『特徴がないのが特徴のパナテレビ。東芝等と悩みましたが後悔。』 パナソニック VIERA TH-65HX950 [65インチ] Step by なおちゃんさんのレビュー・評価

2020年 8月下旬 発売

VIERA TH-65HX950 [65インチ]

  • BS4K・110度CS4Kチューナーを2基内蔵した4K液晶テレビ(65V型)。外付けハードディスク(別売り)への新4K衛星放送の裏番組録画にも対応。
  • 独自設計の構造を採用したプレミアム液晶ディスプレイを搭載。激しい動きの映像もなめらかに表示する「オブジェクト検出 倍速表示」を採用している。
  • 「イネーブルドスピーカー」を搭載し、立体音響技術「ドルビーアトモス」に対応。スイーベル機能を備え、倒れにくい「転倒防止スタンド」を装備。
VIERA TH-65HX950 [65インチ] 製品画像

拡大

この製品の環境ラベルを見る

省エネ性マーク

4.0/5

省エネ性マーク

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 価格推移グラフ

お気に入り製品に登録すると、価格が掲載された時にメールやMyページでお知らせいたします


価格帯:¥―〜¥― (―店舗) メーカー希望小売価格:オープン
画面サイズ

種類 : 液晶テレビ 画素数:3840x2160 4K : ○ 倍速機能:オブジェクト検出 倍速表示 録画機能:外付けHDD VIERA TH-65HX950 [65インチ]のスペック・仕様

価格.comのまるごと安心 設置・修理・サポート。家電・PC・カメラ・ゲーム機が対象。初月無料!
ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

VODサービスにつきましては、予告なく変更・終了する場合があります。詳しくはメーカーサイトをご確認ください。

ご利用の前にお読みください

VIERA TH-65HX950 [65インチ] の後に発売された製品VIERA TH-65HX950 [65インチ]とVIERA TH-65JX950 [65インチ]を比較する

VIERA TH-65JX950 [65インチ]

VIERA TH-65JX950 [65インチ]

最安価格(税込): ¥242,748 発売日:2021年 4月23日

画面サイズ:65V型(インチ) 種類:液晶テレビ 画素数:3840x2160 4K:○ 倍速機能:オブジェクト検出 倍速表示 録画機能:外付けHDD
  • VIERA TH-65HX950 [65インチ]の価格比較
  • VIERA TH-65HX950 [65インチ]の店頭購入
  • VIERA TH-65HX950 [65インチ]のスペック・仕様
  • VIERA TH-65HX950 [65インチ]のレビュー
  • VIERA TH-65HX950 [65インチ]のクチコミ
  • VIERA TH-65HX950 [65インチ]の画像・動画
  • VIERA TH-65HX950 [65インチ]のピックアップリスト
  • VIERA TH-65HX950 [65インチ]のオークション

VIERA TH-65HX950 [65インチ]パナソニック

最安価格(税込):ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 発売日:2020年 8月下旬

  • VIERA TH-65HX950 [65インチ]の価格比較
  • VIERA TH-65HX950 [65インチ]の店頭購入
  • VIERA TH-65HX950 [65インチ]のスペック・仕様
  • VIERA TH-65HX950 [65インチ]のレビュー
  • VIERA TH-65HX950 [65インチ]のクチコミ
  • VIERA TH-65HX950 [65インチ]の画像・動画
  • VIERA TH-65HX950 [65インチ]のピックアップリスト
  • VIERA TH-65HX950 [65インチ]のオークション

『特徴がないのが特徴のパナテレビ。東芝等と悩みましたが後悔。』 Step by なおちゃんさん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

VIERA TH-65HX950 [65インチ]のレビューを書く

Step by なおちゃんさん

  • レビュー投稿数:12件
  • 累計支持数:161人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

液晶テレビ・有機ELテレビ
3件
6件
ブルーレイ・DVDレコーダー
2件
0件
洗濯機
2件
0件
もっと見る
満足度2
デザイン3
操作性2
画質3
音質3
応答性能3
機能性3
サイズ3
特徴がないのが特徴のパナテレビ。東芝等と悩みましたが後悔。

