『全コア5.1GHzで常用中!』 インテル Core i9 10900K BOX 海ザルMAXさんのレビュー・評価

2020年 5月20日 発売

Core i9 10900K BOX

  • 10コア20スレッドで動作する、ソケットLGA1200対応のデスクトップ向けCPU。基本クロックは3.7GHz、最大クロックは5.3GHz、TDPは125W。
  • 「インテル UHD グラフィックス 630」を搭載。4K出力をサポートしている。
  • 「インテル Optane メモリー」に対応し、システムのパフォーマンスと応答性を向上させることができる。
最安価格(税込):

¥59,800

(前週比:±0 ) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

¥63,800

PC-IDEA Plus

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥59,800¥63,800 (3店舗) メーカー希望小売価格:¥―

プロセッサ名:Core i9 10900K/(Comet Lake) クロック周波数:3.7GHz ソケット形状:LGA1200 Core i9 10900K BOXのスペック・仕様

売れ筋ランキング
ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • Core i9 10900K BOXの価格比較
  • Core i9 10900K BOXの店頭購入
  • Core i9 10900K BOXのスペック・仕様
  • Core i9 10900K BOXのレビュー
  • Core i9 10900K BOXのクチコミ
  • Core i9 10900K BOXの画像・動画
  • Core i9 10900K BOXのピックアップリスト
  • Core i9 10900K BOXのオークション

Core i9 10900K BOXインテル

最安価格(税込):¥59,800 (前週比:±0 ) 発売日:2020年 5月20日

  • Core i9 10900K BOXの価格比較
  • Core i9 10900K BOXの店頭購入
  • Core i9 10900K BOXのスペック・仕様
  • Core i9 10900K BOXのレビュー
  • Core i9 10900K BOXのクチコミ
  • Core i9 10900K BOXの画像・動画
  • Core i9 10900K BOXのピックアップリスト
  • Core i9 10900K BOXのオークション

『全コア5.1GHzで常用中!』 海ザルMAXさん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

Core i9 10900K BOXのレビューを書く

海ザルMAXさん

  • レビュー投稿数:152件
  • 累計支持数:1509人
  • ファン数:42人

よく投稿するカテゴリ

CPU
16件
158件
マザーボード
16件
85件
CPUクーラー
8件
55件
もっと見る
満足度5
処理速度5
安定性5
省電力性2
互換性4
全コア5.1GHzで常用中!

PL1とPL2の設定が重要

CPU-Z

CINEBENCH R15

CINEBENCH R20

PASSMARK RATING

OCCT時のCPU温度

今までメイン機でCore i5-9600Kを4.9GHzで常用していましたが、インテル最速ゲーミングCPUということで更なる処理速度を求めてCore i9-10900KをGetしました。
発売当初からRyzen9 3900Xとの比較されるレビューやコストパフォーマンスが悪いとか多くの批判的な意見が多々ありますが、私自身は純粋にインテル最速ゲーミングCPUが欲しいという気持ちで予約から到着までワクワク、実際使用してからは常用可能なクロック、消費電力やCPU温度の検証と使い込むにつれ、やはりこのCPUで良かったなと満足しています。
発売前から10コア20スレッドでTDPが125Wと公表されていましたし、海外レビューでCINEBENCH R15 5.4GHzのスコアも分かりRyzen9 3900Xには敵わないと分っていた訳ですから、購入後その部分と比較していたら満足度は低そうでね。長年インテルを使用している方は、おおまかな電圧や常用可能クロックが分かるはずですから、その時点で予測との数値差があれば不満になりそうです。
私の使ってみての感想はオーバークロックによるCPU温度や消費電力は想定の範囲内かなという感じです。最終的に私の固体では全コア5.1GHzでの常用が最適であると結論付けました。

★PC構成
【M/B】STRIX Z490-F GAMING
【CPU】Core i9-10900K 5.1GHz
【GPU】GG RTX2070SP E8GB/DF
【RAM】W4U4133HX1-8G
【COOLER】Cooler Master Nepton 280L 
【M.2】SP512GBP34A80M28
【SSD】SP256GBSS3A55S25
【HDD】WD20EZRX
【PSU】Corsair RM850
【CASE】Corsair Air 540

