『Bセグメント車としては優秀だがBEVとしては物足りない』 プジョー 208 2020年モデル 宮城賢太郎さんのレビュー・評価

このページの先頭へ

『Bセグメント車としては優秀だがBEVとしては物足りない』 宮城賢太郎さん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

208 2020年モデルのレビューを書く

宮城賢太郎さん

  • レビュー投稿数:7件
  • 累計支持数:36人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

カーナビ
0件
8件
自動車(本体)
3件
5件
プロジェクタ
1件
4件
もっと見る
満足度4
エクステリア5
インテリア4
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費4
価格4
Bセグメント車としては優秀だがBEVとしては物足りない
   

   

【エクステリア】
Bセグメントとしては高級感があり、ライオンの牙を模したデイタイム・ランニング・ランプをアクセントとした独自性のある外観を気に入っています。
せっかくのBEVなのにフロントにトランクがないのが残念です。まあコンパクトカーなので実用に足るほどの空間を確保できないのでしょうね。
【インテリア】
3D i-Cockpitは視認性は良好ですが、画面選択の操作性は良いとは言えません。308でもそうでしたがですがアダプテッド・クルーズコントロールのレバーによる作動や調節が直感的にわかりづらく、結果として使うことがほとんどない状況です。この点はテスラ車の方が圧倒的に使いやすいです。
助手席のグローブボックス容量が少なく車検証も入れられないのはプジョーのお約束ですね。
買った当初はシートヒーターの設定がなく選べなかったのですが、その後に追加されたのが残念です。
【エンジン性能】
モーター駆動ですが、街乗りであればエコモードでも十分実用的です。回生ブレーキについてはワンペダルとは言わないまでももう少し強い設定を選べると嬉しかったです。
【走行性能】
低重心のため車体の安定感があり、何の不安もなく走れます。
【乗り心地】
長距離を走ったことはありませんが、使用範囲では問題ありません。
【燃費】
車体やアプリから電費を確認できませんが、充電量に対する走行距離からは想定範囲と思われます。
【価格】
内燃機関車に比べれば高価ですが、50kWhのバッテリーを積んだ車としては納得できる価格です。
【総評】
プジョーが初めて発売したBEVのためか、実用上は支障ありませんが、内燃機関車と車体を共用しているためBEVとしての訴求力が弱いように感じます。車体でバッテリ残量を確認しづらいこと、充電プラグを挿すときに外・内カバーの二つを開ける必要があるなど、インターフェイスや操作性がこなれていないように思います。アプリ「MyPeugeot」(これ自体、スマートフォンとの接続設定がわかりづらく大変でした)でできるのは予約充電やエアコンのプレコンディショニングくらいしかなく、内燃機関車に対する利便性の向上が小さく、専用プラットフォームを使っていると思われるFIATの500eやVWのiD.3に比べると未来感が今一つです。購入時点(2020年秋)では日本におけるBセグメントのBEVがこれしかなかったので選択の余地がありませんでしたが、2022年以降であれば前2車の方を選んだかもしれません。

乗車人数
1人
使用目的
通勤・送迎
買い物
頻度
毎日
重視項目
高級感
快適性
レビュー対象車
新車
購入時期
2020年9月
購入地域
宮城県

新車価格
389万円
本体値引き額
0円
オプション値引き額
0円

208の値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった5

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
 
 
 
 
 
 

あなたのレビューを投稿しませんか?

208 2020年モデルのレビューを書く

この製品の価格を見る

208 2020年モデル
プジョー

208 2020年モデル

新車価格:278〜502万円

中古車価格:218〜380万円

208 2020年モデルをお気に入り製品に追加する <122

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

208HBの中古車 (全2モデル/433物件)

この車種とよく比較される車種の中古車

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(自動車(本体))

ご注意