『Seasonic製電源が13000円で』 NZXT Cシリーズ C850 NP-C850M-JP Tofuokaraさんのレビュー・評価

2020年 6月12日 発売

Cシリーズ C850 NP-C850M-JP

Cシリーズ C850 NP-C850M-JP 製品画像

拡大

最安価格(税込):

¥18,687

(前週比:-13円↓) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

¥18,687

Amazon.co.jp

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥18,687¥19,887 (2店舗) メーカー希望小売価格(税別):¥14,600

店頭参考価格帯:¥― (全国3店舗)最寄りのショップ一覧

対応規格:ATX12V v2.4/EPS12V v2.92 電源容量:850W 80PLUS認証:Gold サイズ:150x150x86mm Cシリーズ C850 NP-C850M-JPのスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • Cシリーズ C850 NP-C850M-JPの価格比較
  • Cシリーズ C850 NP-C850M-JPの店頭購入
  • Cシリーズ C850 NP-C850M-JPのスペック・仕様
  • Cシリーズ C850 NP-C850M-JPのレビュー
  • Cシリーズ C850 NP-C850M-JPのクチコミ
  • Cシリーズ C850 NP-C850M-JPの画像・動画
  • Cシリーズ C850 NP-C850M-JPのピックアップリスト
  • Cシリーズ C850 NP-C850M-JPのオークション

Cシリーズ C850 NP-C850M-JPNZXT

最安価格(税込):¥18,687 (前週比:-13円↓) 発売日:2020年 6月12日

  • Cシリーズ C850 NP-C850M-JPの価格比較
  • Cシリーズ C850 NP-C850M-JPの店頭購入
  • Cシリーズ C850 NP-C850M-JPのスペック・仕様
  • Cシリーズ C850 NP-C850M-JPのレビュー
  • Cシリーズ C850 NP-C850M-JPのクチコミ
  • Cシリーズ C850 NP-C850M-JPの画像・動画
  • Cシリーズ C850 NP-C850M-JPのピックアップリスト
  • Cシリーズ C850 NP-C850M-JPのオークション
ユーザーレビュー > パソコン > 電源ユニット > NZXT > Cシリーズ C850 NP-C850M-JP

『Seasonic製電源が13000円で』 Tofuokaraさん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

Cシリーズ C850 NP-C850M-JPのレビューを書く

Tofuokaraさん

  • レビュー投稿数:9件
  • 累計支持数:27人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

キーボード
3件
0件
マウス
1件
0件
CPU
1件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン4
容量5
安定性無評価
静音性5
コネクタ数4
サイズ5
Seasonic製電源が13000円で

【デザイン】
シンプルながら凹み加工が施されていたり優れたデザインだと思います。ただ今どきのケースは大抵PSUシュラウドを備えているため、電源のデザインを気にする人は少ないでしょうね。一つ残念なのは、下から吸気するレイアウトの場合、上方吸気のためにケースに用意されているスリットから仕様の書いてあるラベルが見えてしまう点です。透明なケースを使用している方は気になるかもしれません。

【容量】
用途に応じて650、750、850から選べます。550Wが無いのは珍しいですが十分充実したラインナップです。

【安定性】
耐久性も含め一番大事なポイントですが、長期間使っていかないとわからないため無評価とします。10年保証を謳っているため期待しています。もっとも、10年後に壊れたとしてどのようなサポートになるのか気になるところではあります。
ゲームをしているときに軽く12Vの電圧の変動を見てみましたが本当に安定していて、安物との格の違いを見せつけられました。

【静音性】
120mmのFDBファンが搭載されており、静音性は抜群です。容量の50%以上の負荷をかけて軽くテストしましたが電源からのファンの音は全く気になりません。というか、それほどの負荷をかけるとCPUクーラーやグラボのファンの音にかき消されます。また、電源背面のボタンでセミファンレスモードに切り替える事ができ、30%以上の負荷でファンが起動するようになっています。逆に言うと、30%未満の負荷のときはいくら電源内部の温度が高くなってもファンが回らないということですから不安な方は使わないほうが良いと思います。それを除けばセミファンレス切替時にファンが全開で回るようなこともないため十分実用に耐えるモードです。

【コネクタ数】
十分というか過剰なレベルです。CPU4+4ピンケーブルが二本用意されているためハードなOCにも対応できると思います。また、PCIe6+2ピンケーブルが6本と、8ピンx3のGPUをSLI or 8ピンx2のGPUを3Way SLIできるほどのコネクタ数が確保されています。実際問題フルで使うとなると電源容量が圧倒的に不足しているため、ここは過剰かなと思います。
ケーブルについての評価は、SATAとペリフェラルのケーブル以外はすべてスリーブケーブルになっています。個人的にはPCIeのケーブルは取り回しの観点から普通のビニールむき出しにして欲しかったです。ただその代わりケーブルの先の方にコンデンサが埋め込まれており、安定性の向上のために取り回しを犠牲にしたのかなと思います。