★UEFIでの設定
CPU Core Ratio → Sync ALL Core 全コアRatio Limit 51
Current CPU Core/Cache Current Limit→255.75A無制限→245.0A
Current Long Duration Package Power Limit→4095無制限→125W
Current Short Duration Package Power Limit→4095W→250W
Core/Cache Voltage → Manual Mode 1.340V
Load Line Calibration→LEVEL4(AUTO)
最終的にPower Limitを無制限でベンチマークを行いましたが、CINEBENCH R20で450Wを超えたのでPL1=125W、P2=250Wで常用に決定。

BIOSバージョン0403と0607には実装されていませんでしたが、今後インテルZ490チップセット搭載マザーボードでは、次回BIOSからCMOSクリアーやCPUを交換した直後に最初の画面で2種類のPower Limit設定を選択するようになります。F1キーを押せばインテルの定格設定、F3キーならPower Limit無制限設定です。極限までオーバークロックまで狙うならF3、私のような全コア5.1GHzのオーバークロックなら安全運転でF1を選択した方が無難です。

★安定性&負荷時のコア温度
定格にてOCCT(AVX2)を1H実施(PL1=125W PL2=250W) 室温27.5℃にて確認()内はPower Limit無制限 室温22.3℃
【全コア5.1GHz】   
Package   72℃(77℃)
Core#0  65℃(68℃) 
Core#1  66℃(71℃) 
Core#2  70℃(74℃)
Core#3  69℃(74℃)
Core#4  70℃(74℃)
Core#5  72℃(75℃)
Core#6  66℃(72℃)
Core#7  67℃(72℃)
Core#8  64℃(69℃)
Core#9  69℃(74℃)
最高コア温度を考慮したら280oラジエターでも十分対応できますし、当初言われていた360o簡易水冷や本格水冷でなくても十分対応できそうです。空冷での5.1GHzまでのオーバークロックでも、エアフローが優れているケースを使いファン増設などの対応をしていればOKのようですね。私はVRMヒートシンクに冷却用40oファンとマザーボード裏面に120oファンを設置しています。

★私の個体での常用時の全コアでの電圧参考値
5.1GHz:1.340V LLC→LEBEL4
5.2GHz:1.400V LLC→LEBEL5

★消費電力 
システム全体をワットモニターで確認 Power Limit無制限
タスクマネージャー→詳細→優先度→リアルタイムを選択(性能を最大に引き出す設定)
アイドル時 5.1GHz 85W
CINEBENCH R15 5.1GHz 384W / 5.2GHz 445W
CINEBENCH R20 5.1GHz 450W / 5.2GHz 522W 
FF14時  5.1GHz→384W  
Time Spy 5.1GHz→415W 

Current CPU Core/Cache Current Limitが245.0Aから255.75Aに上がれば、ピーク時は約10A×12Vで計算上は最大100W以上消費電力が上がります。パフォーマンスを極限まで引き出すか、PL 1を125Wに設定してそれなりに使用するかの選択になりますが、個人的な感想では最大でもPL1=125W、PL2=250Wで常用した方が無難と思いますよ!

★処理速度
【CINEBENCH R15】
定格  2665cb / シングルコア 218cb
5.1GHz  2793cb / シングルコア 221cb(無制限)
5.1GHz  2736cb(PL2=250W)
【CINEBENCH R20】
定格   6228pts
5.1GHz  6601pts/シングルコア 519pts(無制限)
5.1GHz  6451pts(PL2=250W)

【Intel Extreme Tuning Utilityベンチマーク】
5.1GHz  4035Marks

【FF14】
5.1GHz 22845(無制限)

