 目が疲れる事もありませんでした 背面液晶は高画質でタッチ感度も高い またこの液晶はバリアングルモニターとして使えイベント等で人混みの後ろから手を伸ばして撮影する等出来るので使いやすい
しかしEVFは高速連続撮影+時にかなりかくついて見える、背面液晶で写真を見る為に顔や手を近づけるとすぐにEVFでの表示に切り替えられてしまうのが不満点 目をすぐ近くまで近づけてからEVFに切り替えるようにして欲しい

・ホールド感
どこかしっくりこない、手のスペースが余っている様に感じられ従来の一眼レフのような適度なグリップ感ではなかった

・使っていてそれ以外で個人的に不満に思う点
新しいタイプのキャップは付ける際に噛み合う地点が1箇所だけで不便
RFマウントの他社製レンズが少ないのも不満に感じる EFマウントの他社製レンズならどうだろうと友人から借りてみたが映像が映るだけでAFも効かず、映像すら映らない事もあった
これはこれまでの製品でも感じた事だがカメラを水平の状態でバッテリーのストッパーを外すとバッテリーが一気に出てきてしまうのも改善して欲しい

・総評
新標準なら20〜25万円に設定して欲しかったが値段分かそれ以上の性能がある フラッグシップは買えないが今の機材を置き換えてより確実に写真を撮りたい人にぴったりだと思う


・補足
ブロワーで取れないセンサーのゴミを取る際に、先端に付いたゴムでゴミを取り除く器具を使ったのですがゴムの一部が剥がれてセンサーに付着し取れなくなった事がありました 私の場合は工場でのセンサークリーニングで取れましたが、センサーユニット交換となった場合は9万円必要と聞いたのでメーカーに頼む方が絶対に良いです

レベル
初心者
主な被写体
風景
その他

参考になった17

満足度4
デザイン4
画質4
操作性3
バッテリー2
携帯性5
機能性4
液晶2
ホールド感2
半年間使ってみて

・デザイン
従来の一眼レフをそのまま細くしたようなデザインで好感が持てました
見た目は30万円にしては安っぽく見えますが、握った時の質感はこれまで使った事がある一眼レフと同じで安っぽさや不快感は全く感じませんでした

・画質
これまで使ってきたデジタル一眼レフではisoを1000以上まで上げて撮ると(私の感覚では)ノイズだらけで画質がとても粗くと感じるので極力それ以下に設定していたのですが、このカメラではisoを2000辺りまで上げても画質の粗さは全く感じられずあたかもiso300〜500程度で撮影したかの様に感じられる程で高感度耐性には大満足しています また輪郭がくっきりと写る高い解像度にも満足 色は曇った時でも自然な色になるのが嬉しいですが、晴れた時は思ったよりも鮮やかではない?様に思えた
ただ2000万という画素数は必要最低限であるもののあまり十分と思えない

・操作性
ボタン1個でisoを変えられる点はとても有難い ボタンの配置はこれまで使ってきたデジタル一眼レフと似ているので使い方は思ったよりも覚えやすかった
しかしこれまで使ってきたデジタル一眼レフと微妙にボタンの配置が違うので別の製品と同時に使う時に混乱してしまうのが不満点 配置をカスタマイズ出来るらしいが同じ会社の製品くらいはボタンの配置を共通にして貰いたい

・バッテリー
思ったよりは持つが、これまで使ってきたデジタル一眼レフと比較すると半分程度しか持たないように思える 2日間使ったらで半分以下しか残っておらず、3日間までギリギリ使える事が多い 従来のLP-E6とその中華製を予備として用いる事も可能でした しかし旧式のバッテリーでは高速連続撮影+は使えず、また連写は全く速くありませんでした

・携帯性
かなり軽い ハスキーや重いレンズと一緒に持って歩く際はその軽さに驚きました

・機能性
揺れる電車の暗い車内で撮影しても全くブレない手振れ補正と合わせ続けられるAF性能には驚きました 特に動体を撮っても7〜8割は合ってくれるAF性能はこれまで使ってきたデジタル一眼レフとは比べ物にならない程向上している様に思えました また鉄道を編成写真で撮る際にRAWで連射しても使えるカットが必ずある程早い連射速度にも満足しています
ただこのカメラでもピントを外す時は外し、これは少ないですがブレる時はブレます ピントが外れる時は合っていたのに途中で外れて全体的にボケてしまいまたピントが合う事が多い様に感じられます アップデートで強化されると嬉しいですが・・・ これまで使ってきたデジタル一眼レフよりもシャッターのタイムラグがありシャッターが下りるのがワンテンポ遅いとも感じました 特に流し撮りが撮りづらく、ミラーレスがデジタル一眼レフをあらゆる面で完全に凌駕した訳ではない事も実感できました