【サイズ】
この容量で奥行き150mmということでコンパクトです。Micro-ATX以上のケースならすべて入ると思います。

【総評】
この電源は、NZXT代理店からの提供でレビューしているサイト( https://jisakuhibi.jp/archives/1077476364.html )で、OEM元がSeasonicだと明記されています。14000円弱でSeasonic製の850W電源が手に入ると思うと相当破格だと思います。静音性が高くサイズ感も850W電源としては小ぶりで、実用上の弱点はケーブルの取り回しのみとおすすめできる電源です。

レベル
自作経験あり
重視項目
スペック重視

参考になった2人(再レビュー後:2人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度5
デザイン4
容量5
安定性無評価
静音性5
コネクタ数4
サイズ5
Seasonic製電源が13000円で

【デザイン】
シンプルながら凹み加工が施されていたり優れたデザインだと思います。ただ今どきのケースは大抵PSUシュラウドを備えているため、電源のデザインを気にする人は少ないでしょうね。一つ残念なのは、下から吸気するレイアウトの場合、上方吸気のためにケースに用意されているスリットから仕様の書いてあるラベルが見えてしまう点です。透明なケースを使用している方は気になるかもしれません。

【容量】
用途に応じて650、750、850から選べます。550Wが無いのは珍しいですが十分充実したラインナップです。

【安定性】
耐久性も含め一番大事なポイントですが、長期間使っていかないとわからないため無評価とします。10年保証を謳っているため期待しています。もっとも、10年後に壊れたとしてどのようなサポートになるのか気になるところではあります。
ゲームをしているときに軽く12Vの電圧の変動を見てみましたが本当に安定していて、安物との格の違いを見せつけられました。

【静音性】
120mmのFDBファンが搭載されており、静音性は抜群です。容量の50%以上の負荷をかけて軽くテストしましたが電源からのファンの音は全く気になりません。というか、それほどの負荷をかけるとCPUクーラーやグラボのファンの音にかき消されます。また、電源背面のボタンでセミファンレスモードに切り替える事ができ、30%以上の負荷でファンが起動するようになっています。逆に言うと、30%未満の負荷のときはいくら電源内部の温度が高くなってもファンが回らないということですから不安な方は使わないほうが良いと思います。それを除けばセミファンレス切替時にファンが全開で回るようなこともないため十分実用に耐えるモードです。

【コネクタ数】
十分というか過剰なレベルです。CPU4+4ピンケーブルが二本用意されているためハードなOCにも対応できると思います。また、PCIe6+2ピンケーブルが6本と、8ピンx3のGPUをSLI or 8ピンx2のGPUを3Way SLIできるほどのコネクタ数が確保されています。実際問題フルで使うとなると電源容量が圧倒的に不足しているため、ここは過剰かなと思います。
ケーブルについての評価は、SATAとペリフェラルのケーブル以外はすべてスリーブケーブルになっています。個人的にはPCIeのケーブルは取り回しの観点から普通のビニールむき出しにして欲しかったです。ただその代わりケーブルの先の方にコンデンサが埋め込まれており、安定性の向上のために取り回しを犠牲にしたのかなと思います。

【サイズ】
この容量で奥行き150mmということでコンパクトです。Micro-ATX以上のケースならすべて入ると思います。

【総評】
この電源は、NZXT代理店からの提供でレビューしているサイト(https://jisakuhibi.jp/archives/1077476364.html)で、OEM元がSeasonicだと明記されています。14000円弱でSeasonic製の850W電源が手に入ると思うと相当破格だと思います。静音性が高くサイズ感も850W電源としては小ぶりで、実用上の弱点はケーブルの取り回しのみとおすすめできる電源です。

レベル
自作経験あり
重視項目
スペック重視

参考になった0

 
 
 
 
 
 

「Cシリーズ C850 NP-C850M-JP」の新着レビュー

レビュータイトル 満足度 投稿日時
静かだし、安定してます。  5 2022年7月11日 00:11
可もなく不可もなし、シンプルな電源  4 2022年7月2日 23:02
コスパ良好  5 2022年6月5日 12:57
Seasonic製電源が13000円で  5 2021年7月20日 19:59
大満足です!!  4 2020年9月5日 22:54

Cシリーズ C850 NP-C850M-JPのレビューを見る(レビュアー数:5人)

あなたのレビューを投稿しませんか?

Cシリーズ C850 NP-C850M-JPのレビューを書く

この製品の最安価格を見る

Cシリーズ C850 NP-C850M-JP
NZXT

Cシリーズ C850 NP-C850M-JP

最安価格(税込):¥18,687発売日:2020年 6月12日 価格.comの安さの理由は?

Cシリーズ C850 NP-C850M-JPをお気に入り製品に追加する <76

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(電源ユニット)

ご注意