【Fire Strike】
10900K 5.1GHz(無制限)
22188 グラフィック24992  CPU29330

【Time Spy】
10900K 5.1GHz
10496 グラフィック10064  CPU13877

★総評
個人的には10コア20スレッドで5.1GHzで常用できるわけですから予想通り大満足です。それ以上のクロックを求めるのであればハイエンドマザーが無難でしょうし、本格水冷やカラ割が必須となりそうです。
ヘビーゲーマーに限らず、ゲームをしながらプラウザを開いて、動画を再生するというケースも多くなりますが、私のようにトリプルモニターで使用していたら、より多くの作業をしてCPUの使用率が多い場面は10コア20スレッドでストレス無しで最高のCPUであります
Core i5-9600Kなど6コアや、その他2コア4コアからの買い替えなら処理速度やベンチマークのスコアも劇的に上がりますし満足できるCPUと言えそうですし、2〜3世代前のi7からの買い替えを考えている方にもお勧めのCPUであります。

★Core i9-10900K オーバークロック紹介ブログ
http://umizaru.fc2.net/blog-entry-209.html

レベル
自作経験あり
重視項目
スペック重視

参考になった48人(再レビュー後:24人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度5
処理速度5
安定性4
省電力性2
互換性4
全コア5.1GHzで常用中!

CPU-Z 青枠が優秀なコア

CINEBENCH R15 定格VS5.1GHz比較

CINEBENCH R20 定格 5.1GHz 5.2GHz比較

FF14 RTX2070Sで最高スコア

Time SpyTime RTX2070Sで最高スコア

UEFI設定 ストレスチェック

今までメイン機でCore i5-9600Kを4.9GHzで常用していましたので、ゲームや画像動画編集で困ることはありませんでしたが、インテルの新機能のThermal Velocity BoostでCPU温度が問題なければ実際にシングルブーストクロック5.3GHzが実現できるのか(ほぼ無)、全コア4.9GHzを維持できるのか楽しみでしたし、全コア4.9GHzで行けるなら手動でのオーバークロックは必要ないかもしれないと思っていました。
CPU到着から試行錯誤しながら電圧や消費電力を検証しましたが、定格使用でも満足いくパフォーマンスでしたが、結論から言えば定格以上のパフォーマンスを求めて、VCORE、消費電力、コア温度を考慮して判断しましたが、私の固体では全コア5.1GHzでの常用が最適であると結論付けました。

★PC構成
【M/B】STRIX Z490-F GAMING
【CPU】Core i9-10900K 5.1GHz
【GPU】GG RTX2070SP E8GB/DF
【RAM】W4U4133HX1-8G
【COOLER】Cooler Master Nepton 280L 
【M.2】SP512GBP34A80M28
【SSD】SP256GBSS3A55S25
【HDD】WD20EZRX
【PSU】Corsair RM850
【CASE】Corsair Air 540

★UEFIでの設定
CPU Core Ratio → Sync ALL Core 全コアRatio Limit 51
Current CPU Core/Cache Current Limit → 255.75A無制限
(定格や5.0GHzまでは245.0A)
Current Long Duration Package Power Limit → 4095無制限
(定格や5.0GHzまでは125W)
Current Short Duration Package Power Limit → 4095W
(定格や5.0GHzまでは250W)
Core/Cache Voltage → Manual Mode 1.340V
Load Line Calibration→LEVEL4(AUTO)ASUSでは一番エコな設定になるようです。

初回BIOSバージョン0403には実装されていませんでしたが、ASUS製のインテルZ490チップセット搭載マザーボードでは、次回BIOSからCMOSクリアーやCPUを交換した直後に最初の画面で2種類のPower Limit設定を選択するようになります。F1キーを押せばインテルの定格設定、F3キーならPower Limit無制限設定です。ハイエンドモデルで極限までオーバークロックまで狙うならF3、私のような全コア5.1GHzのオーバークロックならパフォーマンス重視でF3を選択した方が無難でしょうか。