・液晶
EVFは全く違和感がないどころかむしろ見やすいと感じます 目が疲れる事もありませんでした 背面液晶は高画質でタッチ感度も高い またこの液晶はバリアングルモニターとして使えイベント等で人混みの後ろから手を伸ばして撮影する等出来るので使いやすい
しかしEVFは高速連続撮影+時にかなりかくついて見える、背面液晶で写真を見る為に顔を近づけるとすぐにEVFでの表示に切り替えられてしまうのが不満点 目をすぐ近くまで近づけてからEVFに切り替えるようにして欲しい

・ホールド感
持てない事はないがどこかしっくりこない、手のスペースが余っている様に感じられ従来の一眼レフのような適度なグリップ感ではなかった

・使っていてそれ以外で個人的に不満に思う点
新しいタイプのキャップは付ける際に噛み合う地点が1箇所だけで不便
RFマウントの他社製レンズが少ないのも不満に感じる EFマウントの他社製レンズならどうだろうと友人から借りてみたが映像が映るだけでAFも効かず、映像すら映らない事もあった

・総評
新標準なら20〜25万円に設定して欲しかったが値段分かそれ以上の性能がある フラッグシップは買えないが今の機材を置き換えてより確実に写真を撮りたい人にぴったりだと思う


・補足
ブロワーで取れないセンサーのゴミを取る際に、先端に付いたゴムでゴミを取り除く器具を使ったのですがゴムの一部が剥がれてセンサーに付着し取れなくなった事がありました 私の場合は工場でのセンサークリーニングで取れましたが、センサーユニット交換となった場合は9万円必要と聞いたのでメーカーに頼む方が絶対に良いです

レベル
初心者
主な被写体
風景
その他

参考になった9

満足度4
デザイン4
画質4
操作性3
バッテリー2
携帯性5
機能性4
液晶3
ホールド感2
半年間使ってみて

・デザイン
従来の一眼レフをそのまま細くしたようなデザインで好感が持てました
見た目は30万円にしては安っぽく見えますが、握った時の質感はこれまで使った事がある一眼レフと同じで安っぽさや不快感は全く感じませんでした

・画質
これまで使ってきたデジタル一眼レフではisoを1000以上まで上げて撮ると(私の感覚では)ノイズだらけで画質がとても粗くと感じるので極力それ以下に設定していたのですが、このカメラではisoを2000辺りまで上げても画質の粗さは全く感じられずあたかもiso300〜500程度で撮影したかの様に感じられる程で高感度耐性には大満足しています また輪郭がくっきりと写る高い解像度にも満足 色は曇った時でも自然な色になるのが嬉しいですが、晴れた時は思ったよりも鮮やかではない?様に思えた
ただ2000万という画素数は必要最低限であるもののあまり十分と思えない

・操作性
ボタン1個でisoを変えられる点はとても有難い ボタンの配置はこれまで使ってきたデジタル一眼レフと似ているので使い方は思ったよりも覚えやすかった

・バッテリー
思ったよりは持つがこれまで使ってきたデジタル一眼レフと比較すると半分しか持たないように思える 2日間使ったらで半分以下しか残っておらず、3日間までギリギリ使える事が多い 従来のLP-E6とその中華製を予備として用いる事も可能でしたが、旧式のバッテリーでは高速連続撮影+は使えず、また連写は全く早くありませんでした

・携帯性
かなり軽い ハスキーや重いレンズと一緒に持って歩く際はその軽さに驚きました

・機能性
揺れる電車の暗い車内で撮影しても全くブレない手振れ補正と合わせ続けられるAF性能には驚きました 特に動体を撮っても7〜8割は合ってくれるAF性能はこれまで使ってきたデジタル一眼レフとは比べ物にならない程向上している様に思えました また鉄道を編成写真で撮る際にRAWで連射しても使えるカットが必ずある程早い連射速度にも満足しています
ただこのカメラでもピントを外す時は外し、これは少ないですがブレる時はブレます ピントが外れる時は合っていたのに途中で外れて全体的にボケてしまいまたピントが合う事が多い様に感じられます バージョンアップで強化されると嬉しいですが・・・ またこれまで使ってきたデジタル一眼レフよりもシャッターのタイムラグがあると感じました 特に流し撮りが撮りづらくミラーレスがデジタル一眼レフをあらゆる面で完全に凌駕した訳ではない事も実感できました

・液晶
EVFは全く違和感がないどころかむしろ見やすいと感じます 目が疲れる事もありませんでした 背面液晶は高画質でタッチ感度も高いと思えました この液晶はバリアングルモニターとして使えイベント等で人混みの後ろから手を伸ばして撮影出来るので有難い
しかしEVFは高速連続撮影+時にかなりかくついて見える、背面液晶で写真を見る為に顔を近づけるとすぐにEVFでの表示に切り替えられてしまうのが不満点

・ホールド感
持てない事はないがどこかしっくりこない、手のスペースが余っている様に感じられ従来の一眼レフのような適度なグリップ感ではなかった

・それ以外で個人的に不満に思う点
新しい形のキャップは付ける際に噛み合う地点が1箇所だけで不便

・総評
新標準なら20〜25万円に設定して欲しかったが値段分かそれ以上の性能がある フラッグシップは買えないが今の機材を置き換えてより確実に写真を撮りたい人にぴったりだと思う