【デザイン】
無難な据付型、丸いどっしりした足です。壁掛けだとこの足(スタンド)が無駄になるので
据え置きが無難。
リモコンが頭でっかちでボタンの配列が体系化されておらず極めて操作がしにくい。
丸いテレビの足はサウンドバーを設置するにも壁掛けにするにも不向き。
据え置き前提か。にしてもデザイン性に欠けます。

【操作性】
設定画面がテレビの映像を覆うので、映像を見ながら設定ができないのが不便。
ワンタッチで操作できる項目はチャンネル選択くらいで、各設定の階層が深く、慣れが必要。
リモコンは大きく頭でっかちでレコーダーのように円型ボタンが下になく、
上にあるのが不便に感じデザイン同様不親切な設計に感じます。
蓋を開けて押さないといけないボタンもありこれも不便で存在を忘れがち。

【画質】
良くも悪くもパナソニックです。
デフォルトの肌色は黄色が強め。
プレミアム液晶は明るいと言うより白っぽくなります。

その他特徴がないのが特徴のパナテレビで無難です。
画質設定に「オート」がないのが不満。

【音質】
薄型テレビの音としては良い方だと思います。
話す声はクリアになりよく聞こえます。
特にドキュメンタリー、ドラマ、ニュース、映画。
ただ音楽ライブや歌番組はシャリシャリ音が強く、イコライザーが実装されていますが、
サウンドバーに切り替えています。

【応答性能】
無難。
ゲームをしなければ及第点です。
ただVODのDAZNでのサッカーや動きの速い映像はボケます。
横に流れる速いテロップは、ソニーのブラビア倍速液晶の方がくっきり
しています。

【機能性】
こだわった機能は転倒防止の吸盤スタンドくらいでしょうか。
首振り機能はシャープのパクリですが、テレビの裏側にまわりにくい場所に設置したので、
配線の抜き差し時は便利でした。

広く浅く一通りの機能があり、特別拘った機能がないのがパナソニック。
2画面分割機能は便利で良いと思いましたが、4K放送はできないのは残念でした。
この機種の機能、画質や録画や音響を突き詰めて開発され完成度が高いのが
東芝REGZA740XやXSシリーズ、ソニーBRAVIA、X9500シリーズ。

ソニーBRAVIAと比べ、Chromecastがないのが残念でした。
アプリでできるようですが、Android端末しか対応しておらず、iOSは未対応。
伴いHDMI接続でChromecastを実装して使用中。

【サイズ】
他メーカー機と比べとても重いです。
ひとりでの設置は不可。最低二人以上必要です。

【総評】
ソニー、東芝、ハイセンスとシャープも候補でしたがキャッシュバックキャンペーンを
店頭で教えて貰い急転直下パナソニックになりました。
広く浅く一通りの機能があり、特別拘った機能がなくワクワク感がないテレビですが、
無難と言えば無難。

国内薄型テレビのシェアがシャープとSONYが首位争い、次が東芝、
しばらく4位のパナソニックでしたが2020年はハイセンスにも抜かれてしまった。
東京2020オリンピック公式テレビでもパナソニックのテレビ事業は
キャッシュバックをして漸くハイセンスと並ぶのに納得でした。

■2020年国内薄型テレビシェアが製品の拘りと完成度を物語っています。
ソニーとシャープで約50%、3位東芝が15%前後、4位ハイセンス、5位パナソニックは10%未満。
https://www.bcnretail.com/market/detail/20201224_205962.html
https://www.bcnretail.com/market/detail/20200709_181281.html
https://xtrend.nikkei.com/atcl/contents/18/00316/00016/

比較製品
SONY > BRAVIA KJ-65X9500H [65インチ]
ハイセンス > 65U8F [65インチ]
シャープ > AQUOS 4K 4T-C70CN1 [70インチ]
視聴目的
ニュース・報道
映画・ドラマ
スポーツ
その他
設置場所
寝室・自室