★安定性&負荷時のコア温度
定格にてOCCT(AVX2)を1H実施(Power Limit1 4095W無制限) 室温22.3℃にて確認
【全コア5.1GHz】   
Package   77℃
Core#0  68℃ 
Core#1  71℃ 
Core#2  74℃ 
Core#3  74℃
Core#4  74℃
Core#5  75℃
Core#6  72℃
Core#7  72℃
Core#8  69℃
Core#9  74℃
最高コア温度を考慮したら280oラジエターでも十分対応できますし、当初言われていた360o簡易水冷や本格水冷でなくても十分対応できそうです。空冷での5.1GHzまでのオーバークロックでも、エアフローが優れているケースを使いファンの増設などの対応していればOKのようですね!
私はVRMヒートシンクに冷却用40oファンとマザーボード裏面に120oファンを設置していますし、ケースフロント140oファン×2もほぼフルパワーで回すようにして、ケース内の冷却強化を図っています。

★私の個体での常用時の全コアでの電圧参考値
5.1GHz:1.340V LLC→LEBEL4
5.2GHz:1.400V LLC→LEBEL5
5.0GHz以下は全てAUTOでOKです!
基本Sync All Coreでの設定にしています。

★消費電力 システム全体をワットモニターで確認 Power Limit無制限
アイドル時 5.1GHz 128W
CINEBENCH R15 5.1GHz 334W / 5.2GHz 396W
CINEBENCH R20 5.1GHz 351W / 5.2GHz 404W 
FF14時  5.1GHz→364W  
Time Spy 5.1GHz→392W 
ゲーム系のベンチマークではそれほど消費電力は上がっていませんでした。9600Kのときよりプラス30〜50Wですね!

Current CPU Core/Cache Current Limitが245.0Aから255.75Aに上がれば、ピーク時は約10A×12Vで計算上は最大100W以上消費電力が上がります。パフォーマンスを最高まで引き出すか、Power Limit1を125Wに設定してそれなりに使用するかの選択になりますが、Z490-F GAMINGクラスの電力設計でもPower Limit無制限でも何ら問題なく使えます。
i9-10900Kではグラフィックカードの種類にもよりますがPSUは850Wは必要かもしれません。

★処理速度
【CINEBENCH R15】
定格  2665cb / シングルコア 218cb
5.1GHz  2793cb / シングルコア 225cb

【CINEBENCH R20】
定格   6228pts
5.1GHz  6451pts
5.2GHz 6583pts
※9600K 4.9GHz→2869 pts/5.0GHz→2927 pts

【Intel Extreme Tuning Utilityベンチマーク】
定格   4096Marks
5.1GHz  4174Marks
5.2GHz 4220Marks
※9600K 4.9GHz→2211 Marks

【FF14】
5.1GHz 22248 (9600Kの際は20502が最高スコア)

【Time Spy】
10900K 5.1GHz
10496 グラフィック10064  CPU13877
9600K 4.9Ghz
9527  グラフィック10278  CPU6738

★i5-9600Kのレビューで比較してください
https://review.kakaku.com/review/K0001095745/ReviewCD=1275388/

★総評
噂通りPower Limitを無制限にするとベンチマークやストレステストでのピーク時は爆発的に消費電力が上がり爆熱になりますが、10コア20スレッドでこのクロックですから当然の結果かもしれません。
個人的には5.1GHzで常用できるわけですから予想通り大満足です。それ以上のクロックを求めるのであればZ490マザーボードでもMOSFET 60A DrMOSや90A SPS採用のハイエンドマザーが無難でしょうし、本格水冷やカラ割が必須となりそうです。
10コア20スレッドという強烈なインパクトもありますし、インテル信者は10コア初体験という方も多いと思いますが、最強ゲーミングCPUとしてしばらくは人気No1が続きそうな予感がします。
私のようにCore i5-9600Kなど6コアや、その他2コア4コアからの買い替えなら処理速度やベンチマークのスコアも劇的に上がりますし満足できるCPUと言えそうですし、2〜3世代前のi7からの買い替えを考えている方にもお勧めのCPUであります。

レベル
自作経験あり
重視項目
スペック重視

参考になった20

満足度5
処理速度5
安定性4
省電力性2
互換性4
全コア5.1GHzで常用中!