・補足
ブロワーで取れないセンサーのゴミを取る際に、先端に付いたゴムでゴミを取り除く器具を使ったのですがゴムの一部が剥がれてセンサーに付着し取れなくなった事がありました 私の場合は工場でのセンサークリーニングで取れましたが、センサーユニット交換となった場合は9万円必要と聞いたのでメーカーに頼む方が絶対に良いです

レベル
初心者
主な被写体
風景
その他

参考になった2

満足度4
デザイン4
画質4
操作性3
バッテリー2
携帯性5
機能性4
液晶3
ホールド感2
半年間使ってみて

・デザイン
従来の一眼レフをそのまま細くしたようなデザインで好感が持てました
見た目は30万円にしては安っぽく見えますが、握った時の質感はこれまで使った事がある一眼レフと同じで安っぽさや不快感は全く感じませんでした

・画質
これまで使ってきたデジタル一眼レフではisoを1000以上まで上げて撮ると(私の感覚では)ノイズだらけで画質がとても粗くと感じるので極力それ以下に設定していたのですが、このカメラではisoを2000辺りまで上げても画質の粗さは全く感じられずあたかもiso300〜500程度で撮影したかの様に感じられる程で高感度耐性には大満足しています また輪郭がくっきりと写る高い解像度にも満足 色は曇った時でも自然な色になるのが嬉しいですが、晴れた時は思ったよりも鮮やかではない?様に思えた
ただ2000万という画素数は必要最低限であるもののあまり十分と思えない

・操作性
ボタン1個でisoを変えられる点はとても有難い ボタンの配置はこれまで使ってきたデジタル一眼レフと似ているので使い方は思ったよりも覚えやすかった

・バッテリー
思ったよりは持つがこれまで使ってきたデジタル一眼レフと比較すると半分しか持たないように思える 2日間使ったらで半分以下しか残っておらず、3日間までギリギリ使える事が多い 従来のLP-E6とその中華製を予備として用いる事も可能でしたが、旧式のバッテリーでは高速連続撮影+は使えず、また連写は全く早くありませんでした

・携帯性
かなり軽い ハスキーや重いⅬレンズと一緒に持って歩く際はその軽さに驚きました

・機能性
揺れる電車の暗い車内で撮影しても全くブレない手振れ補正と合わせ続けられるAF性能には驚きました 特に動体を撮っても7〜8割は合ってくれるAF性能はこれまで使ってきたデジタル一眼レフとは比べ物にならない程向上している様に思えました また鉄道を編成写真で撮る際にRAWで連射しても使えるカットが必ずある程早い連射速度にも満足しています
ただこのカメラでもピントを外す時は外し、これは少ないですがブレる時はブレます ピントが外れる時は合っていたのに途中で外れて全体的にボケてしまいまたピントが合う事が多い様に感じられます バージョンアップで強化されると嬉しいですが・・・ またこれまで使ってきたデジタル一眼レフよりもシャッターのタイムラグがあると感じました 特に流し撮りが撮りづらくミラーレスがデジタル一眼レフをあらゆる面で完全に凌駕した訳ではない事も実感できました

・液晶
EVFは全く違和感がないどころかむしろ見やすいと感じます 目が疲れる事もありませんでした 背面液晶は高画質でタッチ感度も高いと思えました この液晶はバリアングルモニターとして使えイベント等で人混みの後ろから手を伸ばして撮影出来るので有難い
しかしEVFは高速連続撮影+時にかなりかくついて見える、背面液晶で写真を見る為に顔を近づけるとすぐにEVFでの表示に切り替えられてしまうのが不満点

・ホールド感
持てない事はないがどこかしっくりこない、手のスペースが余っている様に感じられ従来の一眼レフのような適度なグリップ感ではなかった

・それ以外で個人的に不満に思う点
新しい形のキャップは付ける際に噛み合う地点が1箇所だけで不便

・総評
新標準なら20〜25万円に設定して欲しかったが値段分かそれ以上の性能がある フラッグシップは買えないが今の機材を置き換えてより確実に写真を撮りたい人にぴったりだと思う


・補足
ブロワーで取れないセンサーのゴミを取る際に、先端に付いたゴムでゴミを取り除く器具を使ったのですがゴムの一部が剥がれてセンサーに付着し取れなくなった事がありました 私の場合は工場でのセンサークリーニングで取れましたが、センサーユニット交換となった場合は9万円必要と聞いたのでメーカーに頼む方が絶対に良いです

レベル
初心者
主な被写体
風景
その他

参考になった0

 
 
 
 
 
 

あなたのレビューを投稿しませんか?

EOS R6 ボディのレビューを書く

この製品の最安価格を見る

EOS R6 ボディ
CANON

EOS R6 ボディ

最安価格(税込):¥294,999発売日:2020年 8月27日 価格.comの安さの理由は?

EOS R6 ボディをお気に入り製品に追加する <1958

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(デジタル一眼カメラ)

ご注意