参考になった7人(再レビュー後:4人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度3
デザイン3
操作性3
画質3
音質3
応答性能3
機能性3
サイズ3
特徴がないのが特徴のパナテレビ。ハイセンスと悩みましたが。

【デザイン】
無難な据付型、丸いどっしりした足です。壁掛けだとこの足(スタンド)が無駄になるので
据え置きが無難。

【操作性】
設定画面がテレビの映像を覆うので、映像を見ながら設定ができないのが不便。
ワンタッチで操作できる項目はチャンネル選択くらいで、各設定の階層が深く、慣れが必要。
リモコンは大きく頭でっかちでレコーダーのように円型ボタンが下になく、
上にあるのが不便に感じます。
蓋を開けて押さないといけないボタンもありこれも不便で存在を忘れがち。

【画質】
良くも悪くもパナソニックです。
デフォルトの肌色は黄色が強め。
プレミアム液晶は明るいと言うより白っぽくなります。

その他特徴がないのが特徴のパナテレビで無難です。
画質設定に「オート」がないのが不満。

【音質】
薄型テレビの音としては良い方だと思います。
話す声はクリアになりよく聞こえます。
特にドキュメンタリー、ドラマ、ニュース、映画。
ただ音楽ライブや歌番組はシャリシャリ音が強く、イコライザーが実装されていますが、
サウンドバーに切り替えています。

【応答性能】
無難。
ゲームをしなければ及第点です。
ただVODのDAZNでのサッカーや動きの速い映像はボケます。
横に流れる速いテロップは、ソニーのブラビア倍速液晶の方がくっきり
しています。

【機能性】
こだわった機能は転倒防止の吸盤スタンドくらいでしょうか。
首振り機能はシャープのパクリですが、テレビの裏側にまわりにくい場所に設置したので、
配線の抜き差し時は便利でした。

広く浅く一通りの機能があり、特別拘った機能がないのがパナソニック。
2画面分割機能は便利で良いと思いましたが、4K放送はできないのは残念でした。

候補機と比べ、Chromecastがないのが残念でした。アプリでできるようですが、Android端末しか
対応しておらず、iOSは未対応。
伴いHDMI接続でChromecastを実装して使用中。

【サイズ】
他メーカー機と比べとても重いです。
ひとりでの設置は不可。最低二人以上必要です。

【総評】
ハイセンスとシャープも候補でしたがキャッシュバックキャンペーンを
店頭で教えて貰い急転直下パナソニックになりました。
広く浅く一通りの機能があり、特別拘った機能がなくワクワク感がないテレビですが、
無難と言えば無難。

国内薄型テレビのシェアがシャープとSONYが首位争い、次が東芝、
しばらく4位のパナソニックでしたが2020年はハイセンスにも抜かれてしまった。
東京2020オリンピック公式テレビでもパナソニックのテレビ事業は
キャッシュバックをして漸くハイセンスと並ぶのに納得でした。

比較製品
SONY > BRAVIA KJ-65X9500H [65インチ]
ハイセンス > 65U8F [65インチ]
シャープ > AQUOS 4K 4T-C70CN1 [70インチ]
視聴目的
ニュース・報道
映画・ドラマ
スポーツ
その他
設置場所
寝室・自室

参考になった3

 
 
 
 
 
 

「VIERA TH-65HX950 [65インチ]」の新着レビュー

あなたのレビューを投稿しませんか?

VIERA TH-65HX950 [65インチ]のレビューを書く

この製品の最安価格を見る

VIERA TH-65HX950 [65インチ]
パナソニック

VIERA TH-65HX950 [65インチ]

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 発売日:2020年 8月下旬

VIERA TH-65HX950 [65インチ]をお気に入り製品に追加する <432

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

選び方ガイド
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(液晶テレビ・有機ELテレビ)

ご注意