CPU-Z

CINEBENCH R15比較

CINEBENCH R20比較

FF14 RTX2070Sで最高スコア

Time SpyTime RTX2070Sで最高スコア

OCCT&Intel Extreme Tuning Utility

今までメイン機でCore i6-9600Kを4.9GHzで常用していましたので、ゲームや画像動画編集で困ることはありませんでしたが、インテルの新機能のThermal Velocity BoostでCPU温度が問題なければ実際にシングルブーストクロック5.3GHzが実現できるのか、全コア4.9GHzを維持できるのか楽しみでしたし、全コア4.9GHzで行けるなら手動でのオーバークロックは必要ないかもしれないと思っていました。
CPU到着から試行錯誤しながら電圧や消費電力を検証しましたが、定格使用でも満足いくパフォーマンスでしたが、結論から言えば定格以上のパフォーマンスを求めて、VCORE、消費電力、コア温度を考慮して判断しましたが、私の固体では全コア5.1GHzでの常用が最適であると結論付けました。

★PC構成
【M/B】STRIX Z490-F GAMING
【CPU】Core i9-10900K 5.1GHz
【GPU】GG RTX2070SP E8GB/DF
【RAM】W4U4133HX1-8G
【COOLER】Cooler Master Nepton 280L 
【M.2】SP512GBP34A80M28
【SSD】SP256GBSS3A55S25
【HDD】WD20EZRX
【PSU】Corsair RM850
【CASE】Corsair Air 540

★UEFIでの設定
CPU Core Ratio → Sync ALL Core 全コアRatio Limit 51
Current CPU Core/Cache Current Limit → 255.75A無制限
(定格や5.0GHzまでは245.0A)
Current Long Duration Package Power Limit → 4095無制限
(定格や5.0GHzまでは125W)
Current Short Duration Package Power Limit → 4095W
(定格や5.0GHzまでは250W)
Core/Cache Voltage → Manual Mode 1.340V
Load Line Calibration→LEVEL4(AUTO)ASUSでは一番エコな設定になるようです。

初回BIOSバージョン0403には実装されていませんでしたが、ASUS製のインテルZ490チップセット搭載マザーボードでは、次回BIOSからCMOSクリアーやCPUを交換した直後に最初の画面で2種類のPower Limit設定を選択するようになります。F1キーを押せばインテルの定格設定、F3キーならPower Limit無制限設定です。ハイエンドモデルで極限までオーバークロックまで狙うならF3、私のような全コア5.1GHzのオーバークロックならパフォーマンス重視でF3を選択した方が無難でしょうか。


★安定性&負荷時のコア温度
定格にてOCCT(AVX2)を1H実施(Power Limit1 4095W無制限) 室温22.3℃にて確認
【全コア5.1GHz】   
Package   77℃
Core#0  68℃ 
Core#1  71℃ 
Core#2  74℃ 
Core#3  74℃
Core#4  74℃
Core#5  75℃
Core#6  72℃
Core#7  72℃
Core#8  69℃
Core#9  74℃
最高コア温度を考慮したら280oラジエターでも十分対応できますし、当初言われていた360o簡易水冷や本格水冷でなくても十分対応できそうです。空冷での5.1GHzまでのオーバークロックでも、エアフローが優れているケースを使いファンの増設などの対応していればOKのようですね!
私はVRMヒートシンクに冷却用40oファンとマザーボード裏面に120oファンを設置していますし、ケースフロント140oファン×2もほぼフルパワーで回すようにして、ケース内の冷却強化を図っています。

★私の個体での常用時の全コアでの電圧参考値
5.1GHz:1.340V LLC→LEBEL4
5.2GHz:1.400V LLC→LEBEL5
5.0GHz以下は全てAUTOでOKです!
基本Sync All Coreでの設定にしています。

★消費電力 システム全体をワットモニターで確認 Power Limit無制限
アイドル時 5.1GHz 128W
CINEBENCH R15 5.1GHz 334W / 5.2GHz 396W
CINEBENCH R20 5.1GHz 351W / 5.2GHz 404W 
FF14時  5.1GHz→364W  
Time Spy 5.1GHz→392W 
ゲーム系のベンチマークではそれほど消費電力は上がっていませんでした。9600Kのときよりプラス30〜50Wですね!

Current CPU Core/Cache Current Limitが245.0Aから255.75Aに上がれば、ピーク時は約10A×12Vで計算上は最大100W以上消費電力が上がります。パフォーマンスを最高まで引き出すか、Power Limit1を125Wに設定してそれなりに使用するかの選択になりますが、Z490-F GAMINGクラスの電力設計でもPower Limit無制限でも何ら問題なく使えます。
i9-10900Kではグラフィックカードの種類にもよりますがPSUは850Wは必要かもしれません。

★処理速度
【CINEBENCH R15】
定格  2665cb / シングルコア 218cb
5.1GHz  2793cb / シングルコア 225cb

【CINEBENCH R20】
定格   6228pts
5.1GHz  6451pts
5.2GHz 6583pts
※9600K 4.9GHz→2869 pts/5.0GHz→2927 pts

【Intel Extreme Tuning Utilityベンチマーク】
定格   4096Marks
5.1GHz  4174Marks
5.2GHz 4220Marks
※9600K 4.9GHz→2211 Marks

【FF14】
5.1GHz 22248 (9600Kの際は20502が最高スコア)

【Time Spy】
10900K 5.1GHz
10496 グラフィック10064  CPU13877
9600K 4.9Ghz
9527  グラフィック10278  CPU6738

★i5-9600Kのレビューで比較してください
https://review.kakaku.com/review/K0001095745/ReviewCD=1275388/

★総評
噂通りPower Limitを無制限にするとベンチマークやストレステストでのピーク時は爆発的に消費電力が上がり爆熱になりますが、10コア20スレッドでこのクロックですから当然の結果かもしれません。
個人的には5.1GHzで常用できるわけですから予想通り大満足です。それ以上のクロックを求めるのであればZ490マザーボードでもMOSFET 60A DrMOSや90A SPS採用のハイエンドマザーが無難でしょうし、本格水冷やカラ割が必須となりそうです。
10コア20スレッドという強烈なインパクトもありますし、インテル信者は10コア初体験という方も多いと思いますが、最強ゲーミングCPUとしてしばらくは人気No1が続きそうな予感がします。
私のようにCore i5-9600Kなど6コアや、その他2コア4コアからの買い替えなら処理速度やベンチマークのスコアも劇的に上がりますし満足できるCPUと言えそうですし、2〜3世代前のi7からの買い替えを考えている方にもお勧めのCPUであります。

レベル
自作経験あり
重視項目
スペック重視

参考になった4

 
 
 
 
 
 

「Core i9 10900K BOX」の新着レビュー

レビュータイトル 満足度 投稿日時
前評判とは違い非常に優秀。  4 2021年6月11日 16:11
電力と発熱に対応させればよしです  4 2021年6月4日 17:13
10C20T  4 2021年3月1日 12:56
ロマン仕様だと思う  5 2021年2月6日 23:53
満足です。  5 2021年1月10日 20:44
高すぎるが、確かに速いな。。。  4 2020年12月22日 01:35
コストバリュー高いCPU  5 2020年12月20日 10:29
ついついポチってしまった  4 2020年10月6日 21:26
無制限設定からであれば設定によって化けます。  5 2020年10月4日 18:30
ゲーム用途  5 2020年9月18日 05:57

Core i9 10900K BOXのレビューを見る(レビュアー数:18人)

あなたのレビューを投稿しませんか?

Core i9 10900K BOXのレビューを書く

この製品の最安価格を見る

Core i9 10900K BOX
インテル

Core i9 10900K BOX

最安価格(税込):¥59,800発売日:2020年 5月20日 価格.comの安さの理由は?

Core i9 10900K BOXをお気に入り製品に追加する <416

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

  • 【欲しいものリスト】検討中
  • 【Myコレクション】友人用に
  • 【その他】
  • 【その他】PC
  • 【欲しいものリスト】a

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(CPU)

ご注意